駄目男/快道メーカー さん プロフィール

  •  
駄目男/快道メーカーさん: 快道ウオーキング
ハンドル名駄目男/快道メーカー さん
ブログタイトル快道ウオーキング
ブログURLhttp://oskjk.blog107.fc2.com/
サイト紹介文歴史のある「街道」ではなく、自分流「快道」の開拓が趣味ですが、ブログの話題はなんでもありです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供271回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2007/12/06 20:33

駄目男/快道メーカー さんのブログ記事

  • 大阪日暮綴
  • ●アジサイはこれから・・・長居植物園 今年はいろんな花が早咲きするので、アジサイももう見頃ではと訪ねたら、ようやく咲き始めというタイミングでした。見頃は6月中旬くらいではと思います。数年前、剪定の失敗で花が咲かなくなってしまったあじさい園ですが、今年ようやく「平常通り」に咲きそうです。(5月26日)カシワバアジサイ 咲き始めたばかりのクレナイ よくぞ名付けた「隅田の花火」 シャーレーポピーが満開 植物 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□子供じぶんの思い出話□□□   作:DH■その6・・駄菓子のいろいろ (A)ニッキ紙  きょうは駄菓子の話にしよう。最初はアっと驚くニッキ紙。まさか知ってる人は居まいと思うが。これ以下はないほど粗悪な、半ば藁(わら)のような紙に砂糖とニッキで味付けしただけの代物。口の中でシガシガ噛んで甘味が無くなるとペっと吐き出す。これって、もしかすると、チューインガムの元祖じゃないかナ。(B)アイスク [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●話題の貧しさ、認知症の前兆? 40年くらい付き合ってきたAさん(76歳?)が認知症を患ってしまい、さて、どう対応すればよいのか困っている。同じ付き合いなかまのBさんとCさんはガンが進行していて、もう呑み会などには出られない状況。ン十年の付き合いがあっさりホーカイしてしまった。Aさんについては2年くらい前から「?」と感じることがあって、すごくおしゃべりな人なのに、話すことは家族のことばかり。他の話 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□子供じぶんの思い出話□□□   作:DH■その5・・手作りおもちゃの数々を □竹トンボ まずは竹トンボ。長さ12〜3センチ 幅2センチぐらいの薄い竹片が材料です。真ん中の2センチ程はそのままにして、右側は手前半分を、左側は外側半分を例の「肥後守」で薄く削り、真ん中には丸い穴をあけ、そこに同じく竹製の心棒を通して、ハイ、出来上がり。心棒を両手で擦って エイヤっと放すと竹トンボは青空高くとまでは [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●安い買い物だったモディリアーニの裸婦画 今から30年近く前、バブル景気の余波が残っていた1989年、大阪市はモディリアーニの「髪をほどいて横たわる裸婦」画を19億円で購入しました。ヨコ1m足らずの裸婦画です。その金額のデカさに大阪市民はびっくりしました。画商にふっかけられたんやろ、とか、そんな金があるなら福祉施策に使え、とか、懐疑や批判の声ゴウゴウでした。あれから30年。名画は仕入れても展示する [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□子供じぶんの思い出話□□□   作:DH■その4・・修学旅行 初回に書き洩らした修学旅行の行き先は伊勢神宮でした。わが町の お宮さんに比べ随分大きいなと思った以外、殆ど記憶がありません。 泊は二見ケ浦でした。何しろ初めて親許を離れて外泊する餓鬼ンちょ50余人が一つの大部屋に、となれば静かにという方が無理。ただで済む筈もなく、夕食後寝室に引き上げるなり枕の投げ合いです。ワアーワアー キャーキャ [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●韓国政府、朝日新聞に無期限の出入り禁止処分 日本の新聞社の中では、韓国政府に一番好かれている朝日新聞が出入り禁止処分になったという意外なニュース。以下、韓国政府から一番嫌われている産経新聞の記事を引用。韓国大統領府は18日、「韓国政府が4月末に北朝鮮の核兵器や核物質を国外に搬出させる案を米国に提案していた」と同日付の朝刊などで報じた朝日新聞に対し、「全く事実ではない」とし、無期限の出入り禁止処分 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • DHさんの思い出話は連載で紹介します□□□子供じぶんの思い出話□□□   作:DH■その2・・ 初めての勤労奉仕 昭和12年7月7日 盧溝橋事変が発生 ついで上海事変へと飛び火して「廟行鎮の敵の陣・・江下 北川 作江たち・・」の「爆弾三勇士」となり 日本は まっしぐらに軍国主義に突入してゆきます。わが町からもぼちぼち出征兵士が出始めました。一家の働き頭を取られるので遺された家族は大変です。少しで [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●吉本ばなな著「キッチン」を読む ヒロインみかげは子供の時分に両親を亡くし、代わりに育ててくれた祖父母も亡くなって天涯孤独の身になった。そんな彼女をボーイフレンドの雄一が「うちで暮らしたら」と誘う。訪ねてみると彼は美貌の母親と二人暮らしで、みかげを暖かく迎えてくれた。しかし、いつまでも好意に甘えるわけにはいかない。そんなある日、ドッキリの事実を知ることになる。雄一の美しい母は男だった・・・。 四天 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • DHさんの思い出話は連載で紹介します。□□□子供じぶんの思い出話□□□   作:DH■その1・・全国唯一!? 男子小学校 私が小学校に入った昭和10年当時、私の町(泉南郡佐野町)には第一と第二の二つの小学校しかなく、第一は男子校、第二は女子校でした。ですから私は第一、姉と妹は第二と、姉弟でも別の小学校に通った訳です。今にして思えば非常に変則的な状態ですが、自分の町しか知らない井の中の蛙はこれが当た [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●お寺 de ジャズライブ 上町筋の少し西側、雲雷寺というお寺で長年ジャズライブをやってる・・こと知りませんでした。この寺は、界わいでは少数の日蓮宗の寺で、建物の趣が他宗と違っています。伝統にとらわれないデザインで、ライブの会場の講堂はほぼ洋風。ベンチ型の長いすはキリスト教会のそれと同じです。出演は臨時編成の畑ひろし(G)光岡尚紀(B)冨永ちひろ(D)のトリオ。そして、ヴォーカルのヨシノミナコ。畑さ [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□□□□□□□□□□□□□□□子供じぶんの思い出話□□□□□□□□□□□□□□□□□■初めての家庭菜園     作:YM 今となっては、昭和何年だったか定かではありませんが、おそらく昭和22年ころ、疎開から大阪の自宅へ帰ったころ、弟も妹もまだ学齢に達していなかったと思います。食べることが一番の課題だった時代です。 家の近くの防空壕跡の広場をご近所さんと小さく区切って、ささやかな畑としていました [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□□□□□□□□□□□□□□□子供じぶんの思い出話□□□□□□□□□□□□□□□□□■虫追っかけ少年    作:TY大阪市西成区千本小学校卒 修学旅行先は伊勢神宮   校歌のメロディはよく覚えているが、歌詞は頭だけ。「平和の国の元気なよい子」「いつもなんとかかんとか」と続く。戦後を象徴するような歌詞。びんぼうだったけれど、いい時代だった。おけら 小学生のころの朝の日課はおけらとり。近くの市営住 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • 6月例会 ご案内イラスト 梅本三郎雲湧きて 瑞穂の国の 田植ゑかな   ************************■童心にかえって動物園見学と「風月」お好み焼き□5月17日(木) 〜雨天の場合18日(金)〜□集合・・・午後2時30分地下鉄御堂筋線 天王寺駅西改札口出て右手花屋の前(動物園へは「天芝」を歩いて「天芝ゲート」から入ります)□入園料500円 市内在住65歳〜は無料(要証明)4時〜ご [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●森まゆみ編「森鴎外珠玉選」を読む ときに、子供じぶんに読んだ短編の名作を読む。今回は大活字本で「舞姫」「山椒大夫」「高瀬舟」ほかを読む。一番の魅力は読後のしみじみ感。「高瀬舟」を読むのは三回か四回目だけど、毎度思うのは「もうチョット先まで書いてもらえまへんか」という勝手な願望。なんか,映画のラストシーンを見逃してしまったようなもどかしさを感じる。あと1頁か2頁足して不幸なドラマにオチをつけてほし [続きを読む]
  • 大阪日暮綴
  • ●図書館で呑んで委員会? 4月24日、ここで案内した「大阪の酒」試飲会。まちライブラリー@もりのみや という図書館で催されたので参加。申込みは六名というので、主宰の石田さんは四合瓶3本を準備したのですが、当日、飛び入りが相次いで14名にもなってしまい、お酒がたりません(涙)。全員、初対面で、女性が3名。さすがに図書館で「呑み会」で行事申込みはマズイので、石田さんは「大阪の酒講座」という座学のタイト [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□□□□□□□□□□□□□□□子供じぶんの思い出話□□□□□□□□□□□□□□□□□■大阪大空襲の記憶   作:KY 私が経験した大阪の大空襲を記憶している限り初めてですが書いてみました。1937年3月生まれの私は8歳で難波にある大阪市立精華小学校に通学していました。両脚にゲートル(脚絆)が上手く巻けず苦労したのを覚えています。4月に2年生になれば兵庫県丹波周辺に学童疎開する予定で準備していたのですが [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • □□□□□□□□□□□□□□□□□子供じぶんの思い出話□□□□□□□□□□□□□□□□□■母を想うと・・・  作:US あれは小学校三年か四年生の頃だったと記憶しております。大阪上本町に住んでおりましたが空襲で焼け出され、奈良県生駒郡のモミジで有名な竜田川の畔に疎開さきの家を見つけて家族六人で暮らしておりました。父は古物商のブローカーで毎日大阪の鶴橋に出かけていました。ある日、母が神妙な [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●菩提寺の「晋山式」に参列 お寺の住職が交代するとき、新住職が着任するセレモニーを晋山式(しんざんしき)といいます。準備が大変で費用もかかるため、すべてのお寺で行われているのではないらしい。4月29日、浄土宗「念仏寺」(天王寺区)でこの式があったので檀家として参列しました。新住職といっても、10年以上、先代住職の副住職として活動されていたのでお互い顔見知りです。新住職は大阪大学工学部卒、久保田鉄鋼(当 [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●老いて益々アカン人 ご本人は善意、気配りのつもりでやったのかも知れないが・・。宮城県内のJR東北本線で、電車の中の座席の上に老人クラブのグループ名で「席をお譲り下さい」との置き紙があったと、ツイッターで疑問や批判が相次ぐ炎上状態になっている。 置き紙は、座席の座部に載せてあり、A4判ぐらいの白い紙に大きな字で印刷されていた。「次の駅から、敬老者が16名乗車します」。置き紙には、こう書かれており、前の駅 [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●トランプ大統領はサイコパス・・? 以前、ここで中野信子著「サイコパス」と言う本を紹介しました。その著者が30日のWBSに出演してサイコパスのイロハについて説明していました。まあ、本の内容と同じで難しい話はなかった。ただ、トランプ大統領がサイコパスかも、という見方は五分五分ではなく、ほぼ決まり、のように言ってます。サイコパスの何たるかを知ってる人は大方同意するでせう。トランプがサイコパスなら金正恩も [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • ●バラ咲く庭でバーベキュー 雨で一日延期したら晴天微風の最高の行楽日和り。10人が参加してバーベキューを楽しみました。女性誌に紹介されてもいいような、絵になる美しい庭でグルメ三昧のひとときでした。オーナーMさんと早くから準備を手伝って下さったYさん、Tさんに感謝。(4月26日) [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●養老孟司:隈研吾著 「日本人はどう住まうべきか」を読む 隈氏はいうまでもなく、オリンピックスタジアムの設計者。(この本を出したときは、五輪の話はまだなかった)両者の因縁はなにかというと、共に栄光学園というカトリック系の中高校出身であること。どうやら、養老センセが隈氏の仕事ぶりに興味をもってこの本が出来たらしい。2011年の東日本大震災から10ヶ月ほどたって、日本人はどこにどんな住まい方をすれば良いのか [続きを読む]
  • たまには外メシ
  • ●そば切り「岳空」 〜空堀〜 M君の案内で中学校のミニ同窓会。空堀商店街といっても谷町筋の東側にある。通好み、和モダンのインテリアで、カウンター10席のみ。あえて「そば屋」を表現しないスタイルらしい。付きだし三品、天ぷらと盛りそばを注文。そばはコリコリするくらい腰あり、かつ、細い。酒は青森の「華想い」で。よい取り合わせでした。二次会があるので、これで十分。席数すくなく、営業時間も短いというハ [続きを読む]