駄目男/快道メーカー さん プロフィール

  •  
駄目男/快道メーカーさん: 快道ウオーキング
ハンドル名駄目男/快道メーカー さん
ブログタイトル快道ウオーキング
ブログURLhttp://oskjk.blog107.fc2.com/
サイト紹介文歴史のある「街道」ではなく、自分流「快道」の開拓が趣味ですが、ブログの話題はなんでもありです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2007/12/06 20:33

駄目男/快道メーカー さんのブログ記事

  • 閑人帳
  • ●歯ぎしり用マウスピース 半年くらい前、歯科医院での「歯の掃除」のときに衛生士さんから「歯ぎしりしているからマウスピースをつくりませんか」と言われた。歯ぎしりなんかしてません、と否定したものの、本人には判断できないものらしくて自信がない。説明によると、歯ぎしりのときは、歯のかみ合わせで200kgくらいのチカラが歯にかかり、老化で弱っている歯は耐えられなくて割れてしまうこともあるという。歯ぎしりの有 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • 小学生時代の思い出   作:DH****************(75) 活動写真 活動写真がやがてキネマ(或はシネマ)から映画と呼ばれるようになるかなり以前の話で、勿論、無声、白黒でカツベン(活弁)が活躍した時代である。客席のまだ前に弁士の席があり、有名な「東山三十六峰 静かに眠る丑三つ時、突如として起こる剣戟の響き・・」とか「春、南風のローマンス・・」などと言った名調子が言い伝えられている。 [続きを読む]
  • 大阪日暮綴
  • ●御堂筋「光の饗宴」 川島恵美子作品展訪問の帰り、本町駅で下車して御堂筋へ出ると、恒例のイルミネーションがはじまっていました。例年は12月に入ってからだったような気がするけど、なにか急ぐ理由でもあったのでせうか。銀杏の木にはまだ葉がいっぱい残っているので、電球が隠れてしまうのでは、というのは杞憂で、普通に光っています。今回は歩道端の植栽にもレイアウトされていて、全体では如何ほどの電球が使われているの [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • ●12月例会(忘年会)ご案内      イラスト 梅本三郎青春81きっぷ シリーズ ラスト赤い糸 解けない 切れない ユルマない***********************忘年会のご案内 今年も補助金つきの忘年会を二つ企画しました。日曜日に行いますので、ふだん、例会に出にくい人もぜひご参加下さい。Aプラン■「天王寺七坂散歩と一献」 寺町の七坂をぜんぶ歩きます。一心寺で休憩して天王寺界隈の酒 [続きを読む]
  • ●西除川ウオーキングガイド
  • ●西除川ウオーキングガイド 〜地図をつくりました〜 南河内を流れる全長26キロの地味な川「西除川(にしよけがわ)」沿いのコース地図をつくりました。堺市の浅香山から狭山池を経て天野の金剛寺まで行程は32キロ、ほぼ平坦な道です。西除川流域は今まで観光やハイキングでは無視されていた感じがありますが、下見歩きを重ねて、昼食場所やトイレ事情も確かめ、コースにまとめました。但し、32キロのうち、2キロほどは、 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • (74)スキヤキ 竹の皮から連想されるもの・・・スキヤキというとまるで判じ物のようだが。母が「晩はスキヤキにしよか」と言うと喜び勇んで肉屋に走る。「ロース(?)の肉 百目。」(目は匁で3・75グラム)と言うと肉屋さんが竹の皮を拡げ(そーら竹の皮が出てきた)それに、おおよその肉を盛って秤に載せ、多少足したり減らしたりして丁度百目にし、最後に四角い脂身を添えて一丁上がり。竹の皮の端をピッと割いて作った [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●絵画展二つご案内■川島恵美子 作品展11月3日(祝)〜18日(日)**************************■鳥越ゆり子 絵画展(感情細胞) [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●多胡輝著「正岡子規 運命を明るいものに変えてしまった男」●ドナルド・キーン著「正岡子規」を読む 図書館の近代文学本の棚には子規に関する本がどっさりあって,何を選ぶか迷ってしまう。今回は上記の二冊を借りたが、キーン先生の本は大部なので、チラ読みで終わってしまった。しかし、子規という人はだれもが評論したくなる魅力的な男だったこと、理解できた。多胡氏の本を開いた途端に誤植を見つけた。本文1頁目、「辛い [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • (73) へし(菱の方言)の実 この辺の池ならどこでも自生している水草の実である。秋も深まり実が生ってくると家庭の盥の五倍ぐらいはありそうな盥舟で菱取りに出かける人がいる。盥から身を乗り出し、菱草を手繰り寄せては葉の裏に生っている実をもいでまわる。いい加減たまったところで町へ持ってきて「へしー、へしーっ」と売りに廻る。それを二升とか三升とか買って 茹でて食べる。母が「今夜は夜なべにしょうか」と言え [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • ●11月例会 ご案内 〜第二部〜くちまめ例会京都大原野方面□11月8日(木)□阪急京都線 東向日駅集合 10時00分 10:12分発 阪急バス乗車□弁当不要 外食します。 12月は13日(木)の予定************************●西除川歩行 第三区間 北野田駅〜滝谷駅 7,5キロ 平坦路□11月15日(木) 雨天16日に延期□集合・・・10時30分 南海高野線 北野田駅改札口 参 [続きを読む]
  • 大阪日暮綴
  • ●布忍神社の過激な?「恋みくじ」 西除川ウオーキング第一区間で立ち寄る布忍神社(ぬのせじんじゃ:河内松原市)は、外見は普通の神社ですが、ここの「恋みくじ」のユニークさが評判になって、遠方からも女性がやってくる。おみくじは,普通は吉凶を占い、大吉とか,数パターンがあってどこの神社でも同じような占い文句が書いてある。 しかし、布忍神社のおみくじは神さま?が文言をえらぶのではなく、イチハラヒロコという女 [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●後期高齢者に係る「医療費通知」書 ・・なる郵便が年に二回届きます。あなたは半年間にこれだけ受診、治療し、これだけ費用がかかりました、というお知らせです。要らぬお節介と受け取る人もいるかも知れないが、無駄な通知とは思わない。 下は、駄目男への通知書です。半年間の総額は8万300円。このうち、歯科医院の費用が大きくて4万2050円と半分を占めます。月に一回の歯の掃除と小さな治療1〜2回でこれだけかか [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • 小学生時代の思い出   作:DH****************(71) 床屋 我が家の隣りのブロックにある「床源」さんが行きつけの床屋さんだった。床屋へ行くのは大嫌いだった。何しろ痛いのだ。床源さんが下手なのか、それともバリカンの切れが悪いのか、しょっちゅうピッピッと髪を引っ張られる。当時のバリカンは勿論手動式で、ぐっと握って髪を切り、緩めるとバネで元に戻る式のものだったが、それの何処が悪いの [続きを読む]
  • プチ・ケチの研究
  • ●効果ある?・・レジ袋の有料化 環境問題という視点から、政府はレジ袋の有料化を義務づけることを考えているらしい。消費者の反応は賛否なかば、または有料化賛成がやや多いという感じです。また、スーパーでレジ袋を有料にしたら、マイバッグの持参者が7割くらいに増えて削減の効果があるという。本当に有料化イコール石油資源の節約、環境問題への貢献があるのでせうか・単純に考えれば,効果アリですが、レジ袋が無くなれば [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • ●マレー沖海戦の美談は報道されなかった? 10月17日掲載の「(69)余談・・マレー沖海戦の知られざる美談」について、なぜ、当時の日本人が知らなかったのか、新聞を調べた限りでは、記事が見つからなかった。(調べたのは朝日新聞と各社の総合縮刷版だけ)。英国の戦艦を撃沈したのが12月10日、弔いの花束投下が18日なので、この日以後、年末までの記事を調べましたが、美談のニュースはなかった。しかし、12月2 [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • 小学生時代の思い出   作:DH****************(70) 風呂屋 風呂屋。銭湯ではない。あれは東京語。我が家から半町ほど西に、みんなが「ちょうざ」と言っている風呂屋があった。どんな意味か、どんな字を書くのか未だに分からない。小さい時「うかじのばあ」(よく遊びに行った家のお婆さん。多分その家の屋号が宇賀治だったのだろう)に連れられてこの風呂屋へ行った。勿論、女湯の方だ。これは子供にと [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • ●11月例会 ご案内 イラスト 梅本三郎10月中旬 九州 九重の法華院温泉にて「何と読む モミジの天ぷらか 紅葉か」********************西除川ウオーキング 第2回  (担当 小西)■11月1日(木) 雨天の場合2日(金)■集合・・・10時40分 近鉄河内松原駅 改札口  参考ダイヤ・・阿倍野橋発10時24分     河内松原着10時33分 [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●大越哲仁著「マッカーサーと幣原総理」  〜憲法九条の発案者はどちらか〜 を読む 以前から興味をもっていた問題に答えてくれそうなこの本に出会い、さっそく読み始めるも、まあ、なんとややこしい話であることよ。3頁読み進んでは1頁後戻り・・という感じで、これは著者の文章力が拙いせいではなく、語られる問題が複雑すぎるせいであります。どの時点で、誰がああ言い、其れがこう言う、さらに別の某はかく言った・・と、 [続きを読む]
  • プチ・ケチの研究
  • ●冷凍庫が満員 調理の手間を省くため、使い残しのムダをなくすため、冷凍保存を増やすうちに冷凍庫が満員になり、逆に冷蔵庫はガラ空きです。誰かに聞いたところでは、この状態のほうが電力消費が少なくて済むそうなので、満員御礼でいいかと。しかし、大型の冷蔵庫でこれをやると、どこに何をしまったのか忘れてしまうかもしれず、かえってムダが生まれるかもしれない。10種類くらいが目が行き届いて良いかも、と勝手に納得し [続きを読む]
  • 大阪日暮綴
  • ●巨大物流センターを見学 Mさんの案内で茨木市にあるヤマトグループの物流センター「関西ゲートウエイ」を見学しました。宅急便の集配の要になる最新型の施設です。敷地が無茶広いと感心したら、そこはかつての松下電器テレビ工場の跡地でした。ヤマトが使う敷地が6万4000平方メートル、隣接して同じくらいの広い土地をアマゾンが使っています。見学者用の施設がはじめから整備してあって、ガラスで遮断された空間から、装置の [続きを読む]
  • 犬町・猫町情報
  • (69)余談・・マレー沖海戦の知られざる美談 太平洋戦争の緒戦にマレー沖海戦がありました。海戦と言っても、イギリスの東洋艦隊の主力である戦艦「プリンス・オブ・ウエールズ」と「レパルス」の二隻を日本の航空隊が襲撃して撃沈したもので、実際には空対海の戦闘でした。「レパルス」は老朽艦でしたが「プリンス・オブ・ウエールズ」は最新鋭艦で、世界一の海軍国と自負しているイギリスが「不沈戦艦」と豪語していたものだ [続きを読む]
  • ウオーキング・観光
  • ●ひさしぶりに「快道マップ」づくり 「お好み散歩道」以来、4年ぶりに「西除川」コース地図を制作中。なにしろ「快道」の乏しいエリアなので、なんとかカッコつけようと苦労しています。それに、コースの区分も難しい。しかし、それだけ作りがいがあるとも言え、下見で、なんやかんや70キロくらい歩いてしまい、おかげさまで、ええ運動になりました。第1回のコース地図は、コース表示しかない未完成地図になります。今回はは [続きを読む]
  • 読書と音楽の愉しみ
  • ●有栖川有栖著「幻坂」を読む 書店員が選ぶ「本屋大賞」にはローカル版があるそうで、本書は昨年の「大阪ほんま本大賞」を受賞した。よって、本の中身は大阪がテーマで、幻坂とは天王寺七坂のことであります。その坂ごとに短編小説を書き、別にオマケ?なのか、芭蕉の終焉を描いた「枯野」と藤原家?の日想観を描いた「夕陽庵」が添えてある。七坂の物語で一番面白いのは「天神坂」。死んだことになっている中年女と私立探偵がこ [続きを読む]
  • 閑人帳
  • ●花も嵐も踏み越えて・・・ ときどきここで紹介する田代さんが産経「朝の詩」に三回目の入選を果たしました。今月から、選者が新谷和江さんから八木幹夫さんに変わったけど、早々の入選です。早速、新聞を切り取り、数枚のコピーとともに郵送。彼女は新聞を取っていないので、駄目男が知らせないと入選が分からないのであります。ただ今94歳。この年齢なら、八割、九割は要介護の状態が普通ですが、まあ、元気なものです。近々 [続きを読む]