じいちゃん さん プロフィール

  •  
じいちゃんさん: じいちゃんの車中泊日記3
ハンドル名じいちゃん さん
ブログタイトルじいちゃんの車中泊日記3
ブログURLhttp://tyrar3.naturum.ne.jp/
サイト紹介文全国様々な場所へ観光や釣りやスキーに車中泊へ出かけています。車中泊便利グッズも紹介しています。
自由文車中泊グッズや車中泊便利グッズなど沢山紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供426回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2007/12/10 19:52

じいちゃん さんのブログ記事

  • ハイイロチュウヒ♀
  • ハイイロチュウヒ♀ハイイロチュウヒ(灰色沢鵟、学名:Circus cyaneus )は、タカ目タカ科チュウヒ属に分類される鳥類の1種である。オスは全長40 - 45 cm。メスは50 - 55 cm。メスの方が大型になる。尾羽の背面(上尾筒)には白い斑紋がある。 オスは全身が灰色で、初列風切羽は黒い。腹部の羽毛は白い。メスや幼鳥は全身が褐色の羽毛に覆われる。腹面は淡褐色で褐色の斑紋が入る。 草原や湿地に生息する。地上付近を低空飛行した [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ隼君の・・・・この子は雌のようなのでハヤブサさんかな?一日の始まりは早朝7時過ぎから始まります 早いときは7時20分ごろにはエサを捕まえて帰ってくることがあるこの日は11時22分に仮に出かけ11時55分に大きな獲物を煙突のてっぺんに運んでいました 食事時間は大きな鳥だったため1時間10分 途中カラスのしつこいちょっかいに10分間の休憩あとはまったりの時間の後いつの間にか 何処かに消えた          [続きを読む]
  • ケリ
  • ケリケリ(鳧、計里、水札、学名:Vanellus cinereus)は、チドリ目チドリ科タゲリ属に分類される鳥類の一種。モンゴル、中国北東部、日本で繁殖する。冬には東南アジア、中国南部などに渡るものもいる。日本においては留鳥として、かつては主に東北地方に分布していたが、近年は分布が拡大し、現在では中部地方、関西地方を中心とした近畿以北の本州に分布する。最近になって中国地方・北部九州など西日本でも繁殖が確認され始めた [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサハヤブサの急降下は最速で時速300km・・・速さを象徴する鳥で、戦闘機や新幹線、人工衛星にも「ハヤブサ」の名前が借用されているほど。そのため、狩りには障害物のない広い空間が必要である。繁殖も高い崖の中腹で行う                 2018年11月7日撮影  名古屋市港区藤前 [続きを読む]
  • チュウヒ
  • チュウヒ                2018年11月7日撮影  名古屋市港区藤前藤前干潟から庄内川方向250mくらいあるだろうか チュウヒが狩をしていました金城ふ頭の方面に移動中のチュウヒ夕方が迫りねぐら?に帰るチュウヒ   (金城ふ頭方面から名四方面に) [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ                           2018年11月5日撮影 煙突のてっぺんで獲物を探しています発見すると早速狩に出発 早いと5分〜20分ほどで獲物をもって帰ってきますこの日もシギ類の獲物を抱えて帰ってきました煙突のてっぺんにもって上がりますあまり重い獲物の時は高いところに持ち上がるのが困難で 建屋の軒先で食べているのをよく見ます 風の強い日は 重い獲物を高いところに持ち上げる [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • 藤前干潟 藤前干潟は、名古屋港に流入する庄内川、新川、日光川の河口部に広がる約300ヘクタールの干潟です。国内有数の渡り鳥の中継地で、毎年数多くの水鳥が飛来します。シベリアなど北半球の繁殖地とオセアニアなど南半球の越冬地を往復しているシギやチドリの大切な中継地となっています。              2018年11月2日撮影  撮影場所名古屋市港区藤前毎日やって来るハヤブサ 早いときは7時過ぎにはやって来て [続きを読む]
  • ミサゴ
  • ミサゴミサゴは、水中に足から突っ込み、魚ばかり捕食するタカで、「空飛ぶ漁師」と形容されるほど魚捕りの名人である。その生態から「水さぐる」が名前の由来と言われている。スマートな体型で、白黒の配色が美しく精悍な顔をしている。体の全面が白いので遠くからでも良く目立ち、飛んでいる時は他のタカよりも尾が短く見えるので、遠くからでも識別できる。            2018年10月31日撮影 撮影場所:名古屋市港区 [続きを読む]
  • ミサゴ
  • ミサゴミサゴの狩の瞬間 狙いを定めて一気に飛び込んで キャッチします           2018年11月16日撮影  撮影場所:名古屋市港区藤前ダーウインポーズの前には ロックオンされたお魚さんが [続きを読む]
  • ミサゴ
  • ミサゴミサゴ: ユーラシア大陸、北アメリカ大陸、そしてアフリカ大陸北部、更には豪州にまでと、極地を除く全世界に広く生息分布する大型のタカの仲間他のタカと同じように、オスよりもメスのほうが大きく、体長はほぼトビと同じくらいですが、タイトル写真にありますように翼を開いた状態(翼開長)ではトビよりも長く、一回り大きい印象を与えます。何よりもトビの腹部(下面)は黒褐色で僅かに白斑があるのに対し、ミサゴは下 [続きを読む]
  • サンセット
  • 琵琶湖の夕陽先日の琵琶湖は快晴 夕日も素晴らしいサンセットが望めたオオワシを4時まで追っていたがエサ取りに湖に来てくれなかった昨日で5日目の断食だったようだ お腹すいているだろうに昨日は昼前から浦山に行ったっきり姿を見せなかった いつぞやみたいに裏でおいしいイノシシやウサギをいただいているのではないだろうか この二日間頑張ったが成果なしガッカリの撮影だった 次回に期待しよう [続きを読む]
  • 大鷲
  • 6時間たっても大鷲の動き無し中腹の木に止まったまま まったりして動く気配無し 今日で4日目の絶食らしいので今日は飛び込みが見られるのではと 湖畔の堤防で待機中 [続きを読む]
  • トンビ
  • お早う御座いますタカバシラならず トンビバシラ47羽のトンビが飛び交っています 鷹の渡りは良く見ますがトンビははじめてです 長良のトンビも20羽位飛ぶので多いと思っていましたが ここは見ごたえあります [続きを読む]
  • ミサゴ
  • ミサゴ           2018年10月23日撮影   撮影場所:名古屋市港区藤前この日は珍しくミサゴが早朝から飛び込んでくれた 不意を突かれ振り向きざまにシャッターを切ったものだから三脚に足を取られ ドボーンの寸前が撮れず [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ         2018年10月23日撮影    撮影場所:名古屋市港区藤前この日も7時40分ごろに煙突のてっぺんに! このように止まってくれればしばらく待って飛び出しを狙う事も出来るが 周りを舞いながら高く舞上がって行くと見えなくなってしまい 楽しみがなくなる!・・・・・・8時8分に獲物に”ロックオン” 物凄い勢いで一直線に飛び立ちましたこのまま帰ってきませんでした 早いと5分から20分ほどで 自慢げ [続きを読む]
  • 11月17日の記事
  • お早う御座います昨夜は雲におおわれたいたのでこんなに晴れるとは思わなかった ラッキーでした 欲を言えばテッペンの雪が見たかった? [続きを読む]