じいちゃん さん プロフィール

  •  
じいちゃんさん: じいちゃんの車中泊日記3
ハンドル名じいちゃん さん
ブログタイトルじいちゃんの車中泊日記3
ブログURLhttp://tyrar3.naturum.ne.jp/
サイト紹介文全国様々な場所へ観光や釣りやスキーに車中泊へ出かけています。車中泊便利グッズも紹介しています。
自由文車中泊グッズや車中泊便利グッズなど沢山紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供425回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2007/12/10 19:52

じいちゃん さんのブログ記事

  • チュウヒ
  • チュウヒ全長48cm(オス)、58cm(メス)。翼開長137cm(メス) タカ類はオスよりもメスの方が体は大きいのが普通です。オスは頭から背が灰色で褐色の縦斑のあるもの、頭は灰褐色で背や翼は黒褐色のもの                 2018年6月22日撮影  撮影地 滋賀県今日のディナーはカエルのようです [続きを読む]
  • 碌山美術館
  • 碌山美術館碌山美術館は、日本近代彫刻の扉を開いた荻原守衛の作品と資料を保存、公開するため昭和33年開館。木立に覆われた趣のある展示室を草花を愉しみながら別館に巡り、館庭の「空を見上げるイス」に身をまかせると、木漏れ日の青い空につつまれます。別館には親友の高村光太郎や戸張孤雁、また中原悌二郎らの作品が展示されている。営業:9:00〜17:10   駐車場有休業:月 祝祭日の翌日、12月21日〜31日(5月〜10月は無休) [続きを読む]
  • オオヨシキリ
  • オオヨシキリスズメより大きく、にぎやかなさえずり。   全長:18cmヨシ原に飛来する。北海道では南部のみで少ない。 ギョシギョシ、ケケチケケチなど早口の大声で、長く続け、夜も鳴く。 同じ夏鳥のコヨシキリは北海道に多く飛来しヨシ原以外の乾燥した草地にもすむスズメより小さい鳥。1日中泣いている (夜中も) 葦の中で目立たないが夕方はよく葦に這い上がって 見えるところで鳴いているので4時〜6時頃が撮影に向いて [続きを読む]
  • チュウヒ
  • チュウヒお父さんが 狩から帰ってきました           2018年6月21日撮影速くちょうだい行くよア!ヤバイチャンと捕まえろよ!?・・・・まて〜〜残念ながら見失ってしまいました [続きを読む]
  • チュウヒ
  • チュウヒ日本では北海道と本州の一部で繁殖しています。それ以外の本州や、四国、九州南西諸島などの地方では冬鳥です。河川、湿原、池沼、水田など水辺に生息し、アシ原や背の高い草地などに、アシや草を積上げて巣をつくります。食べ物は鳥、小哺乳類、カエル類、ヘビ類など水辺、草原にすむ動物類です。エサを持ってきたオスは巣に近い空中でメスにエサを渡し、メスは巣に、オスは狩りへ戻っていきます。            [続きを読む]
  • コアジサシ
  • コアジサシ全長28cm。翼開長53cm。背は低く、体が細い鳥。体と尾は白色。背と翼上面はうすい灰色。夏羽ではくちばしは黄色で足は橙色。頭と、目を通る線は黒色。額は白色。冬羽ではくちばしは黒っぽく、頭は白っぽくなります水面での餌渡し [続きを読む]
  • コアジサシ
  • コアジサシコアジサシ(小鯵刺、学名:Sterna albifrons)は、チドリ目カモメ科に分類される鳥全長は24 cm、ツグミやヒヨドリと同じくらいの大きさでアジサシよりも小さい。翼開長は約53 cm 翼と尾羽がツバメのように細くとがっていて、嘴もまっすぐのびる。 夏羽では頭は黒く、額、のど、腹が白、他の体の部分はうすい灰色で、嘴は黄色、脚はだいだい色。 冬羽では嘴と脚が黒くなり、額の白い部分が拡がる            [続きを読む]
  • 大磯海岸
  • 大磯海岸昨日は海水浴客 釣り客などで駐車場の空きを待つ車で付近の道路はパニック状態 車を止めれず あきらめて温泉に今日は早朝5時に駐車場に 平日の為車は少なめ 薄曇りで少しはしのげたが それでも暑い日 昼まで鳥さんを写して 名古屋へ  [続きを読む]
  • コロナワールド小田原
  • 暑いですね小田原に来ました 先日天国のような御嶽山から山中湖付近の道の駅で一泊 今朝丹沢湖のクマタカさんに会いに行くも 今年はベービー誕生は無かったのでしょうか カメラマンの姿が0人 2時間滞在するも姿見せず やむ無く大磯港に向かう 駐車場満車で動かず 時間も昼前と悪く おまけに日曜日と来ているお手上げ 時間調整に一苦労右往左往したあげく温泉に落ち着く とにかく暑い暑い⁉ [続きを読む]
  • 三笠山
  • 今日は御嶽山8号め付近から三笠山 田野原自然公園を望む今日の天候は涼しくて良いのだがガスが出て鳥撮りには不向きだ午後の時間帯に入ったのに 霧が邪魔して 終了とする [続きを読む]
  • 御嶽山
  • 8合め手前のほこら前まで来ています 数年ぶりに山登りらしい体験 最近トレーニングしていないので吐き気を催す位いきつかった 運動しなくては [続きを読む]
  • ハチクマ
  • ハチクマハチクマ(蜂熊、八角鷹、蜂角鷹、学名:Pernis ptilorhyncus)は、鳥綱タカ目タカ科ハチクマ属に分類される鳥類の一種である。和名は同じ猛禽類のクマタカに似た姿で、ハチを主食とする性質を持つことに由来する。 全長57 - 61cm。雌の方がやや大きい。体色は通常体の上面は暗褐色で、体の下面が淡色若しくは褐色であるが、特に羽の色は個体差が大きい。オスは風切先端に黒い帯があり、尾羽にも2本の黒い帯があり、瞳が黒 [続きを読む]
  • オオヨシキリ
  • オオヨシキリ全長18.5cm。雌雄同色で、背面は緑褐色、腹面は淡褐色の羽毛で覆われる。 眼上部にある眉状の斑紋(眉斑)は白く明瞭。嘴の基部から眼を通り後頭部へ続く黒い筋模様(過眼線)が入る。 夏季はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸中緯度地方で繁殖し、冬季はアフリカ大陸中部以南やユーラシア大陸南部等で越冬する。日本では夏季に亜種オオヨシキリが繁殖のためほぼ全国に飛来する(夏鳥)。 [続きを読む]
  • オオヨシキリ
  • オオヨシキリオオヨシキリ(大葦切、)は、スズメ目ヨシキリ科に分類される鳥類。 ヨシ原等に生息する。 食性は動物食で、昆虫類、節足動物等を食べる。ヨシ原や周囲の森林で獲物を捕食する。ヨシを切り裂いて中にいる獲物を捕食するとされ、和名の由来とされる。 繁殖形態は卵生。繁殖期には縄張りを形成し、しばしば1羽のオスに対し複数羽のメスによるハーレムを形成する。ヨシの茎や葉等を組み合わせたお椀状の巣を作り、日本で [続きを読む]
  • ハリオアマツバメ
  • ハリオアマツバメハリオアマツバメ(針尾雨燕、)は、アマツバメ目アマツバメ科ハリオアマツバメ属に分類される鳥。 高山や海岸などに生息する。1日の大部分を飛行して過ごし、地上に降りることは無く岩場に爪を引っ掛けて休む。尾羽の突出した羽軸は、静止時に体重を支えるのに役立つと考えられている。             2018年6月8日撮影  撮影地 岐阜県ひるがの高原ハリオアマツバメの水飲み 水面すれすれに飛びな [続きを読む]
  • ノビタキ
  • ノビタキノビタキは落ち着きなく草などの枝先、枝先を移動しますが、比較的姿の見えやすい高い枝先や電線に止まっていることが多いです。夏羽雄:頭、顔全体、背中と尾が真っ黒です!翼に目立つ白斑があり、胸はオレンジ色で、だんだんお腹に向って、淡くなります。喉は黒褐色で、頸の側面と腰は白色。 夏羽雌:雄よりずっと淡い色合いです。喉とお腹は汚白色で、胸は淡いオレンジ色。 上面は黒褐色で、小さな細かい淡褐色の縦斑 [続きを読む]
  • バッテリー充電器
  • 長期撮影の時バッテリー充電器きが必須となっている今まで使っていた充電器のコードの接触不良になったので USBコードで充電出きる機器をポチッたUSBバッテリーチャージャー3日以上の撮影になるとどうしても必要になってくる バッテリーを3個も4個も買うとなると 相当の出費になるため1000円一寸のこのチャージャーを旅のともとする [続きを読む]
  • 朝食
  • お早う御座います台風で天気が心配されましたが 晴天の朝を迎えました4時半起床 10時間も寝てしまいました 今朝の朝食は梅がゆ 鳥の缶詰 [続きを読む]
  • 御嶽山
  • 御嶽に来ています昨夜遅く到着 夜はさすがに寒かった 日中は日差しも強くちょっと暑く感じるが 日陰にい入ると肌寒く感じ最高??御嶽山頂ではヘリコプターが山小屋の物資を運んでいる [続きを読む]
  • 7月23日の記事
  • お早う御座います 山は寒いです 遠くには雪の残る白山を望めます4時半に携帯の目覚ましで起き現場に直行あわただしく用意を済ませポジションに付き 今日も鳥撮りスタートです [続きを読む]
  • 7月22日の記事
  • お早う御座います寒くて夜中に目覚める? 早朝トイレに向かうが半袖では寒くて長袖を羽織る 快適だ 名古屋の蒸し風呂が嘘のような朝をむかえる?今は鳥さんを待って待機中 大勢のカメラマンが詰めかけている [続きを読む]
  • ノビタキ
  • ノビタキノビタキ(野鶲)は、スズメ目ツグミ科に分類される鳥である北海道では平地の草原、本州では高原に生息する。秋の渡りの時期は、平地でもよく観察される。 草の穂先や灌木などにとまっては移動を繰り返しながら、主に昆虫類を捕食する。 「ヒーチュ ヒチー」、「チー ピーチョチー」などの声でさえずる。地鳴きは「ヒッ」、「ジャッ ジャッ」などノビタキ雌             2018年6月7日撮影  撮影場所 霧 [続きを読む]