zubakabu80 さん プロフィール

  •  
zubakabu80さん: 出島昇のブログ
ハンドル名zubakabu80 さん
ブログタイトル出島昇のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/zubakabu80/
サイト紹介文負けない投資家になってもらうことを願ってのブログ
自由文投資をする上で欠かせない相場雑感や市況を読み投資家の皆様の投資の参考になればと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供246回 / 365日(平均4.7回/週) - 参加 2007/12/11 11:11

zubakabu80 さんのブログ記事

  • 日経平均は57年振りの14連騰
  • 今日は利食い先行で安く始まり、その後はプラス圏に浮上したものの、後場は昨日終値を挟んで膠着した値動きが続き、久し振りに日経平均も反落するかと思われましたが、大引け直前に買いが入って9円高で終了。これで日経平均は1961年以来の14連騰、過去最長記録に並びました。しかし14連騰と行ってもその内の半分程度は小幅高ですので、歴史的な記録達成の感じは有りません。 来週は22日の衆議院選挙の結果次第、仮に予想以上に与 [続きを読む]
  • 日経平均株価は1988年2月以来の13連騰を記録
  • 日経平均株価は今日も上昇して13連騰、1988年2月以来となる連騰記録です。1988年2月と言う時期は、前年の10月にブラックマンデーが有り、株価が急落して、その後回復して行く初期の時期です。その後ブラックマンデーが起きる前の高値を更新し、日経平均株価は1989年12月に過去最高値となる38957円まで上昇しました。13連騰と言うのはまさにバブル相場絶頂期の記録です、今日その記録に並んだ日経平均ですが、1988年のような高揚感 [続きを読む]
  • ここから先は出遅れ銘柄中心に買って行く局面
  • 今日から5年に1度の中国共産党大会が始まりました、今後5年間の主要人事が決まり、次期国家主席もほぼ決まります。メディア等である程度の予想は出ていますが、主要人事がどのような顔ぶれになるかで今後の中国の方向性も見えて来ます。加えて北朝鮮が中国に祝電を送ったとの事、警戒された北朝鮮のミサイル発射などの挑発行動は暫くは無いと見てよさそうです。 一段と厳しい制裁を受けて北朝鮮もかなり厳しい状況なのかもしれま [続きを読む]
  • 日経平均11連騰も、チャート上では目先の天井を暗示
  • 昨夜の米国株が上昇して円安も進み、日経平均は今日も上昇してこれで11連騰、買い先行で高く始まった後は利食いに押されて一時マイナス圏に沈む場面も有りましたが、すかさず押し目買いが入り再浮上、しかし日足ローソク足は陰線で十字線に近い形、一旦目先の天井を暗示する形です。 今週末は衆議院選挙の投開票日ですので、ぼちぼち選挙結果を見極めたいと言うムードも出て来ます。与党の勝利は間違いないと思われますが、どんな [続きを読む]
  • 日経平均9連騰、一時21211円まで上げ幅拡大
  • 昨夜の米国株が下落し、小幅に円高が進む環境でしたが、日経平均株価は今日も上昇して9連騰。後場には一段高となって一時21211円まで上値を伸ばしました。アベノミクス相場の高値を更新した事で売り方の買戻しが一気に進み、先高期待の買いも入ると言った展開、まさに買うから上がる、上がるから買うと言う感じの好循環、9連騰で過熱感は意識されても何かキッカケが無いと調整局面も無さそうな感じ。 しかしいずれ適度な調整場面 [続きを読む]
  • 日経平均はアベノミクス相場の高値更新
  • 直近の世論調査で、与党の大勝見通しが報道され株式市場も好感、日経平均は一時20994円まで上昇して、2015年高値を更新。アベノミクス相場の高値を更新し、テクニカル面から見れば日本の株式市場は新たな局面を迎えます。日経平均の20900円台は1996年以来、約21年ぶりの高値水準です、株価から見ると日本のデフレ経済は既に終わっていると言う感じです。 日経平均が上昇するに越した事は有りませんが、しかし株式投資の基本は個別 [続きを読む]
  • 終値ベースではアベノミクス相場の高値を更新
  • 今日は目先の利食いが先行して小安く始まりましたが、売り一巡後は切り返してプラス圏に浮上、その後上げ幅を広げて14時42分には20898円まで上昇。ザラ場ベースの高値20952円には届きませんでしたが、終値ベースでは高値を更新、明日はザラ場ベースの高値20952円更新にチャレンジと言う展開になります。 今日で7日続伸と短期的には過熱感も意識されますが、週末のSQに向けて買い方の一段の攻勢と売り方の買い戻しなどを考えると [続きを読む]
  • 選挙後を見据えて動く株式市場
  • 今日は北朝鮮のミサイル発射が警戒されましたが、その様な挑発的な動きは無く株式市場にも安心感が高まりました。この週末に実施された世論調査も、自民党の支持率に大きな変化は無く、逆に希望の党の支持率は低下、これも政権交代の懸念が遠のくと言う事で株式市場に追い風に。 今週末のSQに向けて既に売り方は買戻しを強めている感じで明日以降買い方が一段と攻勢を強めれば一気に日経平均21000円に到達と言う展開も有るかも [続きを読む]
  • アベノミクス後の高値20952円が視野に入ってきました
  • 昨夜の米国市場は税制改革への期待が高まりNYダウは7日続伸、ナスダック指数とS&P500は8日続伸、堅調な米国株を背景に日本市場も5日続伸。解散総選挙が決まってからは強含みの展開が続いている日本市場、希望の党の出現で一時的には上値が重くなる局面も有りましたが、希望の党の勢いが失速するに合わせて日経平均はじり高、海外投資家も買い越し基調に転じています。 日経平均が上昇するには海外投資家の買いが不可欠、森友 [続きを読む]
  • 3連休を控えてポジション調整が中心
  • 週末3連休を控え、連休明けには北朝鮮の労働党創建記念日も有りますので、株式市場も一旦買い見送り、ポジション調整が中心と言う展開に。前原、小池会談が行われましたが、小池氏はあらためて出馬を否定、小池氏無しで希望の党がどこまで戦えるのか?現状では与党優勢の選挙情勢に変わりなし。 一旦上昇一服となっている日経平均ですが、アベノミクス相場の高値は2015年の20952円、後300円程度に迫っており、来週には一気に突破 [続きを読む]
  • 日経平均上昇一服も底堅い展開に変わりなし
  • 昨夜の米国市場は主要3指数が揃って連日の過去最高値更新、この所発表される経済指標に良好な物が続き、米景気の先行きに強気の展開。昨日は大きく上昇した日経平均でしたが、今日は円高が進み日経平均も一時はマイナス圏に、しかし安値では押し目買いが入り終わってみれば小幅高で続伸、多少の円高も今の日本市場では売り材料にはならず。 株式市場強含みの最大の要因は与党有利に進んでいる選挙情勢です、与党が最も恐れたのは [続きを読む]
  • 総選挙の与党勝利を折り込み始めた株式市場
  • 小池都知事が希望の党を立ち上げ、民進党の前原代表が希望の党への合流を決断、ここまでは予想外の展開でマスコミなども盛り上がりましたが、その後合流を巡る混乱が目立ち、枝野氏は新党を立ち上げ、小池都知事も衆議院選挙には出ないと表明するなど、一時は小池都知事を持ち上げたマスコミも今では小池都知事の対応のまずさに非難を強める始末。 野党の混乱を受けて今回の総選挙は与党の勝利確実、後はどんな勝ち方をするかが注 [続きを読む]
  • 希望の党の勢い失速で株式市場も強含み
  • 円安進行と日銀短観が良かった事、更に希望の党の勢いが失速した事も安心感につながり日経平均は上昇。株式市場の最大の警戒要因は政権交代、しかしこの週末に希望の党の勢いが大きく失速、政権後退の可能性は大きく後退して海外投資家に安心感を与えたと言う感じ。日経平均はもう暫くは日柄調整が続きそうですが、先々日柄調整が終われば21000円を目指す動きが期待出来そうです。 民進党議員の希望の党への合流を巡りやや混乱、 [続きを読む]
  • 小池都知事は知事を辞職して衆議院選挙に出馬するのか?
  • 希望の党に全てをかけた民進党の前原代表、想定外の展開に自民党も危機感を抱いているとの報道も有りますが、小池都知事は都知事を辞職して衆議院選挙に打って出るのか?衆議院選挙に出馬となれば都知事は投げ出す事になり、ある程度批判が高まる事も想定されます。都知事を投げ出す悪影響、衆議院選挙に打って出る好影響、小池都知事は暫く難しい判断を迫られそうです。 希望の党と言っても期待を集めているのは小池都知事だけ、 [続きを読む]
  • 民進党が希望の党に合流、想定外の展開
  • 昨夜米国では減税法案がトランプ大統領と共和党指導部で合意し内容が発表されました。議会で成立するまでは楽観は出来ませんが、減税法案が成立すれば日本にとっても円安株高の展開が期待出来ます。今日は日本市場でも、米減税法案の成立を先取りするように円安が進み日経平均も上昇、しかし総選挙に向けて民進党が希望の党に合流を決めるなどややは想定外の展開に。 実質的には民進党は解体、希望の党に合流して選挙を戦うと言う [続きを読む]
  • 当面日経平均は日柄調整で物色の中心は個別物色
  • 日経平均は63円安で続落、しかし9月中間配当の権利落ち分が約130円有りますのでそれを差し引けば実質的にはプラス。しかし円相場が112円台半ばまで円安が進んだ事を考えればやや上値の重い展開。テクニカル的な過熱感も有りますので当面は20500円〜2万円のゾーンでの日柄調整が続きそうな感じです。 一旦落ち着いている北朝鮮情勢、明日は衆議院が解散されて総選挙に突入、9月中間配当狙いの買い需要も一巡し、9月末には機関投資 [続きを読む]
  • 円高が進み日経平均も反落
  • 昨夜の米国株が下落し円相場も111円台半ばまで円高が進行、9月中間配当狙いの買い需要が有っても今日はさすがに日経平均も反落。しかし日経平均は下げましたが東証1部騰落数は値上がり銘柄の方が多く、依然個別物色意欲は旺盛は日本市場です。明日の日経平均も円相場次第ですが、銘柄重視の投資であれば明日以降今週末までに安値が有れば押し目買いの好機、日経平均よりも銘柄重視、引き続きその様な投資スタンスが良い結果に繋が [続きを読む]
  • 明日は9月中間配当権利付き最終日、27日以降需給の悪化に要注意
  • 円安を好感して日経平均は反発、安倍首相が新たな経済対策指示と言う報道も買い材料に。明日が9月配当権利付き最終売買日ですので明日までは配当狙いの買い需要が有りますが、27日は権利落ち日で配当狙いの買い需要は無くなります、27日以降、一時的には需給が悪化しますので、テクニカル的な過熱感を考えれば、27日以降に調整色が強まるかもしれません。 北朝鮮情勢の緊張が高まる状況ながら、米朝口げんかの域を出ない状況です [続きを読む]
  • 北朝鮮の挑発にも慣れて来た株式市場
  • 北朝鮮が太平洋での水爆実験の可能性を示唆した事から利食いが強まり下げに転じた日経平均、しかし目先の利食いが一巡した後は徐々に押し目買いが入り下げ幅を縮小して終了。北朝鮮をキッカケに下げた今日の日本市場ですが下げ幅は小幅、北朝鮮の挑発にも慣れて来た株式市場、仮に太平洋での水爆実験を北朝鮮が強行すれば、その時は世界を敵に回す事になりますので、北朝鮮の命運も尽きると思います。 週明け25日には安倍首相が会 [続きを読む]
  • 日経平均4日続伸も上げ幅を縮小
  • 昨夜の米FOMCの結果を受けて一段と円安が進み112円台半ばまで円安が進行、円安を好感して日経平均も上げ幅を広げ一時20481円まで上昇。しかし買い一巡後はさすがに過熱感も警戒されて利食いに押され上げ幅を縮小、しかしプラス圏は維持し、今日で日経平均は4日続伸、大きな流れとしては年末辺りまでにはアベノミクス後の高値20952円にチャレンジする展開も期待出来そうです。 但し年内に日経平均が20952円を突破する条件とし [続きを読む]
  • 今日は上昇一服、明日以降は個別物色の広がりに期待
  • 昨日は大きく上昇した日経平均でしたが、今日は円安も一服し、衆議院解散総選挙観測も一旦折り込み完了。日経平均も昨日終値を挟んでの膠着した値動きとなり、今夜の米FOMCの結果を待つと言う展開。日経平均は直近7営業日で1100円ほど上昇していますので短期的には過熱感も警戒される状況、一旦適度に日柄調整を進め、その間は材料株やテーマ株、出遅れ銘柄などに物色が強まりそうな感じです。 総選挙関連銘柄が今日も買われ [続きを読む]
  • 衆議院解散総選挙観測を受けて日経平均は大きく上昇
  • 衆議院解散総選挙観測が出て株式市場の状況も一変、米長期金利の上昇による一段の円安進行も有りましたが、解散総選挙は買いとのムードが高まり日経平均も大きく上昇。ザラ場、終値共に年初来高値を更新、想定外の急上昇に売り方の踏み上げも加わり日経平均は一段高、短期的には過熱感も警戒される状況ですが、適度な調整安場面を挟みながら一段高に進みそうな日経平均です。 しかしながら北朝鮮情勢や総選挙の結果を考えると安易 [続きを読む]
  • 北朝鮮ミサイル発射も予想外の株高
  • 本日早朝に北朝鮮がミサイルを発射し、株式市場への悪影響も警戒されましたが、始まってみると悪影響はほとんど無く、良い意味での肩透かしと言う感じ。後場には日経平均は一段高となり19900円台を回復、来週は2万円回復も視野に入る展開となり、株式市場も北朝鮮情勢に慣れて来たと言う感じです。 今日は日経平均だけでなく個別物色の動きにも広がりが出ていました、今週末は3連休にもかかわらず、日経平均も個々の銘柄も強含み [続きを読む]
  • 週末の3連休を控えてポジション解消売り強まる
  • 昨夜の米国株高と円安進行を好感して今日は日経平均も一時19918円まで上げ幅を伸ばしましたが、市場予想を下回る中国経済指標の発表をキッカケに日経平均も上げ幅を縮め、その後マイナス圏に沈むと言う展開でした。しかし昨日まで3空を形成しての3日続伸、今週末は3連休で北朝鮮情勢も警戒されます、中国経済指標はあくまでも一つのきっかけ、今日は下げるべくして下げたと考えた方が良いと思います。 明日は週末です、北朝鮮にミ [続きを読む]