taro さん プロフィール

  •  
taroさん: 島に住処(+工房)を作る
ハンドル名taro さん
ブログタイトル島に住処(+工房)を作る
ブログURLhttp://taro.ti-da.net/
サイト紹介文元貧乏旅行者が島に腰を据えた。農振除外に6年半、長い長いハンドメイドの拠点作り。 亜熱帯石垣島〜
自由文坪10万円の家。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2007/12/20 20:46

taro さんのブログ記事

  • 庭椅子作り
  • 普段は、ホームセンターで売っているプラスチックの白いのを使ってますが、風ですぐに飛んでしまうし、亜熱帯の日差しで劣化が早く数年しか持たない。(奥にあるのは、キャンプ用のパイプ椅子。布が破れたのでチーク材で作り直したものの、座り心地が… )・・・というわけで、窯の薪でいただく廃材&木っ端で試しに一脚作ってみた。外に置いておけるように、ビスはステンレス。材がアピトンという固い木なので、下穴を開けたりの [続きを読む]
  • 太朗窯プロジェクトX
  • 「引っ越しで要らなくなった灯油窯を欲しいという人、誰かご存じないですか?」ある日、見知らぬ方からこのような電話があった。仮にTさんとしておこう。1000℃くらいから中々温度が上がらず、長時間の窯焚きに、失敗作が山の様に出来る薪窯しか持っておらず、手軽に焼ける市販の窯を一つ欲しいと思っていたところだった。ヤフオクなどで中古の窯が格安で出品されているものの、離島への送料が半端ない。「見に行っていいですか? [続きを読む]
  • 倉庫(窯小屋)の片付け整理
  • イッテコイ窯をつくって以来、それまで使っていた両焚き倒炎式単窯の出番がなくなったので、取り壊して倉庫のスペースを確保しようと思ったが・・・潰せない。長時間温度が上がらず、心折れて疲労困憊目茶苦労した窯。(助けを借りず、一人でも焼けるというのがウチの窯の絶対条件なんですが)もう焼くことはないと思うけれど、中古レンガが手に入ったりしたら、改造してまた使う事があるかもしれないなあ・・・灰かぶりや、塩放り [続きを読む]
  • 2018 DIY事始め
  • 1年半ぶりの内地帰省から戻って来て、通常モード。2018になっての初DIYは、倉庫(窯小屋)入り口に屋根を付けることでした。ガルバトタン以外の材料は、いつものようにストックしてる有るモノで。これで大分使い勝手が良くなりました。帰って来た入れ替わりに出かけて行ったかみさんの留守の間に、風呂場壁の塗装も完了〜 [続きを読む]
  • イッテコイ窯の定期修理
  • 去年の春から夏にかけて作った小型の薪窯、通称「イッテコイ窯」の修理ふたたび。(火が手前から行って壁に当たって戻ってくるから、行って来い窯という名前が付く)4月に交換した焼成室の二丁掛け耐火レンガがもうヒビ割れる。一本は完璧に折れてしまって、最悪の場合棚組が倒れるか崩れるところだった、、、SK34 とあるが、JIS規格ではない耐火レンガ。怪しい。熱でボロボロになった耐火レンガの側壁や、廃材の釘が溶けて [続きを読む]
  • 店の表札作り
  • 先日、集落の前期総会が終わってホッとしているところです。会計なので次、12月の「石垣島やきもの祭り」に向けて準備進めないと!と俄かに焦り、まず店の表札作り。フリーフォントから、懐雲体というのをダウンロードしてみた。トレーシングペーパーとかカーボン紙とかいう、気の利いたものはない。トリマーで彫って、磨いて〜色を入れて完成。あれ、なんで? 「窯」という字が5ミリほど下にずれた。気にしない気にしない、、 [続きを読む]
  • 再び、雨水排水経路増設 完了
  • ひとまず完了していた工事の続き。大雨降ってから様子を見ようと思っていたが、最後までやる事にした。(年に数回、4tタンクローリーがA重油を積んで入ってくるので、塩ビ管が破損しないか心配でもあった。)建物から敷地外へと埋設していた65ミリの排水管を100ミリに変更して埋め戻す作業。炎天下の戸外の作業は、午前10時までとする。熱中症なるで〜 クラクラするわ、ホンマ [続きを読む]
  • 公民館の作業
  • 自分ちのU字溝のお次は、公民館のそれ。雨が降るとジュクジュクになってた公民館軒下。入植60周年記念行事の一環で、U字溝を埋設する仕事を土日がっつりと。公民館作業というより、れっきとした土木工事や〜カクかくっと折れ曲がって26m分。総勢6、7名で、自分は主に型枠とモルタル作業担当。二日で18時間労働、久々にへとへとです。・・・ということで一時的に断酒解禁。缶ビール1本〜だけ。 [続きを読む]
  • 再び、雨水排水経路増設 ひとまず完了
  • 国の動きを注視しつつ作業続行。U字溝埋設完了。当初は、軒に合わせてL字型にU字溝を入れるつもりだったが、とりあえず既存の排水路を使うことにした。グレーチング高いしUV管が65か〜75と細かったので、100ミリに入れ替える。また掘方最後はU字溝のところの犬走。(町の寮から)ちょうど帰って来ていた高校生の息子を、モルタル練りに手伝わせる。雨が降りだすまでに、オワタ〜一日晴れて今日からずっと雨の予報。ギリ間に [続きを読む]
  • 再び、雨水排水経路増設 その3
  • 続き。スラブ軒下にU字溝(120ミリ)を設置し、塩ビ管と繋げる作業。まずは掘方。バカ棒を作る。(家の基礎天場を基準とした)水糸を張る丁張り。空練り、と言いたいところだけど、砂。(重量がかかる場所ではないので、大丈夫かと)目地埋め。梅雨の晴れ間を見計らっての作業です。過去の土方バイトの経験が役立ってますな。しかし、腰が・・・ [続きを読む]
  • 再び、雨水排水経路増設 その2
  • 塩ビ管に継ぎ手、U字溝にグレーチングを町のホームセンターで買ってきた。(残り13個のU字溝は後日配達される)間違って切ってしまったらオジャン、という緊張感。「ここをこうして、こうやって・・・」と頭の中でぶつぶつ呟きながら、まずは並べてみる。当初、排水経路から塩ビ管を直に繋ぐつもりだったが、U字溝を一つ入れてみることに。角度を調節、勾配を測り、切り、繋ぐ。水以外の土や葉っぱなどが流れないように、網を付 [続きを読む]
  • 再び、雨水排水経路増設 その1
  • 窯を焚く予定だったが、雨の予報で日をずらす事にした。近頃の雨は容赦がない!島のあちこちにお決まりの冠水箇所があり、交通の妨げになってるのに未だ改善されない。ミサイル基地は要らないので、その辺ヨロシク。・・・というわけで我が家も、二年前に増設した(http://taro.ti-da.net/e7616045.html)雨水の排水経路を塩ビ管で伸ばし、スラブ軒下に埋設する予定のU字溝(巾120ミリか150ミリ)に繋ぐ、という作業にとりかかる。 [続きを読む]
  • イッテコイ窯修理
  • 去年の8月くらいから11回焼いて、火が壁に当たって吹き出すところの煉瓦がヘタってきた。ここは、まともに火がぶつかる上、トンネル状の火道に棚組の重みが加わって変形しやすいのだ。最悪の場合、焼いてる最中に崩れ落ちる、、、その前に修理せねば。二丁掛け耐火レンガをネットで購入し交換。もしこの窯を作り直すなら、焚口にロストルを設ける。火道はアーチにするか、SK35番の耐火レンガを縦置きにする、もしくは二段重ね [続きを読む]
  • 細々とDIYいろいろ
  • 最近世の中が嘆かわしいというか、腹立つというか・・・でも、前向きに地道に日々を営んでいます。簀の子の木製棚を洗面所の隙間空間に合わせてカットし、作り直す、とか。掃き出し窓二カ所に、移動式縁側を設置する、とか。古い70年代アコギ(モラレスM250)、胴が膨らんで弦高が高くなってるので、サドルとナット(牛骨製に交換)底を削って低くする、とか。おまけに、人前で弾くこともないのに、ストラップピンもつける、とか [続きを読む]
  • 草刈り機のメンテナンス
  • 亜熱帯石垣島において、草刈り機は一家に一台の必需品。かりに自宅に庭がなかったとしても、保育園から幼稚園、小中学校にいたるまで、或いは公民館の共同作業において、草刈りは年中行事なのだ。(ところで、内地でもそうなのか知らないが、島では草刈り機の事をビーバーと呼ぶ)全てが活発に生育する春から夏はもちろん秋、太陽光線とスコールで刈っても刈ってもすぐボーボー。そんな時の頼みの綱である草刈り機が調子悪いと、イ [続きを読む]
  • 木と木の間に腰掛を作る その2
  • 木の形を写し取る、スクライバーという工具は持ってないので、コンパスの様なものを作って代用。残り物の杉板を張って、木材防腐塗料を塗り完成。材料費は、新たに購入したステンレスの長ネジとワッシャー&ナットのみで、720円也。こっちのブログでも告知しとこ。単行本サイズ(A5変形)の小さな「ディア・インディア」写真集。11月上旬発売《予約受付中!》ご予約の方はここからどうぞ→http://www.ryokojin.co.jp/books/74de [続きを読む]
  • 木と木の間に腰掛を作る その1
  • 台風16号が去って、すっかり涼しくなった石垣島。その分、戸外の作業がしやすくなった。たまにはチェーンソーも動かしてあげないとな。・・・ということで、カヤックを吊るしていた木に、腰掛を作ることにした。三寸角と立木を密着させるために、木の形に合わせてチェーンソーで削る。あとは50センチの長いボルト?4本でグイっと締めて、その上に杉板を張り・・・夏の落とし物 [続きを読む]
  • 自転車修理 その2
  • 直りました、直りました。素人なので笑わないでくださいな。要するに、変速機(リアディレイラー)がカタカタ鳴るのは、位置が悪かったわけですな。チェーンの逆回転もし難く、絡まりそうになるのでこれじゃ危ない、と。じっと見てて、閃きました。音もしなくなり、全速に入れることが出来るようになりました。これでやっと旅立てる。 [続きを読む]
  • 自転車修理
  • 人生は障害物リレーのようだw後輪の変速機と自転車のフレームをつないでる、ハンガーとかいう部品が折れて、変速機ごと車輪に食い込みあちこち破損。(転んだ、とか他の友達のチャリと接触したとか言ってましたね)今回も幸いにケガはありませんでした。自転車屋さんに丸投げで修理してもらったら一体幾らかかるのか・・・そもそもこのクロスバイク自転車は、フリマで7000円でゲット。へたすると、否、へたしなくても修理代の [続きを読む]
  • 小型薪窯完成
  • 1200度以上になる窯の熱膨張と、冷却時の収縮を繰り返すうち、レンガが割れたりズレてくる。そのため、窯はアングル金具などでがっしり固定しなければならないのであった。溶接は、なんちゃって程度ですが、何か?熱いし超がつくほど暑いけど、こういうのは楽しくてハマる。この窯は、「信楽陶芸の森」にあるらしいイッテコイ窯と同型のタイプだというのが分かった。ちなみに製作費は5万円ほど。耐火レンガの総数は、二丁レン [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その7
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りの続き。佳境に入ってきました。大きい方の薪窯の延長した煙突部分をばらして、60個レンガを用意。(この窯は引きすぎるようなので、1メートル短くしても大丈夫と踏んだ。ステンレスの延長用煙突もあるし)トタン屋根を切り抜く上からそして、ホームセンターでアングルを購入。(アングル18メートルと鉄筋24メートルで約14000円)自分で切って加 [続きを読む]
  • 薪作りとチェーンソー
  • 前に持っていたチェーンソーが壊れ、修理に結構かかると言われて以来、丸ノコでずっと廃材の角材をカットしていた。チェンソー、ヤフオクで買いました。田舎暮らしに、草刈り機(ビーバー)とチェンソーは必需品ですね?憧れのスチール製、超古いタイプで年式も分からん。プライマリーポンプがついてないので、初動に時間がかかるが、しゃーない。でも丸ノコで切っていた頃より、時間は3分の2短縮された。最近3分の2多いな、、 [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その6
  • 朝一に投票を済ませてきました。(祈るように)              ☆炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りを再開。アーチを支えていた型枠を外し、出し入れ口両サイドと反対側の開口部を耐火レンガで塞いでいく。形の整ったレンガはもう残り僅か。煙突に取ってあるので、不揃いの欠けたレンガをパズルのように積み上げる。何とか足りました。最後1センチほどの隙間は、棚板の割れたや [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その5
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯作りの続き。ついに台風一号が発生し、週明け中頃から影響出始めるというから、目途がつくまでこれ一本にかかることにした。・・・もちろん店番やりながら。汗みどろになって、カランコロン♪〜御来客の度ちょっと困ります。(そのまま出ていけないので)          ☆畑から流れ出て農道に溜まった土と海砂を使用。適度に粘りがあってサトウキビの葉ガ [続きを読む]
  • 小型薪窯作り その4
  • 炉内0.5立米、通称イッテコイ(行って来い)窯と呼ばれる小型薪窯のアーチ作り。積んでいけばアーチになる、あらかじめ楔形になったY1、Y2、Y3というレンガがないので、自分でカットしなければならない。当初ベビーサンダーのダイヤモンドカッターで切っていたが、のこぎりでも面白いように切れる。しかし歯がすり減って3本パー。やっぱり自分でカットすると最後の真上で誤差が出る。窯のアーチ表はこちらで→http://mta [続きを読む]