亜沙郎 さん プロフィール

  •  
亜沙郎さん: あすなろの木の下で
ハンドル名亜沙郎 さん
ブログタイトルあすなろの木の下で
ブログURLhttp://asunaroweb.blogspot.com
サイト紹介文都筑区センター南駅前の整形外科・リウマチ科のブログです。食べ物や音楽のネタも紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2007/12/23 22:49

亜沙郎 さんのブログ記事

  • 暑さ寒さも彼岸まで
  • f/5.6 1/800sec ISO-3200 110mm・・・とよく言われていることですが、殺人猛暑とまで呼ばれた今年の夏のすさまじい暑さは、さすがに落ち着いてきて、朝のひんやりした空気は秋の気配そのもの。朝晩は20゚前後、日中は25゚くらいが一番すごしやすい感じですが、秋雨前線の影響で天気がパッとしないのが残念。去年の今頃は出雲にでかけて、日本の始まりに興味を持ちました。まさに読書の秋(から冬)だったわけで、日本古代史にはまり [続きを読む]
  • Crowd
  • f/6.3 1/40sec ISO-100 300mm実際に、歩道から溢れんばかりにすごい人混みです。写真に撮ると、肉眼で見るよりもさらに混雑感が増大します。これは、望遠レンズに顕著にみられる「圧縮効果」と呼ばれる現象。圧縮効果は、被写体の距離感が実際よりも縮まって見えること。この写真だと一番遠いところまで500m近くあるのに、すぐ手前から全部一枚の写真の中に納まっているわけです。そりゃ、ものすごい人がの数が密集しているよう [続きを読む]
  • なかよし
  • f/6.3 1/160sec ISO-200 500mm夕方が近づいて、人もいなくなった浜で遊ぶ二人のこども。おそらく地元の子でしょう。仮にしんちゃんと、しげちゃんとでもしておきましょうか。たぶん二人は仲よしで、一緒に何を話しているんでしょうか。もちろん他愛のない事だとはおもいますけど、もしかしたら・・・「しげちゃん、がんばったけど、やっぱり僕の方が強かったね」「うん、でもしんちゃんが強いんじゃなくて、僕が弱かっただけだ [続きを読む]
  • 後ろから光
  • f/1.4 1/125sec ISO-400 58mm店内で写真を撮ることがよくあると思いますが、まず基本的に施設管理者の決めたルールがあれば守る必要があります。「撮影禁止」と表示されている場合、あるいは直接注意されるような場合には、スマートホンであってもカメラを使うことはできません。撮影が大丈夫でも、他のお客さんがはっきりと写るような写真は控える必要があります。基本的に料理そのものには著作権は認められていないのですが、 [続きを読む]
  • マネキンの記憶
  • f/5.3 1/125sec ISO-100 105mmそのマネキンは、自らは何もできません。ただ着せられるままにスーツを着て、椅子に座らせられています。でも、彼にも実は思い出があって、ショーウィンドウに写った街並みが、記憶の断片を写しだしているように見えました。もしかしたら、かつての恋人だった女性に思いをはせているのかもしれません。そんな、ロマンティックな想像をしてしまう一瞬なんですが、ショーウィンドウの中だけを見ている [続きを読む]
  • 光が射す方向
  • f/5.6 1/160sec ISO-100 82mmどこから光が射しているかというのは、写真ではけっこう重要なポイント。被写体に正面から光が当たっているのは順光で、背面からだと逆光といいます。一般的には、逆光の写真は被写体が暗くなってしまい、あまりいい写真とは言われません。ただし、それはあくまでも設定をオートにしている場合の話。オートだと、全体の光量から適正な絞りやシャッター速度をカメラが自動で決めてしまい、背景の明る [続きを読む]
  • Over & Under
  • f/5.6 1/2000sec ISO-100 300mm写真での光の量の扱い方を極めことができれば、写真趣味としては怖いものなしということ。光の量・・・つまり、露出です。いくつかの要素によって決まる、レンズを通してカメラの中に入ってくる光。これを簡単に語ることなどできませんが、デジタル時代になって、撮影後でも簡単にある程度は光を増やしたり減らしたりできるようになりました。こんな写真で何だと言われそうですが、だーっと雨が降 [続きを読む]
  • 緊急・エタネルセプトBS「MA」について
  • エタネルセプトBS「MA」は、関節リウマチ治療薬の一つです。バイオシミラーと呼ばれる、先行医薬品の特許切れにより他の製薬会社が製造販売する「ジェネリック医薬品」です。バイオシミラーは、新薬と同じような治験が行われ、有効性・安全性について先行薬との同等性が証明されたデータが公表されています。生物学的製剤(いわゆるバイオ製剤)は、薬の価格が高額で、使用する方への経済的負担が大きいこともあり、より安価なバイオシ [続きを読む]
  • 前を見なくなった日本人
  • f/5 1/640sec ISO-100 82mm昭和人の繰り言と言われればそれまでのことですが、戦後の荒廃した国土を立て直すため、日本人は老若男女一丸となって、ひたすら前を見据えて国を立て直したのが高度経済成長と呼ばれる時期の事。後ろを振り返っている暇は無く、前を見ることしか考えていなかった。もちろん、必ずしもそれが最良だったわけではなく、その結果、いろいろなほころびが積もり積もってバブル崩壊に至るという認識は間違い [続きを読む]
  • Distortion and Strain
  • f/5.3 1/640sec ISO-100 90mm「歪み」と書いて、「ゆがみ」とも「ひずみ」とも読みます。両者の違いはわかりにくい。ネットで調べるといろいろなことが書いてあって、違うことを意味しているような説明があるんですけど、結局のところ日常的な使用では明確な違いは理解しにくい感じがします。この写真にタイトルに「都会の歪み」と付けた場合、「ゆがみ」と読むと、曲面の壁を持ったビルに移った物理的にねじれた光景を意味する [続きを読む]
  • インスタ映え
  • f/5.3 1/100sec ISO-640 100mmカメラを使って楽しむことについては、世の中、インスタ映えが主流のご時世です。インスタ映えというのは、SNSの一つであるInstagramに投稿することを前提に、写真あるいは動画の見栄えが良いという意味。昔だったら、写真の見栄えが良いことをPhotogenicと呼んでいましたが、両者には微妙な違いがありそうです。まぁ、あまり細かいことをぐすぐすいっても「おっさんのぼやき」になりますし、そも [続きを読む]
  • たぶん・・・青春
  • f/18 1/100sec ISO-640 50mm青春・・・というのも、ずいぶんと「昭和」っぽい言葉になってしまった感があります。日本テレビで、「青春」をタイトルにつけたドラマ・シリーズがたくさんあった影響かもしれません。何かの部活で、海辺でトレーニング。夕方になり、今日はおしまい。そこで、並んで座って、井戸端会議の始まりです。今日の部活の反省をしている・・・と、思わせつつ、あの先輩がかっこいいとか、その後輩が可愛いよね [続きを読む]
  • Inner Flame
  • f/1.4 1/80sec ISO-400 35mm写真でフレームと呼ぶのは、全体の枠の形の事で、一般的な一眼レフカメラでは36mmフィルムの大きさが標準的に使われています。ですからデフォルトは横と縦の比率は横長の3:2ですので、縦長にすると2:3というフレームの中に画像が収まります。その中に、さらに枠を写し込んで、写真の中にさらにフレームを作るのが面白い。写真の中の注目したい部分を強調する役割をしたり、写真全体のムードを作り出 [続きを読む]
  • Landscape or portrait?
  • f/1.4 1/125sec ISO-400 35mm写真の場合、横長の構図にするのか、縦長の構図にするのか、というのは何気なくカメラを構えてしまうとデフォルトが横長ですから、そういう写真が多くなってしまいます。似たような話はすでに書いていますが、もう一度実際の写真で見てみます。東急田園都市線のたまプラーザの駅舎ですが、何年か前に改築されて天井がものすごく高くなり、商店街を包み込むような奥行きのある屋根が設置された感じに [続きを読む]
  • 匠の蕎麦打ち (3) きる
  • f/2 1/80sec ISO-200 58mm「手打ちそば おおつか」は、横浜市都筑区、港北ニュータウンと呼ばれるセンター南駅とセンター北駅のちょうど真ん中あたり、偶然にも大塚という交差点の近くにあります。絶品手打ち蕎麦の店として、今までに何度もメディアに取り上げられている実力は本物で、いろいろと食べ歩いた中ではダントツの美味しさを提供してくれます。その匠の技を見たいと思い、写真に撮らせてもらいました。蕎麦粉に「水ま [続きを読む]
  • 匠の蕎麦打ち (2) のばす
  • f/1.4 1/100sec ISO-100 58mm蕎麦を食べることに関してはかなり経験豊富なつもりですが、蕎麦を打つことに関してはまったくわかりません。港北ニュータウンの有名な「手打ちそば おおつか」の店主の匠の技を、ただただ感心して見ているだけなんですが、意外なほど短時間でどんどんと上がっていくので驚きでした。こねて丸くなったそば玉は、「地のし」で丸い平たいお盆みたいになり、上の写真のような一番短い麺棒によって「四つ [続きを読む]
  • 匠の蕎麦打ち (1) こねる
  • f/5.6 1/60sec ISO-800 300mm蕎麦が大好きで色々と食べ歩いてきましたが、手打ちのこだわりの店ということなら、自分の中で圧倒的に美味しい蕎麦を食べさせてくれるのが「手打ち蕎麦 おおつか」です。何度かメディアににも取り上げられていて、そのたびに大混雑ですが、落ち着いた時期でも土日は行列で昼過ぎには蕎麦が無くなって営業は終了してしまいます。今回は食べる方ではなく、その絶品の蕎麦を打つところを写真で紹介します [続きを読む]
  • 困ったら人ですが・・・
  • f/8 1/15sec ISO-50 230mmちょっといい感じの写真を撮るために、困った時の解決策の一つに「人を写すとなんとかなる」というのがあるらしい。とは言っても、先日書いたように、今どきは個人が特定できるような写真は撮っても公開は簡単ではありません。この写真は、ガラス越しに女性がいて、彼氏だか誰だかを待ちつつスマホをいじっているところ。見たままのストーリーはそんな感じですが、窓に見えるロゴは某有名ブランドだった [続きを読む]
  • 水踊る羽衣
  • f/5.6 1/640sec ISO-3200 300mm田圃は水が必要。近くには水路が必ずあって、湖・池、あるいは川から効率的な取水をするようになっています。そういうところを上から除くと、たくさんの水草が水流の中でゆらゆらと揺れているのはよく見かける光景です。たぶんハゴロモモと呼ぶ種類だと思いますが、夏に小さな花をつけます。金魚の水槽によく入れているのも、この仲間だと思います。もう少し水のきらめきみたいなものを表現できると [続きを読む]
  • 浮遊する花
  • f/5.3 1/800sec ISO-64 90mm花としては珍しいものではなく、夏にたくさんのラッパ状の小さな花と香りで楽しませてくれるハゴロモジャスミンです。ちょうど落ちて来た瞬間・・・ではなく、この花は浮いているんです!!おおよそ高さ2mくらいの場所で、元々、花が咲いていた場所から50cmくらい下に静止しているという離れ業。まぁ、正解は簡単な話で、クモの糸にぶら下がっているというだけの話なんですが、ちょっと見ると不思議なと [続きを読む]
  • 雨を雨らしく
  • f/5.6 1/160sec ISO-800 160mm突然のゲリラ豪雨というのは、今や普通になってしまった日本です。昭和の昔の「夕立」という、風情のある呼び名は完全に消滅した感があります。さて、雨を写真に撮るというのはけっこう難しい。なにしろ基本的に透明な水ですからね。黒澤明の「羅生門」では、白黒の画面に雨筋を美しく映し出すために墨汁を混ぜたというのは有名な話。テレビドラマで雨のシーンを撮影するときは、まさにゲリラ豪雨 [続きを読む]
  • 肖像権の問題
  • f/5.6 1/2000sec ISO-400 300mm街歩きのスナップ写真撮影・・・するのは簡単ですが、そもそも街中でカメラを構えて(しかも、やたらと目立つでかいレンズとか使ったりして)というのは、割と勇気がいる。被写体が物だけなら、撮影すること自体にはあまり躊躇しないですみますが、人が入ってくるとなると話は別。隠れてこそこそするわけではないので、盗撮と間違えられる心配はないかもしれませんが、昔と違って肖像権というやっかい [続きを読む]
  • Abandoned
  • f/3.8 1/800sec ISO-100 35mm大都会ではなくても、駅前となれば、ある程度新しい建物が並んで活気があるものです。地方都市の駅からわずかに1ブロックの空き地にある廃屋が、自然との融和が進んでいて、目につきました。廃屋という言葉を英語で探すと、いろいろ出てくるんですが、「ruin」というのは原型を留めないくらい破壊が進んだものに対して使うらしい。「deserted」をつけると朽ち果てたという感じ。「abandoned」をつけ [続きを読む]
  • ネパール・フェスティバル2018
  • 前回の日曜日に都内に用事があったので、駒沢オリンピック公園により道をしました。いろいろと運動をしている人々が多い場所なので、何か面白い写真が撮れるかなとおもったんですが、何かのイベントをしていて、けっこうな賑わいでした。この炎天下の下、何をしているのかと思ったら、「ネパール・フェスティバル」というものらしい。さすがに直射日光を避けて、テントなどがあるところに人々は集まっていましたが、けっこう盛大な [続きを読む]
  • 空気感 (4) Goal Net
  • f/5.6 1/200sec ISO-100 300mm察しのいい方は気がついていると思いますが、今週使っている写真は、この前の日曜日に東京の駒沢オリンピック公園で撮影したものです。ただ、カメラを持ってブラブラしているだけでもかなり暑くてしんどいのに、その中で運動をしようという方々には頭が下がります。ただ、脱水、熱中症にはくれぐれも注意してもらいたいとも思います。さて、この写真のタイトルは「ゴール・ネット」です。そう、主役 [続きを読む]