MAPPY さん プロフィール

  •  
MAPPYさん: Be HAPPY! with MAPPY45
ハンドル名MAPPY さん
ブログタイトルBe HAPPY! with MAPPY45
ブログURLhttps://ameblo.jp/mappy1963/
サイト紹介文楽しくエアロビクス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供790回 / 365日(平均15.2回/週) - 参加 2007/12/27 12:28

MAPPY さんのブログ記事

  • 個体識別番号
  • 那須で、自分にお土産。 蓋を見ると、個体識別番号が載っている。 牛の個体識別情報検索サービスで調べる。https://www.id.nlbc.go.jp/CattleSearch/search/search.action 確かに和牛である。 牛から、肉に変わったのは、東京都芝浦と場。 [続きを読む]
  • 清州会議
  • 三谷幸喜作。三谷幸喜さんの作品の出演者は限られている。 真田丸は、おととし。2016年。その3年前の作品が、『清須会議』 清須会議は、秀吉が天下人に上りあがるターニングポイントであった。だからこと、三谷幸喜さんは作りたかったんだろう。 [続きを読む]
  • コスモス
  • コスモスと聞くと、この3曲を思い出す。前二つは花のコスモス。最後は宇宙という意味のコスモス。・・・日本語は難しい。同音異義語が多いから。 コスモス畑。もう少し早く来れば、ピンクに染まっていただろう。 探索してみると、ひまわりも咲いていた。 蜜蜂も来ています。 サルビアも綺麗でした。 これらの花に囲まれて、青木周蔵那須別邸(国の重要文化財)があります。 ところで、青木周蔵って誰 [続きを読む]
  • 温泉神社
  • ペンションの周りを早朝散歩。 今日は天気が良い。晴れと曇りでは、紅葉の色が全く違う。 ペンションを出発して、温泉神社へ。 無料の足湯場があります。 硫黄(正確には硫化水素)臭い 殺生石 千体地蔵。 不思議な空間があります。 中国からやってきた七尾狐が日本を乗っ取ろうとした。から始まる物語(伝説)がこの場には残っています。 日帰り温泉の「鹿の湯」 駐車場は満車。 時間がなくて入れな [続きを読む]
  • そして父になる
  • この画像は、映画の中では出てこない。 出てくるのは、次の画像。 2つの家族。全く家族の環境が違う。 都会(東京)と田舎(前橋)。大手の会社と個人経営。一人っ子と3人兄弟。高級セダンと、軽自動車。祖母がまだいると、もういない。その他多数。 そんな違いの中で、自分の子供が実は、生まれたときに交換されてしまい。その事実を6年後(小学校入学半年前)に知った家族の物語。・・・その交換がなぜ起こったのかは [続きを読む]
  • 猫のいるペンション
  • 昨日の宿は、那須高原のペンション「ぱどる」http://paddle.pya.jp/recommend/index.html ノアちゃん。 クーちゃん。 チャミちゃんとココアちゃんは、カメラを向けると逃げてしまい、撮れなかった。全て♀で、避妊手術済←オーナーから聞いた話。 食事美味しい。アマダイの蒸し焼きはイッピン 朝食。ご飯は、新米。塩だけでも美味しい。 お風呂は、2種類。泡ぶろと、岩風呂。 1階は、食堂。客室は2 [続きを読む]
  • Autumn leaves
  • ソバ打ちの後は、モミジ狩りへ。 ゴンドラに乗ります。 山頂の気温は、温度計を見たら、8℃。通常運転では、山頂まで6分ですが、紅葉を見てもらうために、速度を遅くしていたようです。 今年の紅葉は、塩害の影響で、少し色が悪いです。 [続きを読む]
  • ソバ打ち体験
  • はじめての体験。 そば打ち。 ここから始まり、 混ぜて、捏ねて、伸ばして、切る。 約1時間半。 11時半から始まり、13時まで。 そして、自分たちで打ったソバを茹でてもらい、食べる。 よく見ると、微妙にソバの太さが違う。 でも、自分で打ったソバは美味しいですねぇ。 普通にたべたら、1100円。 +500円で、そば打ち体験までできる。 来月から、新蕎麦です。新蕎麦は、青いとのこと。 [続きを読む]
  • 3度目の殺人
  • 殺人事件が起きたのは事実である。 その事実から、真実を明らかにして、量刑を決めるのが司法の場。 「3度目の殺人」というタイトルが意味することは何か?それは、この映画を見た人、それぞれが考えることである設定なんだろう。だから、答えが違ってくる。 素直な答えは、1度目は北海道・留萌での殺人事件。2度目は今回の映画での事件。3度目は、裁判官の死刑判決。。。死刑とは、裁判官の判断による殺人である。 真実 [続きを読む]
  • 真夏の方程式
  • うーん。夏休みの自由研究の宿題にしては、重すぎる。 今日、久々に満員電車に乗った。そこで感じたことは、すれ違った人の100%は顔の知らない人たちだけど、その人々はそれぞれ人生がある。 そして、他人の人生の重みを知ってしまうことが、自分の人生の重みになることもある。 [続きを読む]
  • 県庁の星
  • 2006年の作品。「前向きに検討させていただきます」とは、後日、検討はしたけどご期待に応えられませんでしたという役所言葉。 役所批判が満載の内容。 役所勤めとは、どういうものか。黒澤明作品の「生きる」を意識して意識しているんだろうな。 [続きを読む]
  • 植物図鑑 運命の恋、ひろいました
  • http://shokubutsu.jp/ 事件らしい事件は起きず、ただ平凡な毎日が幸せだという映画。子猫を拾うように、男子を拾い、同居。6ヶ月間だけ居候させてほしいと。「雑草という名前の草はない。どの草にも名前はある。」by昭和天皇の言葉がセリフにあり、草を人に例えているんだろう。雑草のように生きるということではなく、誰かにとってはかけがえのない存在であるという意味かな。なぜ、6ヶ月間であるのかは、ラスト近くで分かる [続きを読む]
  • ザ・ベストテレビ2018
  • この1年間、国内の代表的なテレビ番組コンクールで最高賞を受賞したドキュメンタリー番組をNHKと民放の垣根を越えて2日にわたって放送する。 <ザ・ベストテレビ2018「第一部」>10/1410/14 12:48頃〜 文化庁芸術祭賞「防衛フェリー 民間船と戦争」(名古屋テレビ放送)10/14 13:54頃〜 ギャラクシー賞「教育と愛国 教科書でいま何が起きているのか」(毎日放送)10/14 14:58頃〜 民放連賞テレビ報道番組「記憶の澱(お [続きを読む]
  • 街歩きブーム
  • 上野動物園[公式]Twitter10月14日(日) 14:30現在ジャイアントパンダ観覧の待ち時間は90分以上です。 シャンシャンの人気は衰えないなぁ。 街を歩いている人も増えてきたような気がする。街歩きブームが来てますね。 街歩きブームを後押しするイベントも多数開催されている。 健康ブームや、インスタ映えも、街歩きブームの要因の一つだろう。 よさこいも流行っている。 [続きを読む]
  • 二番館
  • 高校時代。帰宅部兼ひとり映画部でしたね。 毎週のように、二番館に通っていた。「二番館」って、今では死語かもしれない。新しい映画を封切り館に次いで上映する映画館のことで、2本立てて入館料は半額以下だった。それに高校生だったので、大人よりも安い。 しかし、2本立てなので、4時間ほど座っていなければならず、お尻が痛くなる。 二番館入り口には、こんな感じでポスターが貼られていましたね。 [続きを読む]
  • ニャンタ・フェ
  • 猫グッズの販売会が、最近多すぎ 時代物ドラマでも、こんなものが、再放送見ています。来週最終回。 これは、みやざわりえのサンタ・フェ次は、みやにゃにゃみけニャンタ・フェ どうやって、この写真を撮ったんだろう????ネコは、ポーズするのか???? 販売員さんに尋ねたら、色鉛筆で描いたものだと。 えーーーー!絵なんだ。・・・よくよく見ると、1メートル50センチくらいある猫になっ [続きを読む]
  • 元気です 北海道
  • アーリーエントリ^−の列、一番乗り。 これと同じ写真を撮りたかった。 曇っていて、ダメだ。それにペンギンがこちらにこない。もう少しローアングルから、見上げるように撮るんだ。 クリオネは、なかなかピントが合いません。 写真だけ見ると、5センチくらいはありそうに思えますが、せいぜい1センチの生物です。 また、こっちを見てニッコリ。 何かに見ている。思い出した。アニメ『精霊の守り人』に出て [続きを読む]
  • ブックバス
  • AMAZONで中古本を購入すると、ときどき古本売ってくださいというチラシも付いてくる。 毎日、2万冊も送られてきて、半分は廃棄されるのか。もったいない。 今日の天声人語。その「古本ロス」を減らそうという話題。 ネット販売が増えて、市井の書店が減ってきている。書店は、文化の発信地だと思っていますが、一方で資本主義の中のビジネスでもあり、減少するのは止められないだろう。 https://corporate.valuebooks.jp/end [続きを読む]
  • 完治
  • 田舎から東京の会社にやってきた若者・永尾完治(織田裕二)は幼なじみの関口さとみ(有森也実)が好きだった。しかし関口は永尾の同級生・三上(江口洋介)に心惹かれていた。完治は同じ会社で知り合った赤名リカ(鈴木保奈美)から一途に愛を打ち明けられ、その恋愛は成就するように見えたが…。リカと完治のストレートな恋愛を繊細に描いたラブストーリー。 柴門ふみさんのマンガをドラマ化。1991年だから、27年前。 [続きを読む]
  • デザインと設計
  • カップヌードルミュージアムのショップお持ち帰り袋のデザインが、良い。 このミュージアムのメインロゴは、カップヌードルのパッケージデザインからとったものと、ミュージアムの総合プロヂュースと短刀している佐藤可士和氏が書いている。・・・確かに、カップヌードルのパッケージにはこれがある。 ミュージアムのロゴよりも、印象強かったのが、エントランスの設計。 写真で撮ると、階段の上部と下部では、幅が違 [続きを読む]
  • 九十九商会
  • 九十九商会。 三菱グループの前身です。https://www.mitsubishi.com/j/history/series/yataro/yataro08.html 土佐藩 山内家の家紋。三菱のマークと似ています。それもそう、三菱の創設者である岩崎彌太郎は土佐藩出身で、その三菱の前身である九十九商会は藩営事業であったから。 廃藩置県で、藩営事業であった九十九商会を引き継いだのが、岩崎彌太郎であり、三菱グループは商船業から始まった。 その歴史が分かるのが [続きを読む]
  • Celebrity Millennium
  • 大きな客船。 こちらのクルーズで、昨日、横浜に寄港したようです。http://www.celebritycruises.jp/pdf/brochure/web_CEL_ML_J2018A_v2.pdf 12泊13日。パンフレットを見ると、最低(海が見えない二人部屋15.7?)で、35万円か? 世界一周行ってみたい [続きを読む]