MAPPY さん プロフィール

  •  
MAPPYさん: Be HAPPY! with MAPPY45
ハンドル名MAPPY さん
ブログタイトルBe HAPPY! with MAPPY45
ブログURLhttps://ameblo.jp/mappy1963/
サイト紹介文楽しくエアロビクス
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供557回 / 365日(平均10.7回/週) - 参加 2007/12/27 12:28

MAPPY さんのブログ記事

  • モンドセレクション 最高金賞
  • 「ザ・プレミアム・モルツ〈香る〉エール」「モンドセレクション」最高金賞受賞 モンドセレクション金賞はよく見るけど、最高金賞ってものもあったんですね。 お祝いに購入しました。確かにこのビールは美味しいです。 日本のお酒が世界で認められている。・ウィスキーが品薄らしい。・日本酒が大幅に輸出を増やしている。などなど、明るいニュースが多いです。 このトートバック。買い物に便利。なんといっても、持 [続きを読む]
  • めんそ〜れ&日本酒 フェスタ
  • 目的はこれ。恩納村スペシャルセット。 物産展は11時からなので、まずは水族館へ。 このイラスト欲しい。 開館前に並んで入館すると、ゆっくり観たいものが見れる。 一匹逆さまに泳いでいます。 君は空飛ぶペンギンを見たか!のキャッチコピーでおなじみの空飛ぶペンギン。 いつもはほとんど動かないウーパールーパー。 30分前から並んでオープンするのを待ちました。どんどん人が並んでくる。 11時 [続きを読む]
  • 未来のために「魔法」を学ぶ
  • 想定読者を14歳、中学校2年生においた本を企画して(背後の真の読者はその親でもあるわけだが)、彼らにとって一番の疑問は何であろうかという所からリサーチを始めたところ、「何のために勉強するのか」よくわからないというものであった。 なるほど、勉強のハウツー本に正解はないのであまた存在するが、いわばwhy(なぜ)に答えたものはほとんどない。 この問題に対する私の端的な答えは、「学校は魔法の基礎を教え [続きを読む]
  • 【71】幸福寿命
  • 平均寿命が延び、一方で高齢化の課題で出てきた言葉が「健康寿命」 平均寿命と健康寿命の差は、10年程度と言われている。10年間他人の介護が必要である。・・・身体の中から治すのが看護。身体の外から治すのが介護。 ここでひとつ疑問が出てくる。健康であれば幸せなのか?幸せは健康であることが前提なのか?最近、健康は幸せであることの一つの要素でしかないと思っている。 そんな思いを持っていた時に、ひとつの回答が書 [続きを読む]
  • 山頭火
  • 戦前の日本。まだ貧しい時代、着の身着のまま旅をする一人の僧の姿があった。彼の名は、種田 山頭火。かの有名な俳人であるが、その旅は困難な道のりだった。家族を捨て、温もりを手放し、人々の冷たい視線や自然の厳しさを一身に受けながら、山頭火はただただ歩き続ける。 どの本で、「山頭火」という人がいたということを知ったんだっけ?思い出せない。 今日は、近くの小学校の運動会。微妙に学年によって人数が違う [続きを読む]
  • 「やせ型腸内細菌」と「肥満型腸内細菌」
  • 同じものを食べても、太らない人と太ってしまう人。何が違うのか。 肥満のマウスには、「ファーミキューテス類」という腸内細菌が多く、腸内細菌のもう一方の種類である「バクテロイデーテス類」が少ないことを突き止めました。この腸内細菌の傾向は、人の場合も同様であることがわかっています。つまり、「やせ型腸内細菌」と「肥満型腸内細菌」があることがわかったのです。https://kenka2.com/articles/180より ダイエットは [続きを読む]
  • 向井理さんの研究
  • 今、放送されているNHK『土曜スタジオパーク』のゲストは、向井理さん。 向井さんが、明治大学農学部在籍でおこなった研究。『ニワトリ・オボアルブミン遺伝子をエストロジェンに応答し卵管組織においてのみ活性化させるコントロールエレメントの決定』 オボアルブミンとは、卵白のこと。私が大学4年生のときに、同じ研究室に在籍していた同期の友達がやっていた研究と同じだ。・・・その友達は、ウズラでやっていました。 ブレ [続きを読む]
  • 酪酸
  • ギ酸→酢酸→プロピオン酸→酪酸→・・・・ 有機化学でカルボシル基を習うと覚えていく短鎖脂肪酸。酢酸は、お酢です。 このうち、酪酸が注目されている。しかし、臭い。 CH3-CH2-CH2-COOH クロストリジウム菌は、私たちの腸内の「食物繊維」をエサとして食べ、「酪酸」と呼ばれる物質を盛んに放出します。この物質、実は腸に集結する免疫細胞に「落ちついて!」というメッセージを伝える役割を担っています。クロストリジウ [続きを読む]
  • こんな男に会いたかった
  • 日はまた昇る。 二度の島流しからの復帰し、活躍した西郷隆盛。 NHKの大河ドラマ『西郷どん』を毎週楽しみにしています。 今日から始まった『西郷どん』展早速観てきました。 幕末の歴史を知っていると、こんなものがきちんと残っているんだと感動します。撮影禁止が残念でならない。 今回の展示でイチオシはこれ。妖怪のっぺらぼうではなく、本物を作る前のミニチュアの写真。 上野の西郷隆盛像の逸話。西郷隆盛は、写 [続きを読む]
  • 奇想の系譜
  • やってもうたAMAZON中古本市場で、既に持っていることを忘れて、買ってしまった。 唯一の救いは、既に持っていたものは、再版本で、今回買ったのは初版本だった。 岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、曽我蕭白、長沢蘆雪、歌川国芳と今では有名ですが、出版当時(昭和45年)は異端だった。 岩佐又兵衛って誰って人でも国宝の「洛中洛外図屏風(舟木本)」(東京国立博物館蔵)は知っていると思います。 これを、描いた人で [続きを読む]
  • タイミング良すぎ
  • ルールは守らなければいけない。 「指示はするがルール守ってやれが基本」と昨日の会見での発言を思い出してしまった。 正義と言えば、サンデル先生でしょう。 正義の曲は、これ。 懐かしい。1980年です。 パイオニアのCM曲・・・高校2年生だった。 [続きを読む]
  • 【69】腸内フローラ 10の真実
  • やせる! 若返る! 病気を防ぐ! 腸内フローラ10の真実1,393円Amazon 腸内フローラ。一時流行ったんですが、今は下火ですね。だから、載せましょう。 身体の外から健康を意識するには、フィットネス。身体の中から健康を意識するには、腸内フローラ。 同じカロリーのものを食べても、太る人がいる一方で痩せる人もいる。物理的・化学的にはありえない。その鍵を握るのが、実は腸内にいる細菌群である。 腸内細菌の中には、太るこ [続きを読む]
  • 【68】新版 江戸の暮らし
  • 面白くてよくわかる 新版 江戸の暮らし (学校で教えない教科書)1,404円Amazon 最新の江戸研究に基づき、江戸の庶民や武士の暮らしぶりを、幕府の統治や庶民のお財布事情、当時の文化や楽しみ、流行、大事件簿など、さまざまな視点から解説しました。お江戸に暮らす商人、職人、農民、武士の本当の姿がよくわかります。「高級料亭から大食い戦士まで──大江戸グルメ事情」「治安維持の役割もあった吉原の本当の姿とは?」など、 [続きを読む]
  • なぜ、記者クラブ
  • 日大選手の記者会見。 まさか、選手が自ら記者会見を開くとは、監督・コーチは想定していなかったんだろう。 そして、会見場所は大学ではなく、記者クラブと異例づくめの展開。 どこで読んだか忘れたが、「監督は何を守ろうとしているのか」も文字が目に浮かぶ。本当にそう。二日前、何を守ろうとしているんだろう? 「命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、始末に困るものなり。この始末に困る人ならでは、艱 [続きを読む]
  • 子ども時代の?骨づくり?で寝たきりを防げ
  • https://www.nhk.or.jp/fukuoka-roku-blog/700/294030.html 今日の朝のニュースの特集で報道されていたもの。ネットで調べたら、福岡で4/6に報道されていたものだったんですね。 こども時代から、骨密度を気にしなければいけない時代になった。 https://www.nhk.or.jp/kenko/special/jintai/sp_5.html 骨粗しょう症は高齢者だけの病ではない!「骨粗しょう症」といえば、閉経後の女性やお年寄りの病気と誤解されがちです。し [続きを読む]
  • おんぶの魅力
  • 少し前に記事に書いたもの。 NHKのHPに特集として載っていた。 https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0521.html?utm_int=tokushu-new_contents_list-items_002 好奇心を育てるのは、抱っこよりおんぶ。「だっこは、どうしても世界が狭くなる。一方、おんぶをすると子どもの視線が高くなり、視野も広がるのでいろいろなものが見えてきて、あれはなに?これはなに?の世界ができてきて子どもたちの言葉の獲得につながるの [続きを読む]
  • 愛かな
  • https://www.nhk.or.jp/segodon/weekly/25/お 「アンゴ」ってなんだ? 薩摩藩では、領内の遠い島に滞在する場合、正妻の他に妻を娶ってもよい、という藩法がありました。ただし、こうした「島妻」は、いくつかの決まりがありまして。・島妻を薩摩に連れて帰ることはできない・島妻との間に生まれた子は、薩摩に連れて行き、教育を受けさせることができる・島妻との間に生まれた子が男子の場合、郷士とすることができる・扶持米を [続きを読む]
  • 町バル
  • ここまで並んでいると、9:45過ぎに入園になって、整理券は11:10〜11:30の回だろう。経験則で、5分ごとに整理券の時間が変わっている、この経験則からの予想。予想通り、11:10〜11:30でした。 シャンシャンの姿を撮影していると、母娘から「観れますか」を声をかけられ、「ここからだと、シャンシャンは見れますよ」と返事をさせていただいた。「本当だ。写真撮られているから、もしかしたら見れるのか [続きを読む]
  • 【67】勉強がしたくてたまらなくなる本
  • 勉強がしたくてたまらなくなる本1,404円Amazon 本文は、置いておいて、あとがきのことばが印象的だった。 寿命が極端に延びて、時代が急加速するなかで一番大切なことは、いつまでも「若い」ことです。若いといっても「好奇心旺盛だったり」「考えが新しかったり」する「若い」です。話をしていて楽しいなと思う人は例外なく「若い」人ではないでしょうか。 一方、この人は年取ったなぁと思うのは間違えなく「古臭い」価値観に [続きを読む]
  • 夢二繚乱
  • マスコットキャラクターが羊。なぜ羊 皐月(5月・さつき)は、英語でメイ。メイと鳴くと言えば羊だからかなぁ 東大生の勉強方法の小冊子を販売していた。学校勉強の優等生でもなぁ。知識だけ持っていてもダメな世の中になってきている。想像力・創造力・発想力が必要。(知識は、先人が作り上げたもの。) 売れているみたい。 沢山の門があります。赤門・正門・弥生門。 その中のひとつ。懐徳門(かいとくもん)か [続きを読む]
  • 租税徴収実務と民法
  • 学習する際に、一冊のテキストを何度も読む方法と、複数のテキストを読む方法があると思います。 私は、圧倒的に後者の方法を使っている。 テキストが一冊だけだと、同じところを何度も読んでも分からないものは分からないということを生じることがあり、それは時間のロスになるだけ。お金がかかるかもしれないが、他のテキストにあたって、自分に合った表現に出会って理解する方が早い。その上で、分からなかったテキストに戻れ [続きを読む]
  • 行けば行くほど、味が出る。
  • 今日の新聞から。 美術の教養は、ビジネスでも役立ち。記事は、西洋美術で、グローバルな仕事に役立ちという内容でしたが、ドメスティックに日本美術でも役立ちと思います。 西洋美術にはないものが多数ある。木彫りの仏像や、日本刀や、襖絵とか、その他多数。 年パスは、重宝しています。 それぞれ何回入館しただろう。 行けば行くほど味が出る年パスです。 仕事で失敗したときこそ、家でねてないで外に出ることが [続きを読む]