waspinny さん プロフィール

  •  
waspinnyさん: 〜たびのそらから〜 WASPINNY
ハンドル名waspinny さん
ブログタイトル〜たびのそらから〜 WASPINNY
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/waspinny
サイト紹介文旅先の空や風景を撮影した写真を中心に掲載
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2007/12/28 00:19

waspinny さんのブログ記事

  • マチュピチュ〜all day long~〜
  • 朝一番のバス(5:30発)に乗ろうと3時50分ごろマチュピチュ遺跡に向かうバス停に行ってみると、すでに20人ほど並んでいた。4時を回ると最後尾が見えないほどあっという間にたくさんの人々の列。4時前に来てよかったよ、、と思いながらひたすらバスの発車を待つ。5時頃になると自分の前の人数が増えてきた、割り込みかよ、、と思ったらみんなそれぞれガイドを雇っていたらしく、それが加わって結局2番めのバスに乗ることに、、、で [続きを読む]
  • クスコからマチュピチュ村へ
  • 空路でリマからクスコまで行って、バスでオリャンタイタンボへ、車窓からアンデスの雪を見ながら、、、。そして列車でマチュピチュ村へ。左側にインカ橋が見えてくるマチュピチュ村は日本のどこかの温泉街の様相どこか懐かしい佇(たたず)まい、さすが日本人の作った村である。明日は早起きして、マチュピチュの撮影、、、。 [続きを読む]
  • 空撮〜ナスカの地上絵
  • 朝早くにリマからピスコにバスで移動し、ピスコからセスナで約200km離れたナスカへ。ナスカでは高度400mぐらいでの旋回飛行で地上絵をみる。乗り物酔いしやすい人はNGだ。それでは撮影に成功した地上絵を順番に御覧ください。1.クジラ:最初に見えるもので見落としやすいらしい。2.三角形、台形、コンパス?:この辺は良くわからない。3.宇宙人?:山の斜面におおきいので一番わかり易い。4.サルと柵状5.犬6.ハチドリ:有名で [続きを読む]
  • 久しぶりのリマ
  •  久しぶりにペルーに行ってきました。今回は一人旅ではなく、日本からのツアーなので全く下調べなく、サプライズを期待して参加。EOS5Dsを片手に撮り直しの旅です。飛行機はANAでロスまで、そこからリマまでタラムでした。トラブルなく到着。前回はアメリカで足止めされ、苦労したことを思い出す。リマでは市内散策、適当にスナップ。たくさんの種類の芋が、、、、。日が落ちると霧に包まれてゆくリマであった。明日はナスカの地 [続きを読む]
  • 10年一昔
  • このブログも開設して10年がたちました。最近は旅行のペースもかなりダウンして更新頻度も低下してます。思えばあっという間の10年、一旦リセットかな。今年の一枚は最後に行った中国のチャカ塩湖でのワンシーン。EOS5Ds EF16-35mm 1/500sec F8.0 ISO400 喜劇は結婚で終わります、、、、。 [続きを読む]
  • 天の磐戸
  • まほろばではなんと、、37日ぶりの朝日。33日間毎日の雨。やっとアマテラスが磐戸を開けてくれた、、、。神話の背景にはこんな気象条件があったのかもしれない。EOS7DII EF70-300mm IS NUSM 165mm トリミング [続きを読む]
  • グランドトライアングル
  • 今回のツアーは大まかに、蘭州の大黄河の秘境炳霊寺〜張掖丹霞・大峡谷〜チャカ塩湖(青海)の3ポイントをめぐる約2000kmの行程であった。それぞれ素晴らしい絶景を見せてくれた、アメリカのグランドサークルに匹敵するほどのスケール感やそれ以上の驚きもあった。 中国は広いがここの3ポイントは一度に回れて変化に富んだ絶景を味わうことができる。勝手にグランドトライアングルと命名しよう。ちなみに蘭州から張掖、張掖から [続きを読む]
  • チャカ塩湖
  • 青海の近くに、チャカ塩湖がある。ここは最近、中国のウユニと言われるところだが、宣伝文句にはいいかもしれないが少し盛りすぎ、、、。雪解け水で水量が多く、波立っている。夏至も近いので午後7時過ぎでもまだ日が高い、夕暮れの撮影のためのロケハンしてたら幻日が現れ、塩湖に映し出す。夕日は見れなかったが、青の時間を待つ。そして日没30分後、塩湖がブルーに包まれる。明日は日の出を見に来よう、、、。謎のスケルトンピ [続きを読む]
  • The Oriental Grand Canyon
  • 張掖から車で2時間ほど東北にゆくと東洋のグランドキャニオンと呼ばれる平山湖大峡谷がある。ごく最近観光地としてオープンしたようで、人がほとんどいない。アメリカのグランドキャニオンには中国の人がたくさんきてるのにね。しかしそのスケール感は期待以上のものがあった、パノラマにしたので拡大してみてね。↓雲の影と岩の照り返しのコントラストがものすごい。本家のグランドキャニオンとはまた違った趣がある。素晴らしい [続きを読む]
  • 七彩丹霞(後半)
  • 七彩丹霞(後半)〜サイケデリックNo.1〜第4ポイントに向かう小高い丘を上ってゆく途中はすごいかもしれない↓EOS5Ds SIGMA24-105mmF4 1/125sec F6.3 ISO400 57mm(C-PL)丘の上まで上がると、webなどでよく見る印象の風景焦点距離105mmもう少し奥まで行ってちょっと引いて見る手前の山もすごいのである。51mm   で拡大します?ちょっと低い位置から岩 [続きを読む]
  • 七彩丹霞(前半)
  • 氷溝丹霞から20kmぐらい東に戻ると七彩丹霞がある。ここはその名の通りカラフルだ。最初の展望ポイントですでにその気配。EOS5Ds SIGMA24-105mmF4 1/640sec F6.3 ISO400 38mm C-PLフィルタ105mm 光が回ってくるのをじっと待つ。74mmその次のポイントも95mmそしてさらに奥に進むとそこには、、、、。(後半に続く) [続きを読む]
  • 氷溝丹霞
  • 張掖までやってきて、丹霞地形を堪能する。まずは、氷溝丹霞、中国のモニュメントバレーと呼ばれているらしいが、確かにミトンビュートそっくりのがあったり、むしろカッパドキアに雰囲気は似てる気がする、3姉妹のようなのがあったりして、、、。アテネの神殿のような岩があったり、ハイキングが楽しいー。いや〜絶景絶景、、、。ちょっとセバスチャン・サルガド風に、、、。EOS5Ds SIGMA24-105mmF4 1/200sec F8.0 ISO400 74 [続きを読む]
  • 大黄河の秘境
  • 蘭州から黄河を渡り秘境に向かう。湖のように広い黄河を行くと両岸に奇岩が現れてくる、まるで南米ギアナの川を下ってるような秘境感たっぷり。その奥には岩に刻まれた大小の仏像が、、。炳霊寺という世界遺産らしい。 [続きを読む]
  • 遂倉山とたがら森
  • 五月晴れのまほろばです。           遂倉山↓              たがら森↓X100F 35mm 1/400sec F11 ISO400 PROVIAフィルムシミュレーションFUJIカラーは緑の発色がいい、、、。 [続きを読む]
  • 写ルンです”D”
  • 昔は観光地にゆくと、どこにでもレンズ付きフィルムの”写ルンです”が置いてあって気軽に写真をとったものです。最近はみんなスマホやコンデジを持ってるのであまり見かけなくなりましたが、若い人には新鮮で最近またブームになってるようです。 そんなFUJIFILMからフィルムシミュレーションの充実したX100Fというコンデジが出たので散歩がてら桜をとってみました。すべてVelviaシミュレーションのJPEG撮って出しです。換算焦点 [続きを読む]
  • スズメとヒヨドリ
  • EOS7DII EF70-300f/4-5.6ISII 300mm 1/800sec F9.0 ISO400 (トリミング)花粉でお化粧したヒヨドリをとってたら、スズメがちょこんと見切れました。また新しいレンズを買ってしまった。この写真を撮ったEF70-300f/4-5.6ISII 重さはEF100-400mmの約半分、軽くて安くてよく写る。望遠ズームのシンデレラ。 [続きを読む]