mityuera さん プロフィール

  •  
mityueraさん: レムリアからの転生旅行者
ハンドル名mityuera さん
ブログタイトルレムリアからの転生旅行者
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mityuera
サイト紹介文前世記憶や霊感にもとづくお話をエッセイ風に書いています。
自由文元神童、超一流大学卒ながら、霊感と前世記憶もあって出世とは縁のない変人です。
前世記憶や霊感の不思議系の話だけでなく、海外の話題や、猫の話、車や馬の話とか真面目系の話もあり、結構支離滅裂です。
ご質問にもできる限りお答えしますので、よろしく。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2007/12/28 12:46

mityuera さんのブログ記事

  • 庭の菊
  • 昨年、近くのスーパーで枯れかけてたたき売りになっていた菊が、無事越冬し、大きくなって咲き始めました。黄色は少し見えにくいのですが、赤、桃、黄の3色揃っています。また、我が家の庭で育てられそうなお花があったら、救出してきたいと思います。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • シュウメイギク
  • 今年の夏は暑かったような、それでいて雨ばかり降っていたような、奇妙な夏でしたが、那須はすっかり秋の気配になってきました。今年異常だったのはセミで、ミンミンゼミの鳴き声を聞いた覚えがない反面、ツクツクボウシが7月中旬から鳴き始め、10月の今でも鳴いています。セミが3か月も生きているはずがありませんから、3か月間にわたって羽化し続けたということなのでしょう。我が家の庭の秋を代表するお花はシュウメイギクです [続きを読む]
  • フジバカマ育ちました
  • フジバカマ、昔は家の周辺にいっぱい生えていたのに、全く見かけなくなってしまいました。全国的に絶滅危惧種に指定されつつあるとかで、我が家に残っていた一本を移植して育て、昨年きれいに開花しました。ところが今年、植わっていた場所に、我が家のリフォーム工事で足場が設置されることになったため、あわてて庭の真ん中あたりに移植したところ、日当たりが良くなったためか、昨年の3倍ぐらいの大きさに育ち、無事開花しまし [続きを読む]
  • ヒガンバナ
  • 昨日までの好天も一転、雨で涼しいと通り越して肌寒い那須です。その天気で、ヒガンバナが一斉に咲き始めました。ヒガンバナ、大阪に居た時は、田んぼの畔のお花のイメージとともに、不吉なイメージもあったのですが、こちらでは、もろ墓場のお花のイメージです。那須では、お墓イコールお寺の敷地や霊園に並んでいるものではなく、山野に家あるいは一族単位で点在していることが多く、そこによくヒガンバナが生えているのです。ま [続きを読む]
  • 朝夕は肌寒い那須です
  • この2日間、那須は日中はまだ30度近い暑さですが、朝夕は20度を切るぐらいの涼しさになってきました。昼間外で動き回っていると大汗かきますから、今日の午前中は脱水症状一歩手前まで行きましたし、昨日は今年最軽量の体重を記録しました。しかし、16時ごろに着替えてまた外に出ると、上着が必要な涼しさになっていました。このまま順調に秋になったら、寒ーい冬が待っていますから、ちょっと複雑な心境です。画像は、秋の花、シ [続きを読む]
  • 秋です
  • 今日は曇り予報で、雨が降るかもとは言っていましたが、午後3時頃に突然大雨が降りました。ところが不思議なことに、職場から2.5キロ離れた我が家では降っていなかったのです。那須は秋めいてきて、昼は暑くても、夜は冷えて布団が必要なほどになってきました。庭はフィソステギアが満開、勝手に生えている西洋朝顔は、むしろ今が見ごろです。と庭を歩いていると、割と大きなヤンマが飛んできて目の前に止まりました。10年位前に我 [続きを読む]
  • 梅干しとホトトギス
  • 長雨の後、急に秋晴れのような晴天が3日続き、これを逃しては梅干しが作れないと慌てて梅を干しましたが、9月になってから干したのは初めてです。幸いきれいに干せて片付いたところで今日はまた雨。庭ではホトトギスが咲いていました。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • こんなお花も
  • 妻が庭からよくお花を摘んできては活けてくれるのですが、本人何の花か知らないでやることも多くて笑えます。これ、実はニラの花で、炒めて食べることもできるんです。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • 蚊にはやっぱり蚊取り線香
  • 連日の雨に辟易とした8月でしたが、この3日間ようやく晴れ間が見えている那須です。雨のせいではないと思うのですが、今年は庭が蚊だらけで、野菜を収穫しに行くにも、池のメダカと金魚に餌をやりに行くにも蚊の大群に襲われて、かゆくて大変なのです。蚊の種類も昔とは変わったようで、私の子供の頃(大阪にいました)は、アカイエカがほとんどで、シナハマダラカが少数派ながら刺されるとかゆいと言われていた覚えがありました。 [続きを読む]
  • キノコがいっぱい
  • 秋ならぬ夏の長雨の影響で、森にはキノコが生えまくっています。いい香りがして食べられそうなキノコも多いのですが、恐ろしい毒キノコもありますし、あたってはしゃれになりませんから、見るだけで楽しんでいます。白いのと黄色で網状の模様が入っているキノコは、傘の直径が15センチぐらいある大きなキノコでした。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • 夏の長雨
  • 毎日嫌になるほど雨が降ります。しかも、豪雨、雷雨が混じりますから、雨量も凄いものがあります。当然日照時間も短くなりますから、今年は野菜の収穫も少なくなっています。また、ブルーベリーはいっぱいなっていますが、水っぽくておいしくありません。幸い、我が家は夫婦二人暮らしですから、庭の畑トマトやキュウリも収穫は少なくでも二人分十分賄えていますが、農家は大変だと思います。庭を歩くと、カエルは喜んでいるようで [続きを読む]
  • 送り火
  • 今日は、お盆の送り火でした。40年前の京都での学生時代には、毎年大学の構内から大文字の送り火を見て過ごしたもので、当時は大学も大目に見てくれていましたから、屋上で宴会をしたこともありました。3年(関西では3回生と言います)の時でしたが、その宴会の後、私は飲んでいませんでしたから、マイカーで先輩を下宿まで送って行ったところ、2〜3キロの距離とは言え、何故か全く人にも車にも出会わなかったのです。そして、その [続きを読む]
  • 自然の芸術
  • 一昨日は晴れて暑かった那須ですが、昨日は一転曇って涼しくなり、夜からまた雨が降って梅雨に逆戻りです。お蔭で今年新たに買った大型の除湿器が大活躍しています。そんな天気ですが、庭やら我が家と物置の間にやら、蜘蛛がいっぱい巣を張っています。ここには蜘蛛の巣があるから気を付けようと思っていながら時々引っかかってうっとおしいものの、よく見るとなかなか美しいものがあります。特に糸が日に映えるときれいです。私、 [続きを読む]
  • 暑いし湿度は高いし晴れないし
  • 我が家の那須、台風の影響か、昨夜から物凄い雨が断続的に降っています。それでなくとも、梅雨明け以来逆に梅雨のような天気が続いていまして、1週間連続夜には雨が降っていますし、日中も暑くともカラっと晴れる夏日がありません。そのせいで、エアコン使いまくりの日々で、先月からの電気代が高そうです。大体、家を建てた29年前には、冬は寒くとも夏エアコンの必要のなかった那須でしたが、この10年ばかりは、エアコンなしでは [続きを読む]
  • 夏の花
  • 梅雨明けどころか、このところ雨降りまくりの那須です。それでも、夏のお花が咲き始めました。弱ったので移植したところ、何故か冬も葉っぱが残っていたヒオウギですが、無事花が咲き、アゲハチョウが来て吸蜜していました。ハーブでいい匂いがするベルガモットも赤い花が咲きましたし、庭中に増えまくっているリュウノヒゲも、紫の穂のような花を咲かせています。新潟ではウルイといってポピュラーな山菜のコバノギボウシも、薄紫 [続きを読む]
  • スモモのジャムもよいものです。
  • ようやく雨はやみましたが、梅雨のようなジメジメ那須です。アンズに続いてスモモも豊作で、夫婦二人では食べきれませんから、こちらもジャムにしてみました。我が家、砂糖をあまり使わないので、酸っぱいジャムですが、きれいな赤で、なかなかいけます。そろそろブルーベリーもなりはじめましたし、今年は自然の恵みに感謝です。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • 土用の丑の日は、鰻ならぬ「うな次郎」
  • 今日は土用の丑の日、ウナギの受難の日とも言えますか。ウナギの美味さは否定しませんが、好き好んで絶滅危惧種を食べる気にもならないという人にお勧めは、この「うな次郎」です。これ、魚の練り物から作られていますから、一種のかまぼこなのですが、裏は皮風になっていますし、本当に美味しいんです。この何か月かで、スーパーの特売で可哀想な値段になった、日本の静岡県産、鹿児島県産、そして中国産の鰻丼を食べてみました。 [続きを読む]
  • 梅雨の戻り?
  • 梅雨明けしたはずが、雨が続く那須です。それでも気温は高めですから、蒸し暑いことこの上ない。ふと玄関の壁を見たら、5ミリぐらいの小さな小さなカタツムリが這っていました。ブログランキング・にほんブログ村へ(文字を ) [続きを読む]
  • 今年は豊作
  • 今年は空梅雨のようですが、那須は時々大雨降るので、水の心配はなさそうです。さて、昨年は庭の果樹、記録的不作だったのですが、今年は一転記録的豊作です。ユスラウメ、ジューンベリー、フサスグリと楽しめましたが、今年は梅も30キロ近く収穫できました。また、アンズも1本枯れましたが、残りの3本のうち1本が記録的豊作で、生食では食べきれず、ジャムにして楽しめました。また、今まで数えるほどしかならなかったスモモも、 [続きを読む]
  • 狭いところ大好き
  • 我が家の人猫兼用居間の出窓ですが、7年前にリフォームした際、二重窓に改造したのです。出窓とはいえ、狭いスペースですから、猫が入ることは想定していなかったのですが、風通しが良かったせいか、暑いにもかかわらず、猫が入って寝ていました。茶トラ猫のリンは、いっぱいいっぱいですが、灰色猫ケロロには余裕がありました。しばらく見ていたのですが、気持ちよさそうに寝ていました。猫って、狭いところが割と好きです。にほ [続きを読む]
  • フェイジョアの花
  • 梅雨のジメジメもさることながら、このところ降れば大雨になることの多い那須です。我が家には、家を建てて以来の30年たっている植木が何本もあるのですが、その中の変わり種がこのフェイジョアです。元々暖かい地域の植物ですから、冬氷点下になる那須で枯れずに生き続けていることも奇跡的なのでしょうが、花を見るのも2〜3年に1回、季節も春だったり初夏だったりで、実に至っては今までなったのを見たことがありません。それで [続きを読む]
  • まだまだ丈夫なのかな
  • 那須は昨日は良いお天気で夜雨が降り、今は曇り空でジメジメ梅雨模様です。さて、私1歳半頃の臨死体験の時に、神様なのか何なのかわからない存在に、ぐしゃぐしゃに砕けたはずの頭を修復してもらって、その臨死体験自体が母親の虐待によるものでしたからか、放っておいたらまた三途の川を飛び越えて来かねないと思われたらしく、特別丈夫な体をいただきました。そのせいか、その後も小学校の高学年のころまで母の殴る蹴るの暴行に [続きを読む]
  • オタマジャクシはカエルの子
  • 仕事に孫に、多忙な日々が続いていましたが、先週娘と孫が神奈川に帰りまして、ちょっとした孫ロスはありましたが、その分仕事が忙しくなって、忘れました。さて、ふざけた題名ですが、1か月半前に事務所の溝から救出して来たオタマたち、続々とカエルになっています。まだオタマのままの姿のものも居まして、育つ速度は随分差があるようです。画像は、オタマと対面している尾の生えたカエルに、尾がなくなって池から出たカエルな [続きを読む]
  • 初夏のお花
  • 我が家のお庭、お花も次々に咲いています。いい匂いのするスイカズラ、漢字では忍冬と書くのですが、丈夫なつる草です。それから、スーパー処分品シリーズで庭中にはびこったのがエノキアオイ。駆除せざるを得なくなったオオキンケイギクのように、その内特定外来生物にならないか、ちょっぴり心配です。そして、近所で絶滅しかかったので保護したらエノキアオイ並みに庭中にはびこったのがホタルブクロです。こちらは在来種だから [続きを読む]