Pricken さん プロフィール

  •  
Prickenさん: 極光の女神
ハンドル名Pricken さん
ブログタイトル極光の女神
ブログURLhttp://kyokkou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文北の最果て、文学散歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/01/03 00:34

Pricken さんのブログ記事

  • いろいろ(756)そろそろ本格的な冬
  • 日中は雨、夜中にちょっぴり雪、という天気が続いてたんだけど、そろそろ雪が消えなくなってきたかも。雨よりは雪の方が服と頭への被害が少ないから好もしいかな。北部スウェーデンでは雪で大変みたいだけど。2月の初めにストックホルムから汽車で1時間の街で大きなコンフェランスがあるんだけど、なんと8時からで、またまたナイトバスで中央駅まで行って、乗り換え時間20分で汽車まで走るという計画を立てているところなんだけど [続きを読む]
  • いろいろ(755)「ICO 霧の城」
  • 宮部みゆき「ICO 霧の城」(上下)を読んだ。最初からこれはTVゲームの台本じゃないかと思いながら読んでたのだけど、やっぱりそうだった(解説によると)。でも、もともとこういうゲームがあって、後付けで宮部さんが気に入って小説にしたのだそうな。頭に角がある少年が生贄として霧の城に献上される。そこで彼が見たものは、精巧な石の像と、鳥かごにとらえられている言葉の通じない美少女。ゲームの進行を言葉で表現しているの [続きを読む]
  • いろいろ(754)歯ごたえのある豆腐
  • Coopで何気に最近凝ってるモッツアレラ・チーズを探してたら、「自分たちで作りました!豆腐!」というのが売ってまして。数種類あったけど、ま、一番無難そうなのを買ってみまして。ウチに帰って箱を開けてみたら、なんとも、のけぞる固さ。。石鹸までとはいかないけど手にぶら下げて振ってもちぎれないくらい。ま、もともとお豆腐は堅い方が好きだし、今日は炒めて食べようと思ってたし。シンプルにねぎとセロリと一緒に炒めて七 [続きを読む]
  • いろいろ(753)「小暮写真館」III&IV
  • 宮部みゆき「小暮写真館」IIIとIVを読んだ。待ちの写真感を経営していた小暮老人が亡くなった後、そのまま回収せずに移り住んだ花菱一家。長男の英一は高校生で、ちょっとズレてる父と母ととても優秀な弟ピカ(本名は光)と暮らす。英一とピカの間に風子という女の子がいたのだが7年前に肺炎で亡くなっている。IIIでは不登校の小学生が写真に撮ったカモメのぬいぐるみの謎を解く。IVでは調子を乱しておねしょを繰り返すようになっ [続きを読む]
  • いろいろ(752)「マリコ カンレキ!」
  • 林真理子「マリコ カンレキ!」を読んだ。週刊文春に連載している彼女のエッセイをまとめたもの。これまでもエッセイをまとめた彼女の文庫本はかなり読んできたけど、久しぶりに読むと結構まともだな、と思った。それこそ還暦に達して、セレブ志向の嫌みが少し薄まってきたのかも?林真理子の小説も悪くないと思う。それもここ5年以上読んでないから、図書館で借りてみようかな。返しに行くのがめんどくさいので最近全然行ってな [続きを読む]
  • いろいろ(751)「毎日かあさん14・卒母編」
  • ちょっと前だけど、西原理恵子「毎日かあさん14・卒母編」を読んだ。数巻前からもう描くのが苦しい、っていうのが見え見えになってて、この最終巻も「もうすぐ終わるからね」ということしか描いてない感じ。「毎日かあさん」の代わりに新しく始まった毎日新聞の漫画もかなり焦点がぼけてるというか、つまんないというか。。Dr.高須との熟年恋愛が忙しいだろうな、きっと。でも、「毎日かあさん」、最初の方はかなりおもしろかった [続きを読む]
  • いろいろ(750)「イグアナの嫁」
  • 細川貂々「イグアナの嫁」を読んだ。「ツレウツ」の前後の様子をペットのイグアナのイグちゃんを中心に描いたもの。「ツレウツ」が鬱病の教科書っぽく読みにくいのに対して、こっちの方が読みやすいんだけど、なんかねぇ、これでよく本にしたなぁ、、って感じ。それにしても1メートル60センチにもなるイグアナが家の中をのしのし歩いてて、発情期には噛みに来るって、、すごい。「イグアナの嫁」は3冊シリーズなんだけど、残りの2 [続きを読む]
  • いろいろ(749)こんにゃくカレーとキャベツで2?減
  • 血糖値が高いから糖質摂取を制限しなさい、ってお医者さんに言われて、毎日食べていたチョコレートをやめ、米飯もやめた。甘いものが恋しいときにはバナナとノーシュガーののど飴でしのぐ。元々そんなに糖質に依存してたわけじゃなくて、結構ヘルシーな献立だったんだけど、いかんせん、量が多すぎたみたい。。意を決してこんにゃくとしらたきを大量に買い込んでしまったので消費するためにカレーに入れることにしたんだけど、ちょ [続きを読む]
  • いろいろ(748)ドラクエXI
  • ドラクエXI、鋭意プレイ中。何度もラスボスの城で力尽きてしまうので、地上で経験値を上げているところ。XIのミソは3Dと2Dとモードを切り替えられるところ。3Dだと入り口や隠された宝が見つけにくいので教会で2Dに切り替えてもらうのがオススメ。今回初めてAmazonで取り寄せてみたんだけど(いつもは日本に買いに行く)、やっぱ輸入税が高いみたいね。ま、日本に買いに行くよりは安くあがるんだけどさっ。不思議なのは、誰かが [続きを読む]
  • いろいろ(747)「小暮写真館II」
  • 宮部みゆき「小暮写真館II」を読んだ。出張の際、飛行機の待ち時間に読むだけだったんだけどようやく読了。う〜ん、なんというか第1巻に続いて謎解きが甘い気がする。もちろん作者の主眼はそこにはなくて主人公の少年の日常の問題への対処の仕方にあるんだけど。きびきびと描けていていいんだけど、あまりにもそこだけに映像的に集中し過ぎている感がある。心霊写真の謎解きを強引に頼まれる主人公の少年とヘルプする同級生たち。 [続きを読む]
  • いろいろ(746)Lux day by day
  • Lux day by dayに行ってきました。昔のLuxが燃えちゃったそうで、改装して(そんなに変わってなかったけど)ちょっと庶民的にしたんだそうだけど、割と昔を彷彿させる印象。前の「これでもかっ」というゴージャスな感じな無くなってたけど、小ぶりの盛りとか美味なワインのセットとか、美しくて値段もリーズナブルと感じましたわ。コースで頼んだんだけどデザートに至ってようやく写真撮るのを思い出して。シャビーな写真になっち [続きを読む]
  • いろいろ(745)いちゃいちゃ
  • 展示会の帰りに前から試してみたかった「ichaicha」というお店へ。お寿司屋さんかな?と思ってたんだけど「汁なしうどんサラダ」でした。麺、ズッキーニの千切り、ライスからベースを選んで、トッピングは、豚肉とか牛肉とかベジタリアン風の何かとか。ソースはカレーとかショウガとか、甘辛中華風とか。新鮮な千切り野菜がたっぷりでヘルシー。ただ、とっても美味か?ときかれると、うーん、なんとも言えず。。それぞれの素材がき [続きを読む]
  • いろいろ(744)「小暮写真館 I」
  • 宮部みゆき「小暮写真館 I」を読んだ。同じタイトルの単行本があるけど、それとは違う話。といっても<舞台>は同じ、昔の写真感なんだけど。そこに引っ越してきた一家に昔の写真に写った幽霊の責任を取れっていう依頼(要求)が。。コミカルな設定はいいんだけど、謎解きがちょっとアレだなぁ、、と。謎解きで一冊もたせるんだからもうちょっとどうにかならなかったのかなぁ。。この幽霊写真謎解きシリーズは4,5冊続く予定だそ [続きを読む]
  • いろいろ(743)「64(ロクヨン)」
  • 横山秀夫「64(ロクヨン)」上下を読んだ。いわゆる警官物語なんだけど、警察署内の権力争いに、娘の失踪事件が絡む。カギを握るのは昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件。そして<14年後の現在>に起きた、64事件をたどる新たな誘拐事件ですべてが明らかにされる。。ちょっと丁寧すぎる書き方というか、描写がくどいっていうか、サスペンスのテンポがちょっと遅い感じはあるけど、展開がどうなるかが読めなくて、結構面白い。主人 [続きを読む]
  • いろいろ(742)「アキラとあきら」
  • 池井戸潤「アキラとあきら」を読んだ。一人は(倒産して夜逃げする)街工場の社長の息子、もう一人は(運転手付きの車で移動する)大きな海運会社の社長の息子。どちらも<あきら>という名前で、彼らの人生は大学卒業後同じ銀行に入社するところで交わう。傾いてゆく大会社を救うべく、意思に反して社長に就任しなければならなかった(もうその当時は経営が苦しくなっていた)あきらをそのまま銀行の融資部に残るアキラが救う。例 [続きを読む]
  • いろいろ(741)激辛ラーメンを食す
  • 美容師さんが新しい場所に移ったので、そこまでつらつらと駅から歩いて周辺のお店を探索していたら、I love Bibimbapという韓国料理のお店を発見。外の看板にはRamenシリーズの写真もあって、なんとなく良さげ。Gekikara Ramenというのを頼んでみました。149クローナ(約2000円)ってちょっと高いかも。。そんなには辛くない味噌ラーメンだった。麺はちゃんとラーメンだった。30クローナ安い他のラーメン(ShoyuとかMisoとか)の方 [続きを読む]
  • いろいろ(740)Appleから詐欺メール
  • あなたのAppleが不正に使用されたので確認のために以下のリンクを してください、というメールが来た。私のiPhoneがモスクワで使用されたという。iPadは使っているけどiPhoneは2年も前に電池が反乱を起こしたので次男にやって彼が遊びながら分解したはず。日本語のメールだったけど、モスクワだったらさもありなん、と しちゃう人がいるのかなぁ? はしなかったけど、メールはみちゃったから、iPadに呪いがか [続きを読む]
  • いろいろ(739)久しぶりの論文書きは遅々として進まず
  • 久しぶりに論文タッチの原稿を書くんだけど、一応ちゃんと最新の本を取り寄せて参考文献として読んでるところ。厚くてカタい本を読むのはとっても久しぶりなので、遅々として進まず。。あ、そうだ、バスルームの床をきれいにしなくちゃ、とか、サンダルをしまって秋の靴を出さなくっちゃ、とか、次々に机を離れる用事を思い出す。。はううう。。 [続きを読む]
  • いろいろ(737)Finnkampenが楽しみ
  • 今週末もTV(といっても今回はインターネット放送だけ)で陸上競技鑑賞。スウェーデン選手権ね。世界陸上でスウェーデンはあんまし活躍しなかったんだけど(円盤投げのストール選手は銀メダルだった。1位と2?差で惜しかった)、国内大会もなんとなく「宴の後」モードだった。世界選手権でも思ったんだけど、選手が入れ墨(多分彫らないやつ)だらけなのね。入れ墨あると日本で温泉に入れませんことよって教えてやりたい(最近では [続きを読む]
  • いろいろ(736)「波の上の魔術師」
  • 石田衣良「波の上の魔術師」を読んだ。就職浪人でパチンコばかりしていた白戸はある日身なりの良い老人に声をかけられる。高額の手当てをもらい、スーツも支給され、相場の勉強をしろ、というのだ。白戸は毎日PC画面と新聞で株の勉強をして、投資のやり方を学ぶ。あくどいことをしている銀行をつぶすべく暗躍するが、警察に捕まって塀の中へ(老人は逃げ切る)。でも海外に逃げた老人はちゃんと報酬を払ってくれて、刑期を終えた白 [続きを読む]
  • いろいろ(735)シャビーなラウンジ
  • 昨日は日帰りでヨーテボリにでばってました。時間を節約するために(実際にはバスの時間とか待ち合わせ時間とかがあって、鉄道に比べてそれほど短縮にはならないんだけど)ヒコーキで移動。余裕を見てかなり早く家を出たため空港でちょっと時間があったので国内線ラウンジに行ってみたら。。オートミールとヨーグルトとバナナとリンゴとクッキーしか存在してなかった。。そりゃーラウンジ使えるのはSASPlus(いわゆる中間クラスね [続きを読む]
  • いろいろ(734)第4弾カレーパン!
  • 再挑戦のカレーパン。今日はちゃんと揚げたぜぃ♪でもラグビーボールのようにでっかくなってしまったのぉ。。例によって味は悪くないのよ。皮を薄くしなくちゃいけなかったのね。。今週ずっとカレーパンを食べて過ごすようだわ。。カレーコロッケ・バーガーの選択肢もあったんだけど。木曜に作ろうかと思ってたんだけど、この量では消費を優先しなければっ。全部なくなることは多分当分カレー関係はいいやって感じになってると思う [続きを読む]
  • いろいろ(732)アバンギャルドな日本食つくりシリーズ第2弾
  • カレーパンがイマイチだったので、そうだ、せんべいを作ろう、と思ったのだった。残りご飯をつぶして焼けばよいだけでしょ。で、焼いたわよ。うまく均一につぶせなかったので水をちょっと加えたのが良くなかったかも。。日本のレシピだとオーブントースター使ってるのね。こっちではそんな洒落たものはないからオーブンで焼いた。電子レンジだと焦げ目がつかないだろうと思ったし。例によって味は悪くないのよ。見た目が最悪なだけ [続きを読む]