Pricken さん プロフィール

  •  
Prickenさん: 極光の女神
ハンドル名Pricken さん
ブログタイトル極光の女神
ブログURLhttp://kyokkou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文北の最果て、文学散歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供66回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/01/03 00:34

Pricken さんのブログ記事

  • いろいろ(790)ボルボ・オーシャン・レース
  • 例のごとく家を朝4時に出てナイトバスでCityに行き7時発のヒコーキでヨーテボリに行った。イノベーション・セミナーだったんだけど、いってみたらボルボ・オーシャンレースの宣伝だった。。Volvoはボルボ・オーシャンレースというのを所有していて、世界各地を巡るセーリングで各チームを競わせているそうだ。9か月にわたり世界の海をセーリングして、各チームが中継地までの時間のポイントを争う。昨日が最後から2番目の寄港地で [続きを読む]
  • いろいろ(789)「長流の畔」
  • 宮本輝「長流の畔」を読んだ。流転の海シリーズの最後から2番目の本。東京オリンピックの年、主人公の熊吾は67歳になっており、糖尿病とか、歯とか、体がガタガタになっているものの、相変わらず精力的に中古車販売のビジネスに携わる。妻の房江は愛人と切れない夫に愛想をつかし、睡眠薬自殺を図った後、ホテルの従業員食堂に勤めるようになる。17歳の一人息子伸仁は父の仕事の手伝い(中古車プールの留守番など)をしたり、バイ [続きを読む]
  • いろいろ(788)北斎展
  • 明日で終わってしまうのでミレスゴーデンの北斎展へ。いっぱい人が来てました。帰るときなんか門の外まで長蛇の列。かなり力の入った展示で、疲れてしまって全部見切れなかった。。すごい人だったんですねぇ<北斎有名な富嶽36景はリコンストラクションで鮮やかな色だったけど、挿絵なんかの他の作品は多分江戸時代からの色。北斎グッズでは例の青い波を描いたナップザックに心が動いたけど、使うチャンスはないだろうと結局購入せ [続きを読む]
  • いろいろ(787)シルビア王妃
  • 能のパフォーマンスがDrottningholmsSlottsteaterで行われて、招待されたので行ってきました。能はSakurama Groupという一派のもので、北斎とカキツバタという2つ。なんか非常にモダンというか、北斎では、テグスなんか使っちゃって、ユニーク。北斎は2年前くらいにアニメで北斎の娘の物語みておもしろいなと思ってたし、あの青海波は気に入っていたので、興味深く鑑賞できました。SakuramaKaiというのは知らなかったけど、ググっ [続きを読む]
  • いろいろ(786)「水のかたち」上下
  • 宮本輝「水のかたち」上下を読んだ。例によってスローテンポ。当時(今も?)彼が来るshンでいたであろう糖尿病の様子も詳しく入ってたりして。主人公の夫の問題として出てくるんだけど。執筆時に一番気を取られていることを小説に盛り込むのは悪いことじゃないだろうけど、なんか見え見え〜、という感じが。。途中で出てくる北朝鮮から逃げかえってきた人の手記も、解説を読むとたまたま執筆時に連絡してきた人がいて、、盛り込ん [続きを読む]
  • いろいろ(785)ヘレナ大臣再び
  • 本日はIVA(エンジニア科学アカデミー)で選挙を前にして、教育・研究問題を、担当大臣と、主要政党の教育・研究担当議員が議論するというブレックファスト・セミナー。朝8時前から仕事をする大臣・議員というのもエライなぁと思う。大臣(社民党)の他に、穏健党と中央党の担当議員が来てたんだけど、政党間であまり違いはなく、皆、教育問題で一番重要なのはいかに質を保つか、資源と労力を教育と研究の間でいかに配分するのか、 [続きを読む]
  • いろいろ(784)GlobalAward
  • Global Award for Entrepreneurship Research 2018という賞の授賞式に行ってきました。会場がGrand Hotelの鏡の間というのに惹かれちゃったので。シリコンバレーのOlav Sorenson教授が受賞。全部えーごだったので、授賞理由とかの説明がよくわかんなかった。ウォーター・エアロビクスの後で眠かったしね。なんとなく起業が成功するにはネットワーキングが大事だという結論みたい。授賞者のヘレネ・ヘルマルク=クヌートソン大臣も [続きを読む]
  • いろいろ(783)ウチの桜も満開
  • ウチの桜(実際はバルコニーから下の桜が見えるというだけなんだけど)も昨日で満開。2日続けて暖かかったからねぇ。写真撮ったけどボケててごめんよ〜。白樺花粉で3日間寝込んでいた身には息をつめて外に出なければいけなかったからねぇ。シャッター押すのも上の空だったのよ。一番の時期に桜をめでることができないのはとっても残念。でも、取り敢えず、外気に触れることが可能になったのは嬉しい。金曜は呼吸困難状態だったのよ [続きを読む]
  • いろいろ(782) FF3
  • 今回の日本行きの際、めぼしいゲームがなかったので中古のファイナルファンタジーIIIを購入。DS版ね。前に英語版のDS版はやったんだけど、なんせもうちっちゃい文字を読むのが面倒。英語なんか読みたくもない、ので日本語版ゲットできたからいいや、ってことでやり始めたらリメイクしてあるのね。なんか無駄に戦闘が増えてて、ダンジョンもちょっと複雑になってる感じ。時間がかかるったらありゃしないとぼやきつつ、本日約40時間 [続きを読む]
  • いろいろ(781)「木漏れ日に泳ぐ魚」「宝を探す女」
  • 恩田睦「木漏れ日に泳ぐ魚」&逢坂剛「宝を探す女」を読んだ。「木漏れ日〜」の方は、殺人事件なんだけど結局だれがどのように殺したのか、そもそも殺人なのか事故なのかも明らかにされない。その「事件」を思い出すのが、二人の「きょうだい」(二人ともオトナ)で、二卵性双子の片方が養子に出されて大学のテニスクラブで初めてであって一緒に住むようになった、という奇妙な設定なんだけど、二人の巣をたたんで互いに別の道を進 [続きを読む]
  • いろいろ(780)「路上のX」「昭和史の10大事件」
  • 今回の日本行では飛行機の中でずっと映画を観ていたので、読書の嵩がいかなかった。でも往きの飛行機が2時間遅れたので1冊は読了。桐野夏生「路上のX」は女子高生ビジネスをテーマにしたもの。最近ではJKと略すらしいが、昔からそーゆー子たちは居たし、、と思いながら読んだんだけど、さすが桐野さん、そういう地獄にはまって行かざるを得ない女子高生たちの背景をこれでもかっというほど綴っていく。もう1冊は読みさしで持って行 [続きを読む]
  • いろいろ(779)映画三昧
  • 今回の日本行きでは往復とも飛行機の中では映画三昧。1、アイ、トーニャhttp://eiga.com/movie/88310/フィギュアスケート・ファンとしてはとても期待してたんだけど、やっぱり「実録」ではないからねぇ。不満足度の方が大きいな。2、スターウォーズ 最後のジェダイhttp://eiga.com/movie/84134/シリーズもここまで続けちゃうと、もう止めてあげようよ、とおもっちゃうような作品。3、猿の惑星:聖戦記http://eiga.com/movie/86 [続きを読む]
  • いろいろ(778)戻りました
  • 昨日の夜、日本から戻りました。行きはヨーロッパ全体の管制塔のシステムが故障したとかでシカゴからの飛行機がコペンに入れなかったそうで、その機材を使うコペン発東京行きが2時間遅れ。で、成田に着いてホテルまでのスーツケースの宅配を頼むも、もう当日配達は無理とのことで翌日配達に。成田に着いたら予報通り暑くて気温26度。ストックホルムで着ていたそれでも薄めの春のコートはスーツケースの中に入れちゃって。。で、翌 [続きを読む]
  • いろいろ(777)荷物の移動
  • 明日、日本に向けて発つ。大小のスーツケース1個ずつにリュック。大きいスーツケースは20?くらいで小さいのは10?くらいかな。リュックは多分6?くらい。大きい方は服とか靴とかの他に日本で郵便局までせっせと箱を運ぶための折り畳み式キャリアー(日本語で何て言うのかな?Amazonでみてみたらキャリーカートと呼ぶらしい)でいっぱい。小さい方は今回はお土産だけでいっぱい。健康的にクネッケにしたら嵩張ること、嵩張ること。 [続きを読む]
  • いろいろ(776)食べてはいけないラーメン
  • ロンドン発のWagamamaというラーメン屋さん、だいぶ前にストックホルムに進出して、不味い!という評判だったのに一等地で生き残ってて、私も数年前に試した時にはまあまあいけた味だったので、昨日お客さんを案内して行ったの。んで、ランチもそろそろ終わる時間だというのにかなり人も入ってたの。海鮮ラーメンというのを頼んだんだけど、これがもうアナタ、めちゃくちゃだったのぉぉ。魚の切り身の塩焼きとか、魚のフライ(絶対 [続きを読む]
  • いろいろ(775)本日のアマゾン
  • 3月はずっと続けて読んでるコミックのシリーズの新刊本が出ることが多いので、いまかいまかと待っててまとめてオトナ買い。発売されたものからお買い物リストに加えていって支払いをせずに待っているので、Amazonから「お買い忘れはありませんか?」と尋ねてくるのがちょっとうざったくもあるけど、ただひたすら待って注文。相変わらず3日で送られてくる律儀さ♪漫画はねぇ、ずっと読んでると初めのころのワクワク感が薄れてきて、 [続きを読む]
  • いろいろ(774)「夜の谷を行く」
  • 桐野夏生「夜の谷を行く」を読んだ。連合赤軍のあさま山荘事件の生き残りの女戦士啓子は老境に入って、年金と貯金(塾を開いていた)でジムや図書館通いでひっそりと独り暮らしをしている。永田洋子が獄死し、過去の「仲間」からの連絡が増える。自分の姓で離婚された妹の娘の結婚式が迫るが、自分の過去を告げねばならない事態となる。そして東日本大震災が起こる。昔の場所をフリージャーナリストと見に行く啓子。ものすごいドン [続きを読む]
  • いろいろ(773)「満月の道」
  • 宮本輝「満月の道」を読んだ。作者の父親とも読める松坂熊吾の物語シリーズ(流転の海)の最後から2巻目。ようやく私の子ども時代と重なる時代(東京オリンピックの前年)となって描写の的確さがよりわかるようになった。宮本輝は書き込んで書き込む古典的なタイプの小説家だから、その分、話の展開がもたもたしてるなぁ、とは思うんだけど、やっぱりちゃんとした小説を読むのは気分がいい。この第7部の解説には、第1部〜第6部まで [続きを読む]
  • いろいろ(772)寒い日が続いてうんざり
  • 雪は多少減ったけど寒さは継続。うんざりですわ。ウチはセントラルヒーティングのアパートなので、遠くにいる家主さんが暖房温度を設定しているんだけど、今季は腕や足が寒くて連れ合いにヒーターを買ってもらった(そういう優しさには富んでるんだ、ウチのは♪基本は純粋スウェーデン人でケチなんだけど)。電気代は自分で支払うから損するんだけど、もこもこ着込むのもめんどくさいしね。1か月後に1週間日本に行く。桜の終わりに [続きを読む]
  • いろいろ(771)アイス・ウィーク
  • シベリアからの寒気がやってきているそうでスウェーデン全国でマイナスの気温になっている。全国でマイナスだと「アイス・ディ」(isdag)とよぶそうで、これが1週間続くと「アイス・ウィーク」になるんだそうな。本日はアイスディで今週は多分アイスウィークになると。ストックホルムでは今日はマイナス6℃くらいとの予想。ウオーターアエロビクスに出かける予定だったんだけど今電話がかかってきてインストラクターが急病(腹痛 [続きを読む]
  • いろいろ(770)「騎士団長殺し 第2部」
  • 村上春樹「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」を読んだ。一応<解決編>なんだけどあんまり納得できないというかなんというか。そりゃあね、村上作品だから不条理な部分はあってもいいとは思うんよ。でもでも、夢で妊娠させるとかさあ、無くなったはずの出刃包丁でイデアを殺すとか、ちょっと都合よすぎるんじゃね?とか思っちゃう。これじゃあ、ノーベル賞は無理かも。。 [続きを読む]
  • いろいろ(769)「悲嘆の門」上中下
  • 宮部みゆき「悲嘆の門」上中下を読んだ。屋上に設置したガーゴイル像が動く、という部分は前にも読んだ気がするんだけど、小説誌なんかに連載してたのかなぁ?その後の展開は全然覚えがなかったから面白く読めたんだけど、ちょっと荒唐無稽すぎるというか、謎解きのキモが説得力がない気がした。部分部分はカッコイイんだけどね。異世界の異形の女戦士とか。ま、Amazonでの読者評価通り星三つが妥当かも。 [続きを読む]
  • いろいろ(768)「海の見える理髪店」
  • 荻原浩「海の見える理髪店」を読んだ。短編集。「海の見える理髪店」は海辺の旧い理髪店に来た青年が店主のおじいさんの話を聞きながら散髪してもらう様子を描いていく。最後に店主が昔無理に離婚して別れた息子だとわかる。青年は明日の結婚式を控えてわざわざネットで調べて父親に会いに来たのだった。でも最後まで名乗りを上げなかったんだけど、特殊なつむじと首筋に残ったブランコから落ちた傷跡で店主にもわかっちゃうのね。 [続きを読む]
  • いろいろ(767)「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」
  • 村上春樹「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」を読んだ。1年前くらいにAmazonで買ったんだけど、ちょっと読んで何となく読みにくいなと思って放っておいたもの。例によって「春樹流不条理」なんだけど、ちょっと描写がしつこいかも。横に点を打って強調するのもちょっと鼻に着くし。妻に離婚された画家が友人の父が住んでいた高級山荘に住み着く。谷を挟んだ向かい側の超豪邸にはお金持ちの白髪の紳士が。肖像画を描くことを [続きを読む]
  • いろいろ(766)「草花たちの静かな誓い」
  • 宮本輝「草花たちの静かな誓い」を読んだ。米国在住のリッチな叔母が日本旅行中に急死したため、いきなり降ってきた莫大な遺産。いろいろな手続きのために渡米した弦矢(げんや)は叔母の一人娘の失踪の謎を解くべく奔走する。最後の謎解きがとてつもないどんでん返しだけど、まあ、おもしろく読めた。小説って良いね。最近読んでなかったけど。明日は汽車移動なので読書ができるかも♪ [続きを読む]