Pricken さん プロフィール

  •  
Prickenさん: 極光の女神
ハンドル名Pricken さん
ブログタイトル極光の女神
ブログURLhttp://kyokkou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文北の最果て、文学散歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2008/01/03 00:34

Pricken さんのブログ記事

  • いろいろ(770)「騎士団長殺し 第2部」
  • 村上春樹「騎士団長殺し 第2部 遷ろうメタファー編」を読んだ。一応<解決編>なんだけどあんまり納得できないというかなんというか。そりゃあね、村上作品だから不条理な部分はあってもいいとは思うんよ。でもでも、夢で妊娠させるとかさあ、無くなったはずの出刃包丁でイデアを殺すとか、ちょっと都合よすぎるんじゃね?とか思っちゃう。これじゃあ、ノーベル賞は無理かも。。 [続きを読む]
  • いろいろ(769)「悲嘆の門」上中下
  • 宮部みゆき「悲嘆の門」上中下を読んだ。屋上に設置したガーゴイル像が動く、という部分は前にも読んだ気がするんだけど、小説誌なんかに連載してたのかなぁ?その後の展開は全然覚えがなかったから面白く読めたんだけど、ちょっと荒唐無稽すぎるというか、謎解きのキモが説得力がない気がした。部分部分はカッコイイんだけどね。異世界の異形の女戦士とか。ま、Amazonでの読者評価通り星三つが妥当かも。 [続きを読む]
  • いろいろ(768)「海の見える理髪店」
  • 荻原浩「海の見える理髪店」を読んだ。短編集。「海の見える理髪店」は海辺の旧い理髪店に来た青年が店主のおじいさんの話を聞きながら散髪してもらう様子を描いていく。最後に店主が昔無理に離婚して別れた息子だとわかる。青年は明日の結婚式を控えてわざわざネットで調べて父親に会いに来たのだった。でも最後まで名乗りを上げなかったんだけど、特殊なつむじと首筋に残ったブランコから落ちた傷跡で店主にもわかっちゃうのね。 [続きを読む]
  • いろいろ(767)「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」
  • 村上春樹「騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編」を読んだ。1年前くらいにAmazonで買ったんだけど、ちょっと読んで何となく読みにくいなと思って放っておいたもの。例によって「春樹流不条理」なんだけど、ちょっと描写がしつこいかも。横に点を打って強調するのもちょっと鼻に着くし。妻に離婚された画家が友人の父が住んでいた高級山荘に住み着く。谷を挟んだ向かい側の超豪邸にはお金持ちの白髪の紳士が。肖像画を描くことを [続きを読む]
  • いろいろ(766)「草花たちの静かな誓い」
  • 宮本輝「草花たちの静かな誓い」を読んだ。米国在住のリッチな叔母が日本旅行中に急死したため、いきなり降ってきた莫大な遺産。いろいろな手続きのために渡米した弦矢(げんや)は叔母の一人娘の失踪の謎を解くべく奔走する。最後の謎解きがとてつもないどんでん返しだけど、まあ、おもしろく読めた。小説って良いね。最近読んでなかったけど。明日は汽車移動なので読書ができるかも♪ [続きを読む]
  • いろいろ(765)本日のAmazon
  • 今日届いたAmazonはつつましく中身5489円、送料や関税など2900円、合計9662円也。読む時間がない気がするからキャンセルした浅田次郎とか、買ったかどうか忘れちゃったから取り敢えず見送った漫画(「レべレーション」3)とか、やっぱり注文しとけばよかったかなぁ。。暦は書店で自分のところを立ち読みすれば済む話なんだけどね、日本に居れば。西原理恵子も惰性で買ってる気がするし。中国嫁日記と同じく、なんかもうマンネリの [続きを読む]
  • いろいろ(764)和楽器バンドコンサート
  • NakaiTomoya&Friendsのコンサートに行ってきました。日瑞修好150周年記念行事の一環。 大きな琴で立って上から弾くのでびっくり。でもきれいな音でした。昔は多分芸者さんだったんじゃないかと思うような三味線のおねーさんも、尺八や琵琶を弾きこなすちょっと若いおねーさんも上手かったです。アンコールでABBAのダンシングクイーンを弾いてくれたんだけど、尺八って音階が違うはずなのによく洋楽が演奏できるなぁ、と感心。 [続きを読む]
  • いろいろ(763)寒っ
  • 今朝はマイナス10℃で、今シーズン一番の寒さ。数字に驚いて朝の散歩を中止したんだけど風が吹いてないので決行できたかも<買い出しの外出で散歩の代わりとしたま、でも、あまり無理して風邪ひいたりすると良くないしね。体重減少もちょっと停滞してるので、ここらでウォーキングの距離を増そうかと思っていたところだったのにぃ(と気温のせいにする軟弱者)。血糖値も下がりませんねぇ。腹筋とか腕立てでも始めようかしら。あー [続きを読む]
  • いろいろ(762)Tak
  • Takという和食レストランで会食。秋に仕事でランチに行ったときに、野菜の天丼を食して、結構美味だったのでちゃんと夕食を試してみたいと思ったの。基本的には「随分頑張ってるけど100%日本じゃないねぇ。。」という感じだったのだけど、本日もまたそういう感じだった。前菜にホタテ貝、主菜に鴨どんぶりをたのんで、主菜にはマッチングされたお酒もゲット。味噌バター添えパンもついでに頼む。ホタテ貝はソテーかと思ったら、薄 [続きを読む]
  • いろいろ(761)影武者がいっぱいいたに違いない
  • 服の整理で疲労困憊。。絶対に私じゃないわ、こんなウエストのスカートが入るなんて!っていうようなのがあとからあとから出現してくる。。まだあと4つ、(私専用の)洋服ダンスがあるし、(ほぼ100%私の服が生息している)ウオーキングクローゼットもあるし。。捨てるんだと家人にサンタクロースの袋のような大きなゴミ袋を見せたら、リサイクルボックスに入れたら?といわれたので、こんな旧いスーツ(仕事時は基本的にスーツだ [続きを読む]
  • いろいろ(760)服の断捨離
  • 先日カーデガンを発掘した折に、やっぱり根本的な解決が必要と思ったので、手付かずの状態だった服の断捨離を決断。暮にネットで(若い女性用の)ワンピースを大量に注文しちゃったしねぇ。まだ届いてないけど。んで、服なんだけど、全部私の好みなのよね、当然。当時(10〜15年前くらいかな?)体重は今より多かったはずなのに、ウエストがまったく入らない。。体型が変わったということか。。で、痩せてきてるもんだから、いずれ [続きを読む]
  • いろいろ(759)幸せは奥の方に隠れている
  • 家主さんが設定温度を低くしたためか、はたまた私の皮下脂肪層が薄くなったためか家の中が寒い。。靴下やカーデガンが必須になって、昔のカーデガンを着てたんだけど、ぼろぼろになって捨てどきを迎えた。で、軽くてあたたかいのを買おうと思って、折からREA(バーゲン)やってるお店(今はバーゲンシーズン!)へ行こうとしてたんだけど、いつも、途中で別の雑用に時間とエネルギーを取られて、購入までに至らなかった。んで、大 [続きを読む]
  • いろいろ(758)大リーグ養成ブーツ
  • 順調に生活習慣改変中。ずっと前にやめてしまっていたウオーキングも再開。3日目にしてブーツがダメになったのが残念。チャップリンの靴みたいに前の部分が口を開いて(あそこまで劇的じゃないけど)小石が中に入ってくるようになったので泣く泣く捨てた。ま、もう寿命だったしね。今朝は代わりに去年買ったブーツ(ちょうど替え時だったので4足購入)のうちで、重くて硬くて履いてなかったヤツを下したんだけど、ちょっと重くて硬 [続きを読む]
  • いろいろ(757)痩せると楽しい
  • 夏から6?痩せましてん♪入らなくなってたスカートがはけるようになったり、友人たちからも「スリムになったね」とか言われて、うふふ〜ん♪減り方はゆっくりだけど、目に見えるようになったので、これが、アナタ、楽しいのよ〜。炭水化物摂取を極力控えるメソッド。糖質制限と言いたいところなんだけど、甘い果物(柿とか)をかなり食べちゃってるので、糖分は結構摂取してるかも。本当はそっちの方をメインにすべきなんだけどさ [続きを読む]
  • いろいろ(756)そろそろ本格的な冬
  • 日中は雨、夜中にちょっぴり雪、という天気が続いてたんだけど、そろそろ雪が消えなくなってきたかも。雨よりは雪の方が服と頭への被害が少ないから好もしいかな。北部スウェーデンでは雪で大変みたいだけど。2月の初めにストックホルムから汽車で1時間の街で大きなコンフェランスがあるんだけど、なんと8時からで、またまたナイトバスで中央駅まで行って、乗り換え時間20分で汽車まで走るという計画を立てているところなんだけど [続きを読む]
  • いろいろ(755)「ICO 霧の城」
  • 宮部みゆき「ICO 霧の城」(上下)を読んだ。最初からこれはTVゲームの台本じゃないかと思いながら読んでたのだけど、やっぱりそうだった(解説によると)。でも、もともとこういうゲームがあって、後付けで宮部さんが気に入って小説にしたのだそうな。頭に角がある少年が生贄として霧の城に献上される。そこで彼が見たものは、精巧な石の像と、鳥かごにとらえられている言葉の通じない美少女。ゲームの進行を言葉で表現しているの [続きを読む]
  • いろいろ(754)歯ごたえのある豆腐
  • Coopで何気に最近凝ってるモッツアレラ・チーズを探してたら、「自分たちで作りました!豆腐!」というのが売ってまして。数種類あったけど、ま、一番無難そうなのを買ってみまして。ウチに帰って箱を開けてみたら、なんとも、のけぞる固さ。。石鹸までとはいかないけど手にぶら下げて振ってもちぎれないくらい。ま、もともとお豆腐は堅い方が好きだし、今日は炒めて食べようと思ってたし。シンプルにねぎとセロリと一緒に炒めて七 [続きを読む]
  • いろいろ(753)「小暮写真館」III&IV
  • 宮部みゆき「小暮写真館」IIIとIVを読んだ。待ちの写真感を経営していた小暮老人が亡くなった後、そのまま回収せずに移り住んだ花菱一家。長男の英一は高校生で、ちょっとズレてる父と母ととても優秀な弟ピカ(本名は光)と暮らす。英一とピカの間に風子という女の子がいたのだが7年前に肺炎で亡くなっている。IIIでは不登校の小学生が写真に撮ったカモメのぬいぐるみの謎を解く。IVでは調子を乱しておねしょを繰り返すようになっ [続きを読む]
  • いろいろ(752)「マリコ カンレキ!」
  • 林真理子「マリコ カンレキ!」を読んだ。週刊文春に連載している彼女のエッセイをまとめたもの。これまでもエッセイをまとめた彼女の文庫本はかなり読んできたけど、久しぶりに読むと結構まともだな、と思った。それこそ還暦に達して、セレブ志向の嫌みが少し薄まってきたのかも?林真理子の小説も悪くないと思う。それもここ5年以上読んでないから、図書館で借りてみようかな。返しに行くのがめんどくさいので最近全然行ってな [続きを読む]
  • いろいろ(751)「毎日かあさん14・卒母編」
  • ちょっと前だけど、西原理恵子「毎日かあさん14・卒母編」を読んだ。数巻前からもう描くのが苦しい、っていうのが見え見えになってて、この最終巻も「もうすぐ終わるからね」ということしか描いてない感じ。「毎日かあさん」の代わりに新しく始まった毎日新聞の漫画もかなり焦点がぼけてるというか、つまんないというか。。Dr.高須との熟年恋愛が忙しいだろうな、きっと。でも、「毎日かあさん」、最初の方はかなりおもしろかった [続きを読む]
  • いろいろ(750)「イグアナの嫁」
  • 細川貂々「イグアナの嫁」を読んだ。「ツレウツ」の前後の様子をペットのイグアナのイグちゃんを中心に描いたもの。「ツレウツ」が鬱病の教科書っぽく読みにくいのに対して、こっちの方が読みやすいんだけど、なんかねぇ、これでよく本にしたなぁ、、って感じ。それにしても1メートル60センチにもなるイグアナが家の中をのしのし歩いてて、発情期には噛みに来るって、、すごい。「イグアナの嫁」は3冊シリーズなんだけど、残りの2 [続きを読む]
  • いろいろ(749)こんにゃくカレーとキャベツで2?減
  • 血糖値が高いから糖質摂取を制限しなさい、ってお医者さんに言われて、毎日食べていたチョコレートをやめ、米飯もやめた。甘いものが恋しいときにはバナナとノーシュガーののど飴でしのぐ。元々そんなに糖質に依存してたわけじゃなくて、結構ヘルシーな献立だったんだけど、いかんせん、量が多すぎたみたい。。意を決してこんにゃくとしらたきを大量に買い込んでしまったので消費するためにカレーに入れることにしたんだけど、ちょ [続きを読む]
  • いろいろ(748)ドラクエXI
  • ドラクエXI、鋭意プレイ中。何度もラスボスの城で力尽きてしまうので、地上で経験値を上げているところ。XIのミソは3Dと2Dとモードを切り替えられるところ。3Dだと入り口や隠された宝が見つけにくいので教会で2Dに切り替えてもらうのがオススメ。今回初めてAmazonで取り寄せてみたんだけど(いつもは日本に買いに行く)、やっぱ輸入税が高いみたいね。ま、日本に買いに行くよりは安くあがるんだけどさっ。不思議なのは、誰かが [続きを読む]
  • いろいろ(747)「小暮写真館II」
  • 宮部みゆき「小暮写真館II」を読んだ。出張の際、飛行機の待ち時間に読むだけだったんだけどようやく読了。う〜ん、なんというか第1巻に続いて謎解きが甘い気がする。もちろん作者の主眼はそこにはなくて主人公の少年の日常の問題への対処の仕方にあるんだけど。きびきびと描けていていいんだけど、あまりにもそこだけに映像的に集中し過ぎている感がある。心霊写真の謎解きを強引に頼まれる主人公の少年とヘルプする同級生たち。 [続きを読む]
  • いろいろ(746)Lux day by day
  • Lux day by dayに行ってきました。昔のLuxが燃えちゃったそうで、改装して(そんなに変わってなかったけど)ちょっと庶民的にしたんだそうだけど、割と昔を彷彿させる印象。前の「これでもかっ」というゴージャスな感じな無くなってたけど、小ぶりの盛りとか美味なワインのセットとか、美しくて値段もリーズナブルと感じましたわ。コースで頼んだんだけどデザートに至ってようやく写真撮るのを思い出して。シャビーな写真になっち [続きを読む]