Pricken さん プロフィール

  •  
Prickenさん: 極光の女神
ハンドル名Pricken さん
ブログタイトル極光の女神
ブログURLhttp://kyokkou.cocolog-nifty.com/blog/
サイト紹介文北の最果て、文学散歩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2008/01/03 00:34

Pricken さんのブログ記事

  • いろいろ(801)Kashima
  • 練習船かしま号がストックホルム入港。世界12カ国を回る旅の途中で7番目の国だそう。「練習船」ということで、若いコたちが多くて爽やかでしたわ。大きな船に100人も乗っているのだとか。専門コックさんもいるそうでレセプションの食事もグッドでした。 [続きを読む]
  • いろいろ(800)夏がゆく
  • 夕立も降るようになってようやく猛暑も終焉。日中も23℃くらいのフツーの夏に。巷では多くの人が仕事に戻り、ようやく夏が終わったな、という感じ。で、お見苦しいですが、足に残った夏の軌跡をば。散歩してただけなんですけどね。 [続きを読む]
  • いろいろ(799)「田園発港行き自転車」
  • 宮本輝「田園発港行き自転車」(上・下)を読んだ。最近の彼の作品はみんなそうなんだけど、かなり、かったるい。。丁寧な描写、といえばそうなんだけど。絵本作家の「かがわまほ」の父は15年前に旅先で急死。出張に行ったはずの九州ではなく北陸の田舎の駅で。んで、そこには愛人がいて、父の知らないうちに妊娠していて、生まれた子供は神童のような男の子。舞台となってるのは北陸と京都。きっかけとなったのはゴッホの絵。かな [続きを読む]
  • いろいろ(797)カレーの極意
  • カレーはダイエットの敵、なんていう意見もあるけど、結構頻繁に食べてます。ゴハンなしでね。ジャガイモもいれない方が良いかもしれないんだけど、家人はジャガイモ入り好きなので入れてます。んで、市販のカレールウは優れモノだから、カレールウで作るんだけど、指示通りお鍋火から降ろして溶かそうとしても、塊が汁の中に逃げちゃって、うまく溶けないのよね。んで、編み出した裏技がカレールウを刻んじゃうこと!これなら完全 [続きを読む]
  • いろいろ(795)どう考えたってパクリ
  • プレバトで東国原英夫氏がよんだ「梅雨明けや指名手配の顔に×」が一年前に宮崎の地方新聞に出ていた「梅雨寒や指名手配の顔に×」のパクリじゃないかと指摘されるといういう事件があった。番組の中では夏井先生の「×」という表現を絶賛。彼はこの句で名人の階段を一段登り現在最高位の九段に。で、指摘を受けてから、自分は盗作してないけどここまで似てるのでは盗作と言われても仕方がない。番組スタッフと相談して取り下げるな [続きを読む]
  • いろいろ(794)新キャベツの功罪
  • ちょうど1年前に比べると10?痩せた。茹でキャベツを主食にするようになったから。で、かなりうまくいってたんだけど、新キャベツの季節になって問題が。。冬キャベツはそれこそ葉1枚の厚さ1?以上はあるかというツワモノだから、ことこと茹でたあとでも充分な歯ごたえがあってよかったのだが、新キャベツは柔らかいのね。で、うまくゆでることができないの。お湯にさっと通して湯がくぐらいだと、まあ、食べられるんだけど、「こ [続きを読む]
  • いろいろ(793)結局1泊3日に
  • Almedalen行き、スリリングでおもしろかったです。Nynashamn港から出るボートまでのシャトルバスは満杯で何台も連なってました。最後の方、間に合ったのかな?バス乗り場まで行くナイトバスも乗り換えのSlussen駅が工事中で訳の分かんないところを歩いて結構ぎりぎり。Skussen駅からの地下鉄の最終便で乗り換えの中央駅まで行ったら、もう閉めるから中の通り抜けはできないと追い出され、外側を歩いてバス乗り場まで行ったらそこも [続きを読む]
  • いろいろ(792)1泊4日でゴットランドへ
  • 7月の初めに毎年ゴットランドで開催される「政治週間」(Almedalenという公園で行われるのでアルメダーレン週間とよばれる)は今年で50周年。暗殺されてしまったパルメ元首相(当時は首相じゃなかったけど)が夏の休暇時期にゆっくり政治の話をしようと声をかけて保養地ビスビーで始まったもの。年を追うごとに規模が大きくなって、ホテルも飛行機も予約不可能状態(1年前から当事者が抑えちゃってるので)。ずっと行きたいなぁ、 [続きを読む]
  • いろいろ(791)エスペラントが倒産
  • スウェーデンの最高級レストラン、エスペラントが倒産!シブミ、イモウトも一緒になくなっちゃうそう。オーナー(49%所有)でノーベル賞ディナーのコックも勤めたサヤン・イサクソン氏は、最近急激に客が減り、売り上げが落ち込んだのが原因と。同じようなコンセプトのレストランも増えてきていたしねぇ。。エスペラントとシブミは2回ずつくらい行ったことがあるけど、それなりに気に入ってたんだけどねぇ。。https://www.di.se/n [続きを読む]
  • いろいろ(790)ボルボ・オーシャン・レース
  • 例のごとく家を朝4時に出てナイトバスでCityに行き7時発のヒコーキでヨーテボリに行った。イノベーション・セミナーだったんだけど、いってみたらボルボ・オーシャンレースの宣伝だった。。Volvoはボルボ・オーシャンレースというのを所有していて、世界各地を巡るセーリングで各チームを競わせているそうだ。9か月にわたり世界の海をセーリングして、各チームが中継地までの時間のポイントを争う。昨日が最後から2番目の寄港地で [続きを読む]
  • いろいろ(789)「長流の畔」
  • 宮本輝「長流の畔」を読んだ。流転の海シリーズの最後から2番目の本。東京オリンピックの年、主人公の熊吾は67歳になっており、糖尿病とか、歯とか、体がガタガタになっているものの、相変わらず精力的に中古車販売のビジネスに携わる。妻の房江は愛人と切れない夫に愛想をつかし、睡眠薬自殺を図った後、ホテルの従業員食堂に勤めるようになる。17歳の一人息子伸仁は父の仕事の手伝い(中古車プールの留守番など)をしたり、バイ [続きを読む]
  • いろいろ(788)北斎展
  • 明日で終わってしまうのでミレスゴーデンの北斎展へ。いっぱい人が来てました。帰るときなんか門の外まで長蛇の列。かなり力の入った展示で、疲れてしまって全部見切れなかった。。すごい人だったんですねぇ<北斎有名な富嶽36景はリコンストラクションで鮮やかな色だったけど、挿絵なんかの他の作品は多分江戸時代からの色。北斎グッズでは例の青い波を描いたナップザックに心が動いたけど、使うチャンスはないだろうと結局購入せ [続きを読む]
  • いろいろ(787)シルビア王妃
  • 能のパフォーマンスがDrottningholmsSlottsteaterで行われて、招待されたので行ってきました。能はSakurama Groupという一派のもので、北斎とカキツバタという2つ。なんか非常にモダンというか、北斎では、テグスなんか使っちゃって、ユニーク。北斎は2年前くらいにアニメで北斎の娘の物語みておもしろいなと思ってたし、あの青海波は気に入っていたので、興味深く鑑賞できました。SakuramaKaiというのは知らなかったけど、ググっ [続きを読む]
  • いろいろ(786)「水のかたち」上下
  • 宮本輝「水のかたち」上下を読んだ。例によってスローテンポ。当時(今も?)彼が来るshンでいたであろう糖尿病の様子も詳しく入ってたりして。主人公の夫の問題として出てくるんだけど。執筆時に一番気を取られていることを小説に盛り込むのは悪いことじゃないだろうけど、なんか見え見え〜、という感じが。。途中で出てくる北朝鮮から逃げかえってきた人の手記も、解説を読むとたまたま執筆時に連絡してきた人がいて、、盛り込ん [続きを読む]
  • いろいろ(785)ヘレナ大臣再び
  • 本日はIVA(エンジニア科学アカデミー)で選挙を前にして、教育・研究問題を、担当大臣と、主要政党の教育・研究担当議員が議論するというブレックファスト・セミナー。朝8時前から仕事をする大臣・議員というのもエライなぁと思う。大臣(社民党)の他に、穏健党と中央党の担当議員が来てたんだけど、政党間であまり違いはなく、皆、教育問題で一番重要なのはいかに質を保つか、資源と労力を教育と研究の間でいかに配分するのか、 [続きを読む]
  • いろいろ(784)GlobalAward
  • Global Award for Entrepreneurship Research 2018という賞の授賞式に行ってきました。会場がGrand Hotelの鏡の間というのに惹かれちゃったので。シリコンバレーのOlav Sorenson教授が受賞。全部えーごだったので、授賞理由とかの説明がよくわかんなかった。ウォーター・エアロビクスの後で眠かったしね。なんとなく起業が成功するにはネットワーキングが大事だという結論みたい。授賞者のヘレネ・ヘルマルク=クヌートソン大臣も [続きを読む]
  • いろいろ(783)ウチの桜も満開
  • ウチの桜(実際はバルコニーから下の桜が見えるというだけなんだけど)も昨日で満開。2日続けて暖かかったからねぇ。写真撮ったけどボケててごめんよ〜。白樺花粉で3日間寝込んでいた身には息をつめて外に出なければいけなかったからねぇ。シャッター押すのも上の空だったのよ。一番の時期に桜をめでることができないのはとっても残念。でも、取り敢えず、外気に触れることが可能になったのは嬉しい。金曜は呼吸困難状態だったのよ [続きを読む]
  • いろいろ(782) FF3
  • 今回の日本行きの際、めぼしいゲームがなかったので中古のファイナルファンタジーIIIを購入。DS版ね。前に英語版のDS版はやったんだけど、なんせもうちっちゃい文字を読むのが面倒。英語なんか読みたくもない、ので日本語版ゲットできたからいいや、ってことでやり始めたらリメイクしてあるのね。なんか無駄に戦闘が増えてて、ダンジョンもちょっと複雑になってる感じ。時間がかかるったらありゃしないとぼやきつつ、本日約40時間 [続きを読む]
  • いろいろ(781)「木漏れ日に泳ぐ魚」「宝を探す女」
  • 恩田睦「木漏れ日に泳ぐ魚」&逢坂剛「宝を探す女」を読んだ。「木漏れ日〜」の方は、殺人事件なんだけど結局だれがどのように殺したのか、そもそも殺人なのか事故なのかも明らかにされない。その「事件」を思い出すのが、二人の「きょうだい」(二人ともオトナ)で、二卵性双子の片方が養子に出されて大学のテニスクラブで初めてであって一緒に住むようになった、という奇妙な設定なんだけど、二人の巣をたたんで互いに別の道を進 [続きを読む]
  • いろいろ(780)「路上のX」「昭和史の10大事件」
  • 今回の日本行では飛行機の中でずっと映画を観ていたので、読書の嵩がいかなかった。でも往きの飛行機が2時間遅れたので1冊は読了。桐野夏生「路上のX」は女子高生ビジネスをテーマにしたもの。最近ではJKと略すらしいが、昔からそーゆー子たちは居たし、、と思いながら読んだんだけど、さすが桐野さん、そういう地獄にはまって行かざるを得ない女子高生たちの背景をこれでもかっというほど綴っていく。もう1冊は読みさしで持って行 [続きを読む]
  • いろいろ(779)映画三昧
  • 今回の日本行きでは往復とも飛行機の中では映画三昧。1、アイ、トーニャhttp://eiga.com/movie/88310/フィギュアスケート・ファンとしてはとても期待してたんだけど、やっぱり「実録」ではないからねぇ。不満足度の方が大きいな。2、スターウォーズ 最後のジェダイhttp://eiga.com/movie/84134/シリーズもここまで続けちゃうと、もう止めてあげようよ、とおもっちゃうような作品。3、猿の惑星:聖戦記http://eiga.com/movie/86 [続きを読む]
  • いろいろ(778)戻りました
  • 昨日の夜、日本から戻りました。行きはヨーロッパ全体の管制塔のシステムが故障したとかでシカゴからの飛行機がコペンに入れなかったそうで、その機材を使うコペン発東京行きが2時間遅れ。で、成田に着いてホテルまでのスーツケースの宅配を頼むも、もう当日配達は無理とのことで翌日配達に。成田に着いたら予報通り暑くて気温26度。ストックホルムで着ていたそれでも薄めの春のコートはスーツケースの中に入れちゃって。。で、翌 [続きを読む]
  • いろいろ(777)荷物の移動
  • 明日、日本に向けて発つ。大小のスーツケース1個ずつにリュック。大きいスーツケースは20?くらいで小さいのは10?くらいかな。リュックは多分6?くらい。大きい方は服とか靴とかの他に日本で郵便局までせっせと箱を運ぶための折り畳み式キャリアー(日本語で何て言うのかな?Amazonでみてみたらキャリーカートと呼ぶらしい)でいっぱい。小さい方は今回はお土産だけでいっぱい。健康的にクネッケにしたら嵩張ること、嵩張ること。 [続きを読む]