punda_k さん プロフィール

  •  
punda_kさん: アフリカゾウ・チーター 写真&CG日記
ハンドル名punda_k さん
ブログタイトルアフリカゾウ・チーター 写真&CG日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/punda-k/
サイト紹介文いつも心にアフリカの風と動物あり。 アフリカゾウとチーターの美しい姿を、タップリお楽しみください!
自由文手描きからCGへと時代は変わりました。
「今、伝えたいこと」を形にして行きたい、
そんな試みの一つが、このブログです。

経歴と3DCG作品をホームページで公開しています。
動物がお好きな方、CGに興味がおありの方はぜひ
ご覧になってください!
「3Dアニマルワールド」http://www.3d-animals.net
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/01/03 02:11

punda_k さんのブログ記事

  • キリンの子ども達、アイ・ジュア・ジュリーに接近!
  • アミ、アイ親子 アイ、行動範囲が広くなって来ました。 枝を見つけてご機嫌です。(^_^) 葉っぱを全部食べて、枝もしっかり味わいます。 暖かな日差しを満喫 ユルリ(右)が、アイの様子を見に来ました。 くすぐった〜い(^◇^) ユリネ(右)とユルリ(手前)、一緒にジュアのお世話。 ジルも来た。 日差しに誘われて歩き出すジュア、ユルリ。 ジュアは好奇心旺盛、とても行動的な性格です。 左右の耳をぴったり [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(20)
  • さわやかな新緑の中、動物たちも活発になってきました。 闊歩するイブキ シュレン カンガ そしてリリーの子ども達  ワタシは、年が明けてからは初めて彼らに会うことが出来ました! お外に出てくるなり、待ちかねたように駆け出します! マルタの瞳に、ワタシ(punda_k)の姿が映り込む(^〜^) みんな元気そうでうれしいです。(⌒▽⌒) ナデシコ、のび〜 こんな気候のよい日は、ライオンたちも平和です。 真ん中は、 [続きを読む]
  • シュパーブと子ども達:2018年3月3日(2)
  • ジョラス、シュパーブに接近して・・ お顔にタ〜ッチ! もちろんシュパーブは怒ったりしません。 それを確かめて、安心感を得ているんですね。 今度は大胆に、ワシワシ攻撃!(^◇^) シュパーブも楽しんでいるようです。 そして再びお顔タッチ。 こんな他愛無いジャレあいが延々と続く、平和なひととき。 シュパーブ、ウインク(^_^) クラリスも絡んできます。 シュパーブ、軽〜くキックで反応。 アイガーも来て [続きを読む]
  • シュパーブと子ども達:撮影日2018年3月3日
  • いつものように登場したシュパーブと子ども達。 ですが、この日はちょっと特別な一日でもありました。この2日後の3月5日から、シュパーブは子別れしてひとりで登場することが発表されていました。 もちろん、シュパーブはもちろん子ども達はそんな予定など知るはずもありません。 子ども達同士で過ごす時間が多くなったとはいえ、なにかにつけてお母さんに甘えたくなるようです。 切り株に関心がある素振りで近づいてきたジョ [続きを読む]
  • アミ&アイ親子
  • すくすく育つアミの子、アイ。  左奥はお父さんのジル 大きな大きなお母さんがそばに居てくれれば安心。(^∇^) アミの愛情を一身に受けるアイ。 春近しを思わせる陽気のもと、親子の充実した時間が流れます。 [続きを読む]
  • 1/3スケール・ライオン カラーリング(1)
  • カラーリングの第一段階です。今回は石粉粘土の目止めとしてマホガニー色のサーフェイサーを用い、主にエアブラシを使って毛色を出していきます。また、頬を覆うタテガミの毛先部分には羊毛フェルトを使用。            少し分かりにくいですが、胸前に黒いウールモヘアを入れて境界部分に柔らかさを加えています。              手先の毛並み表現。 地表にはセラミック粒のピグメントが混じったペース [続きを読む]
  • オオカミの群れを製作(5)樹脂粘土で細部を造形
  • 粘土の盛り付け第二段階では筋肉、毛皮を含めた身体のボリュームを調整しつつデッサンを整えます。 三頭同時の制作につき、体型やサイズに大きな違和感が出ないようにバランスを考慮します。 「ホビーのこ」を用いてパーツ分割を行います。 粘土が完全に乾燥した後に行っているため、かなりの力仕事になります。 毛皮の表面質感を、樹脂粘土「グレイスカルピー」を用いて行います。樹脂粘土自体には粘着力はあまりないので、少 [続きを読む]
  • 1/3スケール・ライオン モデリング完成
  • ライオンのモデリングが完成しました!今回の石粉粘土追加分で重量が約2kg、増加しました。(^_^;) かなり重くなりましたが、重心部分に立てたアルミ支柱のおかげで安定はしています。 あばら骨の浮き出しや、かかと付近の大伏在静脈などの表面質感の凹凸を強調して、アクセントにしました。 タテガミはこのままでも十分な厚みがありますが、全体を塗装した後でウールモヘア、羊毛フェルトで透け感を加えます。 犬歯、裂肉歯 [続きを読む]
  • オオカミの群れを製作(4)粘土の盛り付け
  • 粘土の盛り付け開始です。 今回はグレー色のファンドを使用。まずは遠吠えポーズから。 写真では白に見えますが、実際は乾燥するとニュートラルグレー色になります。ファンドの使用感は、やや硬めで伸びはあまりよくありません。 その代わり弾力があり、食いつきの良さや乾燥が速いなどの利点も感じます。 基本的なマッス感を決めた後、パーツ分割を行います。 その後にスカルピーを用いて毛並みの造形を行う手順を予定してい [続きを読む]
  • オオカミの群れを製作(3)
  • ワイヤーフレームに、アルミホイルで肉付けしていきます。 関節をフリーの状態でポーズ付けしている過程なので、スタンドを用いてバランスを見ながらの作業です。 遠吠えポーズはスタティックなのでスタンドは不要。 順序は前後しますが、肉付けの第一段階です。 後ほどスカルピーで造形した上で焼成する(130℃)ので、芯材は発泡スチロールは用いずアルミ線とホイルだけです。 スタンドなしで自立出来るバランスで、ポー [続きを読む]
  • 1/3スケール・ライオン 追加モデリング(3)
  •                                                                        タテガミの基本モデリングを進めています。 ライオンの、いわゆる 「つむじ」 は耳の後ろ辺りと肩峰にあって、ちょうど首周りでぶつかって大きなウェーブやボリュームを生み出します。 おでこの中心部分からは後方に向かって毛が伸びるので、顔の周囲は髪が逆立ったようにな [続きを読む]
  • 多摩動物公園の雄ライオン ロック R.I.P.
  • 愛と闘いに生きたロック 安らかに眠れ                                                                (ブワナとの激闘で傷ついたロックを、そっと労わるラン) 多摩動物公園のライオン園を仕切る三兄弟。 レボは皆の尊敬を、カイトは信頼を、そして誰よりも皆に愛されたのがロックでした。 2018年1月31日、ロックは愛するランの元へ旅立ちました。 [続きを読む]
  • 1/3スケール・ライオン 追加モデリング(2)
  • オオカミの製作と平行して、ライオンの再構成も進めています。(^_^) さて、プロポーションが整ったところで、いよいよライオンの最大のポイントであるタテガミのモデリングです。 タテガミのかたまり感、生え方と流れ・うね を造形します。 若きトウヤ、アルーシャの成長期のタテガミなどを参考にしました。 第10肋骨をポイントとして、身体全体のバネと躍動感を与えていきます。 後足の肉付きに関しては前駆とのバラン [続きを読む]
  • 南平丘陵公園の雪景色
  • 昨夜の大雪で白一色となった東京。多摩動物公園のアジアの平原を楽しみに出掛けましたが、残念ながらこの日は臨時休園に。 そこで、一足伸ばして久しぶりに南平丘陵公園を訪れました。案内板の横に雪だるまらしきものも写っていますね。(^◇^) 散策路は足跡一つ無い一面の雪景色。 雪中行動に備えた装備で来ていましたので、気温が上がり登り坂を歩いているとやや汗ばむほど。 コゲラです。  他にもジョウビタキ、エナガ等 [続きを読む]
  • オオカミの群れを製作(2)
  • まずはアルミ線2mm、1mmを用いてフレームの作成です。 今回は3ポーズ分を用意。 中央の1体は雌として作成するため、少々スリムな寸法になっています。 複製の際に部品分割する必要があるので、芯材はシンプルに。 複製用の資材です。 シリコン+硬化剤、離型剤、レジンキャスト(ノンキシレンタイプ)+ノズル、油粘土、ダボピン、デジタルスケール、ビーカー、型枠、プラ棒。 [続きを読む]
  • オオカミの群れを製作(1)
  • オオカミのフィギュア製作、開始です!今回は「群れ」を製作します。 数パターンのポーズを作り、型取り・複製して細部で差異化して行くことになります。 複製のために焼成素材(スカルピー)を用い、硬質なモデルを作成します。写真中央の粘土は、ちょっとユニークなグレーカラーのファンド(石粉粘土)です。 仕上げに関しても従来のアクリル絵具の縛りから離れ、水性アクリジョンカラーおよびエアブラシを用いてスピーディーに [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(19)
  • ユリアの子・ジュア(左)、アミの子・アイ(右) ノゾミ(左)、サザンカ(右)に挟まれておどけるテンスケ(^◇^) ノゾミのお乳を飲むテンスケ 左にはユビスケも順番待ち。 男の子はいつまでも甘えん坊・・かも? ミミ、前脚を投げ出したポーズでご機嫌そう。(^_^)  フクは少し離れたところで一人遊びしていますが、ミミはちゃんと視界に入れています。 お昼寝ポーズが可愛いチロ。 暖かく穏やかな一日・・・リ [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(18)ユリア、おめでとう!
  • 2018年最初のワンショット集が、期せずして第18回目の特集となりました。  まずは、おめでたいこちらの話題から。 年末、すでに出産準備に入っていたユリアに待望の第2子が誕生しました!手前は左からユルリ、お兄さんとなったユビスケ、ジュリー、お父さんのジル、そしてアミ・アイ親子です。 ご覧の通り、身体の模様に顕著な特徴を持った子です。 ユリアは二度目の出産ということもあり、たいへん落ちついた様子が印象 [続きを読む]
  • Co. sp. スーパーシュワルティ
  • 60cm水槽の中でも、主役級の存在感を発揮するスーパーシュワルティ。                                                                       (都合により、一部画像処理を施しています(^ ^) 体長は6cmほどですが、体高があり、背びれの白い棘条が長く伸びることから非常に見ごたえがあるコリドラスです。 体側のジャンクションを挟んで綺 [続きを読む]
  • 新しい革靴の手入れ
  • 行く年、来る年・・大掃除も終わり、ひとりノンビリと過ごす年の瀬です。 こんな時、何をしているかというと・・・靴を磨いたり、新しい靴を下ろしたりしていますと、時間を忘れますね。今回、下ろすのはドクターマーチンの3ホールシューズ。  1461の中でも、”CARPATHIAN”と呼ばれる型押しされた柔らかい皮革を用いたモデルです。ややツヤが抑えられた感じと、シルバーのアイレットからミリタリーぽさが出ているかと思いま [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(17)
  • レリア&レン  生後6ヶ月を経過して、すっかり大人びた姿に成長した4兄妹です。 レン&ブランカ  激しいじゃれ合いが見られるようになりました。 身体も強くなり、走りながらあちこちぶつかっても平気です(^◇^) レン、レリア ちょっと舌が出ていますね(^_^) 周りを観察する余裕が出てきたようです。2017年を振り返ると、やはり一番大きなニュースはこの4兄妹の誕生ですね。 お母さんのリリーが亡くなっ [続きを読む]
  • 多摩動物公園のキリン アミ、おめでとう!
  • アミが無事、元気な女の子を出産しました! アミ、おめでとう!(⌒▽⌒)前回ご紹介した通り、アミはアメリカ出身の両親(ジェブ、イザベル)を持つことから、大きな期待を寄せられていました。 これは日本のキリン界にとって、大きな大きな吉報になります! 子どもが大好きなアミ。 可愛い我が子には、もちろん愛情たっぷりに接します。(^∇^) 赤ちゃんの名前はアイ。 皮膚にたっぷり余裕があるところから見て、グングン [続きを読む]
  • 多摩動物公園 ワンショット集(16)
  • 気持ちよく晴れた、朝のアフリカゾウ舎 風は少しヒンヤリしますが、日差しの当たるところは意外と暖かい。 アジア園の鮮やかな紅葉 快晴の空とのコントラストが映えます フォトジェニックな、ブランカ レン、マルタ 相変わらず活発です こちらでゴロンとリラックスしているのは・・・ タナでした。 落ち着いた日々を送っているようで、なによりです。 オオカミたちは寝床が決まっています。 左上からロイ、ロト、ロキ。 [続きを読む]