agnus_dei316 さん プロフィール

  •  
agnus_dei316さん: 教会の風景
ハンドル名agnus_dei316 さん
ブログタイトル教会の風景
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/agnus_dei316
サイト紹介文日本基督教団西那須野教会の紹介とトピックス、毎週の礼拝説教を掲載します
自由文栃木県北にある日本基督教団西那須野教会です。
教会の紹介、活動、毎週の礼拝説教を掲載します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/01/04 07:34

agnus_dei316 さんのブログ記事

  • 12月の路傍伝道
  • 昨年になったが12月の路傍伝道。12月は、毎週、教会のクリスマス行事が続き路傍伝道の日程の調節が難しかった。それで暮れも押し詰まった29日の土曜日に路傍伝道を行った。寒風と雪がちらつく中で、路傍伝道。参加者は3名となった。場所は、いつもの定禅寺通り。夜はイルミネーションが点灯し多くの観光客が集う。12月30日は2018年最後の礼拝2019年1月1日は元旦礼拝1月2日 教会員110歳の姉妹が召天1月 [続きを読む]
  • 教会での葬儀
  • 2日、教会員が召された。教会では、逝去を召天という。主なる神の御許に召される。神はいのちの息を土に吹きかけて、人を創造された。アダムである。神の息は、霊である。プニューマ πvευμα。ヘブル語では、ルーアッハ ?????カトリックでは帰天 というようだ・・・神から受けた「いのち」(息)は、神の御許に帰る。召天は、神がいのちを召される。主体は、神にある。正月2日に召された。110歳という長寿。夫は [続きを読む]
  • 12月31日
  • 2018年が終わる。今年は、どんな年だったろうか。牧師としての職務を全うできたこと? 未熟で、不完全である。しかし、主なる神の憐み、恵みによって導かれたことを感謝。それしかない。そして、家族と教会の皆さんの祈りを受けて守られてきた。未熟なものを忍耐していただいたこと、感謝。家庭、教会、神学校、ホーリネスの群、教団の委員会関係するひとつひとつに主なる神様の導きと支え、守りを感謝。2019年を迎える。神様から [続きを読む]
  • 教会のイルミネーション
  • 教会に新しいイルミネーションが取り付けられました。昨年までは、教会のモミの木にカラフルなイルミネーションでしたが、ことしから会堂壁面にイルミネーションが取り付けられたのです。こちらは白色のイルミネーションですが、点滅している明かりは、教会前を通り過ぎる人たちに注目されています。実は、このイルミネーション、11月の下旬から点灯されていたのです。アドヴェント第3の主日礼拝を昨日終えたいま、アップしました [続きを読む]
  • 雪の朝
  • 12月9日聖日、早朝からの雪で4センチ程の積雪がありました。今年、初雪ですね。日曜日は礼拝のため、最初にすることは、暖房です。床暖の暖房。以前は、前の夜から温めていましたが会堂にエアコンが入ったため、床暖とエアコンで早く会堂が温まります。1時間のデボーションの後、玄関から駐車場の半分ほどを雪かきしました。朝食をとり、礼拝の準備。9時過ぎからの第一礼拝。おもにCSの教師が出席します。40分程で礼拝を終えま [続きを読む]
  • 創立109周年、復興73年記念礼拝
  • 12月2日、当教会は創立109周年、復興73年の記念礼拝を持ちました。創立109周年は文字通り、仙台において教会が創立された年です。 プロテスタントの教会の多くがそうであるように、あるいは当教会が所属していたホーリネス教会だけかもしれませんが、ここ仙台において伝道を始めたことを記念して、創立の年にしたことは事実です。 教会堂が建てられ、献堂式を行った年ではありません。東京から福音使(当時、ホーリネス教会は [続きを読む]
  • 11月の路傍伝道
  • 早いもので、明日から12月。ここ仙台では、今朝は寒い朝でしたが、この2,3日温かな日が続きました。11月24日(土)、月に1度の路傍伝道を行いました。参加者は6名でしたが、クリスマス案内を入れたポケットティッシュを200部配布しました。さて、今度の聖日からアドヴェントに入ります。アドヴェントとは待降、待望という意味で、クリスマスまでの4週間を教会では言います。各日曜日ごとにアドヴェント・クランツのろ [続きを読む]
  • 教区の集い
  • 今日は福島県伊達市にある 聖光学院高校の礼拝堂で教区の集いが開かれた。年に一度、この時期教区の集いが行われれる。福島、山形、宮城の三県にある教団教会の集会である。 おもな目的は、按手礼である。 9月に行われた教団教師検定試験で正教師(牧師)試験に合格した教師(伝道師)に対する按手の喜ばしい祝福のときである。 神から召命を受け、神学校での神学的学びと霊的訓練を受け、伝道師として教会に遣わされる。そ [続きを読む]
  • ホーリネスの群セミナー
  • セミナー2日目午前は分科会、1 教会学校の諸問題、2 神学校を考える、3 子育ての悩み 4 女性教職の問題 5 実践的ホーリネス信仰5つの分科会それぞれ活発な意見が出た。午後からは伝道協議会、「地方教会から」 3教会の伝道報告があった。その後、分団夜は聖会日程はビッシリだ。 [続きを読む]
  • ホーリネスの群セミナー
  • 5から7日、ホーリネスの群信徒と教師の共同セミナーが開催。主題は「わたしたちの信仰〜ホーリネス信仰の継承」二泊三日のセミナーだが、内容は充実している。講演2回、証し、聖会、分科会、分団九州から北海道まで参加者は110名。 開会礼拝 証しをする聖書学校の神学生 [続きを読む]
  • 路傍伝道 10月
  • 10月度の路傍伝道を行いました。午前中は昨夜からの激しい雨で、路傍伝道を行うことが危ぶまれていましたが、正午過ぎから晴れてきました。いつもの定時での開催時間にはすっかり晴れて、気持ちのいい秋晴れとなりました。9月は、教会の葬儀があり、路傍伝道は中止となりました。ひと月に一度の路傍伝道ですが、この月行うことができてさいわいでした。感謝です。教会から4人、他教会からの応援5名でした。西仙台教会のT伝道師 [続きを読む]
  • 教会フェスティバル
  • 21日は教会フェスティバルでした。教会あげてのまつりです。ゼロ歳児から90代の高齢教会員まで、にぎやかで楽しい一日でした。バザー、カレー、もぐらたたき、めだかすくい、工作、CSの子どもたちのみせもの(下級、中級、上級ごとに人形劇、ペープサートなど)礼拝は、子どもと大人の合同。子ども用の説教を準備しました。題は、「ぼくがいちばん」聖書の箇所は、題名から推察されることでしょう。バザー風景人形劇 ノアの箱舟 [続きを読む]
  • 光の子フェスティバル開催
  • 10月21日(日) 光の子フェスティバルを開催します。毎年、この時期に「光の子フェスティバル」と題し、教会を挙げてまつりを行います。高校なら文化祭、大学なら学園祭ですね。教会だから教会まつり・・・前任の教会は祭は異教的色彩が強いので、「まつり」としていました。教会のまつりは、クリスマス、イースターなどがあります。みんなで楽しみ、教会のまじわりを喜ぶ行事は大切です。光の子フェスティバルでは、礼拝はこども [続きを読む]
  • 秋田・脇本教会へ
  •  14日の礼拝は脇本教会で持ちました。年に一度、東北・奥羽教区にあるホーリネスの群に属する教会と講壇交換をします。 脇本教会は主任教師が中西牧師、担任教師として阿部牧師、そしてフィリピンからのジャネット宣教師の3人体制で男鹿の地で伝道と牧会をしています。 昨年は中西牧師が兼任している八郎潟教会の礼拝で説教奉仕をしました。今回は脇本教会、八郎潟教会は何とスカイプで画像を送り同時刻で礼拝をしています。 [続きを読む]
  • 宮城中地区講壇交換
  •  9月30日は、東北教区宮城中地区の教会で講壇交換を行いました。地区11教会での一斉講壇交換です。講壇交換とは、講壇に立つ牧師、教会に招聘された牧師が地区内の教会に、説教奉仕をすることをいいます。地区には9つの教会があります。 仙台には教団の教会は20ほどありますが、宮城県の仙台市以外の教会とでは偏りがあるということで、仙台市内の教会が三つの地区に分かれました。仙台市の北部の教会は宮城県北の教会と、仙 [続きを読む]
  • キリスト教葬儀
  • 今日は土曜日、明日は聖日礼拝。9月最後の日となる。9月は振り返ると、多忙だった。神学校の退修会、教団の委員会で6日間大阪に出張、講師を招いての特別伝道礼拝、宮城聖化大会、教会員の葬儀と続いた。今日は、チャペルコンサートでオルガンリサイタルが行われる。月に一度、3年間休むことなく続けていた路傍伝道が葬儀のために中止。召されたK姉は90歳。この3月に病床洗礼を受けられた。ご両親は仙台青葉荘教会創立時の [続きを読む]
  • チャペル・コンサート
  • 今週、29日(土)仙台青葉荘教会では、チャペルコンサートを開催します。午後2時から3時30分まで。(開場は午後1時30分)内容は、パイプオルガン・リサイタル。毎年恒例のオルガン リサイタルです。今年は、演奏者に加藤晶子氏をお呼びします。プロフィールは、チラシをご覧ください。教会設置のパイプオルガンの豊かな音色を楽しんでいただければ幸いです。入場無料です。 [続きを読む]
  • 特別伝道礼拝
  • 9月16日聖日は、特別伝道礼拝でした。講師は柳谷雄介牧師(新生釜石教会)でした。柳谷牧師は、岩手県大船渡市出身、盛岡一高から現役で東大に進学、大阪循環器センターで研究していましたが、退職、神学校へ。それから牧師となり、現在の新生釜石教会に赴任されました。柳谷牧師の奥様は高校時代から、僕が仕えた盛岡の教会に来るようになり、受洗。その後東京で就職し、柳谷氏と結婚。僕ら夫婦が仲人となりました。釜石で東日本 [続きを読む]
  • 京都へ
  • 9月9日 仙台駅 毎年この季節、仙台市ではジャズ・フェスティバルを開催。全国からジャズメン、ウィメンが集い、公園、広場などで演奏を繰り広げている。京都、大阪に行くために仙台駅へ。ここでもコンコースで、ジャズ演奏がなされていた。旅の途中で、出発を待つ人たちが演奏を聴き入っている。京都へ 京都復興教会 幼稚園で清水先生ご夫妻(名誉牧師)、山根先生(隠退牧師)、牧師館で深谷牧師へ表敬訪問。抹茶をいただく。 [続きを読む]
  • 8月の路傍伝道
  • 9月に入りました。7,8月は猛烈な暑さが日本列島を襲ったことです。おまけに台風、豪雨での大きな被害。これは日本だけではなく、世界的な異常気象のようです。世の末なのでしょうか。主イエス・キリストの再臨が近づき、世の終わりの兆候なのでしょうかね・・・?それでも、ニュートンが言ったように、またルターが言ったように、「たとえ、明日、世の終わりが来るとしても、今日、わたしはリンゴの木を植える」そのように、今 [続きを読む]
  • 東北夏期聖会 in 遠野
  • 8月6,7日の二日間、遠野にてホーリネスの群東北夏期聖会が開催されました。講師は、中島 聡牧師(清水ヶ丘教会)。中島牧師は、祖父が中島代作牧師、仙台青葉荘教会の3代目の牧師です。その孫にあたります。父は代作牧師の長男。誠牧師。奥様は東京聖書学校卒業の恵美子牧師です。ご夫妻は、神学校である東京聖書学校を卒業して、大阪西野田教会に赴任しました。開拓の教会です。ところで、西野田教会出身の小山宗佑牧師補がや [続きを読む]
  • 東北聖会 in 遠野
  • 8月の初めは猛暑が続いた。7月半ばからだったが・・・4日、教会の姉妹が召された。78歳。ガンの検査を繰り返し受けられたが、腫瘍マーカーが反応するばかりで、どの部位にガンがあるのか見つけられなかった。3年目にみつかったが、すでに手遅れ、発見から一か月足らずで、いのちの源なる神の御許に召された。土曜日の夜であった。深夜に弔問に行き、しばらくして、葬儀社との3者で、葬儀の日取りを決めた。日曜日、前夜式。 [続きを読む]
  • 8月9日
  • 今日は9日、長崎に原爆が投下された日。ブログ友の更新されたブログに、長崎の原爆投下後の写真があった。この写真は、ローマ教皇が平和を訴えるためのものとして、カトリック教会に配布するように求めたという。プロテスタント側の「百万人の福音」という月刊誌にも8月号の表紙を飾っていた。この写真を含め、原爆投下直後の長崎のあらゆる風景、人物を米軍直属のカメラマンが撮影した。ジョー・オダネル氏である。盛岡の教会の [続きを読む]
  • 講壇の生花
  • 久しぶりに講壇の生花をアップします。Y姉がいけられました。この暑さの中で、礼拝堂に入り、見事な可憐な花を見るとなごみますね。生花をいける姉の祈りも感ぜられます。礼拝は、奏楽者、司会者、説教者だけでなく、陰で奉仕する教会員によって支えられています。週報班は金、土にかけて、編集、印刷し、週報棚に入れてくれます。受付係り、案内係り。送迎班は4,5台で乗り合わせ、または片道10キロ以上の教会員を送迎します [続きを読む]
  • 教団委員会へ
  • 30、31日の両日、教団の委員会のため上京。仙台駅構内は、七夕の飾りでカラフルでした。まだ涼しかったですが、東京に到着したときは、熱風が伝わってきました。うだる暑さですね。それでも2日間にわたって、会議は続きました。仙台に戻った時は、ほっとしました。今日から8月、仙台は35度、この夏、最高の暑さです。今日は、午前に朝祷会、午後と夜、教会の祈祷会があります。昼の祈祷会は、20名が出席。この暑さの中でも、多くの [続きを読む]