タヌ子 さん プロフィール

  •  
タヌ子さん: 異邦人の食卓
ハンドル名タヌ子 さん
ブログタイトル異邦人の食卓
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tanukoponkichi/
サイト紹介文林檎とバターとチーズの郷、ノルマンディのド田舎で暮らすグータラ主婦が綴る食いしん坊日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2008/01/05 02:51

タヌ子 さんのブログ記事

  • 大人の隠れ家で和の食材を楽しむ
  • 帰国後2回目の『美味しい物で癒されよう会』(タヌ子が勝手に発足し、参加者はその都度変わる…笑)は自由が丘の割烹居酒屋『わさび』へ。小さい路地の小さなビルの2階にある大人の隠れ家。開店と同時に入店したためすぐにカウンターに座ることが出来たが、この日もカウンター4席以外は全て予約で埋まっていた。カウンター越しに調理の様子を見ることができるのが嬉しい。突き出しのウニの茶わん蒸し。突き出しにウニを使うなん [続きを読む]
  • 優雅なディナーで心のエネルギー補給
  • 帰国後初の外ご飯は青山の一軒家レストラン『エリュシオンハウス』で優雅なディナー。このレストランのすぐ近くに住む友人が『フルコース+フリードリンク』のお得なプランを見つけてくれた。アミューズを頂きながらシャンペンで乾杯。粒々が残るフムスのようなもの、タコと緑の野菜はアスパラだった気がするのだが、ちょっと形が違うような…タコがあまりにも柔らかくて感動的だったので、他の印象が薄れてしまった。前菜3種の盛 [続きを読む]
  • パリの美味しいビストロ『AU BON COIN』
  • 今回の帰省はかなりしんどそうだなとは思っていたが、2カ月前に圧迫骨折し、ほぼ寝たきりになってしまった母の状態は想像以上に悪く、自宅介護は無理な状態でリハビリのため数カ月滞在できる施設を探さなければならない。夜は時間的には余裕はあっても気持ちの余裕がなく、日本滞在中も施設が見つかるまではブログの更新はできそうもなく、帰省前にちょこっと下書きをしておいた記事をアップ。先日パリに一週間遊びにきた友人夫妻 [続きを読む]
  • ありがとうドイツ!スローな手抜き料理
  • ソフィからドイツ土産でもらったクノールのグラーシュの素が美味しかったので、パリに行ったついでに10区のSaint Martin市場に入っているドイツの食材店で大量仕入れ。普通のクノール製品よりちょっと高級感のあるパッケージには100%天然成分と書かれている。ドイツではこのシリーズが流行らしく、その数はどんどん増えている。ドイルのクノール製品の充実ぶりは凄いなぁと感心したが、クノールはドイツが発祥の地なのだから当然 [続きを読む]
  • ちょっとこだわりすぎちゃったラーメン
  • このところ野暮用でノルマンディ⇔パリを行ったり来たりで落ち着かない日々。パリにはLUKAは連れて行けないので(夜中に吠えるため)、その都度ペットシッターさんに預けている。以前は車で20分ぐらいだったのでそれほど苦にならなかったのだが、ペットシッターさんの引っ越し先が狸家から大分離れてしまい、往復で2時間近くかかってしまう。それでもLUKAはペットシッターさん家のワンちゃん達と遊ぶのが何よりの楽しみ。出かける [続きを読む]
  • パルロンのロティ煮込みとポテト・インヴィジブル
  • タヌ子の誕生日はインフル真っただ中でお粥だったのだが、漸く食欲も回復したので、日曜日のポン吉の誕生日にお気に入りにいれておいたパルロン(牛の前足の付け根の部分の塊肉)のレシピにチャレンジ。パルロンの生肉の写真も撮ったはずなのだが、間違えて消してしまったらしい。この写真でも分かるように結構筋がある部位なので、牛筋同様煮込めば煮込むほど柔らかくなる。しっかり焼き目を付けたパルロンに飴色玉ねぎ、たっぷり [続きを読む]
  • 冬の代表的家庭料理−ポ・ト・フ
  • この冬は暖冬ですっかり気が緩んでいたせいか、2月中旬からやってきた寒波に体の準備が追いつかず、数年ぶりに悪性のインフルエンザにかかって1週間寝込んでしまった。熱は下がっても喉の傷み、鼻の詰まりが消えず、少し動くだけですぐ疲れてしまう。年々回復力が衰えていくのが悲しい。ベッドでダラダラしている間に庭の水仙も元気一杯に咲き揃い、春の足音が着実に近づいて来たので、今のうちにフランスの冬の代表料理、ポトフ記 [続きを読む]
  • LUKA大はしゃぎの雪のバカンス(飼い主にとっては悪夢のバカンス)その2
  • チョコレート事件から2晩経過し、前夜の食器の破片誤飲疑惑による体調不良も見られず、環境にも少し慣れたせいかLUKAも少し落ち着いてきた。滞在3日目は悪天候だったので山歩きは諦め、徒歩圏内のアップダウンの多い遊歩道をのんびり散歩して穏やかな一日…と思ったら、夕食後に新たな事件発生。コーヒータイムに監視の目を盗んでキッチンに侵入したLUKAは、シンクの横に置きっぱなしになっていた食後の皿に残っていたホロホロ鳥 [続きを読む]
  • 日本からの持ち帰り食品でおかずとおやつ
  • 帰国する度に大量に持ち帰る日本食品。勿体ないと思ってなかなか使わないのでいつも賞味期限を切らしてしまう。どうせなら美味しいうちに食べようと思い、今回は持ち帰り食品を帰国後2か月以内に使い切ることにした。日本のポテサラはタヌ子の大好物。この中に使った持ち帰り食品はこれ。友人からもらった乾燥塩辛『塩辛干しちゃった』。呑兵衛タヌ子は勿論塩辛の大ファン。以前レシピサイトで塩辛入りのポテサラを見て作ってみた [続きを読む]
  • お助けカレーペーストと怪しいインスタント味噌汁
  • 午前中にLUKAの散歩担当を仰せつかると、ランチの準備時間が30分を切ってしますこともしばしば。そんな時に大活躍してくれるのがParamparaのカレーペースト。メキシコ料理のOld El Pasoなどの食品を取り扱うアメリカの巨大食品会社、General Millsが販売している。バターチキン、ティカ・マサラ、シャヒ・コルマ、ゴア・カレーの4種類。どれも鶏胸肉と生クリーム、ヨーグルト、或いはココナッツミルクさえあれば30分程度で作れ [続きを読む]
  • 酵素糀で柔らかお肉&オードブルサラダ
  • いつも美味しいお料理とスイーツを美しい写真でタヌ子の目を釘付けにし、唾液分泌に大いに貢献してくださるフィーユさんは便利調味料の情報提供者でもある。彼女がブログで紹介してくださるものは間違いがないので、帰国の度に調達してくるのだが、ピーシェン豆板醤やしょうゆ味・ガーリック風味の唐揚げ粉など、狸家の必需品となっている物も数多い。そして昨年秋の帰国でゲットしてきたものはお肉を柔らかくしてくれる黒酢専門店 [続きを読む]
  • 改良手羽のコーラ煮+田舎の犬飼い人お助けグッズ
  • 先日使わない料理本を処分しようと思い、本棚を整理していたらこんなもの発見。数年前に見つけて面白そうだと思って購入したのにすっかり忘れていたコーラを使ったレシピ本。コーラ入り中華スープやコーラ入りリゾットなど、とても作る気になれないものが殆どだが、この写真が美味しそうだったので手羽のコーラ・レモン煮を作ってみた。味はまあまあだったが、タイムパフォーマンス悪すぎ。一晩マリネした手羽をフライパンで一度焼 [続きを読む]
  • 浅草散歩と日仏コラボ料理
  • 昨年秋の日本滞在記事はもう全て書き終えたと思っていたら、アップし忘れていた写真発見。毎回帰国の度に浅草にお土産調達に行くのだが、今回は常連の友人に代わって『浅草文化観光センター』に行ってみたいというタヌ甥が同行。平屋を積み重ねたような一見不均衡な建物はフランスでもいくつかの文化施設の設計を任された隈研吾氏の設計。最上階の展望テラスから浅草の町を見下ろす。平日の午前中だったので、雷門前もまだ人で埋め [続きを読む]
  • ドイツ風ポテトサラダ&2018年も手抜きGalette
  • バイアスロンシーズン到来でテレビ観戦に忙しい日々。特に週末は一日のうちに男女の2競技があるのでその合間を縫って家事を済ませなければならない。昨日は女子のリレーが丁度お昼頃だったので昼食の準備にかける時間がなく、昨年Sophieからドイツ土産でもらったハンバーグの素を活用することにした。ドイツのハンバーグ(ミートボール)はFrikadelleのはずなのだが、写真はハンバーグなのにHackbraten(ミートローフ)になってい [続きを読む]
  • 謹賀新年・贅沢な残飯処理
  • 明けましておめでとうございます。昨年から恒例化しようと思っているLUKAとのツーショットの年始画像。昨年の詐欺写真に比べると、ほうれい線もくっきり写り(涙)大分本人らしい写真になった(タヌ子が若いと思ってくださった心優しい皆様、期待を裏切ってしまい申し訳ございません…笑)。写真撮影には全く協力的ではないLUKAもどうにかカメラ目線になってくれた。年末年始はずっと悪天候で窓拭きすらできない状態で、去年の汚れ [続きを読む]
  • ちそうでごちそう
  • 前回紹介した『魚斉』の姉妹店『和食や・ちそう』が10月に開店したので、友人を誘って様子伺いに行ってみた。ちょっと見つけ辛い場所にあるカウンター席がメインのお店だが、無駄のないすっきりした内装が気持ちい。2人なのに個室を予約したせいか、入り口近くの4人掛けのテーブルに案内され、さっと扉を閉められてしまったので、美しい内装の写真を撮れなかった。突き出しは蕪のスリ流し。これからお迎えする料理を受け入れる胃 [続きを読む]
  • 『魚斉』ふたたび
  • 春の帰国の際に友人と行ったお店が美味しかったので、今回はしっかり食事を楽しむべく、タヌ従妹、タヌ姉親子と共に再び『魚斉』へ。まずは帆立と銀杏の茶碗蒸し。なんとも滑らかな美しい茶碗蒸し。タヌ子が作ってもこんな綺麗な色にならないのは卵の違いだろうか(フランスの卵の黄身の色は日本の物と比べるとかなり薄い)。奥の器の中身は忘れてしまったが、手前は左からほうれん草豆腐、大山鶏のコンフィ、茄子の柚子味噌。コン [続きを読む]
  • ロマンチック後進国…青の洞窟と台湾料理
  • フランスには一週間前に戻っていたのだが、家が汚いだけでなく、LUKAがボブ・マーリー状態になっていて、全身の毛玉を取り除くのに一週間かかってしまった(滝汗)フランスに戻ったらすぐに新記事をアップできるよう、日本で下書きに写真も全部入れておいたのだが、帰宅早々やる気喪失。1週間以上PCにも触らず、またしてもブログ放置状態になってしまった。次回の帰国前にポン吉相手にブラッシング講座を開かねば!渋谷の『青の洞 [続きを読む]
  • キラキライルミネーションとピリ辛料理
  • 11月とは思えないほど冷え込んだ月曜日、東京都稲城市と川崎市多摩区にまたがるよみうりランドに『ジュエルミネーション』を見に行ってきた。6時頃に到着したら駐車場はほぼ満車状態だったが、丁度小さな子供連れのお客さんが帰る時間でスムーズに駐車完了。よみうりランド一押しのきらめくジュエリーロード。空気が澄んでいるのでイルミネーションが一際美しい。イルミネーションはエリアごとにテーマが違うので、大観覧車に乗り [続きを読む]
  • 紅葉詣で第二弾・昭和記念公園
  • 先週の日曜日、インスタを見ていたタヌ姪が『昭和記念公園の銀杏並木は今が見頃らしい』というので、翌日早速黄葉詣でに行ってきた。情報提供者のタヌ姪は授業があるので残念ながら不参加。立川駅でお弁当をゲットし、一番近いあけぼの口を入ると、黄色い直線が目に飛び込んでくる。公園内にはお弁当を食べる場所があるか分からないので、とりあえず昭和天皇記念館前の広場のベンチでお弁当タイム。タヌ子は塩唐揚げ、照り焼き、つ [続きを読む]
  • 強羅公園と小田原の美味しい物
  • 山の上ホテルの庭園散策の後、本格的な見頃ではないが既に色づいているというライブ情報があった強羅へ。しかし強羅のどこに行けば紅葉が見られるか分からず、とりあえず強羅公園に行ってみた。公園入口から真っ直ぐ進むと噴水の先に立派なヒマラヤ杉が仁王立ち。丘の斜面に造られた公園の規模は思ったほど大きくなく、上の方に見える紅葉に向かって行くと、そこは西門の向かいにある個人宅の庭だった(笑)この時期満開を誇る花は [続きを読む]
  • 出遅れ&フライングの箱根観光
  • 狸一族恒例、自然に親しもう会を10月の最終日に開催。近場の紅葉ポイントで現在見頃を迎えているところを探してみたが、どこも片道3時間ぐらい。東京を通過するコースは東京脱出に1時間以上かかること確実なので逆方向の箱根に決定。事前情報では紅葉に早し、ススキに遅しという状況。見頃は過ぎてしまったが仙石原に広がる一面のススキはやはり圧巻。生憎の曇り空ではあったが、時々顔を覗かせる太陽が当たってキラキラ輝く穂が風 [続きを読む]
  • ローカルな老舗の日本料理店+アジアンフュージョン
  • 日本滞在中に尻切れトンボ状態のポルトガル・スペイン記事をどうにか続行しようと試みていたのだが、落ち着いてPCに向かえる時間があまりないので、帰国中の数少ないお出かけ記事を随時アップしていくことにした。さて、半年に一度の恒例行事、らいむさんとのお食事デート。今回はお互いの家の中間地である『登戸』。登戸はJRと小田急線の乗換駅であるにもかかわらず、駅前がかなり悲しい状態。大分前から再開発の計画はあったもの [続きを読む]
  • パリのお勧めレストラン×2
  • テレビのフランスのレストラン事情特集で、パリの80%のレストランが冷凍食品(食材ではなく、既に調理されたもの)を使用しているということを知り、それ以来観光地のレストランでメニューの選択肢が豊富なところはなるべく避けるようにしている。確かに以前観光客の多い通りの小さいレストランで食事をした時、キッチン方面から頻繁に『チン』という音が聞こえてきたので、それ以降2度とそのレストランには足を踏み入れていない [続きを読む]