じゃずず さん プロフィール

  •  
じゃずずさん: 立ち呑みbar じゃずず
ハンドル名じゃずず さん
ブログタイトル立ち呑みbar じゃずず
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/jazuzu/
サイト紹介文酒と音楽を語るbarです。 酒は日本酒,音楽はジャズを愛するマスターのじゃずずがお相手します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/01/05 13:05

じゃずず さんのブログ記事

  • バランス・バランス・バランス…。
  • 今日買った本鬼平流さいとう・たかを宝島社うらはこんな感じ。「男の値打ちは仕事しかない」この言葉が効きますね。巷に言われる「働き方改革」そんなこと言ってもどないせっーちゅうんじゃっっ!!と関西人でない新潟人の私も言ってしまうくらいの「理想的な」言葉。ワークライフバランスワークとライフは別物でないんです、ライフの中にワークがあるんです。ということらしい。仕事では、早く帰れと言われて早々に這々の体で帰る [続きを読む]
  • ZIPP808ホイールを装着&ゾディアック時計
  • クオータ:ケベルに装着。やはりデープリム8cmは「圧」が違う。全体的な画像はこちら。多少のアンバランス感はあるものの、当初危惧していたほどのチグハグ感はない。クオータのロゴが白であることやダウンチューブが太いことからかろうじてバランスを保っているようだ。今日は5〜6kmの走行。よって詳細な試乗インプレはできないが、金属ホイールとは違う乾いた感じの乗り味とホイールの転がり音。詳細はまた後日。次はZo [続きを読む]
  • ゾディアックのムーブメント交換とな?
  • アウトレットで買ったゾディアック。コマ詰めが堅くて代理店送りとなり、今は空箱があるばかり。後日、このような請求書?が。簡単に言うとムーブメント交換の必要あり。いくらアウトレットといってもなーという感じです。まー素直に修理依頼してFAXしたけれど、明日ダメ元で一回電話掛けてみます。それにしてもムーブメント交換で9000円とは。定価17万の時計です。心臓部が9000円なのか?という疑問。ムーブメントの歯 [続きを読む]
  • カーボン ZIPP808とコンチネンタル
  • カーボンホイールにタイヤを装着。ZIPP808とコンチネンタル:スプリンターとはいえ、装着は同じ職場の方にしてもらいました。レクチャー付きで。チューブラータイヤの付け方を教えてもらいました。新潟は明日も雨予報。もうしばらく鑑賞用として部屋に置いておきます。今日はOFFなのでぶらぶらと。本を買いました。この話、続けてもいいですか。 西加奈子(ちくま文庫)極め道 三浦しをん(光文社文庫)どちらもエッセ [続きを読む]
  • 夏の終わりとグランフォンド糸魚川告知
  • 夏が終わると糸魚川って感じがします。紅ズワイガニしか考えていないけれど糸魚川は私にとって貴重なイベント。なんていっても、豊かな自然。溢れる人情。登り有り下り有りのコース。自分にチャレンジできるイベント。であることはトーゼンですが、それ以上に前泊一人旅。前日の一人はしご酒。思えば遠くに来たもんだ、的な充実感。(同じ新潟県ですが)海が見える。カニを桶に入れて食ってる人がいる。なんか自転車のイベントがあ [続きを読む]
  • ついにカーボンリムとチューブラーに手を出す
  • ということでアマゾンでタイヤとカーボン用ブレーキシュー購入。ホイールがZIPPのディープリムということでバルブの延長もつけて準備万端。ZIPPのホイールは知り合いの方から格安で。リムハイトはおそらく8cmくらいか?こんなホイールは自分のような自転車乗りにとってまさに猫に小判それどころかメタボにディープリムってな感じだ。まー、趣味の世界なので他人にとやかく言われる筋合いはないわけで。人様に迷惑掛けな [続きを読む]
  • 仙台へ②
  • 世の中、世知辛いことが多いですね。人間関係でストレスなんて自分には無縁のことだと思っていましたが。ニンゲンはそれぞれ違うのだということをまだまだ自分のものにしていなかった。諸行無常修行あるのみです。そんな気持をリセットすべく、今日はクオータ・ケベルに。やっぱり軽い。けれど本気出さないと乗車を許さない雰囲気はやはりロードバイクです。どんどん踏まされます。路面状況をどんどん伝えてきます。知らなくても良 [続きを読む]
  • 仙台へ①
  • 先日、家族旅行で仙台・松島方面へ。澤乃泉 特別純米酒松島の酒屋で試飲して買った酒。なかなかの実力酒です。試飲の僅かで味を伝えるチカラ。試飲は大体がタダ(無料)なので美味く感じるけれどもやっぱり本当に興味が無ければ買う気が無ければ購入に至らないわけで。買う気がないなら試飲しない、食べない、という信条はもちたいものです。話は少し変わって、ゾディアックの時計をアウトレット衝動買いしました。シードラゴン。 [続きを読む]
  • モーニング福島潟
  • モーニング福島潟。やっぱりビュー福島潟の造形はすばらしい。日報のメディアシップもそうだが、フキノトウ的な人工建造物によさを感じる。安定を求めるなら長方形か二等辺三角形、台形のような形がいいだろう。そこをあえて腰くびれ的な。そしてまた本屋で徘徊。気になった本はまず買う。本は一期一会なんて言葉を聞いたことがある。「黄金のバンタム」を破った男  百田尚樹フォルトゥナの瞳  百田尚樹耳そぎ饅頭  町田康お [続きを読む]
  • ミシマ ブンガク
  • 今日も本屋で徘徊。人間の性(さが)三島由紀夫の言葉 佐藤秀明(新潮新書)ミシマは気になる存在だ。けどまだ1編も読んだことがない作家。けど気になる。最後の破滅型作家だったのだろうか?安保理を知らない世代の私はいろいろと理解できない。ミシマを理解できないのではなく、(だって一編も読んでいないから)その時代の世情・雰囲気(今で言えば空気)が分からないからだ。私が大学生になったのは1990年。バブルの残 [続きを読む]
  • にわかに仕事の本を。
  • なぜだか無性に仕事の本を。「マンガでわかる○○」を選択するあたり、やっぱり文章での理解は難しいと自己判断。ライトな感じで理解しようという魂胆がありありですね。私の職場はこの本にあるような一般的な企業と違うのでどこまでマネジメントの考えが取り入れられるか分からないけれど、マネジメントマインドを学ぼうと。それにしてもこのような本を買うなんて、疲れているんか会社を作ろうかしているかただ単に暇なのか分から [続きを読む]
  • モントゥルーのエバンス
  • モントゥルー・ジャズ・フェスティバルビル・エバンス私の撮影技術の未熟さからなんだか残念な画像となってしまったが、ジャケットも中身も間違いの無い盤。エディ・ゴメスのbassとエバンスの音数の多いピアノが聴きたくて聴いている。なにげにオープニングのアナウンスも好きです。イイ声の人です。ビルエバンスを紹介するときの「トゥヂゥュウー ソーリパクタネー     ディ ピアニスト、ビル・エバンス!」がイイ。酒は六 [続きを読む]
  • 夏のオトと酒
  • マリーンmeets本田雅人B.B.stationJAZZ&OUTさすがにウタが旨い。あとは声ですね。飛び抜けて高音や低音が出るわけでは無いが、ウタを表現する声を作り出している。休日の定番のコース。阿賀野川土手。ホントーにだれもいない道。けど、この季節はミミズのミイラ死骸や半生死骸が多数あり、走行には気を遣う。しかし、このコースを通っているとつくづく田舎に生まれて田舎で暮らしていることの良さを感じる [続きを読む]
  • 新潟ジャズストリートへ(画像なし)
  • 同じ職場の人が新潟ジャズストリートに出るということで見に行きました。「ジャズ好き」を公言している割には私はほとんど生演奏を聴くことができる所には出かけていきません。そんな体たらくで「じゃずず」なんて名乗っていていいのですか?という問いが投げかけられそうだ。それはさておき、音文で聴いてきました。で、ビッグバンドが聴きたくなったのでこの2枚。ベイシー&エリントンそしてレスター・ヤングどの盤も25年前の [続きを読む]
  • 新しいJAZZと古くて新しいJAZZ
  • 今日の口開け音楽は山中千尋ユートピア相変わらずカラーバランス・構図がすばらしいジャケット。次はコルトレーン相変わらずコルトレーンです。このジャケットは酷い(個人的感想)。何にもどこにも訴えてこない。結構話題の発掘音源らしいのだが、このジャケはないでしょ、ってぐらいのジャケ。思い入れが強すぎてよくワカラナイジャケにしてしまったのでしょか。中ジャケ?のほうがよっぽどいいですけど。今のご時世、ジャズが、 [続きを読む]
  • bassで一杯。
  • 今日の口開け酒はビール麒麟麦酒から出ている夏的なビール。今日は久々にコメダに行った。加糖のアイスコーヒーを飲むためだ。なかなか平日だと旨い珈琲を飲む機会はないので。アイスコーヒーなのでグズグズ?んでいられないのでシャキシャキと飲んで、次にウインナコーヒー。アイスからホットなのだがペースをつかみ損ねてチャキチャキと飲んでしまった。今日の音はミロスラフ・ヴィトウス限りなき探究名前がいいよね。ミロスラフ [続きを読む]
  • 今日は暗いです
  • ああ、やばい日だなと思うキング・クリムゾンアースバウンドこんなざらざらの荒れている盤を聴きたくなるなんてけど生きているという盤。コレは必然か。次の盤も何かに追われているときに聴きたくなる盤タンゴ。これは日本のブルースだ。日本人だから悩むアイデンティティは外国の言葉いつ頃からかそれを求められるようになった。イイ歳した成人が自分探しなんて言っていた頃か?自分はそこにいるし探しているのは自分を認めてくれ [続きを読む]
  • 今日はこめんどくさい話題です。
  • 今日は女性Vo。仲宗根かほるタイム フォー スイングVol1.&2.仲宗根かほるを聴くのもずいぶん久しぶりだ。最近はCD出しているのだろうか。それにしてもイイ声ですね。日本人が日本のジャズとは何か、ということを追求していた時代があった。和の旋律を入れれば日本ジャスだという人もいればオリジナル曲を作って演奏すれば日本のジャズだとかいろいろ言う人がいた時代があったようだ。そんな中、山下○輔は日本人が演 [続きを読む]
  • 美ジャケで復興酒を
  • SHIMRIT SGHOSHANKEEP IT MOVIN’名前はどう読むのか不明だがピアノの人。コレが裏ジャケ。表とちょっと違う感じがするが、同一人物なのか?今日の酒は加賀の井糸魚川大火で被害があった蔵。数週間前にスマホの買い換えをして、今度はiphoneに。画像のパソコン取り込みも試行錯誤し、前回ブログからようやく写真をアップ。使ってまもなく画面保護シールが割れてきたので(シールが弱いのか、扱 [続きを読む]
  • 五泉 清流の里ライド(プレ)
  • これはゴール後の画像。50km程度ということだったのでクロスチェック改Ⅱで。スタートしたらいきなりコースミス。さくらんど温泉出て左に行くところをを右に。スタッフ?の皆さんの声が聞こえてUターン。相変わらずの方向音痴ぶりです。地元ならではの思い込みもあったかもしれません。それはさておきスタート。川東地区の農道は風が強いことは予想していたので馬下橋までは我慢して漕ぐ。そこからは追い風になるのでスイスイ [続きを読む]
  • 辛口がうりの酒
  • 佐渡の酒真野鶴ラベルにもあるように日本酒度15度以上。いわゆる「辛口」で。今日の音はタビー・ヘイズソニー・ロリンズ3月くらいから仕事量の増加に伴い自転車に乗れていないor乗る気分にならない状態。これはイカン。ここらで景気づけにムーンランダー画像を。そういえば6/11はグランフォンド糸魚川のはがき投函日ですね。みなさん、お忘れ無く。明日は五泉清流ライド。エントリーしているのでこれから準備です。50km [続きを読む]
  • 八海山とドラム
  • キリキリに冷やして旨い酒。八海山 特別純米原酒 生詰度数17.5度。先日伊勢丹で買った酒。八海醸造の方?がおすすめしていたのが、呑む前に冷蔵庫に10分ほど入れて、きっちり冷やして飲む呑み方。それはウマソーだ、ということで購入。今日はその余裕無くて冷蔵庫からのものを呑んでいる。冷凍庫できっちり冷やすというのはジンやウオッカ、ハナタレ焼酎などであるが、それに近い旨さがあるんだろうなと思う。あと1本ある [続きを読む]