辻徳 さん プロフィール

  •  
辻徳さん: 辻徳 懐紙活用術
ハンドル名辻徳 さん
ブログタイトル辻徳 懐紙活用術
ブログURLhttp://tsujitoku.kyo2.jp/
サイト紹介文普段の生活に懐紙を取り入れてみてはどうですか。新しい生活習慣を提案します。
自由文昔の日本人が普通に使用していた懐紙。今ではお茶席でしか使われなくなってしまいました。でも、使ってみると意外と便利な事に気付きます。普段からバックや背広のポケットに懐紙を持ち歩く。上質なマナーを知っている方にはもう既に使われています。"昔の人はこんな風に使っていた"とか、"こんな使い方もいいかも"など提案して行きたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/01/07 10:27

辻徳 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おうつり
  • ブログの読者の方から「おうつり(お移り)」について質問がありました。そもそも、お移りの習慣が無い地方の方には何のことかわからないと思いますが、お移りとは、いただきものをした時の返礼のことで、主に関西に昔からある習慣のようです。いただきものをした時にすぐにその場でお返しすることもありますが、後日容器をお返しするときなどに渡す場合もあります。質問の内容を要約すると、次のようになります。・おすそ分けをい [続きを読む]
  • ひとひら懐紙でポチ袋〜作り方編〜
  • ずいぶん長い間お待たせしました。前々回でひとひら懐紙で作るポチ袋の作り方をご紹介します。最初に真ん中で二つ折りにします。下のとがった先を上に花びらの角より上にくるように折り上げます。一旦元に戻して、折り線のところに先が来るように折ります。間にコインを入れます。コインを入れたら、最初に折った線に沿ってもう一度折ります。両端が真ん中で合わさるように折ります。”かいしーる”で留めます。使ったシールは、新 [続きを読む]
  • 辻徳のこだわり OPP袋
  • 前々回、紙質についての辻徳のこだわりを紹介しましたが、今回は二つ目のこだわり、OPP袋についてご紹介します。辻徳の製品が入っている透明な袋(OPP袋)はほとんどが別注品です。最初は市販の袋を使っていましたが、お客様から「懐紙を出すときにフタのノリがついて一枚目が使えなくなってしまう」という声をうけて、本体側にのりのあるOPP袋を製作してもらうことになりました。詳しくは下の図をご覧ください。 [続きを読む]
  • ひとひら懐紙でポチ袋
  • お盆休み、どのようにお過ごしですか。また雨になりそうで、ジメジメとしてきましたね。さて、辻徳では車でお越しの殻には近隣のコインパーキングの20分の駐車場代をポチ袋に入れてお渡ししています。この担当は私。いつもいろいろな懐紙を、柄が活かされるように工夫して折るのを楽しみにしています。今日はひとひら懐紙に挑戦してみました。どうでしょうか。簡単にちょいちょいっと出来てしまいます。ちなみに、真ん中に貼ったシ [続きを読む]
  • 懐紙の紙質〜辻徳のこだわり
  • 暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。辻徳は、3か月間の京都マルイ出店を終えて、ほっと一息ついているところです。さて、今日は辻徳の懐紙の紙質についてご説明したいと思います。実は今月初め、お客様から「もっと紙質を改善してほしい」というお声を頂きました。ですが、実は辻徳の懐紙は私が自分で使ってみて最適と思うものをメーカーに依頼して漉いてもらっています。そのことをあまり説明してこなかった責任を痛 [続きを読む]
  • 築90年の建物を維持するということ
  • 今日は、ちょっと難しいお話です。懐紙専門店として立ち上げた、「辻徳」というのはブランド名です。会社は 「株式会社 辻商店」です。京都四条堀川にある社屋は、現社長の祖父、二代目徳治郎が昭和3年に建てました。ちなみに、株式会社になったのは昭和31年です。店においでになるお客様によく聞かれるのは、「前は何だったんですか?」という質問です。いえいえ、はじめから辻商店でした。ただし、懐紙の専門店をオープンした [続きを読む]
  • SWY29
  • 内閣府が行う国際交流事業の1つに「世界青年の船」事業というのがあります。このことを私に教えてくれたのは同志社大学2回生の杉浦黎さんです。昨年10月にメールで連絡をいただき、「世界青年の船(SWY)」に参加することになったこと、船内での活動で日本文化を紹介するために、幼いころから茶道を習っていたので、茶会を催す計画であること、ついてはそこで使用する懐紙を提供して欲しいという問い合わせでした。後日、会社に [続きを読む]
  • 目の眼
  • 目の眼という雑誌があります。たまたまライターの上野さんと知り合う機会があり、webマガジンに辻徳をご紹介いただくことになりました。どうぞ一度ご覧ください。ちなみに写真の女性はスタッフです。http://archive2.menomeonline.com/kyoutomeiten/meiten24.htmlにほんブログ村゜+.――゜+.――゜+.――゜+.――゜+.紙布と懐紙の 辻徳㈱辻商店  〒600-8481京都市下京区堀川通り四条下る四条堀川町271番地TEL:075(841)0765 htt [続きを読む]
  • 紅白饅頭と懐紙
  • あけましておめでとうございます。実家でのんびりと過ごすお正月。年々、何にも代えがたい時間になってきているような気がします。先日、ある学生さんと話をしていた時の事です。卒業式には必ず紅白饅頭をもらってきたとのこと。「なぜ紅白饅頭をもらうのかはわかるけど、(卒業はおめでたいことだから、ですね)兄弟が3人もいると、”またか”、という気持ちになって、プラスチックのケースを開けて、ただパクパクと食べるだけで [続きを読む]
  • 敷紙
  • 寒くなったり、暑くなったり、安定しないお天気ですが、季節は確実に秋になってきています。庭のつわぶきが満開です。先日、礼法の後藤先生が某社の新人マナー講習を引き受けられ、私も微力ながらお手伝いさせていただきました。2時間半で洋室のマナーと和室のマナーの両方を、というご要望でしたが、充実した内容で、私もお手伝いさせていただいたことを嬉しく思いました。講習の中に、お茶とお菓子を召し上がっていただく時間が [続きを読む]
  • 懐紙への思いを聞いてください。
  • 久しぶりの更新です。先日、京都のFM局 αステーションに8月7日と14日の2週続けて出演しました。日曜のお昼、文筆家でパーソナリティの高橋マキさんとのトークで懐紙と辻徳の仕事への思い、私自身のことも少しお話させていただきました。その時の放送が下記から聞くことができます。8月7日  http://ei.fm-kyoto.jp/blog/fit_for_my_life/2016/08/07/8月14日 http://ei.fm-kyoto.jp/blog/fit_for_my_life/2016/08/14/こんなこ [続きを読む]
  • 懐紙でポチ袋
  • 梅雨の晴れ間、ちょっとの間の五月晴れが心地よい今日のお天気。さて、今日はポチ袋のお話です。辻徳の店舗へご来店になるお客様で近隣の駐車場をご利用の方には、20分の駐車代として200円をお渡ししています。(以前はカードでしたが、今は現金、100円玉2枚です。お金をそのまま渡すのは気が引けるので、懐紙のポチ袋に入れて差し上げています。そのポチ袋、一応おすすめの折り方を一つ、以前にこのブログで紹介しています。http: [続きを読む]
  • 白猫プロジェクト スタンプラリー
  • 今月20日、コロプラさんと京都のコラボで「白猫プロジェクト スタンプラリー」が始まりました。記者発表会の様子 二条城の台所で行われました。普段は公開されていない場所です。白猫プロジェクトって知っていますか?最初にお話をいただいたとき、コロプラさんのことも白猫プロジェクトも私は初耳でしたので、どう考えていいものか、正直少し戸惑いましたが、いろいろと調べているうち、徐々に「これは面白いかも」と思うように [続きを読む]
  • 辻徳の場所
  • 風が強いので、あまり暑さを感じませんが、外は26℃もあったのだとか。ここ辻徳の店内は外気温とは関係なく、ひんやりとしています。築88年のコンクリート造り、1階は真夏でも外より3度ほど低いのが常、その分2階3階は蒸し風呂のようになります。。。ところで、辻徳は京都で最も広い堀川通りに面しています。しかも四条通から京都駅方面へ向かって(京都ではこれを『下ル(さがる』といいます)30メートルほど、次の綾小 [続きを読む]
  • 過去の記事 …