hirarin さん プロフィール

  •  
hirarinさん: 野郎の会 中越支部だより
ハンドル名hirarin さん
ブログタイトル野郎の会 中越支部だより
ブログURLhttp://geocities.yahoo.co.jp/gl/rintaro1214
サイト紹介文新潟県中越地区で小学校教師をしています。学び合う教室を目指しています。
自由文教育研究と小学3年生3人(三つ子)の育児をマイペースに頑張っていま〜す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2008/01/07 17:04

hirarin さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 臨床教科教育学会全国大会(東京学芸大学)
  • 雪の魚沼??から、青空の東京学芸大学へ??。臨床教科教育学会全国大会に参加&発表。会場に入り、今まで見たことがない参加者数に驚き😲実践と理論の往還研究が現在注目されていることを改めて感じました。三崎学会長による基調講演「『学び合い』の授業づくりの実現に向けて」私の学会発表は今回で38回目。演題は「小学校教育におけるウルトラセブンの映像を活用した技術者倫理教育の有効性−メッセージ性のある傑作3作 [続きを読む]
  • SSTA新潟支部秋の研修会
  • 昨日,SSTA新潟支部秋の研修会に参加した。第1部は,今年度実施された中日本ブロック新潟大会,全国特研,若手研修の報告会中日本ブロック新潟大会の報告は中澤健太先生全国特研の報告は大越卓摩先生若手研修の報告は今井友之先生3人とも素晴らしいプレゼンテーションであった。感動!第2部は,ソニー教育財団の武藤良弘様による理科みらい講座。「物の溶け方」の謎に迫る〜見えなくなった粒子の行方〜今までもっていた概念を覆さ [続きを読む]
  • 防災「を」学ぶ防災教育ではだめ
  • 市内中学校の防災教育授業研修会に参加した。全学級による防災教育の公開授業があった。1年は地震,2年は豪雪,3年は原発事故。どの授業もそれらの災害を確認し,その災害になったときの対応行動や普段からの対策を考えるものであった。講演は,群馬大学大学院理工学府准教授の金井昌信様。演題は「家庭・地域が連携した防災教育の可能性」。「自ら考え行動する,主体性を身に付ける」ことが大切。(1)脅しの防災教育 「過去に [続きを読む]
  • 睡眠と学力低下・不登校・発達障がいの関係
  • 今日は勤務地の自治体が主催する眠育講演会に参加してきた。講師は熊本大学名誉教授の三池輝久様。演題は「子どもを守れ!脳からのSOS〜眠育と学力低下・発達障がいの関係〜」たくさんのことを学んだ。・眠りは脳を育てる・眠りは神経細胞とシナプスのメンテナス時間・赤ちゃんの体内時計創りを周囲が邪魔しないこと・乳幼児の夜更かしは体内時計がずれて出来上がる・乳幼児期の夜間睡眠時間は10時間にする・生活リズムのズレは [続きを読む]
  • 中年の危機
  • 人間性脳科学研究所所長の澤口俊之さんの講演を聴いた。そこで,「中年の危機」の話題が出てきた。中年の危機とは,中年期(40〜50歳)特有の心理的危機,また中高年が陥る鬱病や不安障害のことをいう。それを打開する方法をいくつか教えていただいた。・脳トレ・有酸素運動(ジョギング,ウォーキング)・3日間の自然体験・スポーツよりのダンス・仕事場に観葉植物を置く・ハグできる友人を持つ・料理,家事をする・ジャズを聴く [続きを読む]
  • SSTA中日本ブロック特別研修会新潟大会
  • SSTA中日本ブロック特別研修会新潟大会に参加。中日本9県から,生活科,理科の実践家,精鋭65人が集まり,2泊3日で研修をした。研修テーマは, 子どもの「科学する心」と「考える力」の育成 〜問題解決学習と学び合いの質の向上を目指して〜私は小学校4年生部会のコーディネーターとして参加させていただいた。若い先生方からたくさんの新しい視点に気付かせてもらいとても勉強になる3日間であった。にほんブログ村にほん [続きを読む]
  • 谷川岳で紅葉と霧氷
  • 振替休日を利用して谷川岳へ。谷川岳ロープウェイを降りると素晴らしい紅葉!晴天の中グングン高度を稼ぎます。途中霧氷が出てきました。寒いです!肩の小屋の鐘はこんな感じ。霧氷が鐘にくっついて鳴りませんでした。山頂付近はこんな感じ。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 日本理科教育学会全国大会(信州大学)
  • 長野市の信州大学にて、日本理科教育学会第66回全国大会に参加。暑かった〜発表者の先生方、学生の発表も熱かった〜!新学習指導要領に向けた、研究や実践が多く、学び多き学会となった。私は「小学校におけるウルトラセブンの映像を活用した技術者倫理教育の有効性」という挑戦的なテーマで発表をした。タイトルに惹かれたのか、若者のオーディエンスが多かった。次の実践に繋がる貴重なご意見もいただけた。2学期以降の実践に活 [続きを読む]
  • 過去の記事 …