藤井奈生子 さん プロフィール

  •  
藤井奈生子さん: メゾソプラノ 藤井奈生子のいろいろな話
ハンドル名藤井奈生子 さん
ブログタイトルメゾソプラノ 藤井奈生子のいろいろな話
ブログURLhttp://naokofujii.blog104.fc2.com/
サイト紹介文メゾソプラノ歌手 藤井奈生子の日記です。
自由文歌や音楽の話、住んでいたドイツ・オーストリアの話はもちろん、歌手の日常生活**心身を健康に保つ秘訣ースポーツや食べ物の話、大好きな本や映画の話など**ちょっとした幸せを書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/01/07 13:34

藤井奈生子 さんのブログ記事

  • 「信長貴富作品展」
  • 先週末、7/20(金)に開催される「信長貴富作品展」演奏会の初顔合わせ兼初合わせがありました。一人で譜読みしている時よりも、アンサンブルで声を合わせていくことによって、歌詞と音楽の素晴らしさを実感しながら、歌うことができてとてもしあわせな時間でした。普段は作曲家ご自身に質問することはできないので、(残念ながら、皆すでに召天している作曲家の作品が多いので、、)信長先生から直接アドバイスいただけるのは、貴重 [続きを読む]
  • 混声合唱団 羽ばたく会 定期演奏会 2018
  • 来たる7/8(日)、ヴォイトレに時々行かせて頂いている混声合唱団「羽ばたく会」の定期演奏会に、アルトソロで出演します。場所は、勝どきの第一生命ホールです??演目はモーツァルト「レクイエム」、その前のソリストによるステージではそれぞれのソリストがオペラアリアと日本語の歌を披露します。私は、モーツァルトの「フィガロの結婚」より、ケルビーノのアリア『恋とはどんなものかしら』、コープランドの『川辺に』を日本 [続きを読む]
  • 小石川後楽園へ
  • 来たる7/8(日)、ヴォイトレに時々行かせて頂いている混声合唱団「羽ばたく会」の定期演奏会に、アルトソロで出演します。場所は、勝どきの第一生命ホールです??演目はモーツァルト「レクイエム」、その前のソリストによるステージではそれぞれのソリストがオペラアリアと日本語の歌を披露します。私は、モーツァルトの「フィガロの結婚」より、ケルビーノのアリア『恋とはどんなものかしら』、コープランドの『川辺に』を日本 [続きを読む]
  • 新年度 Am neuen Semester
  • 今年も早いもので、もう4月になりました。桜の季節が例年より早かったので、最近は、初夏の陽気の日もあって、随分気持ちの良い気候になっています。おかげさまで、私も心新たに、新しい年度を始めることができました。4校で教えに行く毎日を過ごしております。1月よりも、4月の方が、私にとっては新しい年という気持ち引き締まる季節となります。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。Es ist schon über drei Monate dieses [続きを読む]
  • 年が暮れていきます
  • 今年もあっという間に暮れていきます。昨日で、一応仕事納め、今日は年賀状作りに追われています。今年も色々な場所で、大変おせわになりました。来年もどうぞよろしくお願いいたします。 フィンランド、サヴォンリンナにて。8月。船の上にて。 [続きを読む]
  • バッハのアリア (2017 リサイタル 対訳)
  • 来週金曜のリサイタルまで、もう少しとなりました。僭越ながら、対訳が完成しましたので、いち早く、こちらにアップします。当日歌われる歌曲の対訳です。J.S.バッハ J.S.Bachカンタータ第30番 より アリア 「来なさい、悩む罪人達よ」Aus Kantata "Freue dich, erlöste Schar" Arie : Kommt, ihr angefochtnen Sünder Kommt, ihr angefochtnen Sünder,Eilt und lauft, ihr Adamskinder,Euer Heiland ruft und schreit!Kommet, [続きを読む]
  • 藤井奈生子 メゾソプラノ・リサイタル Vol.15
  • 今年のソロリサイタルのチラシができました。今回は、公益社団法人日本演奏連盟/山田康子奨励・助成コンサートに選出されました。お聴きいただけたら、うれしいです。どうぞよろしくお願いいたします。藤井奈生子 メゾソプラノ・リサイタル vol.15ピアノ 藤井麻理2017年10月27日(金)ルーテル市ヶ谷センター18:30開場 19:00開演 全席自由 一般 3000 学生 2000 (当日券/一般 ¥3500 学生 2500)主催 YOF企画 yof85k [続きを読む]
  • ジョイントリサイタル、終了しました!
  • 5/4(木・祝)のタン・ジュンボ(バス)and 藤井奈生子(メゾソプラノ)ジョイントリサイタルは、無事終了致しました。ゴールデンウィークの真ん中の祝日に多くの方々に聴いていただき、また、当日券で駆けつけてくださった方々もたくさんおられて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今回は、それぞれのソロのステージの後、ジャンルを超えたミュージカルやポップスのナンバーもアンコールを含め、5曲、バスとメゾソプラノのオリジナ [続きを読む]
  • 二人でも三人でも集まるなら
  • ジョイントリサイタルが、ひと月をきりました。明日も、第2回目の合わせを、バスのタン・ジュンボさんと、ピアノの藤井麻理さんとします。ソロとは違う、声を重ね合わせるハーモニーを作れるのを今から私自身も楽しみにしています。これから少しずつ、私のソロリサイタルでも、事前に曲の対訳をこのブログに載せていますが、今回のジョイントリサイタルのプログラムも、ここに対訳と簡単な説明をさせていただきます。今回のジョイ [続きを読む]
  • ジョイントリサイタルお知らせ
  • 5/4(木・祝)にジョイントリサイタルを、バスのタン・ジュンボさんとすることになりました。前半はそれぞれのソロ曲をたっぷり、(私は、バッハのアリア、ドイツリート、ボボさんはイタリアやフランスオペラアリアやアメリカンソングスなど)、最後にメゾソプラノとバスの珍しいアンサンブルで、誰でも良く知ってる曲をオリジナルデュエットバージョンで、お届けします。楽しいステージになると思います。ピアノは藤井麻理さんです。 [続きを読む]
  • CD 新発売です
  • 今年の9月のリサイタルのライブCDが、発売されました。(ジャケットは、この夏にフィンランドのサヴォンリンナに行った時に私が撮影しました夕焼けです。)今回のプログラムは、ウルマンの「夕べの幻想」をはじめとして、レーガーの傑作歌曲「希望に寄す」や、美しいばかりでないメンデルスゾーンの歌曲、またほとんど日本では演奏されないC.P.E.バッハの歌曲など、ご紹介したい曲がたくさん詰まっています。生でお聴きいただいた方 [続きを読む]
  • メリークリスマス??
  • 今年の9月のリサイタルのライブCDが、発売されました。(ジャケットは、この夏にフィンランドのサヴォンリンナに行った時に私が撮影しました夕焼けです。)今回のプログラムは、ウルマンの「夕べの幻想」をはじめとして、レーガーの傑作歌曲「希望に寄す」や、美しいばかりでないメンデルスゾーンの歌曲、またほとんど日本では演奏されないC.P.E.バッハの歌曲など、ご紹介したい曲がたくさん詰まっています。生でお聴きいただいた方 [続きを読む]
  • 徳島第九 フラッシュモブ 
  • 9月13日に表参道ヒルズで、徳島県主催の第九のフラッシュモブに、アルトソロで参加しました。その時のYouTubeがアップされました。来年は徳島・鳴門で、第九の初演100年を迎えるそうで、そのPRを兼ねて、フラッシュモブが行われました。表参道ヒルズは、広々とした空間の建物ですが、音響的にもとてもよく、オーケストラの音も合唱の歌声も素晴らしく響いていました。こうして一つの動画としてみると、ステージで演奏するのとは [続きを読む]
  • リサイタルのご来場ありがとうございました
  • 9/29に無事にリサイタルを終えました。お聴きくださった方々、どうもありがとうございました。終演後、お会いできなかった方々も多くいらっしゃいましたが、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。すばらしい作品との出会いから、楽譜と詩の研究に没頭した数ヶ月、最後の数週間は寝ても冷めても、いつも体の中に作品を携えて暮らしていく日々でした。今回のリサイタルの録音は、CDにできたらと思っています。実現し、 [続きを読む]
  • 2016年 リサイタル  のご案内
  • 今年のリサイタル、決定いたしました。藤井奈生子 メゾ・ソプラノ リサイタル vol.14〜夕べの幻想 Abendphantasie2016年9月29日(木) ルーテル市ヶ谷センター18:30開場 19:00開演 全席自由 一般 3000 学生 2000 (当日券/一般 ¥3500 学生 2500)主催 YOF企画 後援 東京音楽大学校友会 公益社団法人日本演奏連盟 ザルツブルク文化事業団 M.レーガー協会 / E.レーガー財団〈お問い合わせ・お申し込み〉YOF企画 y [続きを読む]
  • M.レーガーの歌曲
  • リサイタルの最後のブロックは、今年没後100年のM.レーガーの歌曲です。写真は、ヴィッテンベルクにある教会の前の扉で、ルターが、95ヶ条の論題を1517年10月31日にヴィッテンベルク大学の聖堂の扉に提示したと言われています。レーガーは、ルター派の教会で歌われるコラールを独自のハーモニーで発展させた作品を多く残しましたが、歌曲の分野でも、その独特なハーモニー進行が色彩豊かな音楽を作り出しています。Zwei geistliche [続きを読む]
  • ウルマン 「夕べの幻想 Abendphantasie」の対訳
  • 今回のリサイタルの副題にもなっています、ウルマンの 「夕べの幻想 Abendphantasie」の対訳です。ドイツの大詩人ヘルダーリンの詩による美しい曲です。9/3のブログにも少し書きましたが、ウルマンはユダヤ人だったので、ナチスによって収容所に収監されましたが、そこで多くの作品を残します。その中の一曲がこの夕べの幻想で、その直後にアウシュビッツ収容所に移され、亡き人となります。彼の運命と彼より100年以上前に生きた [続きを読む]