msashi さん プロフィール

  •  
msashiさん: なんでもタッチ!
ハンドル名msashi さん
ブログタイトルなんでもタッチ!
ブログURLhttp://toucher.blog82.fc2.com/
サイト紹介文街の何でもないものに、手で触れる。たったそれだけのことで、日常がほのかに楽しくなります。
自由文「触れる」。最も単純な行為を趣味にしようと思ったのは、これなら私でも続けられそうな気がしたからです。誰にでも実践できるルールで、ほんの少しだけ広がる世界を、皆さんと共有できたらいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2008/01/07 23:14

msashi さんのブログ記事

  • 送水口(消防隊専用)
  • ワイルドフラワーガーデンは中部電力が整備した庭園で、新名古屋火力発電所の緑地敷地内にあります。なのですぐ横には発電所の放水口が。そういえば園内にも温排水を利用して開花時期を早める仕掛けが紹介されていましたね。そこにある(ワイルドフラワーガーデンへの?)送水口。ここは周りより低い場所なので、上から壁伝いにパイプが伸びてきています。ワイルドフラワーガーデンの記事は以上です。Keyword: 消防隊専用 [続きを読む]
  • 乳香の香り
  • ワイルドフラワーガーデンのサニーハウス内。香りの展示です。香りはタッチ対象かというと微妙になりそうですが、香りをかぐためにはフタを手で開ける必要があるのでよしとします。 [続きを読む]
  • クマ
  • 何はともあれ握手です。日の光をいっぱい溜め込んでいる様子でした。温かい握手だったです。Keyword: 握手 [続きを読む]
  • バリアフリー砂利舗装
  • 引き続きワイルドフラワーガーデン園内。ベビーカーや車いすでも通れる砂利舗装との説明。真上から見るとこんな感じでした。樹脂製のシート状のものが仕切りの役割を果たしていて、砂利は小さな各仕切りの中に収まっています。車いす等の車輪が入っても砂利が左右に逃げていかないので、スムーズに通行できるという仕掛けなんですね。しかしこの仕掛けにより思わぬ存在が。海藻のようなものが舗装上に生えていますが…イシクラゲと [続きを読む]
  • ウッドチップ舗装
  • ワイルドフラワーガーデンに行ってきましたので、触れたものを何日かに分けて紹介します。これはウッドチップ舗装などと言うのでしょうか。ふかふかしていますね。コンクリや硬い舗装の上を歩くのと違いやさしい歩き心地ですが、何か布団か絨毯の上を靴で歩いているようなイケナイ感じもしなくはないです。 [続きを読む]
  • 信号柱
  • 信号機の柱の土台部分。鉄の輪っかを重ねて作ったようなかたち。土器を作るときに、粘土で紐を作り輪っかにして重ねますが、そんな感じです。近づいてみると、内部機器にアクセスできるメンテナンス用の蓋もちゃんとあるようです。Keyword: パストレーシング [続きを読む]
  • 盲導犬の像
  • 名古屋競馬場にある盲導犬の募金箱。等身大の盲導犬の像がその上に。色もそのままですし、毛並みの細かい具合まで再現されていてリアルです。ハーネスも本物なんでしょうかね。ハーネスには「KEIRIN」のマークが。なるほどここは競輪場だから…と一瞬納得してしまいましたが競馬場でしたね。Keyword: 握手 [続きを読む]
  • 七ツ塚
  • 前回の続きで桶狭間。何の変哲もない住宅街の、住宅と住宅の隙間。矢印がないと見落としてしまうような細道を入ると…七ツ塚に到着しました。信長が村人に戦死者を埋葬させたそうです。今でも地元の方が供養しているのですね。さて、今回は触れても大丈夫なのでしょうか。(前回の件があるので慎重になってます…)解説文を読むと、「これを取り壊す者は、「たたり」があり、命を失った者も居たそうです。」とありました。触れるだけ [続きを読む]
  • 馬繋ぎのネズの木
  • 緑区にある桶狭間古戦場公園。ここにある枯れたネズの木は、今川義元が馬を繋いだ木と伝えられているそうです。ちなみに説明文によると、この木に触れると熱病にかかるという言い伝えが。えっ!?その文を読む前に触れてしまいました。今回はうかつなタッチだったようです。それから現在(いま記事を書いている日)まで数日経っていますが、幸い何もありません。 [続きを読む]
  • 高みを目指すポール
  • 歩車道の分離として元々設置されている金属製逆U字状(「円」の文字から中央の縦線を取った形状)のポールの両端の縦部分に、プラスチック製のポール(の足元を切り取ったもの)を養生テープで継ぎ足したようです。高さ。それはそれだけでも目立ちますし魅力になります。今回のケースでは、地面にそのまま通常のポールとして設置しただけではなし得なかった高さを、養生テープと「二つのものを組み合わせる」工夫で達成したのだと思い [続きを読む]
  • 鳥よけスパイク
  • 針金が多数突き出ているタイプの鳥よけ。普通はさわれない位置にあるものですが、ここでは階段等の関係で手が届く位置にあります。力を入れれば曲がってしまいそうな繊細なものですし、なんかの拍子でさわって曲げられてしまいそうですが、ほぼ原形を保っています。あまり触れられることがないのは、トゲトゲが「タッチフレンドリーではない」かたちだからかもしれません。(もうすっかり忘れてしまいましたが前に作った言葉です。 [続きを読む]
  • 両方向から指す矢印
  • 恐らく2階にあるお店への案内。ビルの左右にある階段のどちらでも行けるのでこういうかたちの矢印になっているのかと。結果として、中央にあるコンセントのカバープレートを両側から矢印で指すかたちに。普通なら気にも止められないはずのものが突然両方向から指差されて目立っています。私だったら恥ずかしくてこの場に居てられないでしょうね。両側から指でつつくようにタッチしてみました。 [続きを読む]
  • コーン標示カバー
  • カラーコーン(パイロン)にかぶせて使う「作業中」の表示です。ただ円錐のかたちに合わせているわけじゃなくて出っ張っている箇所があるのがポイントです。言葉で説明しにくいのですが、上から見ると果樹園の地図記号みたいになっていて円から外に出る直線部分のところ。しかもコーンバーの邪魔にならない位置。今回はその出っ張りの部分をビロビロと触れてみます。 [続きを読む]
  • 半開き送水口の蓋
  • おなじみ、送水口のプラスチック蓋です。例によって取れてしまっているのですが、一旦取れた蓋を斜め下向きにはめ込んでいます。バタフライバルブが半開きになっているような感じです。顔に見立てると、斜め下を向いている印象ですね。不用意に触ったら再び外れてしまいそうなので、タッチの力は最小限になります。Keyword: 消防隊専用 [続きを読む]
  • 山崎川の桜2017
  • 今年も桜の季節がやってきました。28日の開花宣言から5日経っていていつもより遅めのタッチとなります。なのでそこそこまとまって咲いている箇所も見られますね。なので、タッチも複数の花の塊にわさっとさわることもできます。 [続きを読む]
  • 手荷物サイズチェッカー
  • 引き続き県営名古屋空港。正式名称はわかりませんが、手荷物のサイズを調べるチェッカーです。角の部分に手荷物を入れてみて、寸法からはみ出たら機内持ち込み不可ってことですかね。今回は逆フレミング(入隅)のかたちになりますが、近くに係員がいて怪しまれそうなので角は無視してちょろっとタッチしただけです。 [続きを読む]
  • なごぴょん
  • 県営名古屋空港のマスコットキャラ。ペンギンのような飛行機のような。公式サイトに、「飛べない鳥を、近代技術によって飛べるようにしたというコンセプト」とあるのでやはりペンギンかつ飛行機のようですね。ここで記念撮影ができるようです。撮影用お立ち台の両側に立っていますので、二人(二羽?・二機?)とダブル握手ができます。Keyword: 握手 [続きを読む]
  • 何かの台
  • 地下鉄駅にある台。かつて何かが載せてあったのでしょう。公衆電話だったのかもしれません。少し曲がってしまった金属棒の部分に触れてみます。Keyword: パストレーシング [続きを読む]
  • あみだくじフェンス
  • 駐車場の入口。左右のポールを結ぶチェーンで立入を禁止しています。しかしここのユニークな点は、単に横方向のチェーンで結んであるだけじゃなくて、横のラインどうしを縦方向で結ぶチェーンが複数あることです。これは90度回転して縦横を逆転してみればあみだくじそのものです。したがって、今回のタッチはあみだくじのルールに従って経路を指で辿ります。Keyword: パストレーシング [続きを読む]