マルフジ さん プロフィール

  •  
マルフジさん: マルフジ
ハンドル名マルフジ さん
ブログタイトルマルフジ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/marufujikentiku/
サイト紹介文住まいを中心に設計を行なうマルフジ建築研究所の日々の活動や考え方を紹介しております。
自由文このブログと共にマルフジ建築研究所のウェブサイトもよろしくおねがいします。URLはこちら http//marufuji-arch.net 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2008/01/08 11:24

マルフジ さんのブログ記事

  • いつも選挙のおまけ扱い!
  •  この日曜日に衆議院選挙がある。それでポストに選挙公報と共に最高裁判所裁判官国民審査公報なるものが入っていた。(話と脈略ない画像、面白かったので・・・) いつも選挙の時のおまけのような扱いである。何故なら「やめさした方がよいと思う裁判官については上の欄に×を書いてください。」と書かれているからである。×を打ったためしがない。 いつも見たことが無かったのだが今回は候補者7名(こっちはもっと凄いけどチャ [続きを読む]
  • 切断された住宅!
  •  今日通りがかった家を見てびっくりした! 2階建ての住宅が隣地に土地を売却した残地なのだろうか?敷地ギリギリに見事に住宅が切断されていた。まるで宮本武蔵が一刀両断したような、その切り口が非常に魅力的に見えた。 この異形の建築を見て思い出したのがイタリア、ビッツェンツァで見た後期ルネッサンスの建築家パラーディオのある住宅を思い出した。(建築名は忘れました、写真参照)(パラーディオの異形な住宅) これ [続きを読む]
  • 私のあき
  •  すいません忙しくてこんなものしかブログ更新できません。空の秋花の秋でもアキと言えば、出典http://yashiro.mirion.co.jp/私はやっぱり八代あき(笑)オチがついたのでこれにて失礼! [続きを読む]
  • 大谷君を見に行ったのに・・・
  •  昨日めちゃくちゃ忙しいのに、大阪ドームのオリックス-日本ハム戦を見に行った。 目的は来年から大谷君が大リーグ挑戦するので彼が見れるのも今年が最後、その彼の投球(160キロ台の球を見たかった)を見ること。(寿司ボンバー、レアード選手) しかしスタメン発表はDHで3番だった。日ハムは誰が先発なのかと思ったら、ある意味彼も見れるの最後かも知れない斉藤佑樹投手だった。対するオリックス側はエース金子投手。 (斉藤佑 [続きを読む]
  • この「フィレンツェ」ってこれでいいの?
  •  先日通りすがったマンションの名前が写真のような名だった!「えっ???」と思った。フィレンツェ在住の塩野七生さんに見せたいネーミングである。 よくマンションでイタリアっぽく「カーサ・・・」とか「パラッツオ・・・」(これも建築的には使い方間違っているけど)というネーミングは見かける。ここまではまだ許せる。しかしこの「フィレンツェ」って都市の名前では?「パリ船場南」・「ニューヨーク船場南」とか「上海船 [続きを読む]
  • ラーメンの恨みはラーメンで!
  •  先日枚方市役所で打合せがあり、それが終わったらちょうどお昼過ぎだった。役所の前にチェーン店のラーメン屋があったので入った。  店に入ると昼時なのに客は私含めて2人しかいない。ここは駅も近く市役所前なので一等地なのに嫌な予感。 このチェーン店のラーメン屋は大阪によくある店で昔は好きでよく行っていたのでそれでも安心していた。 注文しようとメニューを見るけど何か昔ほど意気込みがない、定食メニューのアイ [続きを読む]
  • 「宮本武蔵」を読んで
  •  日本ハムファイターズの大谷選手を皆、二刀流という。打者と投手どちらも一流だから見ているファンもワクワクする。  本屋の時代劇コーナーに必ず見かける吉川英治の歴史時代文庫。特に「宮本武蔵」は古本屋でさえ無い店探す方が難しい!よほどベストセラーだったことを、それが物語っている。 だったらこの夏、二刀流の元祖、「宮本武蔵」を読んでみようと思いたった。 「決闘」(果たし合い?)は古来、日本のみならず世界 [続きを読む]
  • 核兵器の対策??
  •  先日、スマホが地震の時のように鳴った、ほぼ同時にサイレンと緊急放送が街頭から流れた! 何の騒ぎだ!とうとう北朝鮮がミサイル撃ってきたのか?と思ったがどうやら、その予行演習だったようである。 そうこうしていると「日本核武装」といきなり物騒な言葉も飛び出てきた! まして核兵器禁止条約も日本は反対していると聞く。 世界で唯一の被爆国としては何処の国であろうが核兵器反対と一貫すべき!である。 そこでまた [続きを読む]
  • ようやく夏の行事終了!
  •  校庭キャンプの翌日、今度は中学生の校下対抗ソフトボール(男子)&キックベースボール大会(女子)の区大会があった。 因みに彼らが小学生の時、校庭キャンプもおっさん達は見ているので、おぼろげながら顔は覚えている。 朝早くからテントの設営から防球ネット張り、グランド整備を行う。ようやく試合開始!キックベースボールはルールがよくわかっていないのでソフトボールの方の担当(記録係や審判をする)になる。 しか [続きを読む]
  • 大阪城は長渕ばかり!
  •  たまに気分転換で大阪城を抜けて通勤している。今日はその大阪城に向かう橋を渡る手前から大阪城ホール周辺が騒がしい!そして橋を渡る途中すれ違ったファンの方らしき人のいでたちと背後から流れる曲、誰がコンサートに来たのかすぐにわかった。褐色の肌、黒いランニングシャツにサングラス、後ろに流れていた曲は「巡恋歌」そう長渕剛である。橋を渡って大阪城ホール前の広場では、まだ朝なのに2〜3組長渕の曲を弾き語り熱唱し [続きを読む]
  • ラッキー人参
  •  先日、毎年恒例の小学校の校庭キャンプに行く。 校庭キャンプとは9〜10人の4年生の男女がクラスではなくランダムに分けられて、翌年5年生時の林間学校のプレイベントとして先生以外の一般人と触れ合い学年同士のチームワークを作っていくと言う趣旨で地域の自治会が中心となり毎年行っている。(詳しくは下記参照)    ↓https://blogs.yahoo.co.jp/marufujikentiku/47166717.html(飯ごうチーム) 今回、各班ごと作ったお昼 [続きを読む]
  • 「インファナル・アフェア」を観て
  •  世の中には表と裏の世界がある。 警察とマフィアお互い、その組織に何年も潜り込ませた密偵(通称ネズミ)その彼らが互いに対峙して探りあう。 警察の密偵役がトニー・レオン、マフィアの密偵役がアンディ・ラウというダブルキャストの物語(2002/香港/アンドリュー・ラウ監督)である。 どちらが先に身元がばれるか神経戦がたまらなくハラハラドキドキさせられる。お互い正体はわからないが当事者で知り得ない情報が漏れてい [続きを読む]
  • ジャガーポーズしてみたい!
  • 仕事で中継見てませんがサムライジャパン勝ていた!出典http://www.sanspo.com/soccer/news/20170831/jpn17083118160009-n1.html関係ないけど私もジャガーポーズしてみたい(笑)出典http://www.sanspo.com/soccer/news/20170831/jpn17083118160009-n1.html一番ホッとしたのはサムライジャパンのキャプテンだろうか?ご苦労様でした。出典http://www.sanspo.com/soccer/news/20170831/jpn17083118160009-n1.htmlとにかくワールドカ [続きを読む]
  • 六波羅密寺をお参りして
  •  先日京都の現場の帰り、東山の方から五条方面に歩いて戻る途中にこの寺(六波羅密寺)があったのでいつものようにロフテッド軌道で寄り道した(笑) この地が平家物語の「六波羅」(平家のホームグラウンド)か!しかしこの寺以外はこのエリア「六原」と書いてあるどっちが正しいのやら?? とにかく中に入り本堂(1363築、重要文化財)参拝してから宝物殿に向かった。なんの予備知識もなく中にある仏像を拝見した。ここの凄いの [続きを読む]
  • ロフテッド軌道とは?
  •  朝起きてテレビ見ると全番組、北朝鮮から打ったミサイルについて大騒ぎしていた。 これだけ日本で大騒ぎしたら北朝鮮からしたら、しめたものである。彼らは振り向いて欲しいのである。 ここは無視すべきである。よくスーパーで子供があれ買ってほしいと駄々をこねて座り込んだり、寝転んだりアピールするとき、おかーさんはそのまま無視して素通りする、子供は泣き止んで母親を追いかける。あの作戦である(笑)題して「そのま [続きを読む]
  • 幻の腕挫十字固!
  •  先日、府の総合体育大会の柔道の試合に出場した。前回この大会に出場したのがちょうど10年前、今回うちの柔道教室出場者がよほど居なかったようでお鉢がこちらに廻ってきた。  段別(年齢、体重は無差別)の試合で、道場の先生陣の立場からすると(道場の)面子もあり勝てる人材優先に出したいので10年もお呼びがなかった。しかし私はこの大会前回準優勝しているので悪い印象は無かった。準優勝といってもとてもラッキーなこと [続きを読む]
  • 「ジェリー・ルイスの底抜け大学教授」を観て
  •  先日ジェリー・ルイスが亡くなった。「半世紀にわたって私達を笑わせてくれた」とホワイトハウスがその功績称え発表していることからも彼がどれだけ影響あったかわかる。 子供の頃、親が西部劇映画とコメディ映画好きで一緒によく見ていた。といってもテレビで日曜洋画劇場のような番組で「底抜け・・・」シリーズを見ていただけである。ディーン・マーチンとのコンビ(たしか底抜け抜け二丁拳銃???)のものやジェリー・ルイ [続きを読む]
  • 女子走り高跳びの時代!
  •  今年の高校野球は凄かったとか言ってたけど私、実はそれより以上に世界陸上ロンドン大会をよく見ていた。 理由は仕事柄、夜行性なので家帰ってちょうどいい時間帯にLIVE中継していたから。 女子の走り幅跳びでは競技転向4年目の新人選手が優勝候補の連覇を阻んだり、喧嘩したら絶対負けそうな迫力の女子砲丸投げは中国の砲丸女王復活を見た。 中でも女子走り幅跳びウクライナのレブチェンコ選手見たとき恋に落ちた!その後に [続きを読む]
  • フルスイングの時代!!
  •  夏の甲子園も花咲徳栄(埼玉)が優勝して幕を閉じた。この夏は甲子園行けなかったのが残念だった。出典http://www.sanspo.com/high-baseball/koshien99/score/kekka170823_1.html しかし今年の高校野球は打撃が凄かった!積極的に打つ打者の姿勢が頼もしい。 オッサンの時代なんぞたまに試合に出ると監督から「当たってきてもいいからな!」と言われる始末。3ボール0ストライクからフルスイングしようものなら、そこですぐ選手 [続きを読む]
  • 「嫌われ政次の一生」の回を観て
  •  NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の「嫌われ政次の一生」の回を観た。 大河ドラマ観てこんな感動することはなかなか無い。出典http://news.livedoor.com/article/image_detail/13497773/?img_id=13670783 小野但馬守政次(高橋一生)が罠にはまった直虎(柴崎コウ)を庇い自分が身代わりとなって磔処刑される。 この感動のシーンの伏線がある。幼馴染みの政次と直虎が二人きりになるのはいつも碁を打つときである。 お互い離 [続きを読む]
  • 乃木坂46より南部坂47
  •  いつも通勤で大阪城を横切る。この3日間大阪城ホール周辺は異様な人だかり。しかも今日は朝、強烈な夕立(朝なのに)が降ったにも関わらず皆、我慢強く列んでいた! 何の集まりだと思ったら「乃木坂46・真夏の全国ツアー2017」が原因だった。よく観察すると若い男子が多い、中にはそうとうオッサンらしき者もいた。かく言うオッサンの私は「乃木坂46」のメンバー誰も知らない! 何で「乃木坂」?と思った。いっそ「南部坂47」 [続きを読む]
  • 万灯供養に行く
  •  何の信心もない罰当たりな自分だが、四天王寺の万灯供養だけは毎年欠かさず行っている。 境内の長方形で囲まれた回廊(コロネード/列柱)の中に又規則正しくローソクのコロネード(列柱)が建並び暗闇の中そのローソクから炎が風で揺らめき立ち込める煙と般若心経を唱える声が融合して幽玄な世界を演出している。 この揺れ動く炎とお経が、まるで空を超え宇宙と交信している様に子供の時から思っていた。 その揺れ動く炎の波 [続きを読む]
  • 「君の膵臓を食べたい」を観て
  •  いつも笑顔が絶えない明るく印象的な彼女、その笑顔の理由は余命1〜2年。彼女は高校のクラス一番人気、その彼女が何故かクラスで名前も呼ばれたことのない地味な男子と過ごす青春ラブストーリー。 そのきっかけは彼女が書いていた日記「共病文庫」を偶然彼が読んでしまうところから始まる。 二人はお互い「君」と呼ぶ微妙な関係。名前(ファーストネーム)で呼ぶほど友達や恋人でもなく、「おい」とか「おまえ」とか「あんた」 [続きを読む]