海道 遠(かなた) さん プロフィール

  •  
海道 遠(かなた)さん: 浪漫@kaido kanata
ハンドル名海道 遠(かなた) さん
ブログタイトル浪漫@kaido kanata
ブログURLhttp://kaidokanata.blog51.fc2.com/
サイト紹介文自作小説の大正浪漫、SF、大河歴史のほかイラスト、漫画などもUPする予定です。
自由文ペンネーム:海道 遠(かいどう かなた)です。

 小さい頃からお絵描き大好き&お話創るの、大好き→漫画家になりたい →色々あってもの書きに転向→結婚、妊娠、育児のブランクを経て再度ペンを持つ。→が、コンクールに落ちる事、数知れず。→諦めてアマの道へ
 こんな経緯で書き溜めた小説と、イラストなどのビジュアル面も今後増やしてゆきます。

 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供241回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2008/01/10 13:14

海道 遠(かなた) さんのブログ記事

  • 三浦春馬出演CM フェイス 10日より放映開始
  • 正義と正義の対峙目玉焼きにかけるのは、ソースか醤油か!?どちらが正義ともいえない 答えのない対決!!GAMEのCMですが、日本の地方により放映されるもの。全国放送であればいいのに、と 切望します。こういう春馬くんの姿は イバライガーでしか見れないですもんね。★さて、あなたは ソースか醤油かどちら? お店にいた お姉さんのように、プラスマヨ!?.fc2 "http://kaidokanata.com/" target="_blank"> [続きを読む]
  • 三浦春馬主演 「ダイイング・アイ」19年3月 放送
  • 西麻布のバー・茗荷のバーテンダー、雨村慎介(三浦春馬)はある夜、見知らぬ男に襲われ、自分に関する一部の記憶を失ったが、やがて、自分が1年半前に交通事故を起こし、岸中美菜絵という女性を死なせてしまっていたこと、そして自分を襲って来たのちに自殺した男は、美菜絵の夫・玲二だったことを知る。周囲の人間たちからなぜか「嫌なことは思い出さない方がいい」としきりに忠告された慎介は事故の真相に疑問を持ち始める…… [続きを読む]
  • 三浦春馬 家族に乾杯「ほんの出来心やで」2
  • 田んぼ沿いの道をぶらぶら行く春馬くん。 「僕は茨城県つくばの中でもひがしとうこうだいって所の  出身で、こういう風景を幼少期には見て育ったので、  懐かしいというか、肌に合うというか」 ★雑貨屋「BLUE CAT」に行き着く。 奥さん、そっこー撮影許可!! 「やった〜〜!!」 レトロな可愛いものが家の中にいっぱい。 春馬くんは 黒猫の絵画??を気に入り、 「買います!」 3900円 しゃれた猫の絵だ。BLU [続きを読む]
  • 三浦春馬 家族に乾杯 「ほんの出来心やで」1
  • 大阪府能勢町。 春馬くんがどうしてここへ来たか? 「大好きな日本酒の蔵元を訪ねたい」 「秋鹿」 「奥鹿」 生もと造り、山廃もと造り 酔い口も緩やか 野間神社から 皆さんがバーベキューやってるところで ごちそうになる。 パジャマから慌てて制服に着替えてきた女の子。口紅までつけて?? ★蔵元へ移動。「休み」という札が!!  しかし、奥さんがいたはった。  社長を呼び、利き酒はいや、蔵元にきてほしくない  タイプ [続きを読む]
  • 三浦春馬氏の演じてきた人物たち(加筆あり)
  • 「役者とは 孤独なもの―――」 たとえ、スタッフ、共演者と創り上げるにせよ、 演じるのは 役者本人 ただ一人。 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 三浦春馬氏 出演作の役柄「十四才の母」キリちゃん   母ひとり、子ひとりでした。 「ブラ・マン」 ファルコン  忙しい父に 妹とふたり、放ったらかし。  後に 父親亡くなる。 「ごくせん」 簾くん   姉ちゃんが いたけど孤独そうでした?? 「大切」 修二センセ [続きを読む]
  • 三浦春馬主演 舞台「罪と罰」会見と27日サタデープラス
  • 三浦春馬が主演をつとめる舞台『罪と罰』が、 新春早々に東京と大阪で上演。 英国人演出家フィリップ・ブリーンと再タッグを組む 本作について10月26日、三浦が大阪市内で会見を開いた。 演じる青年役について「行動は理解できません。 自分の気持ちをどう近づけるか」と難役への 挑戦を楽しんでいるよう 『地獄のオルフェウス』(2015年)で共演した 大竹しのぶも魅せられた演出家・フィリップ。 三浦は、「私たちの実体 [続きを読む]
  • 三浦春馬イメージ小説「サマルカンドの娘」2
  • 太陽が中天にかかろうとしている。一番、暑い時間帯だ。「離して、離してよ、異邦人の男!」叫ぶ娘には構わず、青年は引きずるように奥の寺院へ引っ張っていった。 礼拝堂に入ると、万華鏡をいくつも重ね合わせたように、色とりどりの窓ガラスが床に映り、極彩色の世界だ。お祈りのコーランがゆるりと響く。「異教徒が入って、許されると思っているの」 抵抗する娘は、青年の横顔の美しさに気づいた。「美しいくせに、こんなに強 [続きを読む]
  • 三浦春馬イメージ 小説「サマルカンドの娘」1
  •  古代より多くの国の勢力が蹂躙し、馬蹄にかけ築かれたブルーモスクの林立する青の都、中央アジア、ウズベキスタンにあるサマルカンド。 観光客はもちろん、外国からの留学生は多い。 どこの国とも変わらず、市場は賑やかだ。客を呼び込む商いの声、ロバやラクダのいななき。祭りが近いので、いつもより活気づいている。 「ぼやぼやするな、ダフォーラ、早く並べちまいな」  果物市場で、汗を垂らして力仕事をしている娘がい [続きを読む]
  • 三浦春馬 JUJU せかほし 最新トレンド雑貨
  • バイヤー 村山由衣さん NYで 最新トレンドを探す ★心がときめくかどうか!? ★ユニコーンデザインのもの。  LGBTの性的なマイノリティーでもある。 ★ラマ<とても人気>  ユニコーンと同じく幸せをもたらせてくれる 現地のイラストレーターとコラボして雑貨をつくる スタジオにカラフルな雑貨見本が。 JUJU「持ってるだけで元気になりそうですね」   NYの人たちって、個を大切にする   日本の人たちってみんな 同じ― [続きを読む]
  • 「CROSS 碧き琥珀に眠れ」Amazon kindle化のお知らせ
  • Amazon Kindle版 発売になりました。 「碧き琥珀に眠れ」 表紙画像です。 著者:海道遠(かいどう かなた) ASIN: B07JVYRCYN <あらすじ> ジャレツとキャスケードは 人捜し稼業の二人組。 ある日、ジャレツが相棒のキャスケードを港に迎えに行くと 船が沈没、キャスケードは行方不明に。 サーカス一座の男の子、ロピが海岸で青年を見つけて  母親のマドカと連れ帰る。 女団長のリダとの介抱で意識を取り戻すが [続きを読む]
  • 三浦春馬 イメージSS サツマイモの日記念 般若女子
  • おや?みんなで焼き芋してると、公園の隅に黒髪の女性が。なんて つややかな髪だろう。きっといい匂いだし、美人だぞ。ドキドキしてきた。そうだ!!サツマイモ、持っていこう!「これ、君に食べてほしいんだけど」振り向いた女の子は 恐ろしい般若のお面をつけていた。「!!!!!!」僕は愕然となった。「和風のハロウィンの稽古か何か??」黒髪のロングヘアが素敵なだけに、びっくりした。「さ、お面はずして、これ、食べて [続きを読む]
  • 三浦春馬 JUJU せかほし 肉→サラミ
  • <春馬くん衣装> シェフの白衣から着替えると すっかり秋色。 「熟成肉を思わせる(笑)ボルドーカラーのスーツに、 裾がシャツ素材のアシンメトリーなデザインを施した モックネックカットソーを、コーディネートしております。 シューズは光沢感が強めのレザーシューズを合わせております。」 MC極上リストより。 ************************************石塚バイヤーのフランスでの取引を見て 春馬「新商品を そのまま買い付け [続きを読む]
  • 三浦春馬 JUJU せかほし 肉
  • 石塚奈帆美バイヤー フランスから一流以上の食料を輸入。 春馬「初めてのシェフ姿です」     『美味しく焼くぜい!!』  「行きます!こんなおっきい肉を焼いたことなんてね、  ないです」 フライパンにひとつめを バイヤー「もう一枚焼きましょうか」 春馬「やった!」  ふたつ焼いてひっくり返す。いい焼き色。 J「こんなに、わ〜〜〜っていう回、無いです」 春馬「しまってきました」 お肉をフライパンから移し、塩コショ [続きを読む]
  • かつての三浦春馬くんの人生計画、40歳から農業
  • ・・・だったので(本気ではなかったでしょうが、 俳優を一生やると、決めていなかった頃、 WSでそんなことを言っていたので、 それをヒントに小説の計画を立てました。  <世界一美しいシリーズ> 1.世界一美しい農夫(日本編)  「青りんご 姥捨て山伝説」 2.世界一美しい農夫(西洋編)手つかず。 3.世界一美しい動物園の飼育係  「MY HONEY SUN BEAR」 4.世界一美しい弓道家  「射手」 双子 の美形 5.世界 [続きを読む]
  • 三浦春馬主演 tourist ホーチミン篇とまとめ
  • 第3話 ホーチミン篇の最後で 真の正体が少し、モノローグで明かされる。 「Akira」という絵葉書の差出人が姉で、 苦労した母と自分を置いて、どこかへ旅に出てしまっている ということ。 真は 姉のことを 「好き放題やってる人」と怒っているようだが、 内心、心配しているから探しているのだろう。 ★そんな時、ホーチミンで出会った泥酔状態のカオル。 女と逃避行した離婚話中の夫を追って ホーチミンにやってきた。 夫をまだ [続きを読む]
  • 三浦春馬くんは 人生の恩人
  • 「命の恩人」とは ちょっと違う気がします。 「人生の恩人」です。 私の人生を4つくらいに分けたら、 3つ目から 明るく希望にあふれさせてくれた 「人生の恩人」です。 今、こんなに 沢山ドラマや写真を見ることができて なんという幸せ。 バチが当たりそうで怖いくらいです。 それどころじゃない てんやわんやの方も いっぱいおられるでしょうに。 でも 春馬くん(touristでの真くん)が 旅していたように 人生は旅のよう [続きを読む]
  • なんなと 三浦春馬くんを書きたくて
  • なんなと(方言です)無理やりにでも 春馬くんのこと書きたくて。。。 自己啓発や名言集が好きらしいので、 固すぎない 『優しい哲学」が好きなのだな〜と 感じています。 小説などよりは。 自己啓発文が好き!! これが誠実でなくて 何でありましょう!? ★それにしては、春馬くんの生み出す言葉は  ロマンティックで 心の奥に深く残ったり、  使う漢字ひとつとっても 新しい発見になります。 ★先日も某番宣で  「まんま [続きを読む]
  • 三浦春馬主演 tourist 旅が僕の中の強さに気づかせてくれた 3
  • 若い頃は、旅が不安で億劫だった ある目的を胸に秘め、旅を続ける真。では、三浦さん自身が旅に求めるものは何だろうか。 「刺激ですね」 質問に対し、そう一言切り出して、それから三浦さんは自分の思考を整理するように話しはじめた。 *****************************************春馬「実は10代から20代前半の頃は旅に出るのが不安で億劫だったんです。言葉も喋れないし、知らない土地でどう楽しんでいいのかわからず、足踏みし [続きを読む]
  • 三浦春馬主演 tourist 旅が僕の中にある強さに気づかせてくれた 2
  • 彼女たちは、みんな最初から強さを持っていたと思う そんな真と旅先で出会うのが、各話のヒロインたち。真と異国の地を過ごすことで、彼女たちは人生の次の一歩を踏み出していく。 ************************************春馬「彼女たちはみんな旅のゴールがある。でもそこに辿り着くまでの間に迷ったり何かに縋ったりしたくなる瞬間があって。その時にたまたま現れたのが真だった。それがとても劇的で魅惑的だからドラマになるし、 [続きを読む]