浄蓮 さん プロフィール

  •  
浄蓮さん: ばあちゃん尼の日記
ハンドル名浄蓮 さん
ブログタイトルばあちゃん尼の日記
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mphfp651/
サイト紹介文80才を過ぎてからブログなるものを始めました。
自由文埼玉の田舎に小さな仏教の修行場を設立して30年。
80才を過ぎてからブログなるものを始めました。
修行の中で経験した不思議な体験を中心として、記録しておきます。
また、ホームページでは書けない日々の雑感を記録していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2008/01/12 23:32

浄蓮 さんのブログ記事

  • 【予防注射】
  • 鬼柚子。写真では分かりにくいですが直径20センチ位あります。本数限定の林檎酒をいただきました。御宝前の周りも荘厳が進んでいます。客殿には「日蓮大聖人御一代記」の絵が飾られました。【予防注射】11月13日。 久しぶりに、家庭医のY医院に行って参りました。おおよそ14週に一度のペースで行っていたのですが、今回は7週も延びてしまいました。今回は特別な事はなく、インフルエンザの予防注射を受けるためです [続きを読む]
  • 【8日後はお会式】
  • 花付けを孫のMちゃんが手伝ってくれています。ハナミズキが紅葉しています。花梨が黄色く色づきました。【8日後はお会式】ここ数日、雨模様のはっきりしない日が続いています。原稿を書いていると、庭先の赤く色づいたハナミズキの葉がはらはらと落ちるのが目に入り、ついペンを休めてしまいます。朝勤の後で境内を巡ると様々な落ち葉があり、踏むと、足の裏に柔らかい感じを伝えてきました。花梨の実が黄色く熟して、いくつかが [続きを読む]
  • 【身延山研修会】
  • 奥之院 思親閣。階段の両脇には、「大聖人お手植え」と言われる杉の大木があります。一寸の間、霧が晴れて、思親閣から富士川を見る事が出来ました。御廟所。読経中拝殿に上がり、香をお供えする役をいただきました。久遠寺の祖師堂前で、執事長の御上人とお会いしました。中央で説明されているのが中尾先生です。【身延山研修会】11月の5日6日と、東京西部教化センター主催の「中尾先生と巡る身延山特別研修会」に行って参り [続きを読む]
  • 【お会式の日が近づきました】
  • 大聖人も暖かい装いになりました。【お会式の日が近づきました】当教会の第737回日蓮大聖人御報恩会式の日が近づきました。今日は、何人かの信徒の方や孫達と共に道場や客殿の清掃をしました。御宝前・須弥壇の御尊像や荘厳具、御仏壇の御位牌、御守護?様の荘厳具等は、形や大きさに合わせた3種類の刷毛と「サッサ」を使って清拭しました。襖の張り替えが終わっていた客殿では、出来るだけ整頓する事を心掛けました。今年は、 [続きを読む]
  • 【花活けの心】
  • 行事等の打ち合わせは、このメンバーで行うことが多いです。【花活けの心】毎朝、境内に祀られている「宝塔」・「観世音菩薩」・「生類の慰霊碑」などに参詣しています。今朝、参詣に行って供えられた花を見て「ああ、今朝の花は何と丁寧に活けてある事だろう。」と感心しました。活けてある花は、立派なものではありません。いつもの百日草などです。しかし、それらの花々が在るべき処に座っているのです。「花を良く見て、それぞ [続きを読む]
  • 【M氏が見えました】
  • 絵蝋燭。蜜蝋なので色がついています。季節の花が描かれています。Y花園からポットマムをいただきました。【M氏が見えました】過日、電話を受けたM氏が見えました。約束していた時刻より早めに着き、弟子3が応対していたそうです。その名前を聞いて顔を思い出した程、疎遠になっていた方です。「久しぶりね。何年くらい会わなかったのかしら。」「30年以上もご無沙汰していました。」と、互いにかしこまった挨拶から始まりま [続きを読む]
  • 【冷たい林檎】
  • 秋になっても元気に昼顔が咲いています。H氏から林檎が送られてきました。【冷たい林檎】H氏から、沢山の林檎をいただきました。彼はT花園の研修生として埼玉に来ていた頃、花園の主人のT氏と共に始まったばかりの当教会に修行に通っていたのです。中野家の一間を借りて道場にしていた頃で、まだ道場も客殿も出来ていなかったのですが、皆が若く、修行に燃えていた時期でした。あれから45年も経っています。研修を終えてから [続きを読む]
  • 【布団干しをしようとしたら】
  • 次男家で作った樽柿。少しの手間で渋柿がこんなに美味しくなるのが不思議です。母の好物でした。お会式に備えて、担任と孫達で本堂の蛍光灯を交換しています。【布団干しをしようとしたら】快晴です。寝具を秋物に替えるために、この日を待っていました。午前中は秋物のシーツなどの軽いものを干しました。午後からは、これから使わない寝具を干す事にしていました。ところが、掛け布団を竿に掛けようとした時に、布団と物干し台と [続きを読む]
  • 【吹き出物】
  • 今夜の夕食は、私の好きな牡蠣フライとアサリの味噌汁です。【吹き出物】昼近くになって、急に明るく陽が射してきました。体調が思わしくなくて悩んでいたのですが、昨夜から唇に熱の吹き出物が出てきたので「ああ、風邪だったのか。」と安心しました。「新米を御宝前にお供えします。」と言って、Nさんが見えました。久しぶりに顔を合わせると「先生、いつも元気でいてくれて嬉しい。」と顔をくちゃくちゃにして喜んでくれます。 [続きを読む]
  • 【MさんとYさん】
  • ナスの支柱の先端に何かいます。雨蛙が瞑想していました。(^_^)【MさんとYさん】MさんとYさんが参詣に来ました。二人の親たちは、正顕結社の信徒だったのです。Mさんは、私より3才年下の幼馴染みです。私が行田の地に帰ってきたので、昔の縁が復活したのです。Yさんはもう一代下って、Mさんの義理の姪にあたります。そのYさんが、月に一度、Mさんを車に乗せて参詣に来てくれるのです。Mさんに会うと、どうしても昔話に [続きを読む]
  • 【声をかけられると】
  • 青紫蘇の穂に花が咲き始めました。一月ほど前の写真です。次男家からの差し入れの紫蘇の実の醤油漬け。実がしっかりと入る前の柔らかな実を摘んで、醤油漬けにしてあります。歯に当たらない美味しさです。【声をかけられると】10月23日(火)10年ほど前に、家庭医に勧められて散歩を始めました。その頃は、他の人と一緒に歩いていてもさほど遅れることもになく歩けました。一時間以上も歩き続けられて、楽しく散歩が出来たの [続きを読む]
  • 【散歩を始めました】
  • 田圃に残った稲藁を焼いています。さきたま緑道を歩く人も、スマホを使いながらの人が多いです。Uさんの家の御守護神に法味を言上しました。近所の撃鼓行脚も行っています。【散歩を始めました】10月17日(水)曇り空ですが、風一つ無い静かな日です。午後4時、散歩に出かけました。30分休まずに歩くことが目標です。11月の5,6日に身延山の研修会に参加することになったので、「皆に迷惑をかけぬように」と思って散歩 [続きを読む]
  • 【回向供養日】
  • 回向供養日に向けて、御宝前にお供えする花を活けています。秋らしい雰囲気に活け上がりました。【回向供養日】このところ、はっきりしない天気が続いています。16日の回向供養日に向けて、御宝前にお供えする花を境内から集めました。紫に白い斑点があるホトトギスは、今年の気候の故か、4本しか採れませんでした。藤袴も、そろそろ終わりのようです。小さな濃い桃色の紫がかった花です。この花は水揚げが難しく、花の咲き具合 [続きを読む]
  • 【九州行脚修行】
  • 仮本堂を訪ねると、御上人とお会いする事が出来ました。本成寺参詣の時には、雨が止みました。法要を行い、皆さんに大変喜んでいただきました。H氏の懇意にしている天草のお店で、昼食を御一緒しました。下り坂で、皆さんが私を支えて下さいました。6日の朝には、綺麗な虹が出て来ました。【九州行脚修行】10月4日から6日まで、九州行脚修行に行って参りました。3年前、熱烈な信徒の熊本のH一族が当教会まで参詣に来られた [続きを読む]
  • 【台風24号は北の海に抜けました】
  • 次男家からの差し入れの、大きな落ち鮎。お腹には、ぱんぱんに卵が詰まっています。この時期だけの川の恵みです。同じく、次男家からの差し入れの栗の渋皮煮。程良い甘さです。鬼皮を剥くのが大変だった事でしょう。クサギの花の中に、藍色の玉が実を結んでいます。【台風24号は北の海に抜けました】9月27日。晴れ間を見て、久しぶりに散歩に出かけました。裏の忍川は増水し、濁った水が勢いよく流れています。田圃には、黄色 [続きを読む]
  • 【誕生日が同じ3人】
  • 去年は皆落ちてしまって一つも食べられませんでしたが、今年は甘くて大きな百匁柿が実りました。今年も沢山のキノコが出てきました。これが食べられるナメコならば大豊作なのですが、素人が手を出しては事故の元ですね。花壇の隅に、今年も白い彼岸花が咲きました。【誕生日が同じ3人】長男の嫁、次男、長女の孫の3人の誕生日が同じ9月21日です。23人程の一族の中で、3人の誕生日が同じというのはなかなか珍しいと思います [続きを読む]
  • 【敬老の日を迎えてから】
  • 大きな栗が沢山採れました。調理が大変なので、茹でて二つに割り、スプーンでほじって食べています。(^o^)F氏御夫妻から、今年も美味しいトウモロコシをいただきました。早速御宝前に供えました。【敬老の日を迎えてから】今年の敬老の日は、こんな一日になりました。①孫のY君から「敬老の日御祝い」と書かれた、とらやの羊羹が届きました。②長女からは、靴下とショートケーキが贈られました。③次男家からは、鰻丼の夕食。常 [続きを読む]
  • 【施餓鬼会無事円成】
  • 施餓鬼会を迎えるために、まずは宝前の清掃から始めます。荘厳がだいぶ進みました。【施餓鬼会無事円成】9月7日。10月中旬並みという涼しい日が2日続きました。16日に施餓鬼会を迎えるので、午後から宝前の清掃と祭壇作りを致しました。須弥壇の釈尊像・大聖人の御尊像、その他の何体かの御尊像を、傷めぬように特製の刷毛を使って浄拭します。一通りの準備が終わってから施餓鬼会法要の打ち合わせをし、弟子5と6は帰宅し [続きを読む]
  • 【施餓鬼会が近づきました】
  • 文法の勉強をしようと思って、次男に小学生用のプリントを印刷してもらいました。戦時中は出来なかった勉強だったので、とても新鮮な気分です。今の子は、小学生から文法の勉強が出来て幸せですね。【施餓鬼会が近づきました】曇り空の蒸し暑い日が続いています。昨日の9日は、勉強会・大黒天祈祷会・役員会でした。裡の者は、施餓鬼会を迎えるための準備で多忙です。私も、少なくしてもらった卒塔婆書きを終えました。そして、1 [続きを読む]
  • 【台風が過ぎました】
  • 伊香保の「おもちゃ自動車博物館」に寄りました。キューピーの絵付けが楽しかったです。それぞれに楽しみながら彩色しました。後ろ姿も可愛いです。朝顔のは花も葉も吹き飛ばされて、茎だけが残っていました。【台風が過ぎました】9月1日。台風の影響を心配していましたが、祈祷会の時には雨も止んで静かな日になり、有難く思いました。祈祷会が終わった時に「御首題をいただきたいのです。」と言う男性が見えました。担任が御首 [続きを読む]
  • 【夏季休業日の終わりに】
  • 鴨が増水した川を泳いでいます。K氏から、手作りの果実酒・大根の梅酢漬け・小梅のカリカリ漬けをいただきました。【夏季休業日の終わりに】8月28日。もうすぐ夏季休業が終わります。今日は10日ぶりの定例会、9月に向けて決めておく事がいくつかありました。9月16日の施餓鬼会の準備に関しては、卒塔婆書きの分担・御供物の準備・法要の座配等を決めました。また、1日に配付する印刷物の進捗状況の確認や、9月の各自の [続きを読む]
  • 【戻り猛暑】
  • 稲の花が咲きました。今年の花梨は、出来が良さそうです。【戻り猛暑】8月26日。また、暑い日が来ました。テレビの気象情報によれば「戻り猛暑」と言うのだそうです。暑さが一応収まってから、また35度以上の気温になった時に使う言葉だそうです。熱中症予防の放送も、頻繁に流れています。特に「注意しなくては。」と思ったのは、熱中症の46%が家庭内で起きているという事でした。また、「はっきりとしない慢性熱中症患者 [続きを読む]
  • 【御首題】
  • 長男一家の手作り蒟蒻。花の形や骨の形など、楽しんで作った様子が伝わってきます。(^O^)【御首題】午前9時半頃、若い男性の方が見えました。Tシャツの背中には、うっすらと汗が滲んでいます。この暑い中を自転車で来られたのです。「御首題をいただきたい」との事でした。御首題帳には、沢山の日蓮宗寺院の御首題が奉載されていました。一寸時間がかかりましたが、担任が一生懸命に御首題を認めました。その間は、弟子2が応対 [続きを読む]
  • 【朝顔・処暑】
  • 松茸の焼き物。秋の気分を味わいました。鶏頭が赤く色づき始めました。キリン草は、一枝に四輪ずつ咲くようになりました。【朝顔・処暑】月に一度の新宿常圓寺の研修会に行ってくると、その夜はなかなか眠れません。原因は新宿駅の人波にあります。大勢の人の姿を見るので、それが刺激となって残るのです。そのせいで、翌朝は起きるのが億劫になります。しかし、どうしても朝は早めに起きなければなりません。部屋の外のプランター [続きを読む]
  • 【夏季休業中に】
  • クサギ。花の後に青紫の実がなります。マテバシイの実が色づいてきました。今年の栗は、例年よりも数が少ないです。霊山塔の生け垣に、沢山の小さな紅い朝顔が咲いていました。水を溜めておく桶にも、白い睡蓮が咲きました。【夏季休業中に】8月16日の盂蘭盆会の法要が終わると、8月末まで当教会は夏季休業に入り、短い期間ですが普段は出来ない個人の研修に取り組みます。今年は、「個人の修行の充実」と「終活の見直し」につ [続きを読む]