ymgch さん プロフィール

  •  
ymgchさん:  Photolog
ハンドル名ymgch さん
ブログタイトル Photolog
ブログURLhttps://ymgch.exblog.jp/
サイト紹介文EOS 6D+LレンズやiPhoneなどで撮った写真で日常を記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2008/01/13 08:51

ymgch さんのブログ記事

  • 怒りの明け方にポチった代物
  • 6月初旬のことですが、iPad Pro (10.5 inch) を購入しました。仕事などで使いたいので、かれこれ1ヶ月以上前から買おうと思ってたんですが、WWDC18での新型iPad Proの発表が確実視されていたこともあり、我慢して待っていたんです。しかもWWDC18の基調講演を生中継で真夜中に見ていたんです。ところがどうでしょう、御存知の通りソフトの発表に留まり、一切新作... [続きを読む]
  • 寺泊出張
  • 先日、久しぶりにゴルフ中継で新潟出張へ行ってきました。現場も泊まりも日本海沿いの寺泊です。漁港近くの魚のアメ横は有名で、公私ともに何度も訪れております。今回は本隊チームではない参加だったので、泊まりは海から離れた寺泊駅前でした。初めて寺泊駅を訪れましたが、恐れながら申し上げると「な〜んにも無い」ところです。そのすぐ駅前に割烹旅館がありまして、我々別班チームはこの仕事の際... [続きを読む]
  • 登山帰りのシースー
  • そうそう、先日の八ヶ岳登山の帰りに、どうしても寿司が食べたくなったので、通りすがりの甲府で遅めのランチにした。西天狗岳山頂では早めのランチだったので、この日2回目のランチになる。山梨県民は「寿司」が好きなようで、寿司消費量では全国随一だという。立ち寄ったのはお馴染みのスシロー。おひとり様なのでカウンター席に座り、ふとテーブルを見ると本日の厳選8種盛なる数量限定メニュー... [続きを読む]
  • 天狗岳の最高点にちゃんと立つ(5)
  • 西から東天狗岳へ戻り、下山を開始したのが11時5分。まずは東天狗岳直下の岩場が待ち構えている。ポールを背中に刀差しにして両手で岩を掴みながらゆく。登りとは逆で同じ道を進む。白砂新道入口、根石岳、広大な稜線を抜け、箕冠山への登り返しは残雪が一番残ってる場所。箕冠山山頂は分岐点で、左に曲がれば行きと同じ夏沢峠に行くが、帰りは直進してオーレン小屋へショートカットする。マイナーなル... [続きを読む]
  • 天狗岳の最高点にちゃんと立つ(4)
  • 歩き出しのダルさ加減からすると、東天狗岳までは来れても、西天狗岳まで行って来いする体力があるかどうか危ぶまれていたが時間も体力も全然有り余っていた。山をガシガシ登っていた頃と変わらないスタミナに自分でも自信になったかも。双耳峰である天狗岳を東から西へと渡ってゆく。中間地点の鞍部から両方を見上げると、行くも地獄帰るも地獄感はあれど足は軽かった。最後の急登もなんのその、たった10分で渡... [続きを読む]
  • 天狗岳の最高点にちゃんと立つ(3)
  • 箕冠山からの下りは、今回のルートで一番残雪があるポイントだった。しかしアイゼンやピッケルなど必要としないで普通に歩ける。踏み抜きはしたけどね。。その数十メートルの残雪を抜けるとご褒美のような景色が目に飛び込んできた!山をやっていて良かった瞬間。根石岳との間の稜線が素晴らしく雄大で息を飲む。一見荒涼とした道ではあるが、もう少ししたらコマクサなどの高山植物に彩られるはずだ。早くその稜線... [続きを読む]
  • 天狗岳の最高点にちゃんと立つ(2)
  • 小休憩を終えてオーレン小屋から歩き出したのが8時5分。まず目指すのは夏沢峠。夏沢峠には前から興味があり行ってみたかった峠で、なぜかと言うと南北に長大な八ヶ岳を北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けるポイントだから。しかも終始緩やかな傾斜で登りやすくアクセスも良好なのだ。実際オーレン小屋から25分で呆気なく到着して、登り甲斐がないと言えばその通りだ。楽に登れる割にはスゴイところに来てる感がまた良い。... [続きを読む]
  • 天狗岳の最高点にちゃんと立つ(1)
  • 本格登山は「赤城山」「高尾山」の年初以来と、かなり間隔が開いてしまった山登り。その間、カラダも肥えてしまい、体力も落ちている事と心配していた。こんなに間隔が開いたのは、仕事の忙しさと、休みと天候のマッチングが合わなかっただけではないと思っている。それは思い切り不足と気持ちのダレに他ならない。今までは寝不足を押してでも、良い景色見たさで行動が先んじてたけど、大体の山を制覇してきていると、... [続きを読む]
  • 「全部のせ」って言ってもねぇ・・・
  • これは期間限定モノじゃなくて、レギュラー販売してるのかな?コンビニで見かけたら買ってみようかと気にしてたけど、全く売ってるのを見たことがない。ところが仕事の移動中コンビニに寄ったところ、あった!のです。仕事中とは言え買いましたよそりゃ。「全部のせ」って言うけど、おあげ、牛肉、天ぷらだけなんだね。もっとたくさんカオスな感じなのかと思った。牛肉はちょっとだけだし、どん... [続きを読む]
  • 冬に逆戻り
  • フィギュアスケートやカーリングなどの氷上スポーツは、冬のスポーツなイメージがある。アイスホッケーも然りなんだけど、初夏とも言えるこの5月にだって大会があるんだね。そう言えばカーリングもつい最近やってたな。今はちゃんとした施設があるから、真夏だろうが氷上スポーツできるんだろうね。今回は新横浜スケートセンターで早慶戦の中継でした。防寒着はしっかり持ってったので大丈夫だ... [続きを読む]
  • ハロ
  • 地元の県立公園の子供の頃から馴染みのある芝生広場でコマーシャルの撮影をしてました。湿度もないとかで油断してたけど、動けば背中を伝う汗が止まらなかった。最近後輩に教えられマイブームのユニクロ「エアリズム」をベースレイヤーに着ていたので、Tシャツへの汗ジミは平気だったな。そんな撮影の最中、空を見上げると太陽の周りにま〜るく白っぽい虹ができているではありませんか。全国的に観... [続きを読む]
  • なめろう
  • どうしてもなめろうが食べたくて食べたくて・・・。近くの売り上げ日本一の魚屋さん角上魚類で新鮮なアジを物色しに行きました。いつも新鮮な魚が生きたまま、あるいは超新鮮な状態で陳列さてれいるのでテンション上がりまくります。しかし新鮮な魚には要注意なアニサキスが気になります。注意書きもあってテンションプラマイゼロです。しかしそんな事で尻込みしていたら、大好きななめろうにありつけ... [続きを読む]
  • お久しMamma
  • 先日の現場終わりに後輩を連れて行ってきたイタリア料理屋マンマパスタ。チェーン展開していて、気軽に入れるイタリア料理屋さんの中では一番好きかも。好きな割にかれこれ10年近く訪れてないのでは?それは決して安くないのと、先日のジョリーパスタみたいにひとりでは入りづらいと言うのがある。今回連れてったのは後輩女子。大好きなポルチーニのチーズリゾットとケーキワゴンを食べさせてみたの... [続きを読む]
  • 相模の大凧 2018(4)
  • 4間凧は時折牙を剥きながらも、宥められた暴れ馬のように落ち着いてはきていた。綱を持つ男衆らが、司令塔の掛け声のもと、順繰りに前へ前へと持ち手が移動していく。バットを短めに持つバッターのように、綱も短めに持った方がコントロールしやすいのだろうか。そうする内に、会場のスピーカーから「ただいま、凧を下ろす作業をしています」とアナウンスがあった。しばらく揚げてはおけないのだろ... [続きを読む]
  • 相模の大凧 2018(3)
  • 大凧揚げの失敗がつづいたので、一旦中凧?小凧?を揚げるようです。大凧が8間凧なのに対し、これは4間凧のようです。大きさ的には小凧というより中凧です。いやいや、大凧を見なければ十分大凧と呼べる大きさです。ワンルームだったら十分に暮らせる広さであります。そして大凧失敗から30分、合図の白い旗が上げられました。大凧とは違って形の整った中凧は、春風に瞬時に舞い上がります... [続きを読む]
  • 相模の大凧 2018(2)
  • 相模の大凧まつりの各会場の中でも、一番大きな凧が揚がるのが新戸会場の8間凧。14.5m四方の大きさで、128畳もの大きさはまさに日本一!200mにも及ぶ引き綱の重さも含めると、950kgにもなる大凧。しっぽの長さは85mもあります。この巨大で重い凧を揚げるには、秒速10〜15mの風が必要で、人員も80〜100人必要です。竹で骨組みをして、着脱可能な和紙にその年の漢字2文... [続きを読む]
  • 相模の大凧 2018(1)
  • わが町には日本一の大凧を揚げる祭りがある。「日本一」を謳う大凧はいくつもあれど、大きさもさることながら、あらゆる条件を満たし、毎年挙げているのは相模の大凧だけ。例年ゴールデンウィーク中の2日間に開催される相模の大凧まつり。今年は休日にあたり、天気も快晴の好条件だったので、カメラを携えて出かけてきました。祭り会場は相模原市と座間市に跨りいくつかの会場に分かれている。... [続きを読む]
  • 広島汁なし担担麺
  • 確か「ケンミンショー」を見ていて、広島のローカルグルメで汁なし担々麺が紹介されていた。昨年広島へ旅行した際には、広島風お好み焼きしか目になく、その存在をまったく知らなかった。そんな折、広島の実家に帰省していた同僚へ「土産に汁なし担々麺求む!」と半ばふざけて催促メールをしたところなんと本気で買ってきてくれた。言ってみるもんだ。家で作ろうとしたが、箱の写真にあるような盛り付... [続きを読む]
  • 久々のジョリーパスタ
  • そうそう、この前山梨へ桜を撮りに行った時に、久しぶりにジョリーパスタ行ったんですよ。山梨行くと大抵小作のほうとうを食べるんだけど、今回はパスタが食べたくなったのでね。「麺」には変わりないか。サラダ好きの私にとっては嬉しい2〜3人前用のサラダがあっていいね。ホントは4〜5人用くらい食べたいけど。パスタも久々で美味しかったな。家でも最近作ってないから、殊更に美味しく感... [続きを読む]
  • 山梨の夜景&夜桜
  • わに塚の夜桜を堪能して後、そのまま直帰する私ではありません。温泉に入らずして帰れますかっての。久しぶりに露天風呂が絶景のみたまの湯へ向かうことにしました。途中、昼に南アルプス市で見つけた夜景がキレイそうなポイントに立ち寄ってみたりして。みたまの湯はほったらかし温泉に負けず劣らずの夜景展望湯でした。天気の良い昼間なら南アルプスや八ヶ岳もキレイだろうな〜。温泉に浸かった後は... [続きを読む]
  • わに塚の夜桜(後編)
  • 空の色がなくなり真っ暗になると、控えめだと思っていたライトの明かるさが目立ってきました。漆黒の闇に燦然と佇む桜の大木。異空間のようで、これもまた絵になる。桜の下を離れ、望遠で東向きに狙ってみると、甲府盆地の街の灯りで空が赤く染まっていた。この日1日、昼間からずっと桜の撮影を堪能した。これまで桜が散り始めても撮影できずに鬱々していたものが晴れた。今季はまだ桜の撮影に... [続きを読む]
  • わに塚の夜桜(前編)
  • 17時30分。再びわに塚の桜へやってきました。駐車場には夕方になっても入れ替わり観光客がやってきてます。自分のように夜桜待ちの人たちもいるようです。ライトアップ開始時間は18時15分。それまでクルマで待機してました。18時を過ぎて桜の下まで来てみると、夜桜狙いのカメラマンたちが西側を向いて一列にびっしり三脚を構えているではありませんか!ヤバいっ乗り遅れた!と思いき... [続きを読む]
  • ほたるみ橋公園
  • 妙了寺のすぐそばにほたるみ橋公園というスポットがあるので寄ってみた。橋の上からは広大な棚田が望め、桃の花も咲いているので南アルプス市に点在する桃源郷のひとつでもあるのだろう。橋のすぐ下には小川なのか灌漑用水なのか水路があり、そこに蛍が飛ぶのだろう。初夏になれば棚田にも水が入り、風情的にも良さそうだ。蛍を撮影しに来てもいいかも。<Canon EOS 6D +... [続きを読む]
  • 妙了寺
  • 妙了寺もいつも参考にしているこのサイトで情報を知ったのでした。来てみると、境内は桜の私的見頃で、風に煽られた花びらが舞い散る幻想的な状況でした。樹齢100年を超えるという枝垂れ桜が見事&圧巻。この日はほとんど見物客もいずに静かな境内で、ケアセンターの方々が花見に来ていた程度で、ゆっくり撮影&見物ができました。<Canon EOS 6D>EF35mm F1.4... [続きを読む]
  • 南アルプス市のと或るループ橋にて
  • わに塚の桜から南下して南アルプス市へ。夜桜を待つ間、ほたるみ橋や妙了寺が桜の名所だと知ったので足を延ばしました。その道すがら、ふとループ橋に目が止まりました。こんなところにループ橋?そのループ橋の袂に公園があって桜も咲いていたので、思わずクルマを止めて写真を撮ってみたのです。「ループ橋を上がるとどこまで行ける道なんだろ?」とナビを調べてみると、何てことはなく芦安方面への... [続きを読む]