ymgch さん プロフィール

  •  
ymgchさん:  Photolog
ハンドル名ymgch さん
ブログタイトル Photolog
ブログURLhttps://ymgch.exblog.jp/
サイト紹介文EOS 6D+LレンズやiPhoneなどで撮った写真で日常を記します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2008/01/13 08:51

ymgch さんのブログ記事

  • 予告購入
  • 今年の6月にブログで書いたように、怒りに任せて買ったiPad Pro 10.5ですが、使用頻度的には少ないものの、そこそこ活躍してくれてます。そしてようやく秋になって出てくれました新しいiPad Pro。思ってた通りフルモデルチェンジです。Apple Pencilも思ってた通り、フルモデルチェンジして出てくれました。ならば買おうぞ!半年弱活躍してくれたiPad Pro 1... [続きを読む]
  • タダヒコ
  • 勤労感謝の日とは、本来は五穀豊穣を感謝する行事のことだが、現代では勤労を尊重し、国民互いに感謝し合う日ということになる。現実にはそんな国民の祝日に仕事だなんてっ・・・と言ってみるが、個人的には平日に休めるんだったら祝日に働けるのは本望だ。この日も例に漏れず仕事だったが、よりによって夜から明け方にかけての生放送(夜勤)だった。そこで思い出したことがあった。そうだ!11月23日はタダヒ... [続きを読む]
  • 濃厚煮干し出汁のラーメン屋さん
  • 気になっていたラーメン屋さんに行ってきた。青森から煮干し出汁の名店が東京にやってきたんです。長尾中華そばというお店。煮干し出汁ってどんな味なんだろ?それの超濃厚バージョンがあるというので興味もあるし、トッピングの花びらチャーシューも気になる。ようやく行ってみたのでレポートしよう。注文したのはごくにぼ(900円)。裏メニューと券売機に表示してある時点で「裏」とは言えんな。... [続きを読む]
  • 卯の花、満開
  • おから。昔から卯の花を調理してみたいと思いつつも、何年も何もしないままだったけどついに作ってみました。スーパーで「おから500g」を買ってきた。安っいよね。おからの包装裏に書いてあった調理方法は100g分。すべての分量の5倍を投入していざ調理。物凄い量の卯の花が出来上がった。そりゃそうだ。中華鍋いっっっぱいの卯の花。若干水分が足らなかったけど、なかなか美味し... [続きを読む]
  • ラグビー代表選
  • 先日のラグビー日本代表 vs ニュージーランド代表(オールブラックス)戦の中継の現場へ行ってました。日本代表がトライを決めると、フィールドのあちらこちらで炎が上がる演出もなかなかのものでしたよ。全世界に生中継、配信され、とても国際的な中継でした。どこかの国のエンジニアは、タッチラインのそばにフィールドレコーダーを置いて、スタンドにピンマイクをたっぷり設置して臨場感あるサ... [続きを読む]
  • 山田家のうどん
  • ちょっと前のことですが、香川県へ出張してきました。日帰りですが!ロケが終わって空港へ戻るのにデッドタイムが設けられていて、その時間までに現場を出ないと、最終便に乗れなくなる。そのデッドタイムと日の入りがほぼ同タイミングだったのが災いした。カメラマンとディレクターが、夕日の名所でもあり、日本のウユニ塩湖と言われている父母ヶ浜に夕景を撮りに行って戻ってこなかったのだ。日帰り... [続きを読む]
  • 手延べ焼きそば
  • テレビで紹介されてた手延べ焼きそば。手延べで焼きそば!?麺工房さかもとという岡山にある製麺所のホームページを検索すると・・・まず繋がらない。現代においてもやはりTVの影響力は凄まじい。なかなか繋がらない中、しぶとくアクセスしてようやく購入方法を知る。自前のサイトを持っていながら、メール、電話、FAX、書簡のみの受付。試しにメールで注文してみた。後日しば〜らくして注文殺到... [続きを読む]
  • 再びのパール富士ならず・・・
  • 何年にもわたってパール富士を撮影するチャンスをゆる〜く追いかけてますけど、まだまともに撮影できたことはありません。そんな中、チャンス到来です。2018年10月、十六夜(いざよい)の満月。天気予報は申し分なく晴れ。雲量予報も良い感じ。仕事も午後からなので、思い切って早朝4時に家を出発しました。今回のパール富士は、葉山の森戸海岸から狙えて、満月が富士山頂にかかるのは5時47... [続きを読む]
  • コメダ和喫茶(甘)おかげ庵
  • 先日、住宅街のロケで機材車を停めた駐車場にこの店があった。コメダ珈琲店はよく知っているが、和喫茶???おかげ庵???ロケよりもこの店のことが気になって仕方がなかった。そしていつか行かなきゃということで行ってきました。コメダ珈琲店の和風版であるコメダ和喫茶おかげ庵は、本拠地の愛知県内には7店舗あるらしいが、県外は神奈川に1店舗のみ。それがこのあざみ野ガーデンズ店だった。早速入ってみよう... [続きを読む]
  • 晩秋の白駒池周遊(4)
  • 13時ちょうど、高見石小屋(2,270m)に到着。到着とともにほぼ雪は止んできました。ホっとしました。早速名物の揚げパンを発注します。「きなこ」「抹茶」「ココア」「チーズ」いずれか2個で400円です。パイセンとふたりで全種類を1つずつ注文。揚げるのに多少時間がかかるので、その間にバンダナや手ぬぐいを物色。やがて揚げパンが完成すると、カラダはまだ温かかったので、小屋内ではなく屋根の下の... [続きを読む]
  • 晩秋の白駒池周遊(3)
  • 普通、稜線歩きというのは心踊るものだ、例え天気が悪くても八ヶ岳の主脈線縦走とならば尚更だろう。今回歩いたにゅう〜中山分岐の稜線は、天気が良くても決して心は踊らないはずだ。かくして写真は1枚しか撮っていない。。10時半頃にゅうを出発して、つまらない稜線を45分歩いた末に中山分岐へ着いた。時刻は11時20分、自分とパイセンは同時に空腹を覚えていた。しかし中山分岐じゃ雨も凌げないし、... [続きを読む]
  • 晩秋の白駒池周遊(2)
  • 白駒池からにゅうへ向かう途中に白駒湿原がある。規模はそんなに大きくはない。この湿原の辺りは木道が、かなり朽ちていてグラグラする浮き板が多い。植生を守る目的の木道だが、危なっかしくて歩いていられないので仕方なく地面を歩く箇所もあった。今回のルートの中ではっきりと「登り!」というのはここからにゅうまでの区間だ。苔の森とゴロゴロ石地帯を登ってゆく。「にゅう」とは山(岩のピーク)の名前なの... [続きを読む]
  • 晩秋の白駒池周遊(1)
  • 前回山に登ったのが5月の終わり。これほど山に入ってないのは、ここ数年ではありえない。休日と天気のタイミングが合わないという言い訳もあるが、正直なところ「億劫」になったことは否めない。北アルプスなどの紅葉タイミングも完全に逸していた私に、パイセンから写真撮影の誘いがあった。山へ行くことを希望し、もしかしたら紅葉が残っているかも知れない白駒池を目的地に定めた。山へ入るのは少々遅めな8時... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 番外編
  • 宇治東I.Cから京滋バイパスに乗って、新名神、伊勢湾岸道といつもの西からの帰り道。夕方の良いタイミングで刈谷ハイウェイオアシスに到着。この3日間、我々の旅にしては珍しく??に入ってないので、隣接している天然温泉かきつばたでようやく温泉に浸かることができた。旅の疲れを癒したはいいが、まだまだ家路は遠い。そして我々にはミッションがあった。昨年の中国大返しツアーの帰り、夕方の食事時に... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 宇治上神社
  • すっかり宇治の世界遺産は平等院鳳凰堂だけだと思っていた一行は、宇治上神社へ参じるためにすかさず情報を検索する。そして無料駐車場があることを突き止めたので急行した。宇治神社と合わせて歩いて来る人がほとんどのようだが、申し訳ないが我々は参道をクルマで突っ込む。だって列記とした道なんですから。情報の通り脇に駐車場があったのだが「有料駐車場」の貼り紙。情報と違うじゃないか!とよく読んでみると... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 宇治神社
  • 甘さと苦さで、満腹感と満足感に襲われていたので、宇治川の平等院の対岸を歩いて帰った。宇治神社もあったし、帰り道ついでに御朱印をゲットしようというのもあった。宇治神社の前に来てみると、不思議な「基礎」があり、これはもしや?と思ったら、御存知台風21号で大鳥居が倒壊した跡だそうな。なかなか被害は甚大だなぁ。境内に可愛いうさぎの像?飾り?置き物?があり気になったところ見返り兎とい... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 宇治スイーツ
  • 拝観料まで払ってろくに平等院を見て回らないまま、花より団子に向かいます。平等院の表参道を逆行するカタチで練り歩きます。ランチタイムだけど、テーマは宇治スイーツのハシゴだ。宇治だけあって様々な良さげな茶房が軒を連ねていたが、抜群に風情を醸し出していた中村藤吉 平等院店に決めた。安政年間の創業とかで、それはそれは老舗感満載であった。あとで知ったが、この建物は「菊屋萬碧楼」という歴史あ... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 平等院鳳凰堂
  • 一行は伏見からクルマで約30分南下して宇治市へとやってきました。宇治抹茶の宇治ね。お目当は、この旅2つ目の世界遺産である平等院鳳凰堂。平等院周辺には1日700円の駐車場がいくつかあるのでアクセスは容易だった。拝観料は600円で、鳳凰堂内は別途300円納める必要があるが、個人的には10円玉のやつが見られれば本望なので、御堂内へは行かなかった。庭園へ向かうと、すぐに鳳凰堂の存在感に気づ... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 寺田屋
  • 月桂冠大倉記念館の見学を終えた一行は、次の見どころへ歩いて向かった。かつての伏見城の外堀でもある濠川が、月桂冠に沿う形で流れていて伏見の風情を演出している。伏見は大坂から京への玄関口だったので、この辺は船宿が立ち並び、船が行き交って賑わっていたようだ。その船宿のひとつに向かって歩いていた。月桂冠から5分ちょっとで、寺田屋に到着した。歴史好きならビビっときてると思うが、幕末に起きた2... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 月桂冠大倉記念館
  • 伏見と言えば、伏見大社稲荷とか、かつての伏見城のイメージしかなかった。しかし昨夜、カプセルホテルで地図を眺めていて見つけたものがあった。それが月桂冠本社。その近くには見学可能な月桂冠大倉記念館があったのだ。酒好きの隊員でさえ「伏見 = 酒」のイメージはなかったというが、いやいやどうしてこの伏見、なかなかの酒蔵の町でございました。同じ伏見区でも、伏見稲荷とこちらでは少し距離があった。... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 伏見稲荷大社
  • 旅3日目、これまでは東海道本線から北側を観光してきましたが、ここからは南側を見てまいります。朝イチで訪れたのは伏見稲荷大社。全国30,000あるお稲荷さんの総本社。創建に関しては、あの秦氏が関与。というよりエルサレムからシルクロードを渡ってきたその秦氏が作った神社。例に漏れず、応仁の乱の際にはまるっと焼亡したようですね。そして神社本庁には属してないんだってね、ほぉ〜。午前9時は... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 錦・新京極・祇園
  • 早めの夕食で腹を満たした一行は、2泊目のカプセルホテルのチェックインまで錦市場商店街を練り歩くことにした。碁盤の目の京都の通りには「姉、三、六角、蛸、錦・・・」などと語呂で覚える。これは御池通りから四条通りにかけての東西に延びる小路の名前だ。錦小路通りは京都の台所的な商店街で、昔ながらの狭い小路に様々な商店が軒を連ねていて、観光客と地元客でごった返していた。アーケードになっているので... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 新福菜館本店
  • 貴船で川床(ならず)料理を食べた後、実際は先に紹介した上賀茂神社へ立ち寄りました。雨が本格的なので、どこかへ観光する気も失せ気味だったので、お土産タイムとすることにします。まずは京都駅へ。西側の大きな立体駐車場にクルマを停め、駐車場と提携している伊勢丹や、駅の地下街などを中心に歩き回りました。時間だけかけた割に大した土産は買ってなくて、人ゴミの多さに疲労だけが増した数時間でした。... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 貴船の川床
  • そもそもの今回の旅の企画は貴船の川床を中心に据えて、その他を膨らましていったものなのです。9月中旬の平日ともなれば、大変混雑すると言われている貴船の川床も一段落しているだろう。しかし万全を期すために早くから予約をしていた。どこの料理屋にするか悩みに悩んだが、最後は貴船神社に近いことと、駐車場があること、ネット予約ができることで貴船荘に決めた。川床で一番の問題は、降雨のため川床で食事が... [続きを読む]
  • 平成上洛物語 〜 貴船神社
  • 雨は強まるばかりなり。旅のメインイベントに据えていた場所へ向かうため、一行は京の奥座敷「貴船」に向かっていた。市街地でも屋根にブルーシートがかけられていたのは目にしていたが、特に山間にある貴船方面の台風21号の爪痕は想像以上に凄まじく倒木の数が半端ない上に、電線も垂れ下がり、停電、断水被害も長引いたという。車窓の景色を見ていると、斜面が崩れていないだけでも奇跡的な感じだし、今この雨でも崩... [続きを読む]