fkondo さん プロフィール

  •  
fkondoさん: photo雑記
ハンドル名fkondo さん
ブログタイトルphoto雑記
ブログURLhttp://14774404.at.webry.info/
サイト紹介文LEICA-Screw(1933)など各時代のカメラで写真を楽しんでいます。Lマウント,Nikkor,Rokkor,M42,EFなど
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2008/01/14 19:52

fkondo さんのブログ記事

  • Super-Multi-Coated Takumar120mm F2.8
  • Super-Multi-Coated Takumar120mm F2.8リサイクルショップでASAHI PENTAX SPFBLACKと1972年発売のSuper-Multi-Coated Takumar120mm F2.8を見つけました。カメラは完動品でレンズもきれいでした。これでSPFを3台所有することになりました。1960年代〜80年代のカメラは需要がある首都圏の中古店では高価な値段で販売されていますが,需要が少ない地域では破格の値段で販売... [続きを読む]
  • CANON New FD20mm F2.8(1979)
  • CANON New FD20mm F2.8(1979)レンズ構成はレトロフォーカスタイプの9群10枚,最短撮影距離25cm,重さ305g,フィルター径は72mmです。FD20mm F2.8 S.S.C.(1973)の後継レンズです。それまで広角系のレンズは,専用のファインダーをつけて撮影するなど多くの制限がありましたが,1970年代から急速に発達してきました。コーティングはS.S.C.スーパスペクトラコーティング。すべての色を忠実に再現す... [続きを読む]
  • CANON FTb-N(1973)
  • CANON FTb-N(1973)シャッター:2軸式の布幕横走行フォーカルプレーン,多重露出可能,ファインダー:視野率94%,露出TTL開放中央部分測光/TTL絞り込み中央部分測光,144×93×43mmで重さは750gです。マウントはキャノンFDマウント,シャッタースピードはX.B.1〜1/1000秒,プロ用のカメラとして世界に衝撃をあたえたCANON F-1に近いスペックを持ちつつも,一般のユーザーが手に入れることができる価格で販売された... [続きを読む]
  • Konica C35 flash matic(1971)
  • Konica C35 flash matic(1971)通称「ジャーニーコニカ」レンズ:HEXANON 38mm F2.8 フィルター径:46mmシャッター:B・1/30〜1/650秒ピント:一眼二重像合致式(レンジファインダー)撮影距離:1.0m〜∞ ASA(ISO):25-400電源:NR44 x1(SR44x1) ISO100フィルムの場合には,ASA100-200明るめ,ASA200-400適正を目安にしています。受光方式は硫... [続きを読む]
  • LEICA-Screw Ⅲ (1933)
  • LEICA-Screw Ⅲ (1933)シャッター:機械式布幕横走行フォーカルプレーン形式:板金加工シャッタースピード:高低2段式1〜1/20秒・T・1/30〜1/500秒マウント: ライカスクリューマウントファインダー:透視式・逆ガリレオ露出計:なし,電源:なしフィルム:35mm,フォーカス種別:連動手動 [続きを読む]
  • MD ROKKOR 50mm F1.2(1977)
  • MD ROKKOR 50mm F1.2(1977)レンズ構成は6群7枚,最短撮影距離は45cm,重さは315gです。変形ガウスタイプを採用しています。フィルター径は55mmです。コントラストは高めで,F2.8まで絞り込むとシャープです。このシャープさはMC ROKKOR-PG 58mmF1.2の鷹の目の伝統を受け継いでいますが,モノクロで仕上げると線が細く繊細な写りになります。カラーの再現性は現代的です。 [続きを読む]
  • New MD ROKKOR 50mm F1.4
  • New MD ROKKOR 50mm F1.4(1981)レンズ構成は6群7枚,最短撮影距離は45cm,重さは235gです。変形ガウスタイプを採用し,MD 50mmF1.4(後期型)と同じ光学系を持つレンズになります。レンズにはROKKORの表示がなく,NMD50mm F1.4と呼ばれています。フィルター径は49mmです。 [続きを読む]
  • Lomo Smena 8M(1975-)
  • Lomo Smena 8M(1975-)LOMO Smena,ロモ スメナというカメラです。シャッターはレンズシャッター,シャッタースピードはB,15,30,60,125,250,絞りはF4.0,5.6,8.0,11,16,ピントは1m,1.2,1.5,2,2.5,3,4,8,∞で目測です。レンズはT-43 40mmF4.0,3群3枚のトリプレットタイプのレンズ構成です。135フィルムを使用します。 [続きを読む]
  • ニッコール Ai Nikkor 105mm F1.8S
  • Ai Nikkor 105mm F1.8S(1981)レンズ構成は5群5枚,最短撮影距離は100cm,重さは580gです。フィルター径は62mmです。ポートレート用のレンズとしてシャープさと柔らかさを合わせもっていると言われています。開放ではコントラストが低く,背景の後ぼけに特徴があります。前玉の大きさは圧巻です。 [続きを読む]
  • ニッコール Ai Nikkor 50mm F2(1977)
  • ニッコール Ai Nikkor 50mm F2(1977)レンズ構成は4群6枚,最短撮影距離は45cm,重さは220gです。フィルター径は52mmです。1971年に登場したF2の標準レンズとして活躍したNikkor H.C Auto 50mm F2の光学系を受け継いでいます。同年にAi Nikkor 50mm F1.4,翌年にはAi Nikkor 50mm F1.8が登場し,標準レンズとしての役割を終えました。そのため発売期間が非常に短く,新品同... [続きを読む]
  • MD ROKKOR 50mm F1.7
  • MD ROKKOR 50mm F1.7(1977)レンズ構成は5群6枚,最短撮影距離は45cm,重さは185gです。MDとはMCレンズの備えている機能に加え,シャッター速度優先AEに対応したレンズという意味があります。フィルター径は55mm,前期型です。 [続きを読む]
  • MC ROKKOR 135mm F3.5
  • MC ROKKOR 135mm F3.5(1966)レンズ構成は変形エルノスター型テレタイプの4群4枚,最短撮影距離は150cm,重さは400g,フィルター径は52mmです。1930年代の135mmはゾナーやトリオターが有名ですがエルノスターも設計されていました。コーティングの技術が向上してくるとエルノスタータイプ発展型の135mmレンズが多く作られるようになりました。 [続きを読む]
  • Nikon FE(1978)
  • Nikon FE(1978)シャッターは電子式金属羽根縦走行フォーカルプレーン,シャッタースピードは電子式シャッター 8〜1/1000 秒(16段階),機械式シャッター B・M90(1/90秒),マウントはFマウント,ファインダー視野率は約93%,露出計はTTL中央部重点開放測光,電源はSR44が2つ,「絞り優先オート 8〜1/1000 秒」「露出補正+2〜-2EV」針表示式の露出計,光学直読式の絞り値,シャッタスピードアナログメータなど,... [続きを読む]
  • SMC PENTAX M135mm F3.5
  • SMC PENTAX M135mm F3.5(1976)レンズ構成は5群5枚,最短撮影距離は150cm,重さは270gです。歴史的に有名なTakumar135mmF3.5の伝統を引き継ぎながらも小型軽量のM型へ新しく生まれ変わりました。フィルター径は49mmです。Kマウントです。 [続きを読む]