KUMA. さん プロフィール

  •  
KUMA.さん: FIELD-NOTE 〜アウトドアと旅〜
ハンドル名KUMA. さん
ブログタイトルFIELD-NOTE 〜アウトドアと旅〜
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/syumatsunotabibito
サイト紹介文アウトドアや旅行、温泉や観光スポットの案内などを、風景写真とレポートを通じて紹介します。
自由文まっぷるで有名な「昭文社」の公式ブログも書いています。
http://weblog.mapple.net/tokuhain_010/

また、自身のホームページでも自然や旅行記を紹介中です。
http://www.geocities.jp/syumatsunotabibito/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/01/15 00:41

KUMA. さんのブログ記事

  • 四日市コンビナート撮影スポット【大接近】
  • 三重県四日市市。コンビナートが集まるこの付近は最近の「工場萌え」の注目地。特に夜になると無数の照明で輝くコンビナートはまるでCGのような近未来都市。写真におさめれば、さらに幻想的な風景になるため、多くの人がこの夜景を見るために同市に集まります。前回案内したコンビナートの全景を鈴鹿川越しに眺められるスポットで、Googleマップにも「四日市コンビナート撮影スポット」と登録されている地点より車で5分。鈴鹿川に [続きを読む]
  • 松阪の隠れた名物はうなぎ!三谷うなぎ屋
  • 三重県松阪市。名物と言えば絶対に誰もが知っている「松阪牛」。旅行で絶対口にしたいグルメではありますが、何せ国産和牛の王様。市内に点在する松阪牛料理店を前にして、その桁違いの料金にがく然とする旅人も多いはず。そこで、地元の方に伺った美味しいお店はなんとうなぎ。松阪のお隣、県庁所在地である津市は、人口1人あたりのうなぎの消費量、店舗数ともに日本一だったこともある全国屈指のうなぎの町です。江戸時代に藩主 [続きを読む]
  • 四日市コンビナート撮影スポット
  • 最近「●●萌え」という言葉がよく聞かれますが、その中でも見学ツアーが組まれるなど、観光に活用されているのが「工場萌え」。特に夜のコンビナートは幻想的な近未来都市に見えると工場萌えの中でも代表的な風景となっています。なかなか夜のコンビナートを様々な角度から楽しめる場所は限られますが、絶好のスポットのひとつがコンビナートの集積地である三重県四日市市。移動手段として車を確保できれば、いろんなシチュエーシ [続きを読む]
  • 明石海峡大橋海上ウォーク 【淡路島へ歩いて渡ろう!】
  • 神戸と淡路島を結ぶ「明石海峡大橋」。世界最長の長さを誇る吊り橋で、全長3911m、主搭の高さは298mと、構造物としては桁外れのスケールを誇ります。橋は高速道路となっており、淡路島はもちろん、その先にある四国・徳島へのアクセスを担っており、海の上を飛ぶように走れることから、ドライブルートとしても人気です。実は自動車専用道路の明石海峡大橋ですが、歩いて淡路島に渡れるイベントが年2回行われていることはご存知でし [続きを読む]
  • 明石海峡サンセットクルーズ
  • 神戸垂水区にあるアウトレット「マリンピア神戸」淡路島を望み、明石海峡大橋が間近に迫る海の風景を楽しめる事もあり、買い物以外にも美しい景色を堪能できると人気のスポットです。マリンピア神戸の一角はマリーナになっており、お手軽に明石海峡の風景が楽しめるのが「神戸マリンピアクルーズ」しかも最終便は日没に合わせて出航しており、サンセットクルーズになるのです。マリンピア神戸の一角にあるマリーナ。アウトレットの [続きを読む]
  • 縁結び・恋愛成就の強力パワースポット!川越氷川神社
  • 埼玉県川越市にある「氷川神社」。縁結びの神様として有名なパワースポットで、「小江戸」として人気が高まっている川越の古い町並みと合わせて、海外からもご利益を求めて多くの観光客が訪れる人気急上昇中の神社です。若い女性に絶大な人気を誇る神社ですが、静かな中に様々な趣向が凝らされた境内はとても不思議な空間。小江戸観光とあわせて、是非とも立ち寄りたい神社なのです。氷川神社の参道入口。深い鎮守の森の上に頭を出 [続きを読む]
  • 富岳風穴でひんや〜り体験!暑い夏にオススメ!
  • 日本を代表する山であり、日本の象徴のひとつでもある富士山。そのふもとには「青木ヶ原樹海」として、とても深く豊かな森が広がっています。青木ヶ原樹海は富士山の噴火でできた溶岩地帯に形成された森で、深い森の中にはいくつもの噴火の際にできた溶岩洞が点在します。洞窟のいくつかは立ち入ることができの中でも最も観光で入りやすい場所が「富岳風穴」です。気軽に地底探検ができる洞窟の中には夏場でも氷が残るほどひんやり [続きを読む]
  • 花の窟神社 【世界遺産・日本最古の神社】
  • 太平洋と深い山々といった大自然に囲まれた熊野市。紀伊半島の南部に位置し、熊野大社と伊勢神宮を結ぶ熊野古道の伊勢路が通る、古くから神々の信仰に包まれた場所でした。そしてその熊野市には、日本書紀に記された、日本最古の神社といわれ、熊野本宮と同時に世界遺産に指定された神社があります。それが「花の窟神社」(はなのいわや)です。花の窟屋神社は国道42号線沿いにあり、その御神体の巨石を少し離れた所からも確認できま [続きを読む]
  • 清流で川遊びと温泉!道の駅吉野路上北山
  • 暑い夏。海で泳ぐのもいいが、できれば涼しい山で冷たい水で泳ぎたい!そう思うことも、最近の猛暑だと多々あるかと思います。そんな時におすすめの川遊びスポットが奈良県上北山村を流れる北山川です。北山川は熊野川の支流で、流域には名勝地である「瀞峡」を有しています。瀞峡でも美しい水が楽しめますが、北山川の源流は日本有数の降雨量を誇る大台ケ原。瀞峡よりもさらに上流、大台ケ原のすぐふもとの上北山村では上流にダム [続きを読む]
  • 瀬戸内海絶景温泉宿「備前屋甲子」
  • 風光明媚な瀬戸内海の風景を楽しめる岡山県・鷲羽山。多くの島が浮かび、四国が間近に迫る海に、長大な瀬戸大橋が遠くまで続きます。そんな鷲羽山の風景を居ながらにして堪能できる客室と温泉が自慢の宿が「鷲羽グランドホテル 備前屋甲子」です。絶景の瀬戸内海の眺めを目の前にくつろぎ、湯に浸かり、海の幸を楽しむ極上の贅沢をリーズナブルに楽しめると人気の旅館なのです。備前屋甲子は海のすぐそばの丘の上に建ちます。海に [続きを読む]
  • 東京大神宮 七夕祈願祭
  • 賑わう飯田橋、目白通りから少し外れると、先ほどまでの喧騒が嘘のような静かなエリア。その中に神秘的にひっそりと佇むのが「東京大神宮」東京大神宮は東京における伊勢神宮の遥拝殿として明治13年に創建されたました。今は一般的な神前結婚式は、東京大神宮が初めて行ったそうです。そのため伊勢神宮のご利益もありながら、縁結びのご利益も強く、彦星と乙姫の逢瀬が叶う七夕の日に「七夕祈願祭」が行われています。静かな街のな [続きを読む]
  • 橋の科学館 【神戸舞子公園・明石海峡大橋】
  • 神戸と淡路島を結ぶ明石海峡大橋。その橋の真下にある「舞子公園」から全長4?を越える長大な明石海峡大橋が海の向こうの巨大な淡路島へと続いています。頭上にそびえる橋を支える巨大なコンクリートのアンカーブロックやはるかかなたまで伸びる吊り橋を見ていると、どうやってこの橋を造ったのか。どんな構造になっているのか不思議に思えてきます。そんな不思議をわかりやすく説明してくれる施設が、巨大なアンカーブロックのす [続きを読む]
  • 藤公園 藤まつり 【岡山県和気町】
  • 4月が終わり5月になると、桜の次に藤の季節。新緑の中で木々全体を紫色の美しい花で纏う藤の木はとても美しく、各地で満開の藤棚でまつりが行われます。そんな藤祭りの中でも中国地方の人気名所が岡山県和気町にある、その名も「藤公園」和気神社に隣接し、昭和60年に開園した藤公園は、全国から100種類以上の著名な藤を集められています。国の天然記念物の7種類の藤も含まれており、種類の多さでは日本一を誇る美しい公園です。約 [続きを読む]
  • 井植記念館 【明石海峡を望む絶景芝生広場】
  • 現在はパナソニックに事実上吸収合併されていますが、一時期は洗濯機などの家電で日本の高度経済成長を引っ張ってきた「三洋電機」その創業者である井植歳男氏の足跡について展示しているのが、神戸市垂水区にある「井植記念館」です。日本を代表した企業の創設者の足跡も興味深いですが、ここでお勧めしたいのは記念館の抜群のロケーションなのです。車で乗り付けられら明石海峡を望める場所としては、おそらく神戸市垂水区の中で [続きを読む]
  • 熟成肉専門店 島の台所MEAT LAB 【穴場絶景レストラン】
  • 淡路島の北部、人気ホテル「ウェスティン淡路」を中心に、安藤忠雄氏設計のスタイリッシュな建築群と美しい自然が融合した「淡路夢舞台」花と緑、そして建築美に包まれた空間ですが、意外にも夜は美しくライトアップされることは知られていません。人も少なく、暗闇の中美しく照らされた安藤氏の建築美の中を散策できる夢舞台は、夜の散策やデートにもってこいの穴場なのです。そしてその夢舞台の幻想的な空間で美味しい食事を楽し [続きを読む]
  • 増田屋 【神戸市垂水区・人気寿司店】
  • 神戸市のもっとも西南部に位置する垂水区。淡路島を目の前に望む海岸部では、神戸市でありながら漁業が盛んな町です。そんな垂水の町で人気の寿司屋が「増田屋」。JR垂水駅付近に、車でのアクセスが容易で国道沿いの大型店「平磯店」と駅に近い「本店」の2店舗があります。特に「平磯店」は週末になると、駐車場の空きを待つ、名物の渋滞ができるほど人気のお店なのです。増田屋は昭和24年開業で60年以上の歴史を持つ寿司店。新鮮 [続きを読む]
  • 超豪華淡路島牛丼が1000円台 【きとら】
  • 食の宝庫として、美味しいものがいっぱいの淡路島。かつては朝廷御用達の食材を献上していた「御食国」である淡路島で、現在ご当地グルメとして売り出し中なのが「淡路島牛丼」です。平たく言うと、淡路牛、淡路島玉ねぎ、淡路島のお米を使った牛丼で、島内の多くのお店で食べることができます。そのお店ごとの特徴がとても顕著に出ているご当地グルメで、食べ比べがとても楽しい一品なのです。そんなお店ごとに創意工夫された淡路 [続きを読む]
  • 早朝登山で誰もいない雲海の竹田城へ!
  • 「天空の城」「日本のマチュピチュ」など、幻想的な名前を冠される竹田城。今や有名になりすぎ、秘境というイメージはすっかりなくなってしまいましたが、誰もいない雲上の城跡に立てれば、まさにその名の通りの幻想的な風景を楽しめます。観光客が多くなかなか静かな風景を楽しむことが難しくなった竹田城ですが、日曜日でも幻想的な風景を少しの間だけ独り占めできる可能性のある方法が、早朝登山なのです。竹田城へのアクセスは [続きを読む]
  • 須磨浦公園 夜桜ライトアップ
  • 神戸市の桜の名所「須磨浦公園」源平合戦、一の谷の戦いの舞台であり、16歳という若さでこの地で散った美しい平敦盛にちなみ、須磨浦公園の桜は「敦盛桜」と名付けられています。海沿い、線路沿い、山麓という様々な要素が凝縮された公園一面に咲く桜は見事ですが、特に夜桜のライトアップが素晴らしく多くの人が訪れます。今年はプロジェクションマッピングまで登場し、無料で見られる夜桜としては、群を抜いた気合の入りようです [続きを読む]
  • 五色塚古墳
  • 神戸といえば、西洋文化や港町を思い浮かべる方が多いと思います。そんな神戸市内に古墳があるのはご存知でしょうか?古墳は奈良県や大阪府南部にある天皇陵が有名ですが、地方豪族が造ったものが大半を占めます。実は兵庫県が日本一の所在件数を誇っており、神戸市内にも10を超える古墳が残っています。その中でも最もメジャーな姿「前方後円墳」であり、神戸の古墳の代表格が、垂水区にある「五色塚古墳」です。神戸市の西端、淡 [続きを読む]
  • 花のいわや亭
  • 世界遺産に登録され、日本最古の神社とされる「花の窟神社」(はなのいわやじんじゃ)黒潮が洗う美しい熊野灘に面し、伊勢神宮と熊野大社をむすぶ熊野古道の途中に位置します。参拝のあと、どうしても美味しいものをいただきたくなります。参道の前に「お綱茶屋」をはじめとする飲食店はありますが、ガッツリと熊野市付近の名物をいただくのにもってこいのお店がすぐ近くにある、その名も「花のいわや亭」です。 「花のいわや [続きを読む]
  • 花のいわや亭
  • 世界遺産に登録され、日本最古の神社とされる「花の窟神社」(はなのいわやじんじゃ)黒潮が洗う美しい熊野灘に面し、伊勢神宮と熊野大社をむすぶ熊野古道の途中に位置します。参拝のあと、どうしても美味しいものをいただきたくなります。参道の前に「お綱茶屋」をはじめとする飲食店はありますが、ガッツリと熊野市付近の名物をいただくのにもってこいのお店がすぐ近くにある、その名も「花のいわや亭」です。 「花のいわや [続きを読む]