HIRO さん プロフィール

  •  
HIROさん: bellerose fleuristes
ハンドル名HIRO さん
ブログタイトルbellerose fleuristes
ブログURLhttp://bellerose-fleuristes.hatenablog.com/
サイト紹介文実は 熱い花屋の物語
自由文厳しい特訓のフラワー装飾技能講師をしたり和気藹々と楽しくてお安いレッスンしたり本場パリスタイルの贅沢レッスンをしたり。もちろんお店では花販売や委託販売など視野をひろげてお花の魅力をお伝え中。あなたのお花の見方が変わります。ベルローズのブログが熱く語るから。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/01/16 20:01

HIRO さんのブログ記事

  • Tears Drop bouquet
  • MARIAGE UNE VILLE へ2013年の夏に お届けをしたブーケ。花屋さんに 務めている方からのご注文で 姪っ子がフォトウェディングに使うブーケを作って欲しいとかで叔母であり花屋でもあるY氏に 依頼が来たのですが華道暦のキャリアはあるものの ブーケとなるとちょっと違う分野と言う事で 知り合いの僕に制作の依頼が来たというお話しです。ご希望は ディアドロップブーケですがほんの少しだけ 滴り落ちるようにのご要望で [続きを読む]
  • 巻かれたもの
  • 2010年4月中旬に 制作をした日本フラワーデザイナー協会(NFD)の応用編。仙台市内にあります FREAK ART フラワーデザインスクールの田宮先生より 教えて頂いたものです。当時レッスンをしました 巻かれたも の画像はありますが NFDの生徒様と変わりのない花材を使って 制作しておりますので かぶりますから ここでは控えます。どうして 巻かれたものを制作したかというと当時、担当してました フリーペーパー雑 [続きを読む]
  • GRAN SUITE Pastel Flower
  • 昨日のつづき グランスイート仙台 2014年11月1日 (大安)・披露宴。Sizuka Ism パステルフラワー装花。ご要望は 丸いグラスを使い茎の枝を見せつつ色合いは おとなしいパステル系の淡いピンク & クリームイエロー &淡いパープル&クリーム & ホワイトでいて 豊富に グリーンを使いとくに丸いダリアを使ってほしいが ご依頼でした。そこで 僕が 旬のお花のイチオシを使って優しい パステルカラーに 硬派なグリーンを [続きを読む]
  • GRAN SUITE チャペル装花
  • 昨日は 2回に渡って卒業シーズンのお花達でしたが今日のお話しは 2014年11月2日に定禅寺通り GRAN SUITE グランスイート仙台へウエディング装花した チャペル編です。実は 2014年5月18日にも こちらの披露宴で「黄色いドレスを引き立てて」のテーマで 装花した場所でした。この度のご要望は 滴るグリーンとの事。シンプルな スマイラックスを 流したミニブーケを制作し可愛い柄のセロフ [続きを読む]
  • 卒業式のお花達
  • 昨日のお話し同様で 3月に使う卒業式に使うお花達を集めてみました。こちらは 昨年の3月に 僕がお届けしたお花達です。上記の画像は 男性の先生方への同じものを2セット制作をしました。サイズは 高さ50cm×幅25cm です。 花材は  グロリオサ・マラクジャ薔薇・バンダ・コデマリ・スノーダンスバラ・グレース スイトピーサイズ高さ90cm×幅35cm ご依頼は 明るくで 校舎に飾るお花。花材は  [続きを読む]
  • Vanessa Mae
  • 昨日は 仙台ロイヤルパークホテルへのブーケを掲載でしたが卒業シーズンが ぼちぼち近づいて来ましたので今日は 中学校へお届けをしました感謝のアレンジメントを掲載します。こちらは 昨年、注文されましたアレンジメントでサプライズとして女性の先生方へ プレゼントでした。元気が 出る春色のイエロー&ピンク色のイメージにワイン色のフリージアで インパクトをつけてみました。ちなみに アレンジメントは全て 同じものでお [続きを読む]
  • 前撮り用・ブーケ
  • 2014年4月17日 Sendai Royal park hotel へ納品をしたブーケです。ネイビーカラーのドレス用に ぱっと目に飛び込んでくるスタイルになりました。新婦様の身長を生かして 直径25cmになってまして 大きめに制作です。こちらは ヘッドで なるべく多めに制作をし あまるくらいに 気配りをしています。髪の片面に 固めますからこれでも 多いくらいではあります。こちらは 新郎様のブートニア、僕の得意技、ヘア [続きを読む]
  • 伊達イズム
  • 先日、お話しをしました花ステーション発行のフリーペーパー小雑誌はなの駅から のつづき編。確か 2009年12月号あたりだったような?そして会議で 決められたテーマと言いますと仙台と言えば 伊達政宗公が シンボルですから伊達イズムをとり得れたアレンジメントの依頼でした。特集のひとつとして 竹と姫りんごを使った竹アレンジメントをまず第一に 制作。ポイント的には 姫りんごの木を連想される為に横へ枝を 釘で止 [続きを読む]
  • セントジェームスクラブ迎賓館仙台
  • 2008年度、12月14日  セントジェームスクラブ迎賓館仙台旧名(仙台ホテルへ)持ち込みをしました振袖のブーケです。ラインを生かす為に リボン等は 一切、使用しておりません。また カラーは長いものを1本のみワイヤーを中に通しております。そのカラーを基に 他のカラーは 手で優しく癖を付けてからどんどん追加して イタリア産・ラフィアで結んで行きます。シンプルブーケですが カラーラインが 飽きがこない [続きを読む]
  • 春便り
  • 昨日は 春を感じる 子供達へのコサージュ特集でしたが今日は フリーペーパー小雑誌2009年5月号 はなの駅から Vol.22 よりページの初めには 春の各種ブーケから お彼岸用花・胡蝶蘭・生産者様の声などの企画が 満載で最後には 母の日のアレンジが特集が 組まれていました。その特集のひとつを 担当させて頂きました。僕的には ちょっと変わった風な デザインを作りました。サイズ幅25?×高さ40?アレンジメントの説明 [続きを読む]
  • Children Corsage
  • フリーペーパー はなの駅からより昨日、掲載しましたマリリンモンローのコサージュ番外編でしたが今日は 春を 感じるお花で 制作しました 子供達用のコサージュ編です。こちらは 小学生の入学式・卒業式・結婚式等のコサージュをイメージ。コサージュ裏には 安全ピンが付いておりますので 簡単に 取り付け可能です。ヘッド(右)にも 裏にヘアピンが付いており 好きな部分にセット出来ます。花材は アップスターチューリップ [続きを読む]
  • Marilyn Monroe
  • 今日は バレンタインにちなみまして ハートの形をしたものを掲載します。昨日、お話しをしました続きで 2010年の春にフリーペーパー小雑誌 はなの駅からよりのお話しになります。セレブ御用達用のパーティーに使う プリザードコサージュを作成しました。作成日は 2010年3月8日です。撮影後、しばらくお店のガラス棚に 飾っていたのですがよく僕のお店に 料理に添える小花を買いに来ていた男山の親方に言われる [続きを読む]
  • JEWELRY & Wristlet
  • 昨日は 男山のプロポーズのお話しでしたが今日は 結婚式が挙げられる時まで待ってて欲しいという彼の本気の証として制作されて頂きました ジュエリーのようなリストブーケのお話しです。2013年3月22日、誕生日プレゼントとして旅立ちました。お客様の彼は プロポーズ的な思いで 彼女に ブーケをプレゼントするとか。結婚する時には このリストブーケをつけて欲しい。だからその時まで 待っていて欲しいから彼女の部屋に [続きを読む]
  • 男山のプロポーズ
  • 昨日は モデル梨花氏のイズム的な創作ウエディング花のお話しでしたが今日のお話しは 塩釜の和処 男山様とコラボ企画したアレンジメントのお話しをします。2008年1月某日、男山の親方が当店へ ご来店されました。友人が 自分のお店、男山で 彼女にプロポーズをしたいとか〜親方の考え的には創作料理コースの何番目かにプレゼントの指輪を 登場させたいとか。そのアイデアを よく伺いますと親方一押しの器の中央に ボックス [続きを読む]
  • CHANEL & RINKA
  • RINKA ISM シャネルカラー最終章。フランスに 縁のある RINKAさんですから彼女は斬新な発想が出来るのでしょうか。僕は 2006年あたりからフランスパリの花スタイルが良いなと思いはじめてそれから 凄く大好きになったのは2008年頃でした。パリのお花は 日本と何が違っているのかと雑誌やSNSを通して見ておりました。その頃、一番気になっていた方は Djordje Varda(ジョルジュ・ヴァルダ)氏でした。そうしたところ [続きを読む]
  • 水辺の塔
  • 昨日のつづき。水辺の塔 薔薇の螺旋階段編。昨日は 浮いてはいないものの 夜になりますと浮いてるのかなと感じる目の錯覚を持ちいたアレンジメントのご紹介でしたが今日は 浮力で浮くバラの塔のお話しです。グラスの中へ水を入れバラがこちらを見て喜んでいるようにフラワーレイ風にて ワイヤーで制作したバラをガラスで出来たオモリで沈めております。こちらのレストランでは 最大のメインは水辺になりますから水辺に よりみず [続きを読む]
  • 浮力な ピンキー
  • リゾート風・レストランウエディングのつづき ゲスト様席編。ゲスト様の席には 受け皿的なガラス器の上に丸い器のガラスを配置、その中へ空中に5センチ程、浮かぶように裏技を仕掛け円柱グラスをセットしております。よく見ますと丸グラスの中に 花びらが浮かんでおります。そして一番上の円柱グラスの中にも 円を描きながら花びらが浮かんでおります。何故あえてグラスに水を入れ 浮かばせておるのかといいますとここは [続きを読む]
  • Rinka Ism Bouquet
  • 昨日のつづき。2010年6月5日 リゾート風・ナイトウエディングブーケ編。今日、お話しするのはシャネルピンクを感じる色合のブーケです。新婦様のスタイルに合わせた ブーケを制作させて頂きました。ふんかり丸くというよりは スタイリッシュなドレスに溶け込むようにブーケを制作し 大人感じる色合いの葉物で茎を巻きキュッと引き締まるスタイルにしました。優しいキャンドルの灯りに新婦様の存在感が 目に飛び込んで来るよ [続きを読む]
  • RINKA イズム 設計図
  • DICカラーガイド PART1  NO.1・2当時、使っていたカラーガイドです。よく建築関係の方が 使っていたものですから僕も2010年に 高額ではありましたが購入し装花の企画時に使っていました。現在は 使う事、ほとんどなくなったのですが、何故この時に カラーガイドを使ったかというと先日、和装の食事会装花を担当したK様が今度は 仙台駅東口にありますリゾート風なレストランで友人をたくさん呼んだナイトウエディング披露宴 [続きを読む]
  • 蕾の東海桜
  • 本日のベルローズは 春模様を先取り蕾の巨大東海桜・銀葉アカシアを はじめピンク色のシンビジュームが顔をのぞかせております。アバンギャルド八重チューリップ・イントゥールオレンジラナンキュラス入荷。チューリップは 白色に見えますがひらいて来ますとクリーム系に変わります。こちらに見えるのは主に ハッピーチャペル洋蘭・バンダショッキングピンク・イエロースイトピーです。春がそろそろ近づいていますか [続きを読む]
  • 江戸っ子な振袖ブーケ
  • 昨日の江戸っ子恋桜のつづき今回の新郎様のテーマは 桜と竹と黒蝶ダリアは絶対。新婦様は 新郎様の好きなダリアを使っても大丈夫で色はピンクベージュが好みとの事でした。早速、振袖の画像を送っていただいて考えた結果、振袖に溶け込む色合いにしてそこに新郎様の好きなダリアを使い色合いは 新婦様の好みを合わせ使う事に決めました。オレンジ&ピンク色の鶴が舞う振袖の画像インパクトと上品を兼ね備えた素晴らし [続きを読む]
  • 江戸っ子な恋桜
  • 昨日のつづき。こちらは 新郎新婦様の高砂。この頃、使っていた キャノンのIXY DIGITAL 500 で撮影をしたのですが 逆光の調節不可能でした。いわゆる素人さんが 簡単に撮影出来る500万画素のデジタルカメラ。これを PCにて緊密に画像処理をし解りやすようにはしました。何とか お花の立体感は感じるように なったと思いますしお花の色も 肉眼で見ていたイメージまでおおよそ近づけられたと思います。新郎新婦様の控 [続きを読む]
  • 桜竹&貝殻式部
  • 昨日のつづき。ここは 松島の海が全貌出来る潮騒レストランですからみずみずしさが伝わる試験管を どこかに使いたくて竹の隣につければ水が入っていることが解るし そこへ桜をさしますと茎の美しさをそのままアピール出来るのではと感じ採用。また貝殻を ドリルで穴を開け真珠似のビーズに釣り糸で繋いだものを24個制作し竹の周りへ(7・5・3)の比率にて 3ヵ所 配置しました。竹には上品に 柄が映し出される模 [続きを読む]
  • 桜竹と広瀬川の石
  • 2010年3月下旬 初々しいカップルK様が当店へご来店されました。内容的には 私達、結婚しましたの食事会を4月23日にするとか。時間帯を聞きますと 忙しい昼時が終わった3時頃からのスタートが希望。場所はと聞きますと バットマン装花をした同じ場所でした。絶景パノラマの潮騒レストランの半分を借りてやる食事会ですから僕敵には 場所なれしていた事もありスタッフの方々も知っていたのでさほど考えず 一言返事で承り [続きを読む]
  • ?聖夜のあかり?
  • 僕に 買ってと言っている気がしたシクラメンの6寸鉢である品種?聖夜のあかり?に見とれてしまいセリにて全て落札。僕のお店へ お嫁に来てくれました。時に 見かけますフレンジレッドもありますがそれよりもフリフリ感があり躍っているかのようにも見える発色の良い赤。横から見た葉のボリュームも素晴らしい一品。12月の売れるシーズンが終わったのですが聖夜のあかりは まだまだ現役です。そして 黄色のシンビジ [続きを読む]