ジェリーホーム さん プロフィール

  •  
ジェリーホームさん: 社長ブログ 毎日が輸入住宅
ハンドル名ジェリーホーム さん
ブログタイトル社長ブログ 毎日が輸入住宅
ブログURLhttp://j-creative.jp/blog/
サイト紹介文外観デザインや内装インテリア、お薦め建材や施工手順まで、プロの視線で、詳しく解り易くお伝えします。
自由文山形県鶴岡市在住。地元の出来事と共に、輸入住宅の知られていない良さの数々もご紹介しています。目からウロコの住宅選びはお任せ下さい!
http://www.j-creative.jp/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2008/01/18 09:23

ジェリーホーム さんのブログ記事

  • 見学会の予約受付開始!・・・パリ・サンジェルマンの家
  • 「フレンチスタイルの家」は、最後の追い込みで現場がドタバタしている。そんな中、今日は設備機器の取付が終わり、段々と家らしくなってきた感じです。1Fトイレの床はタイルを貼り終え、アンティーク感が漂っています。↓トイレ前にはコーラー社のペダスタルシンクを設置した。ゴージャスですね!床は北欧産のレッドパイン無垢材を貼って、これから塗装仕上げに入って行く。11月3日〜5日までの3日間開催する見学会の広告も [続きを読む]
  • シンプルさと自然素材の融合
  • 羽黒町のゼロキューブは完了検査を終え、後は最終手直しをして引渡しを待つばかり。外観色は黒、内装色は白でシンプルにまとめ、床材だけは無垢のジャーマンオークを採用して、自然素材感を高めている。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • モノトーンな内装
  • 施主様の強い要望もあり、内装色は白と黒のモノトーンで決めている。内装の壁天井が白いのに対し、2階吹抜けの手摺りとシーリングファンはもちろんのこと、ドアノブまで黒にこだわってみた。これはもう、パリのアパートメントで見かける雰囲気そのものになってきている。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 「フレンチスタイルの家」・外構工事①
  • 土地が広いと外構工事では色んな事ができます。フレンチスタイルの家の外構は、タイル張りのテラスあり、芝生あり、アプローチあり、物置あり、フェンスあり、植栽ありと、ありあり尽くしです。現在、アプローチは乱形石材を貼り付ける前の下地造り、庭の芝生は土の撹拌作業、物置は2×4工法の下地準備と、正に、ラフスケッチの作成造りと言った所です。外構工事も含めたトータル提案の家は今月末には完成して、11月3日〜5日ま [続きを読む]
  • ツーバイフォー工法の電気工事
  • 当社では、輸入住宅とゼロキューブの両方で、ツーバイフォー工法を採用している。理由は明快である。ココ⇒http://j-creative.jp/concept/2by4/構造がガッチリしているだけに、電気の配線工事がちょっと大変な所が、実はある。鶴岡・下山添のゼロキューブの現場は電気工事の真っ最中だが、ちょっとそこで紹介してみましょう!1F天井部の配線が特に難儀する。↓大きな天井根太に穴あけして線を通して行くが、この穴あけが結構大変 [続きを読む]
  • タイル一つにも、デザインにこだわる!
  • 「フレンチスタイルの家」のタイル工事の続編です。トイレの床は、アンティーク調のタイルにこだわった。スペインの伝統的デザインである「マヨリカ柄」をあしらった味わい深い逸品です。(未完成)輸入住宅じゃないと、なかなかこんな大胆な柄は似合わないですね。リビング前の外部テラスは、ノンスリップの330角タイルを張って、こちらもお洒落に決めてみました。↓玄関床タイル、キッチン床タイルとお揃いにして、統一感を図 [続きを読む]
  • ユーティリティの床タイル
  • キッチンからユーティリティにかけての床は、ちょっと変ったデザインタイルを貼ってみた。程良い焼きムラが入った330角のタイルだが、ちょっと歪な感じがデザイン性を高めている。水廻りの床をタイル貼りにする理由については、水がこぼれても安心できると言う点と、内装インテリアを楽しめると言う点にあると思う。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 照明器具①・・・フレンチスタイルの家
  • 照明器具にもかなりのこだわりを持たれた施主様、外部のテラス灯はヨーロッパ調のアンティーク型にされた。窓周りの化粧モールディングともマッチングしている。ガラスシェードこそ違ったデザインだが、灯具自体は当社事務所で使用しているものと同じデザインを採用していただいた。↓何年経ってもアンティーク感はそのままで、全然飽きの来ないのが個人的にも大変気に入っている。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 手造りのL型キッチンとマントルピース
  • フレンチスタイルの造作キッチンはL型にして、リビング側の壁面にはモールディングを取り付けた。白い本体に100角タイルを組み合わせることにより、輸入住宅らしさを更に強調している。そして、リビングの外壁面にはマントルピースを、やはり手造りで造り、フレンチっぽさを強めている。↓こちらも白のペイントを塗って仕上げ、内装インテリアをモノトーンな配色にしたいと言う施主様のリクエストに応える形となっている。11月初 [続きを読む]
  • 塗装工事真っ只中・・・フレンチスタイルの家
  • 輸入住宅の工事では塗装工事が盛り沢山ある。ドアや各種モールディング材、床や棚板、階段踏み板や手摺り材、等々、塗装屋さんの腕の見せ所となる箇所が多い。「フレンチスタイルの家」は今、塗装工事真っ只中。輸入ドアの場合、現場塗りが基本。日本の建材メーカーみたいに、化粧材を貼り合わせたドア材等、皆無に等しい。ドアに限らず、巾木や廻り縁、窓周りのケーシング材は無垢ヘム材に塗装して仕上げる。にほんブログ村 応援 [続きを読む]
  • BOX2 SKYBALCONY + PENTHOUSE
  • 木造三階建ての建物となると、構造計算が必要であり、排煙計算も必要となるため、かなりの時間と労力が必要となる。庄内町で間もなく工事に入る[BOX2 SKY BALCONY]は、正にそんな建物です。屋上バルコニーに出る塔屋と、更にはお客様の要望で、ペントハウスを別途付けた構造となっている。施主のK様は、正にこんな楽しみ方↑を希望していらっしゃるんだと思いますが、造る側の当社でも、出来上がりが楽しみでしょうがありません。 [続きを読む]
  • 外構工事が家の魅力を引き立てる!
  • 家づくりの提案時に心掛けている点として、建物だけ造って終わりではなく、予算の許す範囲内で外構計画も合せてアドヴァイスさせていただいている。そうすることによって、トータルバランスがとっても良くなり、新築の家がますます引き立って見える。境界フェンスや門柱・門扉、玄関アプローチや植栽工事等、コーディネートが必要な点は多々ある。フレンチスタイルのI様邸も、外構計画をしっかり提案させていただき、現在着々と工 [続きを読む]
  • 隠れて見えなくなる部分はとても大事!
  • 酒田市麓の+BOXは、外部の金物取付⇒窓取付⇒遮熱防水シートの貼り付け、と順調に推移している。コーナー帯金物は縦横に。窓の取り付けは防水対策を万全に。遮熱防水シートは皺も無く綺麗に仕上がった。これを貼れば、断熱対策と防水対策が同時にできるから、寒冷地にはとても向いている。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 窓越しのお洒落なデザイン
  • デザインにこだわって特注で作ってもらったロートアルミの窓飾りが、ようやく取り付けられた。この日を待ってましたとばかりに、I様もさぞや満足されていらっしゃることと思います。アルミ製だから将来的に錆びる心配が無い。コストも高いがデザイン性もずば抜けて高い。室内側から見れば、一目遼前で、フランス映画にでも出てきそうなデザインに惚れ惚れしてしまう。一つ一つの部材を入念な打ち合わせで厳選して決めているので、 [続きを読む]
  • 酒田市麓・フレーミング二日目
  • 昨日に続き、酒田市麓の現場報告です。晴天にも恵まれ、フレーミング工事は一気に屋根まで上がった。一番人気の「+BOX」の形が見て取れる。屋根垂木は積雪荷重を考慮して、2×12(ツーバイトゥウェルブ)の頑強なサイズを採用しており、1.5mの積雪にも耐えられる構造になっている。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 鳥海山とゼロキューブ
  • 酒田市麓(旧八幡町)では今日からフレーミング工事が始まった。「麓(ふもと)」と言う位だから、鳥海山がすぐそばに見えて、眺望が何とも素晴らしい所だ。朝から雲行きがあまり良くなく、ブルーシートを携えながらの工事となったが、午後からは青空に恵まれて、かなり捗ったと聞いた。今回から新しく加わってもらった酒田の大工さん、上から暫くの間、成り行きを見守らせてもらった。にほんブログ村 応援 お願いします(^ [続きを読む]
  • 外観が見えて来た「フレンチスタイルの家」
  • 大型台風の通過で冷や冷やドキドキだった各現場。小真木原の現場も足場メッシュを外して安全策を取った。お陰で建物の外観が足場越しに見えるようになり、アイアン花台とか、まだ取付するものはあるにしても、「パリ郊外の家」を彷彿させる雰囲気に出来上がっている。完全自由設計でお客様と向き合い、納得してもらうまでじっくり時間を掛けた結果であり、ここまでの道程が決して容易ではなかったことも、合せて記しておきたい。に [続きを読む]
  • 人気の松原南で始まったフレーミング工事
  • 敷地面積が狭い土地での工事は色々と苦労する面が多い。クレーンを構えるのに警察から道路使用許可をもらったり、職人さん用の駐車場を近隣で探したり、一番は作業効率が悪くなる点がある。酒田市松原南の現場は正にそんな状況下にあるが、幸い天気にも恵まれ、大工さん達は生き生きと仕事をしてくれている。 一番人気の松原南で仕事ができることは光栄であり、誇りでもある。胸を張って仕事に向き合って行きたい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 基礎工事が完了した酒田のゼロキューブ2棟
  • 酒田市松原南と旧八幡町で建築中のゼロキューブはあっという間に基礎工事が完了した。松原南は土間付きの「ステップフロア」で、庄内初のお目見えとなる。↓旧八幡町は「+BOX」で、デッキ部分をタイル貼りテラスに変更している。↓松原南は既にフレーミング工事に入っており、旧八幡町は20日から入る予定だ。にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 外観も内装も、「パリの家」
  • 大きな吹抜けを囲むように取り付けられたL.J.Smithの階段手摺りは、フレンチスタイルに相応しいデザインに仕上がった。壁クロスを貼っていないこと、ヘリンボーンの床材が隠れていること、木製手摺りを塗装していないこと等からすれば、まだまだ完成イメージが想像できないでしょうが、一言で言えば、「パリの家」、と言う雰囲気が漂う家なんです。出来上がりをお楽しみに!にほんブログ村 応援 お願いします(^^ [続きを読む]
  • 難局をクリアできた塗り壁工事
  • 鶴岡の「フレンチの家」は外装工事が終盤に入った。モルタル下地壁の上に取り付けた窓周りのモールディングは塗装仕上げが完了した。次に、完全に乾いたモルタル下地にシーラーを塗って、その上からスタッコ材を塗って仕上げて行く。一見簡単に見えるコテ塗りだが、やってみると、これが実に難しい。昨日は突然の豪雨警報が出て、一時はどうなるかと脳裏をよぎったが、何とか無事に難局をクリアできたので、まずは一安心と言ったと [続きを読む]
  • 内部造作工事が山場・・・フレンチスタイルの家
  • ヘリンボーンの床材を張り終え、今度は吹抜け階段の造作に取りかかった。↑まずは、階段専用の赤松集成材で踏み板と蹴込み板を組んで行く。↑親柱と手摺り材、そしてアイアンバラスターを組んで行くのだが、これが結構難しいらしい。大工さんにとっては腕の見せ所だけに頑張ってもらいたい。皆さんにとっては、輸入住宅の本物感をご覧いただける絶好のチャンスなので、今後の流れに大いに期待して頂きたい。にほんブログ村 応援ク [続きを読む]
  • 羽黒町荒川で工事中の「ゼロキューブ」
  • 郊外でのんびり暮したいと言う方にお薦めしたいのが、羽黒町荒川の分譲地。当社では7月に完成した「ゼロキューブ・マリブ」に続いて二つ目の工事中なのが、基準商品の「ゼロキューブ」。今回の外壁色はお客様の要望でブラック色。↓見た目のキリッとした感じが良いですね!分譲地を田んぼ側から見るとこんな感じで、↓左から二つ目が7月に完成したマリブで、一番右の足場が付いている家が今回のゼロキューブ。見晴らしが最高に良 [続きを読む]