taira さん プロフィール

  •  
tairaさん: taira日記 - since 2004.09.18
ハンドル名taira さん
ブログタイトルtaira日記 - since 2004.09.18
ブログURLhttp://sun.ap.teacup.com/taira/
サイト紹介文盛岡一高、読書、高校野球、岩手のスポーツ、盛岡風景、時々つぶやき、旧白堊スポーツ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供461回 / 365日(平均8.8回/週) - 参加 2008/01/19 16:42

taira さんのブログ記事

  • やった!
  • ブログ、195万アクセス超えました。あと5万で200万アクセス。苦節14年(笑)。あと半年以上はかかりそうですが、頑張ります!【追伸】ブログを始めた時は母校HPのアクセス数を超えることが目標でした。あっ 今、ライバルは169万。まだ勝ってます(笑)! [続きを読む]
  • お知らせ
  • いろいろ調査した結果「某 白○スポーツについて 岩手県」の掲示板を立ち上げた人物は2015年夏エースの高橋さんではないことが判明しましたので、みなさんへお知らせいたします。高橋さん誠に申し訳ありませんでした。この場をおかりしてお詫び申し上げます。【追伸】当事者出て来い(怒)!!!!!! [続きを読む]
  • 悲しい現実
  • 昨日、一瞬「白堊スポーツ」というブログ名にしましたが、プレッシャーが凄いことに気付き、もとのtaira日記に戻しました。毎朝、新聞片手に更新していたことや試合後一目散に家に帰って戦評を書き上げていたことを思い出して「もう出来ない」と判断・・・40代後半はなんでもできたのに(泣) [続きを読む]
  • 来週、
  • 実は我輩の誕生日である。祝いは固くご辞退申し上げる(笑)。さて、つーごどで、年金の手続きに行って来る。姉の代理人として手続きをしたことがあるので勝手はわがっている。思うほど面倒ではない。ついでに、東北銀行さんに新しい口座を開設する。集合住宅の管理費の振込先で、自分の今の口座から振り込むと手数料が432円もかかるからだ。高校の同級生が取締役だが、どうにがなるわげもなぐ年金生活者の心得である(笑)。 [続きを読む]
  • 春季高校野球岩手県大会
  • 盛岡一高は明日、専大北上と対戦。私が情報収集したところ、いろいろな方々が専大北上の上位進出を予想しているようです・・・がっ 高校野球に絶対はない!強豪相手に思う存分暴れてやろうじゃないかっ!頑張れ!盛岡一高!!! [続きを読む]
  • はぁ〜
  • 集合住宅の管理費をキャッシュカードを使って振り込んだのだが、他行への振込手数料がなんと432円!毎月のことなので振込先の銀行支店に口座を作ろうと思います。年間5,184円も某銀行に協力する気はありません。 [続きを読む]
  • 人間失格ー太宰治
  • [画像]評価高校時代から本棚にあったはずだが、今だ読んだことがない一冊。現代版カバーがついた文庫本をついに開いてみた。主人公・葉蔵の自分を見つめる視線が苦しい。「こんなに自分を追いつめなくてもいいだろう」と思いつつ読み進めるが、自分と似たところもあって少し考え込む。深い話だ。一度読んだだけでは感想も書けないほど自分を誤魔化して生きている自分に気づく。主人公も太宰治も、「何かあったら他人のせいにできれ [続きを読む]
  • 空飛ぶ広報室ー有川浩
  • [画像]評価実は数日前、ツイッターでこんなことを呟いた。「昨日から読み始めた、題名につられて取り寄せた人気女流作家の本。どうやらねちょねちょ恋愛物の様相。あと400頁もあるんだよね〜ど〜しよ〜(汗)読みやすいことは読みやすいけど・・・」ぶふぁ(笑)なのに評価4(5段階)。100頁読んだ段階で判断した私が浅はかだったわけだ。頁をめくる手が止まらず1日半で読み終えてしまった。物語は、精鋭集団・ブルーイン [続きを読む]
  • 鉄道員(ぽっぽや)ー浅田次郎
  • [画像]評価直木賞受賞作「鉄道員(ぽっぽや)」を始めとする浅田次郎ワールド全開の8作品からなる短編集。「鉄道員」どんな時も、北海道の片田舎のローカル線ホームに立ち続ける鉄道員が間もなく定年をむかえる。そして、幼くして亡くした娘の霊と再会した後人知れずこの世に別れを告げるのだった。「ラブ・レター」40近くにもなって年に数回留置場のお世話になっている男が、その筋からの指示で自分の戸籍を売った。商売女の不 [続きを読む]
  • なぬーっ!
  • 名古屋城天守閣、5月7日〜2022年12月末まで木造復元事業のため閉鎖だとーっ!来月の旅行の目的はお伊勢さん参りだけど・・・う〜ん、こうなったら犬山城か清洲城に行ってみよーっ! [続きを読む]
  • 春季高校野球盛岡地区予選
  • 【敗者復活代表決定戦】 盛岡一高2−1盛岡四高8回裏盛岡四高の代打者に飛び出した本塁打による1点を追う盛岡一高は、9回表一死走者なしから、1年生4番高橋のレフトスタンド上段へ突き刺さる気迫の1発で追いつき、さらに適時打で1点追加。最終回をエース大矢がきっちり抑えて3季連続の県大会出場を決めました![画像][画像][画像]【追伸】外野席に行ぐべと思って三塁側を通った時、左手の小山の上方から声が掛った。生徒 [続きを読む]
  • 毒笑小説ー東野圭吾
  • [画像]評価12作品からなるユーモア(?)短編集。作品名は1誘拐天国、2エンジェル、3手作りマダム、4マニュアル警察、5ホームアローンじいさん、6花婿人形、7女流作家、8殺意取扱説明書、9つぐない、10栄光の証言、11本格推理関連グッズ鑑定ショー、12誘拐電話網私のお気に入りは、家族が留守の間に孫のアダルトビデオを見ようとするおじいちゃんが偶然コソ泥を捕まえてしまう「ホームアローンじいさん」、さすが [続きを読む]
  • お知らせ+Wanted
  • 別に皆さんにお伝えする必要はないんだけど・・・(笑)6日の八幡平球場行き決定!久し振りの高校野球生応援!頑張れ母校!!!【追伸1】あっ念のため言っておきますケド、速報はしません。高校野球速報は時々さぼる岩手県高野連ホームページで(笑)!自分の人生の時を削って今まで何年も何の見返りもなしにバガみたいに速報やら母校情報を伝えて来ましたが、私本人はもちろんのこと、家族への誹謗中傷やいろいろな批判をこうむ [続きを読む]
  • 二千七百の夏と冬(下)−荻原浩
  • [画像]評価縄文人が住む村から渡来弥生人の住むフジミクニやって来た少年ウルクは以前森で出会った少女カヒィとの恋に落ち、やがてカヒィは子を身籠る。しかし、弥生人に蔑みの目で見られるウルクはカヒィと連れだってフジミクニを後にする。二人には追手が迫り、そして大地震が襲う。2011年の日本で見つかった手と手をつないだ古代人はウルクとカヒィだった。二人を発見した時期が東日本大震災の年。これを追う女性新聞記者は [続きを読む]