TENSYO78 さん プロフィール

  •  
TENSYO78さん: 古布遊び
ハンドル名TENSYO78 さん
ブログタイトル古布遊び
ブログURLhttp://kohuasobi.blog102.fc2.com/
サイト紹介文昔着物大好きな私の手作り日記です。 古布の好きな方遊びに来て下さい!
自由文今年はショップ開店を目標にしていましたがなんとか1月余りで形になってきました。それと共にブログも挑戦。こちらは毎日の更新が目標。さてさて実現出来るかな?古布の好きな方とお友達の輪が広がればうれしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2008/01/20 10:00

TENSYO78 さんのブログ記事

  • 相良刺繍のクラッチ
  • とても細かい相良刺繍の帯から仕立てました。相良刺繍も色々とありますがこれは私の好きな感じのもの。一寸シミがあったりですが、クラッチにしてみました。ごく薄く底なしのコンパクトなもの。留め方も色々悩んで直して結局、いつものマグネットで留めることにしました。だた少々実用性に欠けるかなあと只今悩み中(笑)。アクセントバッグですかねえ。。。 [続きを読む]
  • 柿渋染の武者絵を楽しむトート
  • 端午の節句には鯉のぼりを揚げる所と武者絵をえがいたのぼり旗を立てるところがありますね。これは古いのぼり旗を柿渋で染めたもの。柄はどうしても武者絵が多くてサイズ的にも大きくなるので案外扱いにくい。いくつか作ってもなんとなく同じような雰囲気になってしまうんですよね〜で、これはバッグを作るよりそのまま飾った方がいいのではと思って、我が家には何枚も飾っていた時期がありました。柿渋で染めてあるので色もまた落 [続きを読む]
  • 黒の帯からスヌード
  • 友人に黒の夏帯を頂いたのでスヌードにしてみました。絽と紗かな?帯ですから布自体に張りがありしっかりとしています。画像では透け感がうまく出ませんがナカナカ面白い感じになりました。夏帯なので夏に、とも思いますが結構厚手なので真冬以外はよさそうな感じですね。冬でも室内ならおしゃれに使えると思います。 [続きを読む]
  • 漆帯からクラッチ
  • クラッチが続いています。こちらは漆糸で柄を織り出した帯から仕立てたクラッチ。以前も作りましたね〜ポーチとセットです。というか、こちらのポーチはサイズ取りを間違えてしまって結局ポーチにしたもの。これはおまけです(笑)。漆帯や着物は最近あまり見かけませんね。ひと昔前に流行ったのでしょうか? [続きを読む]
  • 続・帯のクラッチ
  • 朱色の帯から仕立てたクラッチの2作目です。一寸雰囲気を変えて(あまり変わっていないか!)帯の無地部分をつないでみました。アクセントはタッセル。この朱色というのが私の好きな色。赤系の色も本当に色々とあって自分の好みにピタッとくるものに出会うのは難しいですね〜 [続きを読む]
  • 帯のポーチ
  • 25cmのファスナーを付けたのでクラッチというには一寸小さめのサイズなので大きいポーチというのがぴったりかなあと思います。これも以前いくつか作ったと思うのですが、龍を織り出した面白い柄のもの。地色が茶なので一寸地味な感じもするかな?こちらも試作で色々トライして、どうも気に入らなくて結局いつものパターンに戻したものーー狙うところを形にするのは難しいなあ! [続きを読む]
  • 黒を楽しむ御懐紙入れ2種
  • どちらも黒の膨れ織から仕立てたお懐紙入れです。裏には鳥獣戯画の襦袢地を持ってきました。お数珠入れなどによさそうですね。膨れ織は私の好きなものの一つですがナカナカこれぞというものには出会いませんが奥のお懐紙入れは私の好きな感じの膨れ織です。こんなランダムな感じの物が好きだなあ〜 [続きを読む]
  • 続・木綿をつないだポーチ
  • 昨日に続いて木綿をつないだポーチです。こちらは亀が描かれた型染木綿を持ってきました。昨日は鶴でしたが同じ型染の鶴と亀です。型染木綿は本当にいろいろなものがありますが色が入っていいなあと思うものはお値段もいいのでナカナカ手が出せませんねえ。今はとにかく手元にあるもので作る、というスタンスで断捨離に励んでおりますーーと言うと家族は笑っていますが!いつになったらスッキリとかたずくのかなあ。。。 [続きを読む]
  • 半纏トート
  • 古い半纏から仕立てたトートです。実家にのこっていたもので戦前のものかと思います。色がやや褪せていますが赤が効いていますね。「衛生」という字が何ともかな(笑) [続きを読む]
  • アンティーク木綿を楽しむスヌード
  • 古い木綿を表現するとき糸味の良い木綿と言ったりしますが(まあこれは人によってだいぶ中身は違うように思うのですが)このスヌードのメインに使った枯れた木綿はまさにそんな表現がぴったりとくるようなものです。手紡ぎ、手織りの厚手の木綿でうまく枯れています。この肌触りは手紡ぎでないと出ないように感じます。明治のものということで購入したのですがこのほっこり感が好きだなあ〜 [続きを読む]
  • 金封袱紗2種
  • 金封袱紗2種です。蘇州刺繍と辻が花の絞り。以前も作りましたが刺繍の方のご注文があったので作ってみました。実は辻が花の方にはシミが何カ所かあります。まあいつもだと作らないかなあ。。。ただ柄取りの関係でこれがベストかなあと思って作ってみました。何分にも着物のリメイクとして作りますのでシミやスレはある程度仕方がないとは思うのですが、どの程度を許容範囲とするかは難しいですね〜  特にこうした最近の着物地を [続きを読む]
  • ひげ紬のお懐紙入れ
  • 気が付けば松も取れて今年もいよいよ動き出しました。こうしてアッという間に年月は過ぎてゆく。なんだか歳を重ねるごとに見える景色も違ってきますね〜 これは義母の着物の端布から仕立てたお懐紙入れです。とても良い髭紬。とても地味ですがそこがまた魅力。なんとも着物地というのは不思議なものですねえ〜本当は内袋に黒を持ってこようかと思っていたのですがあまりに地味にまとまりすぎるかと思い少し赤味のある茶を持ってき [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  • 明けましておめでとうございます。2018年は戊戌。小樽は低く雲が下りた曇り空となりました。石狩湾に雪雲がどんどんと入ってきています。まだ雪は降りだしていませんが穏やかな元旦であれ、と祈っています。今年も古布を楽しみながらぼちぼちとものづくりをしていけたらいいなあと思っています。どうぞよろしくお願い致します。 [続きを読む]
  • お正月に向けてのお懐紙入れ
  • いよいよ今日で今年も最後となりました。思えば本当にいろいろなことがあったこの1年でしたが、つまらないブロブにお付き合いいただいた皆様本当にありがとうございました。何とか細々と続けてこれたのは何よりの幸せだなあと実感しております。来年もどうぞよろしくお願い致します。お正月にショップへアップしようといくつかお懐紙入れを作ってみました。掃除の合間にアップです(笑)。本当はもう1点作りたいのですができるかな [続きを読む]
  • シックな絞りの大人スカーフ
  • 今年もこれで最後かな?シルバーグレーのとてもシックな絞りから仕立てたスカーフです。大人の印象。ただ割合と新しいものでもとは道行だったかな?どうやらミシンが使われていたようで解き跡が残ってしまいました。コートにはミシンが使われていることがよくありますがこれはいつぐらいからなのかなあ?そこが一寸残念〜 [続きを読む]
  • スヌード2種
  • いよいよ今年も残り少なくなりましたね〜北海道は大雪、大嵐。 大変な年末になりました。さてスヌード2種です。十字柄の銘仙は少しの色移りがあるのでどうしたものかと思っていたものですが、この大胆さが何ともいいなあと思ってロングスヌードにしてみました。朱色の方は立体感のある膨れ織の道行から。こちらはアクセントカラーによさそうですね。 [続きを読む]
  • 龍を遊ぶお懐紙入れ
  • 龍柄の古い羽裏を何とかいかしたいと思ってお懐紙入れにしてみました。表は黒のうろこ柄の織り出し。うろこ柄は厄除けと言われますから龍と相まって、これは強力なお懐紙入れになりましたね(笑)。ただ一寸問題が〜表に使った布が薄手だったので中の龍柄を少し厚さを持たせてしっかり感を出したいと思い、いつもの芯よりもう一段厚いいものを使ってみたらやはり浮きが出てしまいました。この辺りが難しいところですねえ〜  この [続きを読む]
  • 縮緬の椿を楽しむ古布スカーフ
  • 私の宝物(笑)ー古布をしまってある納戸は本当に小さなスペースなのですが、何せ片付けが大の苦手でいつも本当に酷い状態。娘は一言「カオスだ」と言っています。で、時々引き出しを開けては少しづつ片付けているつもりになっているのですが、そんなときに見つけた一枚。白地に墨絵のようにグレーの濃淡で椿を描いたものです。これはかなり私の好み。このままさっと首にかけて柄を楽しんで欲しいなあ〜 [続きを読む]
  • 黒を楽しむスカーフ
  • 以前はほとんど色物の服は着なかったのですが60歳を過ぎてから色物が好きになってクロゼットもかなり明るくなりました。が、最近は着物の黒にとても惹かれます。 紅下の深い黒や膨れ織の立体感のある黒など本当にいろいろな表情の黒がありますね。これは膨れ織と言ってもいいのかな。立体感のあるよろけのような縞が織り出してあるコートから仕立てたものです。ふっくらとした感じが寒い季節によさそうですね。裏には暗い臙脂とい [続きを読む]
  • 雪輪柄の白大島を楽しむ御懐紙入れ
  • 昨日アップした白大島のスカーフと同じ布から仕立てたお懐紙入れです。白大島というのはどこか贅沢な感じがしますね(これは私だけの感じ?)。 白という色が汚れやすいというか気を遣う色だからでしょうか? こんな風に色の入らないすっきりとした白大島が好きです。 [続きを読む]