路地裏男 さん プロフィール

  •  
路地裏男さん: ラーメン大好き草野球馬鹿の日々
ハンドル名路地裏男 さん
ブログタイトルラーメン大好き草野球馬鹿の日々
ブログURLhttp://logiura.blog71.fc2.com/
サイト紹介文横浜市発、草野球とラーメン、スノーボードを愛する自称・日本一几帳面なO型男の多趣味欲張りブログ。
自由文☆パッと見、横浜・藤沢あたりのラーメン食べ歩きブログです。HANABI@鎌倉、海龍@藤沢、塩や@横須賀あたりが好み。
☆その一方で、スノーボードも1シーズン15〜20日滑走中の週末サラリーマンボーダーであったりします。昨シーズンJSBA1級を取得しました。ただいま9シーズン目突入の独身三十路男です。尾瀬岩鞍、丸沼高原あたりに毎週末出没中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2008/01/23 20:49

路地裏男 さんのブログ記事

  • 中華そば 満鶏軒@錦糸町 「鴨中華そば(醤油)」
  • すぐ近所に移転した麺魚の跡地に2018年4月にオープンしたお店。鴨でスープを取っているので「満鶏軒」だそうですが、鴨は「鳥」ではあっても「鶏」だと思ったことはない鴨。カウンター8席、先客1、後客1、食券制。あまりお客さん入っていません。鴨と水だけで取ったスープの中華そばだなんて、美味しそう。鴨中華そば(醤油)(850円)ところがまぁ淡い味わいで、鴨の旨さってコレジャナイ感。さらに、ジビエ的な臭みとかクセの強 [続きを読む]
  • ラーメン郷@高座渋谷 「味噌ラーメン+ワンタン(3枚)」
  • 2017年2月オープン、全国で4軒目、本州で2軒目となるすみれ@札幌の暖簾分け店だそうです。店内はカウンター4席+テーブル2卓6席+小上がり2卓8席というローカル色を感じさせる店内レイアウト。券売機による食券制。味噌ラーメン(800円)+ワンタン(3枚)(150円)ラードの層が厚々ゆえに熱々な一杯。「当店のスープは油が多め」「濃い味のため薄めるスープがございます」と掲示されている通り重厚な味わいで、識者の方々によれ [続きを読む]
  • 麺匠 八雲 大和店@高座渋谷 「味噌ラーメン+海老ワンタン」
  • 2017年9月にオープンした、元AKB48だという女性店主の店。この10月に堀切菖蒲園に出店した2店舗目を本店とし、こちらを「大和店」と変更したばかりのようです。八雲と書いて読みは「やぐも」。しかし、支那そば八雲@池尻大橋や、麺や八雲@平塚といった先達の存在がありながらこの名前を付ける感覚は…。なお、オープン当初は「札幌ラーメン八雲」を名乗っていましたが、この6月より「麺匠八雲」に改名しています。店内はカウンタ [続きを読む]
  • 豪快@六会日大前 「つけめん」
  • 8月初旬、およそ10年ぶりに訪問しました。昼営業のみなのでハードル高めなお店です。東池袋大勝軒・山岸御大の一番弟子の方がこちらの店主さんだと聞き及んでおります。ホールのおばちゃんや助手のお兄ちゃんは明るく、一方、店主さんも実直に調理を進めながらも店全体への目配りを欠かさず、老舗らしい安定感、安心感に安堵します。しかしまぁ、まったくもって豪快さを感じないのも相変わらずです(笑)。メニューは上手いこと撮 [続きを読む]
  • ハマカゼ拉麺店@関内 「中華そば」
  • 7月下旬、少し前から始まった(当時の)新メニューをいただきに訪問。18:30着で先客2名、たまたまかも知れませんが夜の集客は難しい土地柄なのでしょうか(外観写真は以前に撮影したものです)。目当ては「中華そば」。オープン当初、1種類しかないらーめんを「清湯醤油らーめん」と名乗ることに作為的なものを感じましたが、この「中華そば」投入の伏線だったかと思うと納得です。中華そば(850円)油膜がキラキラ。魚介、、、と [続きを読む]
  • 【限定】 ロ麺ズ@弘明寺 「冷やしジャージャー麺2018」
  • 8月下旬より、年内いっぱいが正念場という個人的案件に全力投球しており、ブログをすっかり放置プレーにしている今日この頃…。さて、今回の記事も、とっくの父ちゃんに終了した限定ですので、ただの食べに行った記録でしかありません。7月上旬のこと。後藤社長「たまには来いやー」自分「だって食べに行っても後藤さんいないんだもん」後藤社長「○日はロ麺ズにいるよ!」自分「じゃあ○日に行きます!」というLINEのやり取りもあ [続きを読む]
  • つけ麺 はま紅葉@日ノ出町 「つけ麺太麺」「つけ麺平打ち麺」
  • 2017年11月オープン。建物外観と看板の意匠がややチグハグではありますが、外面より中身に期待です。つけ麺専門店で、自家製の麺が太麺・平打麺・細麺とバリエーション豊富なのが特徴。でも修業先はさらに倍の6種類用意しているとか。女性店主のお店ということは頭にありませんでしたが、店内に掲示された衛生管理者だかが女性のお名前になっているのを見て、そういえば女性店主の店だったっけか、と。つまり目の前にいらっしゃる [続きを読む]
  • らぁめん三代目OKAWARI(オカワリ)@藤沢 「鶏そば」「鶏白湯そば」
  • 昨日記事にした鴇からの連食で、同じ4月中旬の訪問。2018年4月13日オープンですから自分にしては珍しいオープン直後の訪問。そんなせっかくの新店訪問でありながらすぐ記事をアップしなかったのはお察しのほど。初代OKAWARI(2015年6月オープン)は当初から存在を知っていましたが、当時すでに鶏白湯は食傷気味であり、一応は店の前まで足を運んでみたこともあったものの、結局未食のまま。しかし、湘南界隈の有名店とコラボしたり [続きを読む]
  • らぁめん鴇(とき)@藤沢 「白醤油」「醤油」
  • 1年半ぶりくらいに鴇へ。もう9月だというのに4月中旬訪問分。メニューは変わったと聞いていましたが、「生姜中華」だったところが「白醤油」に。値段も30〜80円ほど上がった様子。下記2杯をカミさんとシェア。白醤油(800円)トッピングの春菊が珍しい。醤油(780円)初の白醤油は自分にはやさし過ぎるのとまとまりが良すぎるのとでやや物足りず。白醤油といえばそういうものとも思いますが、もう少しスープなり麺なりが主張してい [続きを読む]
  • 中華そば トランポリン@江ノ島・腰越 「中華そば」
  • 江ノ電の腰越−江ノ島駅間の併用軌道(路面電車)区間沿いに2018年6月17日にオープンした小さなお店。鎌倉大勝軒のはす向かいで鎌倉市と藤沢市の市境、ギリギリ鎌倉市内という立地です。8月上旬訪問。店主さんはヨガインストラクターから転身された女性。ユニークな店名は敢えて意味を為さないネーミングを、という信念に基づき思い付きで決めたようなことをネット記事で読みました。こじんまりとした店内は直線のカウンターのみ7 [続きを読む]
  • Ramen Free Birds(ラーメンフリーバーズ)@本郷台 「塩ラーメン」
  • 本郷台駅から徒歩圏に2018年6月20日オープンしたお店。今の住まいに移り住む前に本郷台在住だったワタクシにとって、同店のオープンは感慨深いものがあります。と申しますのも本郷台、あるいは本郷台を含む横浜市栄区は長いこと本格的なラーメン店に縁が無い土地だったものですから。その反面、本郷台って大船にも戸塚にも上大岡にも環2方面にも出やすい便利なロケーションですので、特段、ラーメンを含む外食で苦労をしたこともあ [続きを読む]
  • 53's Noodle@湘南台 「味噌そば」
  • 「醤油そば」をいただいた明くる日に再訪問、次に来られるのはいつになるか分からない状況下で何を食べるべきか。「醤油そば」の次はやっぱり…「味玉醤油そば」かな?w味噌そば(880円)「醤油そば」が保守的だったので個性的なのはどれだろう?と考えた末の味噌。メニューに「希少なスパイスを効かせたここでしか味わえない味噌ラーメン」と書いてありますから。私めのしょうもない所感をひと言で申し上げるなら「味噌汁になる [続きを読む]
  • 53's Noodle@湘南台 「醤油そば」
  • 湘南台駅西口から近いところに2018年6月13日に満を持してオープンした新店。店主さんの華麗なる(?)経歴等はここでは割愛。しかし、仮にまったく知名度がない店主さんだったら店名の読み方も少しは話題になりそうなものですが、多くの人が店主さんの苗字にあやかって「ゴミズヌードル」とすんなりと読めてしまうのか、「“53”は“ゴミ”と読みます」みたいな講釈は見かけない気がします。メニューは53種類…ではありませんが、 [続きを読む]
  • 【限定メニュー】 流星軒@吉野町 「冷やし流星プレミアム」
  • 流星軒@吉野町では7月26日(木)から、2018年第4弾にしてロ麺ズとのコラボ第20弾となる限定メニュー「冷やし流星プレミアム」が始まっています!冷やし流星プレミアム(1,050円)もう8年も前になりますが、かつての「そのまんま冷やし」に通ずるストレートな手法ということで、今回は事前の試食は無し。提供開始早々に訪れました(が、ブログに起こすのが相変わらず遅いですが)。ひんやりとしたスープは対岸の油の無いところを掬 [続きを読む]
  • ハマカゼ拉麺店@関内 「特製清湯醤油」
  • 横浜文化体育館前に2018年3月23日にオープンしたお店。店主さんはくじら軒出身とのこと。5月中旬訪問。暖簾の「らーめん」のフォントにあたりにくじら軒っぽさを感じます。5月半ばにしてすっかり初夏の陽気でしたが、訪問時点では「ざるらーめん」はまだ準備中の表示でした。が、その後ほどなくして提供が始まったようです。特製清湯醤油(900円)やっぱりパーコーはいただいておきたいので自分にしては珍しく「特製」をば。白醤油 [続きを読む]
  • 古式らーめん鶴亀@大倉山 「熟成醤油ラーメン」
  • 2012年オープン、短い店名の中にも個性が見え隠れしているようで以前から興味があったお店です。5月上旬訪問。開店時刻とほぼ同時に入店しましたが、カウンターのみ8席の店内はすぐに満席に。甲高い声のちょっと一休さんみたいなお兄さんのワンオペ、口頭注文の後会計式。麺メニューはラーメン1種類のみ、それにトッピングが数種類。週末ながら、お昼は半熟ゆで卵がサービス。熟成醤油ラーメン(750円)札幌式の味噌ラーメンのよう [続きを読む]
  • 麺道楽 神楽や@中軽井沢 「極潤白湯鶏そば」
  • 店名に「楽」の字が2つも入る、2016年にオープンした鶏白湯メインのお店。4月下旬訪問。極潤白湯鶏そば(800円)鶏は信州地鶏黄金シャモ使用。似たネーミングの「濃潤白湯鶏そば」というメニューもありますが、そちらよりさらに長時間炊き出したスープのようです。しかし、鶏出汁の濃度よりも液体油によってもたらされたこってり感が強め。そして醤油ダレによるものか甘味が強く、鶏の旨味でない部分が強調されているように感じま [続きを読む]
  • 【限定メニュー】 麺屋 庄太 六浦店@金沢八景 「冷しまぜそば」
  • ※こちらの限定メニューは終了しているかも知れません(未確認)。6月初旬、津久井浜店が復活した最初の週末に六浦店を訪問。庄太店主は当然津久井浜店の応援で不在でした。冷しまぜそば・並盛(890円)並盛200g、中盛300g同料金、追い飯あり。「冷しまぜそば」というだけあってすべてがしっかりと冷たいまぜそば。豚魚ベースに豆板醤の辛味噌を効かせたもので、ファーストコンタクトは「冷麺みたい」。あくまで個人的な好みですが [続きを読む]
  • 【限定メニュー】 G麺7@上大岡 「ピリ辛ジャージャー麺」
  • ※こちらの限定メニューは終了しています。3月23日スタートの限定メニュー。しばらくご無沙汰していたG麺7でしたが、「思い出のジャージャー麺」ということで提供開始日に訪問。ピリ辛ジャージャー麺(900円)うーん、麺が合ってない。細過ぎるのと柔すぎるのと。その旨お伝えしたところ、「明日から0.2mm太くするんだ」って…、最初からそれで出していただきたかったです(´・ω・`)G麺7 (じーめんせぶん)住所 神奈川県横浜 [続きを読む]
  • 【限定メニュー】 流星軒@吉野町 「毘沙門みそらーめん」
  • ※こちらの限定メニューは終了しています。2018年1月19日から始まった限定メニュー「きのこの味噌らーめん〜トリュフの香り〜」の提供終了後から3月上旬までの短い期間提供されていた「特別献立」で、自分は2月下旬にいただきました。今は7月ですが、紹介できないまま今日まで来てしまった次第です(´Д`;)毘沙門みそらーめん(950円)前述の「きのこの味噌らーめん〜トリュフの香り〜」から具材のキノコとトリュフオイルを除い [続きを読む]
  • 支那蕎麦屋 藤花@鴨居 「味玉醤油らぁ麺」「塩らぁ麺」
  • 2018年2月9日オープンのお店。自分にしては珍しく、オープンから2週間足らずの2月下旬に訪問しました。2月に行った分を7月になってようやく記事に起こすとか、いったいどういう時間軸なんだと自分でも思いますが、なかなかブログにかけられる時間がないもので…自動車関連業をはじめとする工業地帯に店を構えるということで、こちらの開店時刻は午前10時。でも決して勤め人だけでなく、例えば子供が幼稚園や小学校に行っている間に [続きを読む]