mitosya さん プロフィール

  •  
mitosyaさん: 未踏社
ハンドル名mitosya さん
ブログタイトル未踏社
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mitosya
サイト紹介文個人誌未踏 小説、詩、散文、日記
自由文個人誌、未踏 http://www.geocities.jp/mitosya/
小説 詩 散文 日記等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2008/01/24 11:21

mitosya さんのブログ記事

  • センベーヌ・ウスマン Sembene Ousmane
  • センベーヌ・ウスマン Sembene Ousmane生年月日 1923年1月1日没年月日 2007年6月9日(84歳没)出生地 カザマンス ジガンショール死没地 ダカール国籍 セネガルの旗 セネガル職業 作家、映画監督、脚本家活動内容 小説、映画主な作品『黒人沖仲仕』センベーヌ・ウスマン(セネガルの姓名は日本と同じ順序となり、センベーヌが姓。 Sembene Ousmane, 1923年1月1日 - 2007年6月9日)は、セネガルの映画監督、作家。「アフリカ [続きを読む]
  • スークース (Soukous)
  • スークース (Soukous)様式的起源 コンゴ人の音楽とその他の伝統アフリカ音楽文化的起源 1930年代後期のコンゴ(キンシャサやブラザヴィル)使用楽器 ギター(指弾き)、ベース(アコースティック)、ドラムス、ブラス、ボーカルコンゴ音楽(ケニア、ウガンダ、タンザニア)、高速スークース(パリ)スークース (Soukous) は、1940年代にコンゴのアフリカン・ルンバが起源のアフリカ中で人気を得た、ダンス音楽のジャンルである[ [続きを読む]
  • リュート(Lute)2
  • リュート(Lute)2中世から初期ルネサンス最も初期にはリュートは主にトルバドゥール(吟遊詩人)などが歌の伴奏として用いていたと思われている。前期ルネサンス時代には世俗の歌や宗教曲のメロディーを折り込んだ曲が即興的に演奏されていたと考えられているが、大部分は楽譜として残されていないため不明な点も多い。ルネサンス期引き続き歌の伴奏として用いられる一方、リュートのみのソロやデュオが発達した。1507年には、フラ [続きを読む]
  • リュート(Lute)1
  • リュート(Lute)リュート(英: Lute:ルート[1]、伊: Liuto:リウト、仏: Luth:ルュト、独: Laute:ラウテ)は撥弦楽器の一種で、主に中世からバロック期にかけてヨーロッパで用いられた古楽器群の総称。ひとまとめにしてリュート属とも呼ばれるこれらの楽器群には時代や目的によってさまざまな形態のものがある。リュートはアラブ文化圏のウード(アラビア語: ????? al-?ūd)および中国や日本の琵琶と近縁の楽器であり、 [続きを読む]
  • グリオ(griot)の音楽
  • グリオ(griot)の音楽ガンビアのグリオグリオまたはグリオー(griot)は、西アフリカの伝統伝達者。世襲制。グリオの主要なグループは、マンディング諸語では jeliya、 djéliと呼ばれ、語根のjeliは後述するマンデ系社会の知識階層に由来している。ウォロフ語ではgéwal(géwélやgéwëlとも)と呼ばれ[1]、トゥクロール族では gawloと呼ばれている。概説グリオは単に楽器の演奏をするだけではなく、歴史上の英雄譚、遠方の情 [続きを読む]
  • ウクレレ(ukulele, ukelele,ハワイ語 ?ukulele)
  • ウクレレ(ukulele, ukelele,ハワイ語 ?ukulele)ウクレレ(ukulele, ukelele,ハワイ語 ?ukulele)は、フレットが施された小型で4弦のギターによく似た弦楽器である。通常はハワイアン音楽に使用されることが多い。解説ポルトガルからの移民が持ち込んだブラギーニャ(braguinha)と呼ばれる楽器を起源とし、ハワイで独自に改良を重ねられて現在の形になったとされる。高級なものにはしばしばハワイ特産のコアの木(koa)が材料 [続きを読む]
  • チャールズ・チャップリン(Charlie Chaplin)
  • チャールズ・チャップリン(Charlie Chaplin)“チャーリー”サー・チャールズ・スペンサー・チャップリン(Sir Charles Spencer "Charlie" Chaplin, KBE、1889年4月16日 - 1977年12月25日)は、イギリス出身の映画俳優、映画監督、コメディアン、脚本家、映画プロデューサー、作曲家である。血液型はO型で左利き。生涯映画の黎明期において、数々の傑作コメディ映画を作り上げ、「喜劇王」の異名をもつ。同年代に活躍したコメディ [続きを読む]
  • ンバラ(英:Mbalax / Mbalakh)
  • ンバラ(英:Mbalax / Mbalakh)ウォロフ族の音楽コンゴの音楽文化的起源 1970年代前半ンバラ または ムバラ(英:Mbalax / Mbalakh)は、セネガルのダンス・ミュージックである。ンバラは西洋の音楽(ジャズ、ソウル、ラテン、ロックなど)と民族音楽(セネガルの打楽器サバールを使ったリズムなど)の融合である。ンバラという名前は、サバールのリズムから由来している。歴史と影響ンバラ・ミュージックは、1970年代にセネガル [続きを読む]
  • チェンバロ(独: Cembalo, 伊: clavicembalo)
  • チェンバロ(独: Cembalo, 伊: clavicembalo)チェンバロは、鍵盤を用いて弦をプレクトラムで弾いて発音させる楽器で、撥弦楽器(はつげんがっき)、または鍵盤楽器の一種に分類される。英語ではハープシコード (harpsichord)、フランス語ではクラヴサン (clavecin) という。狭義にはグランド・ピアノのような翼形の楽器を指すが、広義には同様の発音機構を持つヴァージナルやスピネット等を含めた撥弦鍵盤楽器を広く指す[1]。チェ [続きを読む]
  • ドクトルジバコから民主文学まで
  • ドクトル・ジバゴボリス・パステルナークドクトル・ジバゴ (1965年の映画)レオニード・パステルナーク移動派草鹿外吉突然失礼致します。私は、ロシア文学者の草鹿外吉の甥で原子林二郎日本農民文学会へようこそ詩人回廊」文芸同志会通信まがね文学会石崎徹の小説平野啓一郎大江 健三郎 水死 (講談社文庫)又吉栄喜受賞作家の群像佐江衆一1Q84島田雅彦 悪貨葦牙の会葦牙ジャーナル同時代社新しい時代に向かう文学運動の創出を──日 [続きを読む]
  • パーム・ワインの音楽(Palm-wine music)
  • パーム・ワインの音楽(Palm-wine music)カイソ カリプソ アフリカの音楽文化的起源 クル族デリバティブフォーム 上流社会パーム・ワイン音楽 ( シエラレオネの maringaと呼ばれる)は西アフリカの 音楽ジャンルです。 それは地元のメロディーとリズムをトリニダードの カリプソと組み合わせて、船乗りが持ってきたポルトガルのギターを使ったリベリアのクル族の間で進化しました。 パーム・ワインの音楽は、アフリカの初期の [続きを読む]
  • ハープ(harp)
  • ハープ(harp)ハープ(英: harp)は、西洋音楽で用いられる弦鳴楽器。概要弦鳴楽器の5分類の内ハープ属に属する。楽器用法としては弦楽器に属し、弓を使わずにもっぱらはじいて音を出すため、撥弦楽器に分類される。なお、オーケストラにおいては、弦楽器の主体となるヴァイオリン属の楽器と、音色も奏法も大きく異なるため、弦楽器群の楽器のひとつとしてではなく、挿入楽器として扱われる。日本語では竪琴(たてごと)と呼ばれる [続きを読む]