mitosya さん プロフィール

  •  
mitosyaさん: 未踏社
ハンドル名mitosya さん
ブログタイトル未踏社
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mitosya
サイト紹介文個人誌未踏 小説、詩、散文、日記
自由文個人誌、未踏 http://www.geocities.jp/mitosya/
小説 詩 散文 日記等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供313回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2008/01/24 11:21

mitosya さんのブログ記事

  • 福島市のニホンザルに異変
  • 山口和朗 @mitosya11月4日その他#原子力発電_原爆の子: フォーブス誌【Tech】#フクシマ?惨事:福島市のニホンザルに異変 http://besobernow-yuima.blogspot.com/2017/11/tech.html?spref=tw …0件の返信 0件のリツイート 0 いいね返信 リツイート いいね ツイートアクティビティを表示山口和朗 @mitosya11月4日その他?? [Documentary] Fukushima - Radioactive Forest福島:生きものの記録 https://youtu.be/27OKeg_1YEg [続きを読む]
  • アルビノーニ - トマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニⅡ
  • アルビノーニ - トマゾ・ジョヴァンニ・アルビノーニ多くの同時代の作曲家とは異なり、アルビノーニには教会や貴族の宮廷に地位を得ようとした形跡が見当たらず、独自の財源によって、独力で作曲する自由を得ていた。その後は1722年にバイエルン選帝侯マクシミリアン2世エマヌエルに招かれ、オペラを指揮した。12曲からなる『協奏曲集』は、選帝侯に献呈されている。1742年にフランスで、アルビノーニのヴァイオリン・ソナタ集が「 [続きを読む]
  • アレンスキー - アントン・アレンスキーⅡ
  • アレンスキー - アントン・アレンスキー作風青年時代のアレンスキーは私の影響から逃れようとはしなかった。その後チャイコフスキーに影響されるようになった。あいつは早晩忘れられるだろう。?? リムスキー=コルサコフの回想から45年に満たないはかない生涯ではあったが、作曲家としてアレンスキーは2曲の交響曲、ヴァイオリン協奏曲、ピアノ協奏曲、ピアノ曲、室内楽曲、合唱曲、オペラに至るまで幅広いジャンルで、約250曲もの [続きを読む]
  • アホ - カレヴィ・アホ (Kalevi Aho,1949年3月9日)Ⅱ
  • アホ - カレヴィ・アホ (Kalevi Aho,1949年3月9日)1970年代後半から1980年代前半には、現代的な語法を積極的に自らの作品の中で消化していっているが、一方で1977年に書かれたバスーンと弦楽四重奏のための五重奏曲でシューベルトの「アヴェ・マリア(エレンの歌第3番)」を引用し、多様式への試みを行っている。こうした試みは、1988年に書かれた歌劇「虫の一生」をもとに交響曲第7番「虫の交響曲」で大きな成果として表れる。現 [続きを読む]
  • アホ - カレヴィ・アホ (Kalevi Aho,1949年3月9日)Ⅰ
  • アホ - カレヴィ・アホ (Kalevi Aho,1949年3月9日)カレヴィ・アホ(Kalevi Aho, 1949年3月9日 フォルッサ - )は、現代フィンランドを代表する作曲家。人物シベリウス音楽アカデミーでエイノユハニ・ラウタヴァーラに師事する。在学中より大規模な作品を発表しており、1969年に作曲した交響曲第1番は高く評価された。1971年にディプロマを得て卒業。更にベルリンに赴きボリス・ブラッハーの薫陶を受け、フィンランドに戻り、1974 [続きを読む]
  • アルベニス - イサーク・アルベニスⅡ
  • アルベニス - イサーク・アルベニス1883年、教師で作曲家のフェリペ・ペドレル(1841年 - 1921年)に会い、「スペイン組曲 作品47」などのスペイン音楽の作曲を勧められる。1890年代にはロンドンとパリに住み、主として劇場作品を作曲した。1900年、腎臓病を患い、ピアノ曲の作曲に戻った。1905年から1909年の間に、最も良く知られた作品「イベリア」(1906年から1909年にかけて作曲)および12のピアノによる「印象」を書いた。こ [続きを読む]
  • ヴェルクマイスター・ハーモニー
  • ヴェルクマイスター・ハーモニー監督 ベーラタールアグネス・ハネリツキーによって生産 ベーラタール脚本 ラズラ・クラッツナーホーカイベーラタールに基づく 抵抗の憂鬱LászlóKrasznahorkai主演 ラースルドルフピーターフィッツハンナ・スキグーラの音楽 ミハイ・ヴィグ映画撮影 ミロスグルバンアーウィン・ランツェンスベルガーガボル・メドヴィジーエミールノヴァークパトリック・デ・ランターロブ・トレゲンザ [続きを読む]
  • 『皆さん! 是非、これを目に焼き付けておいて下さい!』
  • 『皆さん! 是非、これを目に焼き付けておいて下さい!』⇒ https://ameblo.jp/64152966/entry-11330554317.html… #アメブロ @ameba_officialさんからposted at 13:23:599月8日@mitosya山口和朗@mitosya鬼畜の政府! また国民を苦しめる計画を練る〜貯金に税金をかける「貯蓄税」と、死んだときにも税金がかかる「死亡消費税」 http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=312538…posted at 18:38:189月8日@mitosya山口和朗@m [続きを読む]
  • エンペドクレス
  • エンペドクレスエンペドクレス(Empedocles、紀元前490年頃 ? 紀元前430年頃)は、古代ギリシアの自然哲学者、医者、詩人、政治家。アクラガス(現イタリアのアグリジェント)の出身。四元素説を唱えた。弁論術の祖とされる。名家の出身で、彼の祖父は紀元前496年に行われたオリンピア競技(競馬)で優勝した。彼自身も優勝したことがあるようだ。ピタゴラス学派に学びパルメニデス の教えを受けたとされる。逸話強風がアクラガス [続きを読む]
  • タレス
  • タレスタレス(タレース、古希: Θαλής、希: Thalēs、紀元前624年頃 - 紀元前546年頃)は、古代ギリシアの哲学者。概要タレスは、紀元前625年頃から547年頃の自然哲学者である。ソクラテス以前の哲学者の一人で、西洋哲学において、古代ギリシアに現れた記録に残る最古の(自然)哲学者であり、イオニアに発したミレトス学派の始祖である。また、ギリシャ七賢人の一人とされる。古代ギリシア語の母音の長短を考慮した表記は「 [続きを読む]