東京・八重洲の司法書士 幸津智美 さん プロフィール

  •  
東京・八重洲の司法書士 幸津智美さん: samurai-mom journal
ハンドル名東京・八重洲の司法書士 幸津智美 さん
ブログタイトルsamurai-mom journal
ブログURLhttp://kozu-regaconsul.weblike.jp/blog/
サイト紹介文司法書士 幸津智美のブログです。 ワーキングマザーとしての生活をつづっていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/01/25 15:11

東京・八重洲の司法書士 幸津智美 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 痛恨の判断ミス
  • 普段なら8時前には職場についている私。でも今日は電車が止まっていて、自宅最寄駅前には人が溢れている。振替乗車券だけ受け取り、バスに乗ろうとするも、駅前のバス停もあり得ないくらいの行列ができている。考えられるルートはいくつかあったが、迷った末に、別のバス停から滅多に利用することのない我が家から2番目に近い駅へ行き、そこから2つ先の駅で乗り換えて東京駅に出ることにした。ところが、考えることは皆同じだか [続きを読む]
  • 司法書士のイメージ
  • 司法書士は稼ぎがいいというイメージがあるようで困っていますwよく「家を買う時に司法書士に50万も払ったんだよ、儲かる仕事でいいよね」的な話をされますが、おそらく50万のうち40万は登録免許税等の実費だったりします。司法書士は登記申請にかかる実費も預かるのですが、報酬よりも実費のほうが圧倒的に高いことが多いのです。でも、クライアントは総支払額をみて、明細を気にしていないことがあります。そのため、司法 [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます
  • 子どもの夏休みが始まり、何となくそわそわしています。というのも私も休んだり不規則な働き方をする時期に入るからです。そのため、できるだけ仕事を片付けておきたいと考えるのですが、思い通りにならないことも多いです。でも、今日は今のうちになんとかしておきたかった気がかりな仕事の一つが片付いてとっても嬉しいです。2年以上かかった仕事がついに終わったのです。私の仕事は成年後見を除けば受任→書類作成→申請という [続きを読む]
  • あっという間に下半期
  • ついこの間お正月を迎えたと思っていたのに、気が付けば梅雨も明け、7月が始まっていた。我々の業界では6月末〜7月上旬はプチ繁忙期だったりする。というのも3月決算の会社の定時株主総会が開催され、そこで決議されたことを登記してほしいという依頼が多くなるからだ。うちのような零細事務所でも中央区にあるだけあって、法人登記のご依頼はそれなりにあり、それはもう目まぐるしい日々だったが、それも今日まで。何とかピー [続きを読む]
  • 今日から6月
  • 5月はGWがあったけど、4月と5月にそれぞれ3連休したくらいで、まとめて長く休めなかったからか特別感ゼロ。とにかくやたらと忙しくて、何から片付けていくべきか分からないくらい仕事が溢れてしまった。でも何とか土日は休みたいから、平日はできるだけ残業をする。結果寝不足になり、金曜日あたりにはパフォーマンスが落ちて仕事が捗らない...疲れてマッサージに行くから、そこで使ってしまった余計な時間分も残業でカバー [続きを読む]
  • 最近の仕事内容
  • ここ2週間(10営業日)で申請した不動産登記は6件で、見事に相続と財産分与ばかり。売買や抵当権抹消はありませんでした。それも、弁護士が入って数年がかりで遺産分割協議をしたケースや、交通事故で親を亡くした未成年者が相続人になるパターンなど、切なくなるものが多く、やるせなさを感じながらの書類作成。この仕事をしていれば、避けて通れないのですが、2日に1回の頻度で気持ち的に重いのが続くと、さすがに疲労感を [続きを読む]
  • 一年間総まとめ〜下半期編〜
  • 今日が仕事納めという方も多いのではないでしょうか。既に休みに入っている方も多いようで、オフィス街は何となく閑散としているように感じます。さて、ここで7〜12月の印象深い出来事を振り返ってみます。7月フルマラソンに挑戦することを決意8月義母が上京子どもが夏休み中でイレギュラーな予定が多く、気付いたら2週間しか働いていなかった...9月フルマラソン完走を目指し、たくさん練習できるよう皇居近くのランステを [続きを読む]
  • 一年間総まとめ〜上半期編〜
  • 2017年も残り半月になりました。全く実感がわきませんが、毎年感じることながら一年があっという間です。どんなことがあったのか、まずは1〜6月の印象深い出来事を振り返ってみます。1月人生初(だと思う)の歌舞伎鑑賞イヤホンガイドがあると理解が深まって楽しい大人になった気分♪2月高校卒業以来ぶりの友人と再会実に20年ぶり高校卒業時の年齢の倍以上の年月が経っていることに驚き!3月人生初の宝塚歌劇鑑賞朝美絢 [続きを読む]
  • 勉強不足
  • うちの事務所で不動産登記といえば7〜8割が相続案件。そのため年がら年中戸籍をみている。昔は手書きだったため、達筆すぎて読めないことも多く、苦労する。特に名前や数字には悩まされる。でも、昔の戸籍って面白い。さっき役所から届いたばかりの戸籍をみたところ「元治」「文化」「天保」「嘉永」「慶応」「明治」「大正」と7つの元号が出てきている。「元治」なんてあったかしら?気になって調べてみると1864年から1865年ま [続きを読む]
  • 放置されたままに・・・
  • 不動産の登記は義務ではない。そのため、特に深く考えず、登記をしないでほったらかしているケースは非常に多い。それも田舎では顕著である。地主さんでも自分の敷地内の建物なら所有権保存の登記をしていなかったりする。もちろんそれでも当面問題はないが、いざお金が必要になって抵当権をつけようと思ったり、売却しようと思った時には困ったことになる。自分は困らなくても残された家族が大変になるかもしれないことを考えたら [続きを読む]
  • 気付けば9月
  • 私にとって子どもの夏休みは調子が狂う期間。保育園に通っているときは夏休みの悩みなどなかったが、小学生になると1か月半もの夏休みをどうやって過ごさせるかが問題になる。学童に通っていれば心配ないが、うちの子たちは学童はおろか、プールにすら行かず、遅くまで寝ているので困ったものだ。いつも学校や習い事で忙しいので、夏休みの間だけはダラダラさせてあげてもいいと思うものの、一日中クーラーかけっぱなしで、ひたす [続きを読む]
  • デキ女のあのコ
  • 成年後見人等に関する届出や相続手続きなどで金融機関に行くことが多いが、窓口の担当者によって、かなり知識にばらつきがある。何度も奥へ確認に行き、何時間もかけて手続きしたにもかかわらず、後日訂正まで必要になる人もいれば、サッと書類を用意してくれて、書き方もスラスラ説明できる優秀な人もいる。某メガバンクに美人で仕事のできる行員がいて、私は彼女をすごく頼りにしていた。転任しちゃわないか心配で、銀行へ行くた [続きを読む]
  • 私のオシゴト
  • 一般的な不動産売買の際には司法書士が決済に立ち会うが、オトナの事情により、売買の登記とローン設定の登記で別々の司法書士が担当することがある。今日もまさにそのパターン。しかも売主が成年被後見人だったため、成年後見人である司法書士が出席。買主も司法書士だったら面白かったけど、さすがにそこまで役者は揃わなかったwそれでも場の過半数以上が司法書士というパターンは珍しいかと...弁護士人口3.8万人に比べると司法 [続きを読む]
  • 化石発掘
  • 以前は国に納める手数料(訴訟費用、登録免許税)は「収入印紙」、 登記簿謄本(登記事項証明書)、公図、地積測量図の交付・閲覧などの手数料は「登記印紙」と使い分ける必要がありましたが、今では全て収入印紙に統一されています。面倒くさかったので、一本化されて嬉しかったことが記憶に新しいです。といっても平成23年4月の話なので、既に6年以上前のこと。それなのに今ごろになって、名刺入れからひょっこり登記印紙が [続きを読む]
  • あるある珍事件
  • 「トリニティ司法書士事務所」といえば、うちのところだけだと認識していますが、そっくりな名前の司法書士法人もあります。むこうは法人ですから、うちよりも規模が大きく、立派なんじゃないかと思うのですが、年中間違い電話、間違い郵便、間違い訪問があります。今朝も私が留守の間に「10時にお約束しておりますが、30分遅刻します」という電話が入りました…と私のところに連絡がきました。全く聞き覚えのないお名前だったし、 [続きを読む]
  • うららかな日
  • 気付けば5月最終日。今年に入ってから一度もブログを更新していなかったことに驚きます。もうちょっとこまめに更新しなければ…不動産登記をメインにしている司法書士事務所なら月末は忙しいはずですが、今日は仏滅且つ水曜日だからか、決済はかなり少なさそうです。弊事務所は不動産登記がメインというわけではないため、月末も大きな影響はないことが多いですが、それでも年末や年度末は忙しくなりがちです。さて、今日はあさイ [続きを読む]
  • 歳末のご挨拶
  • あっという間に大晦日今年もいろんなことがありました。後厄だったからか、昨年よりはマシでも例年より多少色々あったような気がします。ここで、どんなことがあったのか毎月の印象深い出来事を振り返ってみようと思います。お仕事のコトはあまりお話できないので、基本的にはプライベートってことで。1月友人の結婚式に参列するため数年ぶりに関西へ2月平成28年度の地域当番班長になることが決定二女のクラス役員に立候補するもじ [続きを読む]
  • 過去の記事 …