Kein さん プロフィール

  •  
Keinさん: 収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ハンドル名Kein さん
ブログタイトル収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gz0210/
サイト紹介文会社収益向上のためにコスト改善は必須。意外と難しい物流コスト改善の取り組みについて易しく解説します。
自由文大手製造会社で長年に亘り物流IE、物流技術担当として物流の構築、改善に取り組む。国内外を問わず、主として製造会社の物流改善の指導に明け暮れる日々を過ごしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/01/26 21:54

Kein さんのブログ記事

  • 大きな視点で物流を見よう(3) 物流を成り立たせるための要素を学べ
  • 世の中に存在する「もの」は調達、生産、販売の流れで消費者の手元に届き、それが消費されていきます。この流れの一部が「運搬」なわけです。しかしあくまでも一部であって、その運搬に対していろいろな影響を与える他の行為が多く存在するのです。そしてまた一部ではありますが、「保管」という行為も物流に分類されるものとして存在しますが、これも運搬と同様に他の行為からの影響を受けることになります。そしてこの「運搬」と [続きを読む]
  • 大きな視点で物流を見よう 物流を点でとらえる典型的な見方
  • 将来に向けて物流は大きな課題になっていくことは間違いないでしょう。話題になっている輸送能力不足はその担い手がなければ大きな問題になります。多くの人と話をしていると、物流に対する認識で気になることが出てきます。それは物流を狭い視点でしかとらえていないことです。たとえば輸送をどうするとか、倉庫をこうするとかいった話題が実に多いのです。これはこれで課題認識としては間違っていないのでよいのですが、物流を考 [続きを読む]
  • 物流現場改善の成功のポイント(3) 作業改善と工程改善
  • 物流現場改善の方法として、作業改善と工程改善が挙げられます。まず作業改善について考えていきましょう。作業改善はその名の通り、物流作業のやり方を変えていくことで効率化を行うことです。たとえば梱包作業で部品の位置を50?近づけることで、「とりおき」工数を減らすような改善です。各物流作業について、本来であればどうあるべきかを考えると、それとかけ離れた作業を行っていることに気づきます。その一つひとつを愚直に [続きを読む]
  • 物流現場改善の成功のポイント(2) 物流作業の標準化
  • 物流現場の改善ノウハウ習得の前に必ず取り組んでいただきたいことがあります。それが「物流作業の標準化」です。残念ながらほとんどの物流現場作業が標準化されていません。なぜでしょうか。理由はいくつかあると思いますが、根本を質すと「物流への無関心」ということにつながります。日本では物流は軽視されてきましたので、この事実はやむを得ないと思います。しかし今から物流に関心を持ち、物流を強化していけばよいのです。 [続きを読む]
  • 物流現場改善の成功のポイント 改善意識と改善ノウハウ
  • 生産現場の改善は何十年も前からとことん実施されてきました。今では「歩行一歩」を詰める改善レベルにまで来ていると思われます。このような現場改善ですが、塵も積もれば山となる、のたとえではないですが、日本の製造業の強さを象徴しています。真面目に、かつ愚直に取り組むことが企業収益に大きなメリットをもたらすのです。実は物流現場でも同じ取り組みをしていけば、もっと会社の利益は上がりますし、従業員の給料にも反映 [続きを読む]
  • 物流不良流出を防ぐには(3) 物流管理部署を設ける
  • 物流の作業管理を現場だけに任せるのはいかがなものかと思います。物流標準作業の共通項目の指示や、その整備状況などをチェックする部署はあった方がよいかもしれません。よく物流管理課といったスタッフ部署を設けている会社がありますが、それはそれでとてもよい考え方だと思います。特にメーカーであれば、物流現場をしっかりと面倒見てくれる部署は必要でしょう。なぜなら多くの会社で物流現場にすべてお任せのため、仕事の質 [続きを読む]
  • 物流不良流出を防ぐには(2) 3点照合と指差呼称
  • 物流不良流出を防ぐために、会社としてこれだけは守って欲しいと思うアイテムはあると思います。会社の中には複数の物流部署があるかもしれませんが、それだけはすべての部署に共通に守ってもらうべきアイテムとしてあらかじめ挙げておくとよいかもしれません。「3点照合」という言葉をお聞きになったことがある方もいらっしゃると思います。この3点照合とは、現品、サンプル、出荷ラベルの3点を指し、この3点を梱包前に必ず照合す [続きを読む]
  • 物流不良流出を防ぐには 社内ルールの確立とそれを守らせるしくみ
  • 物流不良に悩んでいる会社も多いことかと思います。せっかく生産工程で良い製品を作ったとしても、物流工程で間違いが発生してしまったら台無しです。小売業や流通業ではものづくりの工程がありませんから、ほとんど物流的業務であると思われます。そこでの間違いはプロとしての意識が問われてしまう気がします。物流エラーを防ぐことは基本的にそれほど難しいことではありません。エラー防止のためにお金をかけることも不要です。 [続きを読む]
  • 生産と物流の関り(3) 付加価値のある物流
  • 物流が生産と同じラインに立てたとしたら、そこからは物流のステータスを向上するために、そして会社をよくするために貢献していかなければなりません。工場の物流は実は「付加価値のある物流」を実行できる立場にあります。その付加価値のある物流について確認していきましょう。ここでいうところの付加価値とは「生産管理」のことを指します。物流が生産管理?と疑問に思うかもしれませんが、間違いありません。物流がやるべきこ [続きを読む]
  • 生産と物流の関り(2) 努力不足の物流
  • よく耳にすることですが、製造業の経営者や管理者は生産活動には興味を持つものの、物流には無関心であるとよく言われます。物流について学生時代にきっちりと勉強したことがある人は皆無かもしれません。一方でものづくりに関してはさまざまな技術が工学として学ぶ機会が与えられています。技能検定の分野でも加工技術やプレス技術などの資格はしっかりと確立されていますが、物流に関する技能検定は存在しません。この現象は製造 [続きを読む]
  • 生産と物流の関り 物流のサービス度と生産パフォーマンス
  • メーカーではものづくりが主体のため、あまり物流には目が向いていないように感じます。しかしもしメーカーで物流を改善すれば、大きく生産効率が向上することがあるのです。工場において生産活動と物流活動はあえて切り離して考える必要はないのではないでしょうか。大きな会社になればなるほど、生産は製造課が行い、物流は物流課が実施するといった組織の分割が行われています。しかしものづくりの過程で発生する物流はあくまで [続きを読む]
  • 物流品質不良を撲滅するには(3) 作業者の品質意識を高める
  • 物流作業を標準化し、それを作業者に徹底的に教え込む。この工程が最重要であることはいうまでもありません。そして時々教えた通りに仕事をしているか、何か手順を違えていないか、重要ポイントを外していないかを作業観察を行いチェックします。この2つは物流現場監督者の業務として外せません。これを実施しなければ物流不良を発生させて下さいといっているようなものです。そして次に重要なことが、物流現場の品質意識を高める [続きを読む]
  • 物流品質不良を撲滅するには(2) 物流作業標準化は必須
  • 物流作業は自由度が高いため、いろいろな手順で行うことができてしまいます。生産活動では多くの作業が一定の手順に従わないとできませんが、物流作業はそうではありません。その影響か物流現場の多くで作業のやり方にばらつきがあります。作業者ごとに手順や方法が異なるのです。この状況は決して望ましいものではありません。なぜなら物流作業のやり方を作業者任せにしているため、作業の出来栄えにばらつきが出るからです。簡単 [続きを読む]
  • 物流品質不良を撲滅するには 物流品質不良の類型
  • 皆さんは通信販売で購入したものや、自宅配送を依頼したものについて、間違いや破損などの経験をされたことはありますでしょうか。B to C の物流では頻度が多くないため、間違いにあったことが無いという人は多いと思います。一方でそれでも間違った商品が届いたという人は、その販売元に対してよい印象は持たないでしょう。せっかくよい商品を作ったとしても、最後の物流で間違いが起きてしまうと今までの苦労が台無しになってし [続きを読む]
  • 荷主と物流事業者の関係(6) 共同改善活動の実施
  • 荷主と物流事業者の関係は単なる顧客とサプライヤーの関係ではありません。むしろお互いパートナーの関係にあるわけです。ですから互いにメリットがあることは実作業以外であっても取り組んで行くことが望ましいのです。その一つが共同改善活動です。自分たちの仕事の仕方を少し変えればお互いのメリットになることはたくさんあります。仮に双方のメリットにならずとも、片方のメリットになり、それが相手の利益を侵害しないのであ [続きを読む]
  • 荷主と物流事業者の関係(4) 見積精度を向上させる
  • 物流事業者は見積もりを作成する際に、やや大雑把すぎる気がします。それで十分な利益が出ればよいのですが、下手すると赤字で受注してしまうことがあります。同じ距離の輸送であっても条件次第で価格は変えるべきです。時刻指定なしでその日の内に到着すればよい場合と、時刻指定で運ぶ場合とでは明らかにコストに差が出ます。倉庫内作業も同様です。一日に同じ物量を出荷する場合でも、パレット単位での出庫で出荷する場合と、ケ [続きを読む]
  • 荷主と物流事業者の関係(3) 現場同士の話し合いのみで契約内容を変更
  • 荷主と物流事業者の間で、特に現場同士の話し合いのみで契約内容を変更してしまう傾向があるようです。しかしそう簡単に契約内容を変更してしまってよいのかというと、それには問題ありと言わざるを得ません。よくあるパターンが、契約内容に含まれていない細かい仕事を荷主が物流事業者に気軽に頼んでしまうことです。たとえば在庫報告。契約には在庫報告を実施する旨含まれていなかったとします。しかし物流事業者に保管業務を委 [続きを読む]
  • 荷主と物流事業者の関係(2) 荷主との取引条件を是正する
  • 物流事業者にとっては、荷主との取引条件を是正する良いタイミングに差し掛かったのではないでしょうか。あまりあからさまなやり方はふさわしくありませんが、ある程度の見直しはこのタイミングで実施していくべきです。もちろん、経済原則で今のような状況になっているわけですから、これが反転することも十分に考えられます。その時に荷主から大きなしっぺ返しを食らわないためにも、常識ある対応で取引条件の見直しを実施してい [続きを読む]
  • 荷主と物流事業者の関係  運送価格が上昇する傾向
  • このところ荷主と物流事業者との関係に変化が表れてきました。その変化とは今まで決定的ともいえる強者と弱者の関係性が崩れてきたことです。荷主、着荷主は物流事業者にとって絶対的な存在でした。荷主や着荷主からこうして欲しいと言われればなかなか断れなかったのが物流事業者でした。しかし物流事業者も人材難の時代に突入しました。荷主から何かプラスアルファの要求があったとしても、人がいないため応えられなくなってきた [続きを読む]
  • 物流管理業務をきちんとやる(3)  物流サービス管理
  • 物流業務は直接的に付加価値を生まない作業が多いかもしれません。しかし仕事のやり方次第では十分にお金に転換できる付加価値業務となることが可能です。たとえば小売業や卸売業では物流が常に在庫に触れていることに着目します。物流は顧客から言われたとおりに入出庫と輸配送だけを行っているだけでは不十分です。在庫を常時目にする機会があるので、今何が売れているのかを肌で感じることができます。この売れ筋データを統計化 [続きを読む]
  • 物流管理業務をきちんとやる(2)  物流KPI管理
  • 物流業務を行っていく上で、仕事の出来栄えをきちんと評価できるようにしておくことは当然のことと思います。その一環として物流KPI管理を行うことが効果的です。物流KPIにはいろいろな側面があると思いますが、まずはコスト系から考えてみましょう。たとえば一つひとつの物流作業にかかる工数ですが、それが適正な状態なのか否かは日々ウオッチしておく必要があります。ピッキング作業であれば1行こなすのに30秒と定めていたとし [続きを読む]
  • 物流管理業務をきちんとやる  オペレーション業務と管理業務
  • 物流業務には一般的にオペレーション業務と管理業務の2種類があります。前者は運搬や保管などの物理的な業務で、後者は何かをマネジメントする業務です。どちらかというと、オペレーション業務にばかり目が行きがちですが、実際には管理業務が重要であると考えられます。そこで物流管理業務にはどのような業務があり、それに磨きをかけるためにはどのようなことをしていかなければならないのかについて考えてみたいと思います。物 [続きを読む]
  • 物流新技術を活用する(3) 貨客混載輸送や新技術の採用
  • 物流にもどんどんと新しい発想を取り入れていきたいものです。かつては「国鉄」の時代に旅客車両の後ろに貨物車両を連結し、貨客混載輸送を行っていました。最近ではJRとなり、旅客と貨物の会社が分かれたこともあり、すっかり見かけなくなりました。しかしここにきてまたこの方式が採用されつつあります。旅客鉄道の一部に貨物を積んで運ぶのです。両端末はトラック輸送に頼ることになりますが、一部区間だけでも実施すればドライ [続きを読む]