Kein さん プロフィール

  •  
Keinさん: 収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ハンドル名Kein さん
ブログタイトル収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gz0210/
サイト紹介文会社収益向上のためにコスト改善は必須。意外と難しい物流コスト改善の取り組みについて易しく解説します。
自由文大手製造会社で長年に亘り物流IE、物流技術担当として物流の構築、改善に取り組む。国内外を問わず、主として製造会社の物流改善の指導に明け暮れる日々を過ごしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/01/26 21:54

Kein さんのブログ記事

  • 物流管理業務をきちんとやる(3)  物流サービス管理
  • 物流業務は直接的に付加価値を生まない作業が多いかもしれません。しかし仕事のやり方次第では十分にお金に転換できる付加価値業務となることが可能です。たとえば小売業や卸売業では物流が常に在庫に触れていることに着目します。物流は顧客から言われたとおりに入出庫と輸配送だけを行っているだけでは不十分です。在庫を常時目にする機会があるので、今何が売れているのかを肌で感じることができます。この売れ筋データを統計化 [続きを読む]
  • 物流管理業務をきちんとやる(2)  物流KPI管理
  • 物流業務を行っていく上で、仕事の出来栄えをきちんと評価できるようにしておくことは当然のことと思います。その一環として物流KPI管理を行うことが効果的です。物流KPIにはいろいろな側面があると思いますが、まずはコスト系から考えてみましょう。たとえば一つひとつの物流作業にかかる工数ですが、それが適正な状態なのか否かは日々ウオッチしておく必要があります。ピッキング作業であれば1行こなすのに30秒と定めていたとし [続きを読む]
  • 物流管理業務をきちんとやる  オペレーション業務と管理業務
  • 物流業務には一般的にオペレーション業務と管理業務の2種類があります。前者は運搬や保管などの物理的な業務で、後者は何かをマネジメントする業務です。どちらかというと、オペレーション業務にばかり目が行きがちですが、実際には管理業務が重要であると考えられます。そこで物流管理業務にはどのような業務があり、それに磨きをかけるためにはどのようなことをしていかなければならないのかについて考えてみたいと思います。物 [続きを読む]
  • 物流新技術を活用する(3) 貨客混載輸送や新技術の採用
  • 物流にもどんどんと新しい発想を取り入れていきたいものです。かつては「国鉄」の時代に旅客車両の後ろに貨物車両を連結し、貨客混載輸送を行っていました。最近ではJRとなり、旅客と貨物の会社が分かれたこともあり、すっかり見かけなくなりました。しかしここにきてまたこの方式が採用されつつあります。旅客鉄道の一部に貨物を積んで運ぶのです。両端末はトラック輸送に頼ることになりますが、一部区間だけでも実施すればドライ [続きを読む]
  • 物流新技術を活用する(2) 庫内作業を効率化するためのしくみ
  • すでに多くの会社で導入が進んでいると思われるAGV(無人搬送車)ですが、さらに進化を続けています。庫内作業を効率化するためのしくみとして有効です。それが倉庫内の運搬作業を軽減するために導入されたAGVです。今まで倉庫からの出庫は作業員が棚間を移動しながら該当製品をピッキングしていました。しかし発想を変え、人が動くのではなく、棚が動くというしくみを導入した会社があります。難しいしくみではなく、ICTにより制 [続きを読む]
  • 物流を是正する必要性(3)  バリューを生む物流へ
  • 物流是正のポイントは、第一に無償サービスからの脱却です。第二は言われるままに動くという受身仕事からの脱却です。まずこの二つを完璧にこなすように努力していきましょう。第一の無償サービスからの脱却は今すぐにアクションを取り、一年以内に解消するように計画を立てましょう。第二の受身仕事からの脱却は簡単ではないかもしれません。これは意識の問題でもあり、相手方の仕事についても知っていなければ対処できないからで [続きを読む]
  • 物流を是正する必要性(2)  自ら主張せよ
  • 顧客から言われたから無償でやらざるを得ない、他部署から指示されたからその通りに動かざるを得ないという状況にあったとしたら、すぐに正さなければなりません。もういい加減受身の仕事のスタンスはやめにしましょう。それを主張できる時期に来ているから、今がチャンスなのです。今は物流業は人材難です。もう儲からない仕事まで受ける余裕はなくなってきているはずです。この機会に物流業務を行う過程でおかしいと思われる点は [続きを読む]
  • 物流を是正する必要性  受身の物流からの脱却
  • 物流は今までどちらかというと弱い立場にありました。それは物流が従来言われたとおりに仕事をするという、受身であったことも要因の一つです。部品等を納入するために着荷主に行った際に、荷降ろしのついでに「棚入れ」して欲しいと言われればそれに従う、出発時に荷が揃わなければ「待機」を余儀なくされるなどのおかしな現象が多々発生しています。いずれも「コスト」ですから、ビジネス上は無償で請け負うことはあり得ません。 [続きを読む]
  • 自社物流の実態を知る(3) 物流工程に中で注目すべき箇所
  • 物流の要因系の項目に着目することは重要です。ものづくりやもの買い方、売り方などさまざまな要因に注目してみましょう。物流工程の中にも注目すべき箇所があります。まずは通路です。当然のことですが、工場でも倉庫でも通路は付加価値を生まないデッドスペースです。皆さんの会社では工場の何パーセントが通路になっていますでしょうか。倉庫の中ではいかがでしょうか。物流が仕事をするために通路が必要になるわけですが、それ [続きを読む]
  • 自社物流の実態を知る(2) 自社物流の実態とその要因について明確にする
  • 物流にはいろいろな活動の結果が表れるという特徴があります。たとえば売上予測の精度の悪さが在庫となり、物流エリアを圧迫します。物流部署はものが置けないことに対応するために、工場内や倉庫内で置場を探して動き回ります。最終的にそれでも置ききれなければ外部倉庫を借用するということにもつながるのです。どちらかというと、物流は受け身の体制ですから営業部門や生産部門、調達部門の依頼を受けて仕事をしがちです。それ [続きを読む]
  • 自社物流の実態を知る 売上高物流コスト比率を把握する
  • 自社の物流の実態について正しく語れる人は多くいません。メーカーであればものづくりが本業、小売業であれば販売が本業のため、あまり物流に目が行くことが無いからです。しかし物流の出来栄えによってモノづくりの効率も、販売の成績も大きく変わります。だからこそ物流は重要で、その実態の把握と改善の方向性を常に認識しておかなければなりません。物流の実態を把握する一つのKPI(重要経営管理指標)に売上高物流コスト比率 [続きを読む]
  • 物流工程へのシステムと自動設備導入 高齢化と人手不足対策
  • 物流業務を行っている会社には、なかなか人を採用できずに困っている会社もあると思います。物流作業はどちらかというと労働集約型作業のため、人がいないとなかなか処理ができない性質を持っています。そこで今後のますますの高齢化と働き手不足のために物流工程に情報システムや自動設備を導入したいと考えられている会社もまた多いと思います。気持ちはとても理解できます。人手不足もさることながら、物流作業にフィットした情 [続きを読む]
  • 効果的な物流人財育成(3) 物流改善スキルと交渉力
  • 物流人財育成の中でも最も重要なスキルとして物流改善スキルが挙げられます。物流企画力と同じくらい大切です。この改善スキル、机上だけではなかなか身に付かない類のものです。やはり経験が大切。何度も何度も物流現場に足を運び、3現主義で問題点発見と要因つぶしを行っていくことが育成上望ましい姿です。前回お話させていただきましたように、物流や在庫の発生要因に気づかせることはとても有意義なトレーニングになります。 [続きを読む]
  • 効果的な物流人財育成(2) 物流や在庫の発生要因に気づかせる
  • メーカーでも小売りでも、育成したいと考えている担当者には、まずは調達の流れから調査をさせていくことをお勧めします。いろいろな知識を教え込むことも重要ですが、自社のものの流れがどのようになっているのかを調べることが最も実践的な勉強になります。ですから、まずものが入ってくるところからの調査を行わせるのです。ものが入ってきたら次はメーカーであれば生産です。生産工程にどのような方法でものを届けているのかに [続きを読む]
  • 効果的な物流人財育成 サプライチェーンを俯瞰する必要性
  • 物流事業者を除き、物流ノウハウを持った人財を育成しようという会社は多くありません。メーカーでも小売りでも卸売でも同様です。この内卸売業は物流事業者と似たような仕事を行っている場合があり、特に倉庫保管と入出庫作業という簡単な物流のノウハウは持っていると思われます。一方でメーカーと小売りでは状況が異なります。メーカーではものづくりは本業であっても、物流は本業ではないということで軽視されがちです。小売り [続きを読む]
  • 物流アウトソース先との付き合い方(3) 物流会社評価
  • 物流アウトソース先には自社が期待していることに応えていただく必要があります。その伏線として、管理技術を伝授していく必要があるのです。さらに物流会社には皆さんからの評価値を伝えていくとよいと思います。物流アウトソース先であっても、皆さんの会社にとってサプライヤーであることに違いはありません。そこで、皆さんの期待値を明確に伝えるとともに、今の物流会社の立ち位置を教えてあげる必要があるのです。皆さんの会 [続きを読む]
  • 物流アウトソース先との付き合い方 きちんと物流条件を提示する
  • 日本企業の7割以上が物流業務を何かしらの形でアウトソースしていると聞きます。この物流アウトソースですが皆さんの会社では上手くいっていますでしょうか。本当にある話ですが、このような質問をすると「上手くいっているのかどうかわからない」という回答があります。いったん物流業務をアウトソースすると、あとは物流会社に丸投げ状態になっているのです。その物流がよいのか悪いのかがわかりません。実はこの状態はアウトソ [続きを読む]
  • 出荷物流を改善しよう(3) 出荷場の環境整備
  • 多くの会社が物流に目を向けてこなかったせいで出荷場の環境整備が遅れています。メーカーであれば生産優先ですから、生産工程の環境整備はばっちりできていても、出荷場に代表される物流環境はかなりプアーな状況です。この物流環境の悪さがトラックの待機問題や安全上の課題を招いていると言えそうです。今一度出荷場をよく眺め、直せるところは修正していきたいものです。出荷場を整備する際には「必要な面積を確保する」ことが [続きを読む]
  • 出荷物流を改善しよう(2) 出荷を平準化せよ
  • 出荷場でよく見かける光景として、出荷トラックの集中が挙げられます。よくあるパターンは午前中に入荷、午後から出荷というパターンです。これでトラックが構内で荷役を行うバランスがとれていればまだよいのですが、そこまでできていない会社では特定の時間帯に積み込み作業が集中してしまっています。この集中化の弊害として、トラックが積み込みのために「待ち時間」が発生することが挙げられます。さらにフォークリフトの交錯 [続きを読む]
  • 出荷物流を改善しよう 確実な荷揃えの実施
  • 皆さん物流にはどのようなカテゴリーがあるかご存知でしょうか。ものは大抵「入って出ていく」性質のものです。そのように考えると、物流は大きく二つ、入ってくるインバウンド物流と出ていくアウトバウンド物流に分けることができます。インバウンド物流は主として調達物流と呼ばれます。ものづくりを行う際に使う部品や資材を調達する際に発生しる物流です。もう一つのアウトバウンド物流は主として販売物流と呼ばれます。生産が [続きを読む]
  • 私たちの物流実力値(3)制度の見直しと物流生産性向上
  • 日本は島国で国土面積も狭いため、国内物流は非常にやりやすい環境にあると思います。山がちではありますが道路網も整備されトラック輸送ではそれほどやりづらさは感じません。このような環境下での物流はそれほど困難さを感じないと思います。筆者の駐在していた中国に比べれば日本は天国のようです。物流途上で山賊に合わない、砂嵐に見舞われることもない、目的地まで何日もかけて移動することもないなど私たちが当たり前に感じ [続きを読む]