Kein さん プロフィール

  •  
Keinさん: 収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ハンドル名Kein さん
ブログタイトル収益向上に貢献する物流コスト改善のコツ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/gz0210/
サイト紹介文会社収益向上のためにコスト改善は必須。意外と難しい物流コスト改善の取り組みについて易しく解説します。
自由文大手製造会社で長年に亘り物流IE、物流技術担当として物流の構築、改善に取り組む。国内外を問わず、主として製造会社の物流改善の指導に明け暮れる日々を過ごしている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供154回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2008/01/26 21:54

Kein さんのブログ記事

  • 究極の物流改善に取り組め(3) 物流の「生まれ」を良くする
  • 究極の物流改善とは物流の「生まれ」を良くすることです。構内物流では工程と工程の間を離さずに設計することで生まれの物流を良くすることができます。工場の場合、工程設計担当者が複数おり、それぞれの担当者は自分の担当する工程の「内部設計」をしっかりと行おうとします。しかし物流の観点から大切なことは工程間の設計です。工程を離してレイアウトするのか、隣接させるのかで物流はガラッと変わります。仮に隣接できない場 [続きを読む]
  • 究極の物流改善に取り組め(2) 物流自体を発生させない
  • 物流は設計段階でその生産性がほとんど決定します。そして設計後の改善効果には厳しいものがあるといえるでしょう。たとえば拠点間を離して設置すればその間の輸送が永遠に発生し続けてしまいます。もし輸送を改善したいのであれば、輸送を発生させない物流設計が必要となるのです。物流改善を行いたいのであれば、まず物流自体を発生させないことを考えなければなりません。「そんなこと言ったって輸送を無くすなんて夢物語」と考 [続きを読む]
  • 究極の物流改善に取り組め 物流の発生源に着目せよ
  • 皆さんは常日頃物流改善に取り組まれているとは思いますが、その効果がしだいに小さくなっていくことに悩まれている方もいらっしゃるかもしれません。物流改善は長年の間、その重要性を叫ばれながら、なかなか手が付けられてこなかった領域です。その意味では少しの改善で大きな効果が得られるといった、実にコストパフォーマンスの良い取り組みであるといえます。しかし物流改善に長年取り組んできた方にとっては、だんだんとアイ [続きを読む]
  • 物流をマネジメントできるシステム 作業系ITサポートツール
  • 世の中多くの領域でIT化が進み、業務効率も以前に比べて見違えるほど効率化しました。これはエラーでも同じことです。ミスを回避する手段が増えてきたからです。このようなIT化は物流領域でも全く同様です。物流業務はどちらかというと人手に頼る部分が大きいため、工数を要し、ミスも発生しがちです。これをITが大きく変えようとしています。もちろん工数がかかる部分は多分に残されていますが、人の力に頼らずに改善できるところ [続きを読む]
  • 物流会社の交渉術(3) 契約内容を改善する千載一遇のチャンスは今
  • 物流会社の皆さんにとっては顧客との交渉への「きっかけ」を国からプレゼントされたようなものです。たしかに人材不足のためものが運べなくなってきているため、「値上げ」を交渉に行きたいところですが、なかなかストレートに値上げとは言いづらかったかもしれません。しかしここでこの運送約款の変更とドライバーの時間記録の義務化という2つをきっかけとし、それを前提に顧客の下へと訪れることが可能になったのです。嘘をつく [続きを読む]
  • 物流会社の交渉術(2) トラックドライバーの荷待ち時間などの実態把握
  • 国交省は平成29年5月31日、トラックドライバーの荷待ち時間などの実態把握や解消に向けて、 荷待ち時間などの記録を義務付けた貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令を交付しました。ドライバーが車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上のトラックに乗務した場合、ドライバーごとに集貨または配達を行った地点(集貨地点等)、集貨地点等に到着した日時、集貨地点等における荷積みまたは荷下ろしの開 [続きを読む]
  • 物流会社の交渉術 運送約款の変更を利用せよ
  • 最近人材不足の波が産業全体を飲み込もうとしています。特に人気のない業種はこの時期大変です。物流業はその典型といえるかもしれません。常に有効求人倍率が2倍を超えている自動車運転者という職種は、人不足でサプライチェーンに与える影響は少なくありません。この状況を放置しておけばいずれ日本の経済にも影響を与えかねません。国としても徐々に手を打ち始めました。標準貨物自動車運送約款を改定し、運送業者が顧客から料 [続きを読む]
  • 物流コストは原単位で管理する(3)
  • 物流コストは売上高に100%比例するわけではないという話を前々回にさせていただきました。これは契約形態によりかなりの部分について比例化に持っていくことが可能です。輸送については以前からお話している「個建て契約」にすることで、倉庫契約については「単位面積あたり契約(例えば?あたり単価)」にすることで極力比例化ができるでしょう。物流作業を外注にしている場合は、製品1台梱包する単価をいくら、製品1台を運搬す [続きを読む]
  • 物流コストは原単位で管理する(2)
  • 物流コストを原単位管理する場合の指標として、輸送ではよくトンkmという指標を使います。これは1トンの荷を1km輸送するときのコストのことです。この指標は荷量と輸送距離がわかれば把握可能ですから、比較的簡単にとることができます。また、一般的な指標でもあるため他社との水準比較もやりやすいと思います。また、製品1台あたりの物流費という指標も把握しやすいでしょう。これは発生物流費を製品の出荷台数で割り算す [続きを読む]
  • 物流コストは原単位で管理する
  • 物流コストの管理を行う場合、費用の総額を管理すると同時に、原単位での管理が必要です。原単位の管理とは、例えば製品を1個運ぶときに必要な物流コストとか、製品1kgを1km輸送するときに必要なコストといった、ある基準を定めて行うコスト管理のことを言います。ある会社で物流費総額が前年度対比で10%下がったといって喜んでいたことがありました。物流費自体が下がったことは確かに良いことでした。ところが、売上が [続きを読む]
  • 高値で売れる物流サービス(3) ノウハウ提供型物流サービス
  • 次に考えられるのがノウハウ提供型の物流サービスです。倉庫で保管業務を行う際に併せて物流品質向上のためのノウハウを提供してみるようなイメージです。顧客は物流品質向上とか物流コスト改善などのノウハウを欲しています。ですからこのようなノウハウにはお金を払ってでも改善を実施したいと考えています。物流単独かつオペレーション型の物流サービスは高値はなかなかつきづらいものです。輸送や保管を受託したとしてもそれな [続きを読む]
  • 高値で売れる物流サービス(2) 出前ビジネス
  • 高値で売れる物流サービスの中に「当日配送」は含まれるでしょうか。これはちょっと微妙なところかもしれません。たとえば通常配送料無料だけれども当日配送は一律800円と値付けしたらどうなるでしょうか。当日配送にバリューがあると考える人なら支払ってでもすぐに商品を取り寄せようとするでしょう。しかしそこまでのニーズを感じない人の方が圧倒的に多い気がします。筆者もセミナーをやるたびに配送リードタイムの希望につい [続きを読む]
  • 高値で売れる物流サービス 当たり前の物流サービス
  • 日本社会全体的に労働人口が減少しつつあります。このような環境下ではサービスを提供する側にとって試練の時代となります。つまり人手不足で仕事が追い付かなくなるという現象が起きるのです。労働力を確保するために条件を良くしなければならず、給与向上が利益を圧迫します。一方で悪いことばかりとは限りません。この人手不足によるコストアップを機に、顧客に対する値上げを実現できるからです。これを上手く使ったのが物流業 [続きを読む]
  • 物流の自動化・システム化の留意点(4) DPSとDAS
  • 物流現場の効率化を支える設備は何も自動設備に限ったものではありません。物流作業をサポートし、その負荷を軽減するものもあります。皆さんの会社ではピッキング作業を行っていますでしょうか。この作業は出庫作業の一種で、オーダーに基づき棚から該当品を取り出す作業を指します。最もイメージしやすいのがスーパーでの買物です。ショッピングカートを押しながら、商品棚から買いたい商品を取り出していく行為、これがピッキン [続きを読む]
  • 物流の自動化・システム化の留意点(2) 自動運搬車と自動倉庫
  • それでは実際に物流現場に自動設備を導入することを検討してみましょう。自動設備の大きな魅力は省人化です。また、人間が行うことによって発生しがちなミスを防止できることも大きな目的になることでしょう。省人化は特に工数を要する作業に適しています。これは会社によって異なるかもしれませんが、たとえば人が構内を動き回る作業を自動機に置き換えることが考えられます。その典型設備が「自動運搬車」です。その設備の上にも [続きを読む]
  • 物流の自動化・システム化の留意点 念には念を入れて検討する
  • 人材不足の時代は労働集約型産業である物流業にとっては厳しい時代だといえそうです。もちろん物流業だけに限った話ではありませんが、特に物流という職種は人気が無く、人集めには苦労しがちです。このような時代だからこそ自動化やシステム化に走りがちです。でもちょっと待ってください。自動化やシステム化には投資が発生します。その投資を回収できる見込みは立っているのでしょうか。この見通し抜きに自動化やシステム化でお [続きを読む]
  • 物流を認識しない経営者(2) 経営者に物流KPIを報告する
  • 一度経営者に関心を持ってもらったならば、その状態を維持していきたいものです。仮にそのきっかけが物流コスト増のようなネガティブなものであったとしても、です。経営者が一番関心を持つものは「数字」です。ですから物流についても必ず何かしらの数字を用いて状況をインプットしていきたいものです。そこで必要となってくるものがKPIです。KPIとは Key Performance Indicator の略で、重要経営管理指標のことです。物流のパフ [続きを読む]
  • 物流を認識しない経営者 物流への関心度向上
  • 不思議なことがあります。多くの会社の経営者の物流に対する認識不足です。ものは黙っていても届くとの思いが強いのかもしれません。ところがあることがきっかけとなり、突然物流に対して知りたがる場面が出てくるようです。あるきっかけとは会社の利益が落ちたとか、お客様からクレームが来たとか、どちらかというとネガティブな要因が多いようです。普段物流には興味が無いものの、鼻が利く経営者であればこのようなきっかけとは [続きを読む]
  • 物流標準時間導入成功のポイント(3) 日常メンテナンスの容易化
  • 当初定めた目標を達成できるのであれば、管理にかける工数はできるだけ減らしたいものです。特に物流標準時間管理ではこの点に注意が必要です。物流標準時間は最初はプロジェクトを組み、人を集めて、定められた期間で設定を行います。多くの会社でこのフェーズは注目度も高く、参加メンバーはモチベーションを保って職務を遂行します。一方で日常管理のフェーズに移行すると少し様相が変わってきます。プロジェクト解散に伴い、参 [続きを読む]