蟠龍斎 さん プロフィール

  •  
蟠龍斎さん: 蟠龍戦記
ハンドル名蟠龍斎 さん
ブログタイトル蟠龍戦記
ブログURLhttp://banryu.blog51.fc2.com/
サイト紹介文自分の巡った城・城跡を紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供273回 / 365日(平均5.2回/週) - 参加 2008/01/29 00:18

蟠龍斎 さんのブログ記事

  • 北陸〜甲信越にて
  • さて、今回の旅の行程はこちらです。1日目美濃郡上八幡城 − 越前大野城 − 越前福井城 − 加賀鳥越城加賀二曲城2日目越中増山城 − 越中富山城 − 越後高田城 − 越後鮫ヶ尾城3日目上野岩櫃城 − 上野柳沢城 − 上野名胡桃城 − 上野沼田城常陸笠間城4日目常陸土浦城 − 下総本佐倉城 − 上総大多喜城6日目甲斐躑躅ヶ崎館 − 甲斐要害山城 − 甲斐甲府城 − 甲斐新府城信濃龍岡城 − 信濃高島 [続きを読む]
  • 北陸〜甲信越方面へ
  • お盆休みを利用して、北陸〜甲信越さらに東関東方面へ旅して来ます。もちろん最大の目的は続100名城スタンプの押印です。なので、初登城のお城よりも再登城のお城が多くなります。そのため、走る距離も多くなります。無事に帰還できますように… [続きを読む]
  • よみがえる古代山城 国際戦争と防衛ライン
  • 山城は山城でも古代山城ということで、ちょっと興味がったので読んでみました。100名城や続100名城にも大野城や鬼ノ城・基肄城などが選ばれています。古代にも関わらず石垣が残っていたりとなかなか魅力的なお城が多いです。ただ古代山城となると、自分は知らないことが多いので、今回はとても勉強になりました。朝鮮式山城といったり、神籠石(こうごいし)といったり確かに呼び方も違います。その辺りについても触れています [続きを読む]
  • 日本の城 天守閣 完全名鑑
  • 昨今のお城ブームにより山城や石垣のみのお城も人気が出始めてましたが、それでも、まだまだ『お城=天守閣』と世間では捉えられてしまう傾向が高いように思います。自分もお城を見てきたと行って、石垣の写真を見せても、「どこにお城が写っている?」って聞かれることもしばしばです。そんな、お城マニアやファンではない人向けのあえて、天守閣をメインとして取り扱った書籍がこの本です。この本によると、日本全国に140もの [続きを読む]
  • 戦国日本と大航海時代
  • 大航海時代ということで、そしてオランダ・イギリスの外交政策について、詳しく書かれた書籍になります。後半は、伊達政宗が、謀叛を疑われたことについても書かれています。この本を読むと、いかにポルトガルやスペインが、日本を他国と同じように植民地にすることを狙っていたのかわかります。よく聞く布教活動をしてから、侵略戦争を始めるか、その辺りの詳しいな内容が書かれています。貿易という意味で日本人奴隷についても書 [続きを読む]
  • 三重県のお城
  • 100名城と続100名城に認定された三重県のお城を整理すると、100名城・伊勢松阪城 ・伊賀上野城続100名城・伊勢津城 ・伊勢田丸城 ・伊勢多気北畠氏城館 ・紀伊赤木城の合計6城です。スタンプも押印しました。さすがに名城と呼ばれるにふさわしいお城が選ばれています。しかし、この中には、三重県唯一の現存城郭建造物の多聞櫓を持つ亀山城が選ばれていないんです。ナゼ??全体的な遺構は少ないですが、石垣が残 [続きを読む]
  • 伊勢霧山城(2)
  • 続100名城スタンプ押印のため北畠氏館へ再訪しました。詰の城でもあるここ霧山城も再訪するか悩みましたが、まぁ、時間もあったので登城しました。人間の記憶は曖昧なもので、そんな苦労せずに登ったと思っていましたが、結局主郭に到着するまで30分以上かかりました。それでも、主郭部分は土塁や堀切など遺構がよく残っています。山の中にあるためか、眺望はよくないですね。続100名城スタンプは、麓の北畠神社に設置され [続きを読む]
  • 伊勢北畠氏館(2)
  • 続100名城に認定されていますが、その名称は『多気北畠氏城館』となっています。城館ということで、平時の北畠氏館と戦時の詰の城・霧山城のセットで認定されたのでしょう。スタンプ設置場所は、氏館のあった北畠神社社務所になります。以前来たことがあるので、氏館はほとんど遺構が無いことは承知済み。逆に前回開園前で入れなかった庭園を見てきました。回遊式庭園になりますが、それほど広くありません。それより、いわゆる [続きを読む]
  • 伊勢津城(3)
  • 先月、仕事で松阪へ行くことがあったので、その途中の津城へ立ち寄りました。もちろん目的は、続100名城スタンプです。設置場所は、城内の高山神社社務所になります。津城といえば、信長の弟、織田信包が城主だったこと時期があります。信包が、浅井氏滅亡後、市とその娘たちである茶々・初・江を保護していた、とされてきましたが、最近の研究では、信包ではなく信長の叔父にあたる織田信次(信長の祖父・信定の子)が保護して [続きを読む]
  • 経済で読み解く豊臣秀吉
  • なかなか面白いタイトルだったので読んでみました。いわゆる歴史書ではなく、どちらかというと経済を中心にした書籍になっています。いつも読む書籍とちょっと違う視点、特に貨幣の話が中心でなかなか面白かったです。ただ、1冊まるまる経済というほどネタもないのか、いわゆる歴史を語るぺーじはあります。また、豊臣秀吉とありますが、前時代の流れから織田信長の経済事情についても語られています。見方が違うと、ここまで違う [続きを読む]
  • 三河亀山城(2)
  • 三河に入った奥平氏が、川尻城の次に居城と定めたのがここ亀山城です。この城は、非常に整備がいき届いているのですが、この日は、雨が降り続き、1度行った事もあるので、ここから眺めるだけにしました。ここからでも曲輪の部分がわかりますね。前回は雪が残る日で今回は雨、なかなか縁のないお城です。 [続きを読む]
  • 三河川尻城
  • 上野より三河へ移住してきた奥平氏が、最初に居城として築城したのがここ川尻城です。場所は、作手にある創造の森城山公園です。国道301号線から1本中に入るのですが、駐車場がよくわからなかったので、国道沿いに停めました。小高い丘に建ち、舗装された道を登ると冠木門(写真)その奥に柵があり、1つの曲輪のようでした。さらに登ると、そこが主郭らしく、標柱と説明板がありました。奥に行くとわかりやすい土塁がありまし [続きを読む]
  • 陰謀の日本中世史
  • 中世の歴史に陰謀はあったのか?を論じた書籍になります。著者の考えは、『陰謀はなかった。』ということで、全部で7つの事件について、史料から無かったことを論じていきます。メインは、本能寺の変と関ヶ原合戦でしょう。本能寺の変の黒幕説については、その論者を名指しで否定していきます。関ヶ原合戦についても、史料から小山会議はなかったこと、徳川史観により作られたことを書かれています。さらに最終章では、陰謀論につ [続きを読む]
  • 美濃大垣城(2)
  • 大垣城は、2回目の登城になります。復興天守が建ちますが、続100名城に認定されました。入館は16時30分までなんですが、到着が16時15分でなんとか間に合いました。(駐車場がちょっと困りますね。)スタンプ設置場所は、もちろん天守内部。写真はスタンプの絵図です。天守内部の説明で見たのですが、焼失前の外観に近くなるように数年前に改修工事がされました。その写真を見ると、天守最上階の窓が小さくなった模様。 [続きを読む]
  • 尾張小牧山城(3)
  • 小牧山城も続100名城に認定されたので再訪して来ました。スタンプ設置場所は、模擬天守内部です。実はこの模擬天守が、10年以上も前に改装リニューアルされていたことを知りませんでした。前回来たときは、桜のシーズンだったので人が多く、内部まで入らなかったことを思い出しました。今回はスタンプ押印のため内部見学しました。資料も充実していましたし、当然内部は綺麗でした。あと、見晴らしもいいですね。係りの方が、 [続きを読む]
  • 美濃金山城(2)
  • 美濃金山城も続100名城に認定されましたので11年ぶりに登城してきました。スタンプ設置場所は、少し離れた可児市観光交流館です。このすぐ隣に戦国山城ミュージアムがこの6月末に改装オープンしました。自分が行った日は、オープン前だったのですが、なんと内覧会の日で運良く入館できました。ラッキーです。可児市内にある山城が紹介されています。個人的に前回来た時より、かなり印象が変わったお城でした。というのも、本 [続きを読む]
  • 美濃苗木城(2)
  • 苗木城もまた、続100名城に認定されたので再訪して来ました。スタンプ設置場所は苗木遠山資料館です。登城口の前にある資料館なので、復元模型などがあったりと資料は充実しています。ここに車を停めて、見学に向かいましたが、ここより少し上にも駐車場があるので、そちらが便利です。自分が駐車場まで歩いていったら、なんとカモシカがいました。ちなみに帰りは、警察官もいて保護しようとしていました。苗木城は、ホント石垣 [続きを読む]
  • 信長の野望 大志 18
  • 上杉家と同盟状態だったので、援軍を要請しつつ北条家を攻めます。北条家は城の数が多く、兵がよく集まります。せっかく奪ったお城が取り返されることもしばしば。ただ、そのあと兵を対峙させて、出兵状態にして敵の兵糧を減らすことができます。兵糧がなくなると、敵の軍勢は解体されるので、一気に城盗りです。奥州の一部まで北条領なのでやはり時間が掛かりました。北条家を滅ぼす直前に上杉家との同盟期限が切れたので、再度結 [続きを読む]
  • 三河武節城
  • 武節城は、国道153号線沿いにある道の駅『どんぐりの里いなぶ』のすぐ東にあります。国道153号線はたまに使うのにこんなところにもお城があるとは知りませんでした。本丸が駐車場になっており、ここに石碑や説明板があります。(写真)本丸の上は物見台になっているようでした。段上に二の丸・三の丸と下りていきます。他にも曲輪らしきところがあり、畑になっていました。あまり名の知れたお城ではありませんが、徳川家康の [続きを読む]
  • 三河田峯城
  • 作手地方から北上して、こちら田峯城へ行って来ました。日が変わっても朝はまだ雨が降り続きます。国道257号線から田峯地方へ入りましたが、なかなかの山奥ですね。国道からさらに登って行きました。田峯城は、本丸に模擬御殿や物見台などが建つので有料施設となっています。ただ、朝が早すぎたので、開館前でした。とはいえ、周囲の曲輪などは見学でいます。写真は駐車場で、ここから見ても堀や切岸・曲輪など綺麗に見えます。 [続きを読む]
  • 征夷大将軍研究の最前線
  • 研究の最前線ってどうやらシリーズになっているようで、今回は読んだのは征夷大将軍編です。最前線ということで、新しい研究が多く掲載されています。いきなり『源頼朝は、征夷大将軍を望んでいなかった?』という興味深い内容が取り上げられています。確か木曽義仲が先に征夷大将軍に就任した、と何かで見た気がしましたが、実は征東大将軍だったと最近の研究では考えられているそうです。他にも征夷大将軍=源氏長者など、将軍に [続きを読む]
  • 信長の野望 大志 17
  • 残す大名家もあとわずかになり、順次隣接している大名家から滅ぼしていきます。上杉家とは、当初から同盟状態で結局、2年更新で継続(おかしな表現ですが…)していました。なので、甲信の武田家と九州の島津家と東西両面で戦います。この頃になると兵糧もたっぷりあるので、畿内から大軍を動かす余裕もありますが、先に滅ぼした大名家の家臣を使って攻めます。やっぱり、織田・徳川家は人材が豊富ですね。良将が多いので、強敵武 [続きを読む]
  • 三河塞之神城
  • 塞之神城は、先に紹介した文殊山城から尾根を15分ほど歩いたところにあるお城です。雨が降っていましたが、文殊山城から歩いて行けると、新城市作手歴史民俗資料館で情報を入手していたので傘をさして向かいました。お城に近づくと堀切らしきものが見え、本丸の周囲には写真のように土塁が囲んでいました。文殊山城より曲輪の数も多く、形がよくわかりました。現地説明板によると、こちらは奥平氏との和議の際に武田氏が改築した [続きを読む]
  • 三河文殊山城
  • 古宮城の続100名城スタンプが設置されている新城市作手歴史民俗資料館の南西に山へ登る林道があるので、楽に登城することができます。駐車場から、写真の物見台や柵が見えます。ちなみに物見台には上ることができ、雨でしたが上りました。すぐ主郭で土塁や切岸なども見えます。それほど大きいお城ではなく、現地説明板によると、和睦の証(?)で奥平氏がわずか一夜で築いたとか。確かに縄張りは単純です。とはいえ、物見台や柵 [続きを読む]