株式会社 シーエーエム さん プロフィール

  •  
株式会社 シーエーエムさん: 事業再生コンサルタント・シーエーエム
ハンドル名株式会社 シーエーエム さん
ブログタイトル事業再生コンサルタント・シーエーエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cam7/
サイト紹介文経営危機への予防。貴社の得意先が 明日突然に倒産しない保証はありますか?
自由文経営危機は、徐々に拡大したり、突然にやってきたりします。徐々に拡大する時は、予め対策を講じたり心の準備もできますが、突然にやってきた時には経営者の資質が問われる場面になります。どちらの場合でも経営者の対応次第で、今後の展開が大きく変わってくることは間違いありません。正しい情報と知識さえあれば必ず打開できます。冷静になって、基本事項を認識してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/01 21:59

株式会社 シーエーエム さんのブログ記事

  • 狙って、時効が完成した・・・
  • 連帯保証人をされている東京のご相談者の、保証債務について消滅時効の期間が完成をしました。債権回収のプロが、時効など完成させるはずがないと、専門家の先生は言われますがそんなことはありません。現実的に、私の周りでは多くの成功事例があり、借金(債務)についての消滅時効は十分に活用できます。債権者の性格や考え方を理解し、長期に亘って具体的な対応すれば、能動的に狙って時効を活用することは可能なのです。債務(借 [続きを読む]
  • 支払督促と時効・・・
  • 信用保証協会は、何か大事なところを、勘違いをしているのかもしれません。こんなに、真面目に誠意をもって弁済を続けている債務者に対し、容赦なく厳しい対応を取り続けるのです。代位弁済後の、信用保証協会との交渉について様々な事例を見てきましたが、信用保証協会はロクに調査もせずに、外見や言葉だけで債務者を判断し、対応を決めているとしか思えません。信用保証協会の性格を理解し、巧妙に対応する債務者には甘いですが [続きを読む]
  • 与信と信用調査・・・
  • 『御社について、調査の依頼を受けまして・・・。』有名な信用調査会社の担当者が、機械的な声で話す言葉が受話器から聞こえてきます。得意先か取引先が、信用調査を仕掛けてきたのかと思い慎重に対応をしますが、どこが依頼をしたのかなど一切教えてはくれません。本当に、依頼があっての調査なのかも怪しげで、単に信用情報を集めるための方便なのかもしれないのです。それでも、商売人としては、調査会社に対して、誠実で卑屈な [続きを読む]
  • 再生は、間違いない・・・
  • 様々なご相談者がおられますが、この経営者には驚かされました。前回の打ち合わせにおいて、CAPD表とSWOTクロス分析表をお渡ししました。あくまでも、今後の経営改善の取り組みスキームについての参考までにお渡しをしただけで、作成についての依頼などしていません。それなのに、ご自身で知恵を絞り汗もかいて、なんと両資料共に作成をして持参されたのです。この様な姿勢は、経営危機を打開するにおいて理想的ですから、再生に向 [続きを読む]
  • 代位弁済後が大事・・・
  • AさんとBさんは、同じ頃に期限の利益の喪失をして金融事故となり、信用保証協会に代位弁済をされました。借入も同じ様な金額で、同じ様な規模の地方銀行からでした。全てが、同じ様な状況だったのに、代位弁済をされてからの対応が全く違うのです。いったい、何がそんな違いを生み出したのでしょうか。Aさんは、近畿地方の中核都市で、老舗の製造業を営んでおられました。ところが16年ほど前に、資金繰りの悪化により経営破綻し [続きを読む]
  • 常識と現実のギャップ・・・
  • 有名な大学で、立派に経営の勉強をされた経営者でも、現実の世界はあまりご存じないようです。専門的なお話をされる先生でも、実践の場面では通用しない、間違った知識を振り回される方は少なくありません。机上の空論というわけではないでしょうが、債権債務に対応し処理するという現実の場面は、思い込みの知識や、聞きかじった情報などといった、生半可な知識などは通用しません。知識と実践のギャップが大きいのが、債権債務処 [続きを読む]
  • 最後に、相談に来てください・・・
  • 私の仕事、本当に因果な商売だと思います。経営や資金繰りにお困りの、そんなお客様からご相談料をいただくことになるのです。当然、事業として儲かるはずもなく、生活していくだけで精いっぱいなのかもしれません。こんな仕事を15年も続けていますが、遣り甲斐は半端なものではなく、仕事を辞めようと考えたことなどは1度もありません。仕事は、儲けることが目的ではなく、お客様に喜んでいただけることが目的であるべきで、その [続きを読む]
  • 整理後を考えた、任意整理・・・
  • この先の見えない地獄のような厳しさから逃れることだけを考えて、事業を諦めようとする経営者は少なくないでしょう。今、この苦境から逃れることさえできればいい、それだけで整理をしようとされるのです。精神的に余裕のない状況での決断ですから、当然、事業を整理した後の展開などは、視野に入ってないと思います。しかし、大事なのは、事業を整理した後のことを、配慮して対応することでしょう。良い事業の整理というのは、整 [続きを読む]
  • 信用保証協会の保証は取り戻せない・・・
  • 信用保証協会とのお付き合いは、当事者だけではなく、その家族にまで大きな影響を与えます。奥さんや子供を連帯保証人にとられたり、自宅を担保に取られたりという単純な構図の話ではありません。信用保証協会の保証付き融資が事故になり、代位弁済をされると、その事実は、債務者としての当事者だけではなく、その家族にまでも影響します。金融事故を起こして、代位弁済をした債務者の家族として、同じように信用を喪失させ、将来 [続きを読む]
  • 債権者に、資産は知られない・・・
  • 金融機関などの債権者は、債務者の資産について、どの程度まで把握できるのでしょうか。債務者の資産など、すぐに知られて、金融事故でも引き起こそうものなら、すぐに差し押さえされてしまうというような話を聞くことがあります。しかし、そんなに簡単に把握できるものではありません。不動産や預金口座,生命保険,会員権,有価証券などの貴重な資産も、金融機関などの債権者に知られずに守り通すというのは不可能ではないのです [続きを読む]
  • 苦しい場面は終わっている・・・
  • 資金繰りが確保できないと思っても、案外と確保出るものです。経営を改善など出来ないと思っても、案外と改善できるものなのです。そして、倒産するのではと不安になっても、簡単に倒産などしないものです。それは、経営者に諦めない強い気持ちがあるからなのです。経営者が、私どもにご相談に来られるタイミングというのは様々になります。早い時期のご相談では、今はまだ健全な経営を維持しているが、将来的に不安を感じてご相談 [続きを読む]
  • 38年振りの再会・・・
  • 面影を感じ、握手をした瞬間に、全てが蘇ります。38年という歳月を経ても、別れが昨日のことであったように、何の違和感もなく話に夢中になれる。掘っ立て小屋の寮で生活をし、同じ釜の飯を食い、共に汗を流し、卒論作成に苦しんだ仲間でした。そんな青春時代を共にした仲間だから、時間の溝など直ぐに埋め、あの日のままに話が続いているのです。大学を卒業してから、久しぶりの同窓会になります。近畿大学水産研究所で、卒業論 [続きを読む]
  • 38年振りの同窓生・・・
  • 面影を感じ、握手をした瞬間に、全てが蘇ります。38年という歳月を経ても、別れが昨日のことであったように、何の違和感もなく話に夢中になれる。掘っ立て小屋の寮で生活をし、同じ釜の飯を食い、共に汗を流し、卒論作成に苦しんだ仲間でした。そんな青春時代を共にした仲間だから、時間の溝など直ぐに埋め、あの日のままに話が続いているのです。大学を卒業してから、久しぶりの同窓会になります。近畿大学水産研究所で、卒業論 [続きを読む]
  • 38年振りの再会・・・
  • 面影を感じ、握手をした瞬間に、全てが蘇ります。38年という歳月を経ても、別れが昨日のことであったように、何の違和感もなく話に夢中になれる。掘っ立て小屋の寮で生活をし、同じ釜の飯を食い、共に汗を流し、卒論作成に苦しんだ仲間でした。そんな青春時代を共にした仲間だから、時間の溝など直ぐに埋め、あの日のままに話が続いているのです。大学を卒業してから、久しぶりの同窓会になります。近畿大学水産研究所で、卒業論 [続きを読む]
  • 倒産と廃業・・・
  • 『大廃業時代の足音』というニュースが、今朝の日経新聞のトップでした。後継者が未定の中小企業が、全国に127万社もあり、それを理由に廃業する企業のうち約50%は、経常黒字だというのです。経常黒字なのに、後継者がおらずに廃業しなければならないというのは不条理を感じますが、驚くのはそこではありません。残りの50%もの会社が、経常赤字であるという現実ではないでしょうか。今朝の日経新聞のトップニュースは、非 [続きを読む]
  • ご相談者その後・・・
  • ご相談者が、最も驚かれるのは、『何とかなるかもしれない・・・』と気づかれた時。ご相談者に、最も喜んでいただけるのは、現実的に『何とかなったとき・・・』だろうと思います。そして、私の仕事は、ご相談者に『何とかなる・・・』と気付いていただき、結果として『何とかする』までのお手伝いをすることになります。経営危機という未知の場面に陥った経営者が、まだまだ可能性があることを理解して、未来にチャレンジされるの [続きを読む]
  • リセットできる借金人生・・・
  • 資金繰り表に並ぶ、赤色の文字に、気力は喪失するしかありません。事業に埋没し、命をすり減らして頑張り、収益は回復させたものの、借入返済が多すぎて、資金不足は改善をしません。個人の資産も全て事業につぎ込み、取引先への支払いも無理をお願いし、従業員の給与さえも不足する様な状況になっては、もはや、何もかも諦めるしかないのでしょうか。・・・そんなことは、絶対にありません。少し視点を切り替えるだけで、諦める必 [続きを読む]
  • 代位弁済、その資金は・・・
  • 中小零細事業者は、資金繰りを確保するために、信用保証協会には随分とお世話になっています。バブル崩壊後や、リーマンショック後などの大不況時においては、信用保証協会の保証付き融資が無ければ、中小零細事業者の資金繰りは成り立たなかったとも言えるのではないでしょうか。しかし、最近はその信用保証協会の保証が、随分と変化をして利用が減少しています。責任共有制度により信用保証を活用するメリットが低下したことは当 [続きを読む]
  • 銀行の本質とカードローン・・・
  • ようやく、銀行のカードローンに、メスが入れられようとしています。消費者金融が、銀行などの金融機関の下で、少しだけ形態を変えた融資のシステムが、金融庁の指導のもとで、ようやく見直されようとしているのです。その存在自身に、様々な問題が有ると判っていながら、信用を重んじる銀行が、このカードローンをフル活用して散々に利益を確保してきたのです。今さらながらという気もしますが、金融庁の姿勢には拍手を贈りたいと [続きを読む]
  • 景気に騙されるな・・・
  • 強い経済をバックに、支持率を回復した安倍首相は、衆議院を解散するそうです。たしかに、ニュースなどを見ていると、日本経済はアベノミクスによって好景気を創出しているようですし、現実にも、企業の業績向上や、倒産件数の減少などといった結果につながっています。しかし、安倍首相が強気になれるほど、本当に日本経済が良い状況なのかは疑わしく、庶民の景気感覚は逆を向いているとさえいえます。大企業から庶民までの全てが [続きを読む]
  • 代位弁済、最初の対応・・・
  • 信用保証協会の対応が、様々な場面で変化をしてきています。バブル経済崩壊後は、全ての金融機関が信用保証協会の信用保証付き融資をフル活用し、ノーリスクの融資を確保して儲けていましたが、そのシステムについて根本的ともいえる見直しがされようとしています。また、代位弁済をされ不良化した債権の回収についても、随分と対応に変化が見られるようになりました。信用保証協会に頼ってきた中小零細事業者は、この様な信用保証 [続きを読む]
  • 経営権とM&A・・・
  • 最近、M&Aが注目され、認知も広まってきたように思います。中小零細企業にとっては、事業の再生や承継において、魔法の手段の様に語られることも多いようです。たしかに、窮状を転換させることのできる、有効な選択肢であることは間違いありませんが、M&Aが成立してから、結果に疑問を感じる経営者も少なくはありません。『こんな筈ではなかった・・・』と、終わってから後悔しないために、M&Aの経営者にとっての落とし穴 [続きを読む]
  • 事業の継続は可能・・・
  • 数字の成り立たない資金繰りは、経営者にとって、例え様のない程の苦しみだといえるでしょう。長年、資金繰りに翻弄される経営者は、そんな苦しみから逃げ出したいと考えるものですが、経営を放り出すわけにはいきません。この様な、資金繰り地獄からの脱却と、経営の維持という大きな難しいテーマを、両立させるには2つの答えしかないといえます。それは、経営改善を実施して再生を果たすか、譲渡をすることにより事業を維持する [続きを読む]
  • 『不当回収』・・・
  • 時効債権『不当回収』横行・・・!!!今朝の産経新聞の、非常に興味深い見出しです。消滅時効が、すでに完成しているのに、債権回収を図る業者による取り立てが横行しているという記事になります。食事の手を止めて、記事を注視して読み進めますが、どうも時効を都合良く勘違いしている様な記事で驚きました。産経新聞の記事は、消滅時効が期間的に完成している債権に対して、債権者が取立をしていることを取り上げて、『不当回収 [続きを読む]
  • なぜ、銀行は騙そうとするのか・・・
  • 『これで、もう自殺しなくてもいいのですね・・・』経営者夫人のくぐもった声が、受話器から聞こえてきました。今まで、散々に金融機関から脅されて、精神的に追い込まれ、そんな究極の選択をしようとされていたのかもしれません。しかし、そんな選択など、全く必要のない経営状況だということを判ってください。銀行などの金融機関は、知性と品性が溢れる紳士的な行員ばかりだというイメージがあるのでしょうか。そんな彼らが、我 [続きを読む]