株式会社 シーエーエム さん プロフィール

  •  
株式会社 シーエーエムさん: 事業再生コンサルタント・シーエーエム
ハンドル名株式会社 シーエーエム さん
ブログタイトル事業再生コンサルタント・シーエーエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cam7/
サイト紹介文経営危機への予防。貴社の得意先が 明日突然に倒産しない保証はありますか?
自由文経営危機は、徐々に拡大したり、突然にやってきたりします。徐々に拡大する時は、予め対策を講じたり心の準備もできますが、突然にやってきた時には経営者の資質が問われる場面になります。どちらの場合でも経営者の対応次第で、今後の展開が大きく変わってくることは間違いありません。正しい情報と知識さえあれば必ず打開できます。冷静になって、基本事項を認識してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/01 21:59

株式会社 シーエーエム さんのブログ記事

  • 滞納と国税徴収法・・・
  • 私は、セカンドオピニオンを奨励していますので、他の専門家にご相談をされている経営者から、ご相談を受けることが少なくありません。そんな経営者から、他の専門家の色々なアドバイスをお伺いするのは、私としても勉強になることが多くあり有り難いのです。ところが、中には、驚くようなアドバイスをされている専門家がおられます。特に驚くのは、税金や社保に関してのアドバイスで、金融機関などの債権者と同レベルで、劣後債権 [続きを読む]
  • 地方銀行が不動産業を・・・
  • 銀行ありきの日本経済といっても、これは絶対に許されないと思います。ここ数年、銀行など金融機関の、不動産業参入が話題になっていましたが、それが現実の動きとなりそうなのです。信託銀行ではない普通銀行は、仲介などの不動産業を営むことが法的にできません。しかし、この金融機関が収益性を大きく低下させる環境に於いて、不足する収益を補填する手段として、不動産業への参入を許可する動きが激しくなってきています。もし [続きを読む]
  • 債権放棄のチャンス・・・
  • 何故、債権者である金融機関は、債権放棄をしてくれないのでしょうか。このままでは、倒産してしまって、債権者への配当は限りなくゼロに近い数字になるかもしれません。一部でも債権放棄をしてくれれば、再生が可能になり、残っている債権は満額回収できる可能性が高いのに、金融機関は債権放棄の依頼には耳を貸してくれません。金融機関は、こんなチャンスを逃すのか・・・とも思いたくなりますが、最近は債権放棄の機会が、随分 [続きを読む]
  • 重複融資の現実・・・
  • 昔、粉飾決算は珍しいものではありませんでした。税理士さんでも、金融機関からの借入れ用や建設業の経営事項審査用に、見栄えの良い決算書を、当たり前のように作成していた時代があったのです。融資コンサルタントなどは、金融機関からの借り入れができる様にアドバイスをしていましたが、その内容は粉飾決算の勧めであったといっても間違いないでしょう。古き良き時代だったと言えばそれまでですが、ほんの10数年前には、こん [続きを読む]
  • 会社分割での事業再生・・・
  • 十数年前、中小企業の会社分割がブームになりました。会社分割を効果的に活用して、債務超過の中小企業を事業再生させようという手法で、驚くような結果が得られた手法だといえます。ところが、詐害行為の取り消し請求に絡み、会社分割の活用が一気に下火になってしまいました。今も、僅かに活用はされているようですが、あれだけ効果的な手法が、何の対策や対応もせずに活用を諦めようとするのは極めてもったいないと思います。債 [続きを読む]
  • 経審は譲渡できる・・・
  • 74歳の社長が経営される会社は、設立48年を迎え、官公需工事をメインとする建設業です。会社としての経歴は長くて工事実績も豊富で、経営事項審査の評点も高くて入札ランクも高いのですが、後継者がおらず、社長も最近は体調が本調子ではなく将来に不安を持っておられます。金融機関からの借入れは多く、一括で弁済できるだけの資産もなくて、後継者も見つからないこの状況において、最終的には破産を選択するしかないのかと悩 [続きを読む]
  • 債権放棄は不可欠・・・
  • 私は、中小企業の事業再生において、債権放棄というテーマは不可欠だと思います。何年もの間、政官民を挙げて、様々な施策も実施して事業再生に取り組んでいますが、未だに具体的な結果を得られないのは、ひとえに債権放棄というテーマに前向きに取り組もうとしなかった結果だといえるでしょう。施策の中には、債権放棄について触れたものもありますが、あくまでも建前的なものであり、具体的に活用しようという内容ではなく、関係 [続きを読む]
  • 債務超過建設業の事業承継・・・
  • 建設業の事業承継は簡単ではありません。親父の苦労を目のあたりにしている息子に後を継ぐ気はありませんし、求人難の環境で、後継者となるべき人材も枯渇しています。さらに、多くの建設業は大きな有利子負債を背負い、経営者は保証人という重い負担を背負っていますから、わざわざ事業を承継して苦労を背負い込もうという物好きもいないでしょう。しかし、債務超過の建設業でも、不要な債務を引き継がずに、事業を承継する方法は [続きを読む]
  • 経営危機での手順・・・
  • 資金繰りが悪化した・・・経営破綻するかもしれないという不安が襲ってくる・・・こんな時、多くの経営者は、対応の方法を見出すことが出来ず、冷静さを喪失してしまいます。こうなると、経営危機は現実のものとなり、状況をさらに悪化させることが多いようです。しかし、経営危機を打開するには、この初期においての対応が重要であり、結果を大きく左右させてしまうといえるでしょう。経営に不安を感じた時の、打開に向けての対応 [続きを読む]
  • 萎えそうになる気持ち・・・
  • 口を、開こうとされないご相談者を前にして、当初は戸惑うことが少なくありませんでした。この仕事の歳月を重ね、もっともレベルアップをしたスキルは、絶望の淵にあるご相談者に心を開いていただける様になったことかもしれません。将来を諦めかけたご相談者に対して、仕事の真面目な顔をして、専門的な難しい話をし続け、堅苦しい対応をしても意味がありません。最初は、笑顔で、『大丈夫ですよ・・・』と安心をしていただき、『 [続きを読む]
  • お盆の風景・・・
  • お盆の風景が、少し変わったように感じます。私の事務所は、大阪市中央区東心斎橋というところにあり、堺筋という大きな通りに面したビルにあります。中小企業の混在した、まさしく商都大阪といった街で、普段はビジネスマンでごった返し、小走りで移動する姿が似合うのではないでしょうか。ところが、それは平日の風景で、土曜や日曜になると人通りはずいぶんと減ってしまいます。さらに、年末年始やGWやお盆休みとなると、閑散と [続きを読む]
  • 営業利益と資金繰り・・・
  • 経営危機においても、事業を維持するのは、それほど難しいことではありません。たとえ、資金繰りが破綻しそうな厳しい状況にあろうとも、今後も事業を維持し続けることは不可能ではないのです。ただし、条件となる二つのキーワードがあります。それは、『有事の資金繰り確保』と『営業利益の確保』という事になります。経営危機に陥り、資金繰りの確保が難しくなると、多くの経営者は、事業の継続を諦めようとされます。諦めようと [続きを読む]
  • 遠方のご相談者・・・
  • 大昔、若かりし頃、スキーが大好きだったので、毎年のように信州に行っておりました。関西と関東の間にある信州のスキー場は、様々な地域の言葉が飛び交っており、あらためて自分が大阪弁を喋っていることに気づかされます。リフト待ちの長い時間、仲間と大声で大阪弁を喋っている我々の耳に、飛び込んでくる標準語にはジェラシーを感じたこともありました。よく耳を澄ますと、標準語だけではなく、様々な地方の言葉が飛び交ってお [続きを読む]
  • 答えの出せない経営者・・・
  • 構造不況業種が、想像を超えて広がっているようです。パソコンやネットが一般化して以降、専門家でも予想しなかった勢いで、産業構造や需要構造といった経済環境を変化させています。パソコンが流行りだしたころ、年賀状が自宅のプリンターで作れる様になり、これから印刷屋さんは大変になるだろうと思っていました。それから、25年ほど経過し、その経済環境の変化は、日本経済を支配していた銀行などの金融機関さえも構造不況業 [続きを読む]
  • 専門家として襟を正す・・・
  • 経営コンサルタントの仕事について、改めて考えさせられるご相談が入りました。専門家だと信じ、全てを曝け出して相談をしてきたのに、コンサルタントの裏切りにも似た対応に絡むご相談で、内容は全く違いますが2件も続いたのです。実は、この様な、同業者の様な専門家の尻拭きに関するご相談は珍しくはなく、今までも結構多くのご相談をいただいておりました。しかし、今回の2件は、専門家としての存在価値さえ問われるほど酷い [続きを読む]
  • 会社を任意整理後・・・
  • 経営者にとって、会社は、分身といえるほどの存在だと思います。そんな大事な会社を、自らが任意で整理をされた経営者は、その後、どの様な状況になるのでしょうか。会社経営という遣り甲斐を喪失するのですから、気力が萎え、枯れたような状況になってしまうように思われます。ところが、手続きを踏んで任意整理に取り組まれると、少年のような目の輝きを取り戻し、充実した活力を手に入れられる経営者がほとんどなのです。今まで [続きを読む]
  • 経営危機を打開するために・・・
  • 経営危機という環境では、広く浅く知識を持つようにしてください。経営危機を打開しようという様々な行為や手続きは、それぞれに絡んでおり、切り離せない関係が存在します。したがって、そんな関係を考慮せずに、断片的な対応をしてしまえば。せっかくの対策が逆効果になるかもしれません。浅くてもいいから、広く全体像を知ることが、経営危機では効果的なのです。  支払えなくなったら、支払うのを止める・・・  代位弁済す [続きを読む]
  • 債権者との交渉方法・・・
  • 金融機関などの債権者と交渉をするとき、ある程度の準備をして臨まれることだろうと思います。この様に言ってきたら、この様に返事をしようなどと、交渉の目的を達成するために様々な練習もされるでしょう。これだれ努力したのだから、スムーズに進むだろうと自信を持って交渉に臨みますが、現実はなかなか想定した様には進まないものです。シナリオ通りには進みにくい相手のある交渉を、いかにスムーズに進めるかは、中小企業経営 [続きを読む]
  • 手のひらを返す人たち・・・
  • 人の本性は、なかなかうかがい知ることができません。しかし、経営危機という環境になると、関係する人たちの本性が、チラチラと見え始めます。環境が変わり、様々な価値が大きく変化することにより、一部の人たちは、本音で対応をするようになるのです。こんな時、いかに、人を見る目がなかったかを思い知らされます。我々は、良いも悪いも、大人の世界で生きています。発達した社会の中で、理性で抑えられた対応が基本であり、感 [続きを読む]
  • 先を読んだ対策・・・
  • この対策を実施すると、どうなるのか・・・?経営危機での対策は、その後の動きを理解したうえで実施することがとても大事になります。今さえしのげれば・・・といった考え方での対策は、状況をもっと悪化させてしまうでしょう。その後の動きどころか、最後の落し処までを理解してシミュレーションしたうえで対策を実施しないと、望み通りの良い答えなど得られないのです。経営危機を打開する方法は、どんな状況になろうと様々に存 [続きを読む]
  • 時効は完成したのか・・・
  • もう、これで、本当に時効は援用できるのでしょうか。しっかりと調べ、万全の準備を進めてきましたから間違いはないと思います。債権者である金融機関と、ギリギリの攻防を続け、消滅時効の期間を完成させようと頑張り、5年という期間が経過をしました。しかし、間違いないかと確認をすればするほど、何故か不安になってしまうのです。借入金の消滅時効を活用しようというのは簡単ではありません。専門家でさえ、時効の援用におい [続きを読む]
  • 不況はチャンスになる・・・
  • 何が何だか、理解できそうにありません。好景気なのか、それとも不況なのか、相反する情報が錯乱して判らないのです。仕事柄、私のご相談者は経営の厳しい方ばかりなので、皆さん景気が悪いと言われるのですが、冷静に環境を見つめ直しても、現実的にそうとしか捉えられないように思えます。政府は、好景気ばかりを喧伝していますが、マスコミの景気に対する評価はズレが生じ始めてきたようですから、判断の難しいという珍しい景気 [続きを読む]
  • 銀行と信用金庫の違い・・・
  • 中小企業は、どの様な金融機関とお付き合いすべきなのでしょうか。これからの中小企業は、金融機関に対して主体的な関係を維持しなければなりません。そうなると、複数の金融機関とお付き合いをすることが必要であり、メガバンク1行,地方銀行1行,信用金庫もしくは信用組合1行の、計3行とお付き合いすることが理想だと思います。同じ金融機関でも、目的や考え方、そして債務者への対応姿勢が違いますから、長短所や性格を知ったう [続きを読む]
  • 腑に落ちない・・・
  • 世の中には、不思議なことが多いものです。年齢を経て、色んな経験を積んできたつもりでも、まだまだ理解するのが難しいことや、納得できない出来事がまかり通っていることに驚かされます。立ち位置が違えば、見方は変わり、導き出される答えも違ってくるのかもしれません。答えが判らないから、人生は楽しいのかもしれませんが、自分なりに、何らかの納得をしたいと思うのですが・・・。先日の、サッカーロシアW杯初戦でコロンビ [続きを読む]
  • 金融機関の転落・・・
  • 金融機関の将来が、今、危惧されようになりました。ネットやAIの進出により、今までの様な形態での金融機関が、必要とされない世の中になりつつあるのだということです。危惧という表現は、既に不適切なほどに、金融機関の環境は激変し、大量解雇や転職により人材が流出,さらには大量閉店に追い込まれようとしており、金融機関同士の合併や提携が当たり前のようになっています。日本経済の屋台骨を支える金融機関、これから、どう [続きを読む]