株式会社 シーエーエム さん プロフィール

  •  
株式会社 シーエーエムさん: 事業再生コンサルタント・シーエーエム
ハンドル名株式会社 シーエーエム さん
ブログタイトル事業再生コンサルタント・シーエーエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cam7/
サイト紹介文経営危機への予防。貴社の得意先が 明日突然に倒産しない保証はありますか?
自由文経営危機は、徐々に拡大したり、突然にやってきたりします。徐々に拡大する時は、予め対策を講じたり心の準備もできますが、突然にやってきた時には経営者の資質が問われる場面になります。どちらの場合でも経営者の対応次第で、今後の展開が大きく変わってくることは間違いありません。正しい情報と知識さえあれば必ず打開できます。冷静になって、基本事項を認識してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/01 21:59

株式会社 シーエーエム さんのブログ記事

  • 返済しても、借金は増え続ける・・・
  • 一度は、事業を諦めようとされた経営者でしたが、今は、確実に業績を回復されています。この傾向で業績を維持することができれば、近い時期に、再生を果たせると経営者は確信されておられました。ところが、突然に、現在の会社での再生を諦め、第2会社への事業移転を始められたのです。それは、信用保証協会の新任担当者の、何気ない表現に不安を覚えたことが原因でした。リーマンショックの時に、資金繰りは極端に悪化をしてしま [続きを読む]
  • マイナンバーの攻勢・・・
  • 2年前に、マイナンバーが導入されたことを、覚えておられますか。鳴り物入りで導入され、その時には大騒ぎになりましたが、いつのまにか忘れ去られたようになっていませんか。しかし、マイナンバーは、導入の目的通りに着実に定着を続けています。そして、今年からは、その活用の範囲を大きく広げ、お金の存在を具体的に紐付けしようとしているのです。マイナンバーが導入されるとき、我々は大慌てをしました。事業や人生を守るた [続きを読む]
  • 金融機関との基本対応・・・
  • お正月は、のんびりとお過ごしになられたでしょうか。企業戦士といえども、気を張ったままでは、健全な心身は維持できないでしょうから、お正月ぐらいは難しいことも忘れ、少しは気を緩めて明日からの鋭気を養いたいものです。上手くストレスを発散し、常に戦力を維持するのも、経営者としての資質だといえます。これから1年、現実の経営と取り組むのですから、十分に余力を取り戻し、万全の態勢で立ち向かっていただきたいと思い [続きを読む]
  • 今年はどうなる・・・?
  • 昔、1月4日は初出であり、沢山の名刺をもって役所など得意先に、新年の挨拶回りをするのが慣例でした。その癖が、今でも抜けず、4日には気を引き締めて会社に向かうのですが、今年は少し様子が違います。アベノミクスの好景気のせいか、街中はまだまだのんびりと、お正月のままです。どこからの電話もなく、ゆっくりとした初出になりましたが、今年もこの好景気は続くのでしょうか。今年は、難しい景気になるのかもしれません。 [続きを読む]
  • 本年も宜しくお願いいたします
  • 明けましておめでとうございます   本年もよろしくお願いいたします  詳しい内容は、ホームページをご覧ください,          ↓   トップ経営研究所 ホームページ↓ランキングです  して応援してください 人気ブログランキングへランキングです  して応援してください          ↓       [続きを読む]
  • 今年も、ありがとうございました
  • 早いもので、今年も残すところあと僅かとなりました。アベノミクス景気が、佳境を迎えた1年だったのでしょうか、上半身は好景気に浮かれ、下半身は地に足のつかない不安定感にヨロケる、不思議な景気環境だったように思います。大企業は好業績を上げ、政府発表やメディアの論調は、平成初期のバブル期が蘇ったかのように比較をし、日本全体が好景気の恩恵を受けている様に表現をしています。株価や不動産も上昇を続け、たしかに表 [続きを読む]
  • 経営危機での心理・・・
  • 業績が悪化して、資金繰りも厳しくなると、経営者は、今後の展開に不安を抱くようになるでしょう。この様な環境になると、経営者は、負債との泥沼の神経戦に陥ることになりますが、諦めると破滅してしまうという厳しい戦いですから、強い精神力と環境に合わせた対応が求められます。絶対に負けることのできないこの戦いを、どの様に戦い抜くのかについて、経営危機の進捗状況に分け、経営者としての考え方や気持ちの持ち方の観点か [続きを読む]
  • 債権放棄の可能性・・・
  • 『債権放棄は、初めての事例です・・・。』先日、中小企業再生支援協議会の支援を受けて、ご相談者の処理に関して債権放棄をしてもらいました。その中小企業再生支援協議会が今まで関与した多くの事例で、初めての債権放棄だったと担当者からお聞きし驚きました。中小企業再生支援協議会に相談すれば、債権放棄の可能性があると信じている債務者や専門家は少なくないからです。『少しでも、債権放棄をしてくれれば・・・・。』ご相 [続きを読む]
  • 真っ赤なウソ・・・
  • 『銀行が、法的手続きに着手するというのです・・・』と、顧問先のお客様が、慌てた声で電話をかけてこられました。経営危機の打開についてのご相談を始めてから、半年以上が過ぎ、債権債務処理に関しては、既に十分な知識をお持ちのお客様です。それなのに、債権者である銀行の、こんな定番であるコケ脅しを、素直に真正面から受け止めて慌ててしまわれるのです。打ち合わせでは強気のお客様でしたから、この慌てぶりに少し驚きま [続きを読む]
  • 信用を得るために・・・
  • 先日、初めてのご相談者に、整理屋だと勘違いしていたといわれ、久しぶりにショックを受けました。今までも、倒産屋や、整理屋といった、他人の事業破綻を飯のタネにして私腹を肥やすプロと、間違われることが少なくありませんでした。たしかに、中小零細事業者の経営危機の打開に関わる仕事ではありますが、整理屋とは全く業務の内容は異なり、僅かな相談料をいただくだけで、私腹を肥やせるはずなどありません。間違われないため [続きを読む]
  • 早ければ、早い方がよい・・・
  • 経営危機への対応は、早ければ早いほど対応の選択肢は広がりますし、深くまでの対応が可能になります。当然、着手が早いか遅いかにより、結果についても大きな影響を与えることになりますから、経営に不安を感じたら、出来るだけ早く検討を始められることをお勧めいたします。ただ、着手が遅くなったからといっても、何らかの対応策は残っているものですから、諦めずに取り組むことも大事だといえます。既に、債務処理の峠を越えた [続きを読む]
  • 得意先より、債務者に・・・・
  • お得意先にはペコペコしているくせに、下請けさんには偉そうにしている経営者がおられます。日本の全ての企業において、今でもよく見かける光景であり、お客様は神様ですという言葉もありますから、日本という土壌においては当たり前なのかもしれません。しかし、この様な得意先や取引先との対応については、実は大きな理解が抜けている様に思います。得意先や取引先とのお金の流れを考えれば、ペコペコしなければならないのは取引 [続きを読む]
  • 倒産しても、自宅は守れる・・・
  • 金融事故をおこしても、経営者の自宅は守れるようになったのかもしれません。経営する会社の借入が金融事故になると、その連帯保証人である経営者の自宅についても、住宅ローンは金融事故になるなどして、自宅は処分されるというのが当たり前でした。ところが、債権回収の場面において、経営者の自宅についての概念は大きく変化をし、債権者である金融機関の、経営者の自宅に対する見方が、随分とフレキシブルになったように思いま [続きを読む]
  • 師匠の教え・・・
  • 事業再生といっても、様々な取り組みのパターンがあります。再生支援をする専門家にも、中小企業再生支援協議会にはじまり、事業再生会社や認定支援機関,専門コンサルタント、または税理士や中小企業診断士など様々に存在します。そして、それぞれに対応が異なりますから、相談する専門家によって、その後の展開は大きく変わることになるのです。事業再生や経営危機を打開するポイントは、目的や選択肢をしっかりと認識したうえで [続きを読む]
  • 女は強し!  男は弱し・・・?
  • 火事場の馬鹿力といいますが、土壇場の、瀬戸際で、発揮する力には凄まじいものがあります。経営危機の場面においても、資金繰りなどで追い詰められた経営者が、普段では想像もできないような力を発揮して、急場を凌いだ事例には事欠きません。しかし、そんな成功事例について、よくよく状況を確認してみると、経営者の後ろに奥様の影が見え隠れしていることが多いのです。普段は、経営者であるご主人を立てて、前には出られない貞 [続きを読む]
  • 旅行業者の倒産に思う・・・
  • 格安旅行会社てるみくらぶの倒産といえば、とっくに旬を超えたテーマになるのかもしれませんが、この11月初めに、山田社長などが詐欺の疑いで逮捕されましたので、この事件について思い出され方も多いと思います。粉飾決算を作成し、金融機関から2億円をだまし取った詐欺の疑いでの逮捕ということです。てるみくらぶの倒産劇では、様々なメディアが『粉飾決算』や『計画倒産』という表現を用いて厳しい追及をしており、他の倒産劇 [続きを読む]
  • 何故、そうするのか・・・
  • 何故、サービサーへの分割弁済を選択されたのですか・・・?債権譲渡後のサービサー(債権回収専門会社)との対応において、本来は避けるべき『分割弁済』を選択されていたので、その理由を初めてご相談する経営者にお伺いをすると、以前に相談していたコンサルタントの指示によるとの事でした。いつまで、分割弁済を続け、最終的にどうする考えなのかと確認をしても、明確なお答えは返ってきません。手続きや対応策について、その根 [続きを読む]
  • 狙って、時効が完成した・・・
  • 連帯保証人をされている東京のご相談者の、保証債務について消滅時効の期間が完成をしました。債権回収のプロが、時効など完成させるはずがないと、専門家の先生は言われますがそんなことはありません。現実的に、私の周りでは多くの成功事例があり、借金(債務)についての消滅時効は十分に活用できます。債権者の性格や考え方を理解し、長期に亘って具体的な対応すれば、能動的に狙って時効を活用することは可能なのです。債務(借 [続きを読む]
  • 支払督促と時効・・・
  • 信用保証協会は、何か大事なところを、勘違いをしているのかもしれません。こんなに、真面目に誠意をもって弁済を続けている債務者に対し、容赦なく厳しい対応を取り続けるのです。代位弁済後の、信用保証協会との交渉について様々な事例を見てきましたが、信用保証協会はロクに調査もせずに、外見や言葉だけで債務者を判断し、対応を決めているとしか思えません。信用保証協会の性格を理解し、巧妙に対応する債務者には甘いですが [続きを読む]
  • 与信と信用調査・・・
  • 『御社について、調査の依頼を受けまして・・・。』有名な信用調査会社の担当者が、機械的な声で話す言葉が受話器から聞こえてきます。得意先か取引先が、信用調査を仕掛けてきたのかと思い慎重に対応をしますが、どこが依頼をしたのかなど一切教えてはくれません。本当に、依頼があっての調査なのかも怪しげで、単に信用情報を集めるための方便なのかもしれないのです。それでも、商売人としては、調査会社に対して、誠実で卑屈な [続きを読む]
  • 再生は、間違いない・・・
  • 様々なご相談者がおられますが、この経営者には驚かされました。前回の打ち合わせにおいて、CAPD表とSWOTクロス分析表をお渡ししました。あくまでも、今後の経営改善の取り組みスキームについての参考までにお渡しをしただけで、作成についての依頼などしていません。それなのに、ご自身で知恵を絞り汗もかいて、なんと両資料共に作成をして持参されたのです。この様な姿勢は、経営危機を打開するにおいて理想的ですから、再生に向 [続きを読む]
  • 代位弁済後が大事・・・
  • AさんとBさんは、同じ頃に期限の利益の喪失をして金融事故となり、信用保証協会に代位弁済をされました。借入も同じ様な金額で、同じ様な規模の地方銀行からでした。全てが、同じ様な状況だったのに、代位弁済をされてからの対応が全く違うのです。いったい、何がそんな違いを生み出したのでしょうか。Aさんは、近畿地方の中核都市で、老舗の製造業を営んでおられました。ところが16年ほど前に、資金繰りの悪化により経営破綻し [続きを読む]
  • 常識と現実のギャップ・・・
  • 有名な大学で、立派に経営の勉強をされた経営者でも、現実の世界はあまりご存じないようです。専門的なお話をされる先生でも、実践の場面では通用しない、間違った知識を振り回される方は少なくありません。机上の空論というわけではないでしょうが、債権債務に対応し処理するという現実の場面は、思い込みの知識や、聞きかじった情報などといった、生半可な知識などは通用しません。知識と実践のギャップが大きいのが、債権債務処 [続きを読む]
  • 最後に、相談に来てください・・・
  • 私の仕事、本当に因果な商売だと思います。経営や資金繰りにお困りの、そんなお客様からご相談料をいただくことになるのです。当然、事業として儲かるはずもなく、生活していくだけで精いっぱいなのかもしれません。こんな仕事を15年も続けていますが、遣り甲斐は半端なものではなく、仕事を辞めようと考えたことなどは1度もありません。仕事は、儲けることが目的ではなく、お客様に喜んでいただけることが目的であるべきで、その [続きを読む]
  • 整理後を考えた、任意整理・・・
  • この先の見えない地獄のような厳しさから逃れることだけを考えて、事業を諦めようとする経営者は少なくないでしょう。今、この苦境から逃れることさえできればいい、それだけで整理をしようとされるのです。精神的に余裕のない状況での決断ですから、当然、事業を整理した後の展開などは、視野に入ってないと思います。しかし、大事なのは、事業を整理した後のことを、配慮して対応することでしょう。良い事業の整理というのは、整 [続きを読む]