株式会社 シーエーエム さん プロフィール

  •  
株式会社 シーエーエムさん: 事業再生コンサルタント・シーエーエム
ハンドル名株式会社 シーエーエム さん
ブログタイトル事業再生コンサルタント・シーエーエム
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/cam7/
サイト紹介文経営危機への予防。貴社の得意先が 明日突然に倒産しない保証はありますか?
自由文経営危機は、徐々に拡大したり、突然にやってきたりします。徐々に拡大する時は、予め対策を講じたり心の準備もできますが、突然にやってきた時には経営者の資質が問われる場面になります。どちらの場合でも経営者の対応次第で、今後の展開が大きく変わってくることは間違いありません。正しい情報と知識さえあれば必ず打開できます。冷静になって、基本事項を認識してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供105回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2008/02/01 21:59

株式会社 シーエーエム さんのブログ記事

  • 金融機関の転落・・・
  • 金融機関の将来が、今、危惧されようになりました。ネットやAIの進出により、今までの様な形態での金融機関が、必要とされない世の中になりつつあるのだということです。危惧という表現は、既に不適切なほどに、金融機関の環境は激変し、大量解雇や転職により人材が流出,さらには大量閉店に追い込まれようとしており、金融機関同士の合併や提携が当たり前のようになっています。日本経済の屋台骨を支える金融機関、これから、どう [続きを読む]
  • 固定観念を捨てる・・・
  • 歳を重ねると、何故か、頑固になってしまいます。それだけ経験を積んでいるのですから、自分の意見や考えがあり、当然に正しいと思って主張をされるのです。それでも、周りの意見を聞く姿勢があればいいのですが、自分の主張だけを通されることが多いので困ってしまいます。この様な方に共通をするのは、時代とともに常識や環境も変化するということを理解されずに、大昔に経験したことが、唯一正しいことだと思い込んでおられるこ [続きを読む]
  • 限りない責任・・・
  • 不安があれば、なかなかポジティブな気持ちにはなれません。先の読めない経営危機などといった状況では、答えの見つからない不安に押し潰されそうになりますから、尚更なのかもしれません。たちの悪いことに、その不安は増幅をしていきますから、精神は苛まれてさらに経営環境を悪化させることになってしまう様なのです。このたちの悪い不安、実は、払拭するのはそんなに難しくはありません。ご相談者と初めてお打ち合わせをすると [続きを読む]
  • 銀行員も人間・・・
  • 言葉や対応は礼儀正しく丁寧だが、実際は尊大で見下したような態度や内容のことを『慇懃無礼』といいます。この慇懃無礼、実は私の業務では欠くことのできないキーワードなのです。特に、金融機関からの借入が返済できなくなり、期限の利益の喪失をするなどの状況に陥ったご相談者にとっては、必ず理解し身に付けていただく大事なキーワードになります。何故なら、金融機関などの債権者に対して、慇懃無礼を基本姿勢にすることによ [続きを読む]
  • 金銭感覚を修正・・・
  • ご相談者と、初めて打ち合わせをさせていただくとき、初回相談料として20,000円を頂戴いたします。2時間ほどの初回ご相談において、必ず、精神的な不安を和らげ、具体的な方向性の提示までさせていただきますので、納得していただける内容だと思います。良いコストパフォーマンスで価値はあると思うのですが、これは私の見方であり、この様な業界においてではという事でしかありません。立場を変えれば、価値観も変化します [続きを読む]
  • 返済できない、心配ない・・・
  •   支払いや、返済をする資金か不足している・・・  このままでは、資金繰りが破綻してしまう・・・  これから、どうなってしまうのだろう・・・こんな時、難しく考えすぎると、さらに状況を悪化させてしまうのではないでしょうか。必ず、打開すべき方法は存在するのですから、少し視点を変えて俯瞰的に見るようにしてください。変化した状況に合わせた、新たな取り組むべき考え方が見えてくるはずなのです。資金繰りは、単純 [続きを読む]
  • 時効を管理する・・・
  • 借金は、時効により、請求されなくなる可能性があります。銀行などのお金のプロが、時効など活用させるはずはないと主張される専門家も多いようですが、それは現場を知らない方の間違った情報だといえるでしょう。時効は、法律で定められた制度ですから、活用することに抵抗感を持つ必要もありません。現実的に、債権回収の場面で時効は有効に活用されていますし、最後の最後には、時効の出番が必ず訪れるのです。ご相談者の最終的 [続きを読む]
  • 支払督促の目的・・・
  • 物事を、真正面から受け止めることは大事だと思います。しかし、たまには側面からも受けとめ、違った見方をしてみることも必要なのかもしれません。それにより、投げかけられた見えている表面の奥底に、様々な理由や目的も潜在していることが判るのです。表面上の情報だけではなく、その奥にある情報も視野に入れることで、効果的な対策を、具体的に実施することもできるのではないでしょうか。最近、金融機関やサービサー,信用保 [続きを読む]
  • 後手を踏んだ結果・・・
  • 『人の振り見て我が振り直せ』と申しますが、このことわざを、我々経済人はあらためて重く受け止める必要があるのかもしれません。『危機管理』という面で捉えても、いやでも耳に入ってくるぐらいに、『人の振り』で参考にすべきニュースが世の中に溢れています。レスリング協会の伊調選手へのパワハラ問題,安倍首相絡みの森友・加計問題,TOKIO山口の問題,日大アメフトの問題などが、日々、紙面やテレビを賑わしています。それ [続きを読む]
  • 経営危機でのセカンドオピニオン・・・
  • 経営改善という言葉、聞こえの良い響きなのかもしれません。前向きな取り組みにより、長年の不安を拭い去り、良い状況が創出されるというイメージがあります。たしかに事業の再生に向けての取組ですから、計画通りに進めば健全経営を取り戻すことができ、素晴らしい将来が広がるのでしょう。しかし、経営改善が必要というのは、それなりの厳しい五里霧中の経営状況であり、これからどの様に展開するのか予測しにくい状態だというこ [続きを読む]
  • 事業再生と経営破綻・・
  • あるお客様が、債権者金融機関にリスケジュール(返済条件の変更)を申し込むと、中小企業再生支援協議会の支援を受けることを条件にされました。言われるがままに、金融機関の担当者と中小企業再生支援協議会に相談に行って1次対応をしてもらいました。その時の感触は悪くなかったので、これで本格的な支援を受けられて、リスケジュールも大丈夫だと思っていたのですが、なんと、本格支援の2次対応を断られてしまいました。これで [続きを読む]
  • 経営破綻の共通点・・・
  • 歴史が好きな経営者は、少なくないでしょう。カリスマ経営者などにおいては、歴史の専門家も顔負けするほど、歴史における名言や兵法に詳しい方もおられます。最近、流行りのビジネス書も、歴史絡みのものが多いようですから、歴史を知ることにより、経営に対して様々な活用が可能になるのでしょう。たしかに、経営危機を打開する、現場の事例を見返すと、倒産に至るキーワードが見えてくるように思います。ご相談者には、様々な共 [続きを読む]
  • 倒産理由の分類・・・
  • 最近は、外因による経営破綻が増えている様に思います。政府などの公式な発表内容とは異なるかもしれませんが、経営危機の最前線では、どうしても、その様に感じてしまうのです。外因が倒産理由といっても、倒産に至るまでには様々な理由や原因が考えられ、大雑把すぎる分類では意味がありません。倒産を回避するためにも、倒産に至る原因やその分類について、しっかりと確認をする必要があるのかもしれません。倒産情報を見ている [続きを読む]
  • 経営危機での経営分析・・・
  • 事業の経営分析をされたことがあるでしょうか。財務に詳しくない経営者にとって、決算書だけでは、経営状況を把握するのは難しいものだと思います。しかし、経営分析をすれば、現状認識だけではなく、問題点や対策の方向性までも理解することが容易になります。弊社では、先着5名様に限り、無料で経営分析をさせていただきますのて、ご興味のある方はご連絡をいただきたいと思います。決算書は、年に一度、手間暇かけて、何のため [続きを読む]
  • 任意売却、同時履行・・・
  • 世の中には、凄いプロがいるものです。私の仕事である、経営危機での債権債務処理に関する手続きにおいて、最近は好敵手に巡り合う機会がなかったといえます。いずれも帯に短し襷に長しの様な債権回収屋ばかりで、頭の中でしか処理できない中途半端なプロばかりでした。ところが、金融事故における任意売却の場面で、さすがは債権回収のプロと思わせる事例が続いたのです。仕事を甘く見ているわけではありませんが、債権回収のプロ [続きを読む]
  • 経営者が、自宅を守る方法・・・
  • 経営者に、これだけは確認をしていただきたいことがあります。経営する事業の借入と、個人の住宅ローンなどの借入は、同じ金融機関からでしょうか。出来れば、経営者個人の住宅ローン借入は、事業の借入とは関係のない金融機関からにしていただきたいと思います。万が一のことを考えれば、事業の資金繰りが破綻しても、これだけで自宅が守れる可能性が限りなく高くなるのです。中小企業経営者の場合、事業も個人も、借入をしている [続きを読む]
  • 倒産の原因が変化・・・
  • 経済の構造は、大きく変化してしまったのでしょう。その変化を、経営危機打開という、実学の現場体験の中で様々に感じます。限定された、経営危機という特殊な環境でも感じるのですから、一般の社会では、より顕著にその傾向が表れているのではないでしょうか。しかも、一昔前の常識など通用しないというほどに、急激に、そして大幅に変化しているようですから、我々、高齢のビジネスマンは対応するのが大変です。ここしばらく、倒 [続きを読む]
  • この時代の怖さ・・・
  • これは、まさしく、袋叩き状況としか表現のしようがありません。日本の官僚の、トップ中のトップである財務省の事務次官が、根拠の中途半端な週刊誌の記事により、任期途中で辞任をしました。辞任の理由は、ご存じのように、セクハラではなくて、職責を全うできないからという説明になります。たしかに週刊誌の記事だけを読んでいると、セクハラで大問題だと思いますが、事実が全く解明されていない状況において、マスコミに被疑者 [続きを読む]
  • 動産執行の現実・・・
  • 日頃の心掛けが、いかに大事かということなのだと思います。突然に、家財道具への差押えなどを目的とした動産執行をされましたが、短時間の対応で、何も差押えされることなく帰られました。奥様の対応が、万全であったのでしょう。日頃から、ご夫婦でお話をされ、しっかりと対応について把握をされていた成果だと思います。映画やドラマでは、借金返済のために、家財道具が差押えされる場面をよく見かけます。突然に裁判所の執行官 [続きを読む]
  • 債権回収との対応・・・
  • 金融に関する基本的な交渉方法は、全ての金融関係機関に共通します。それは、健全な経営状況においては当然のこと、資金繰りが厳しくなってからも同じだといえます。誠意を精一杯示し、現状を説明し認識してもらい、最大限の協力を得る、これが、金融関係機関との交渉において、欠くことのできない基本的交渉手続きなのです。しかし、サービサー(債権回収専門会社)とは、この様な姿勢で交渉をすると、とんでもない結果になってしま [続きを読む]
  • 生活かプライドか・・・
  • 『武士は食わねど高楊枝』といいますが、ことわざの世界でしか通用しないのかもしれません。貧乏でも、気位を持って生きる『清貧』という意味になるのでしょうが、『生活』よりも『プライド』を大事にするという姿勢は、現在ではなかなかお目にかかりません。一般庶民にとっては、満足な収入を得て、安定した生活を確保するというのが大事なことであり、そのためには『プライド』よりも『生活』なのです。この『生活』と『プライド [続きを読む]
  • 妻の借金を、旦那に請求する・・・
  • 夫婦だからといって、全てにおいて責任を共有するものではありません。人格が違うのですから、配偶者の債務を背負う必要などないはずなのです。連帯債務者であったり、保証人になっていない限り、別人格として扱われ、その債務を請求されることなどあり得ないはずなのですが、どうやら、この考え方は間違っているのかもしれません。現実的に、配偶者の債務について、保証人でもないのに、合法的に請求されることがありうるのです。 [続きを読む]
  • 保証人は必要か・・・
  • 実際に事例があれば、教えていただきたいと思います。融資における、連帯保証人の必要性が、ここ数年で画期的に変化をしたといいます。しかし、私の関係において、そんな事例、民間金融機関では皆無なのです。ここ2年ほどの間で、民間の金融機関のプロパー融資において、連帯保証人が不要だったという事例があれば、是非、教えてください。平成26年2月に、『経営者保証に関するガイドライン』が運用開始をされてから、丸4年が [続きを読む]
  • 綺麗な倒産とは・・・
  • 『倒産するにしても、綺麗な倒産にしなければならない・・・。』これは、税理士であった父の教えであり、今の私の仕事のコンセプトにもなっています。実は、私の父は、税理士なのに、複数の顧問先の任意整理を処理しており、私とは全く方法は違いますが、その時の目的が綺麗な倒産をさせるということだったのです。その倒産により、関係者に出来るだけ悪影響を与えないために、当時としては無茶な整理をしていたのですが、よくも税 [続きを読む]
  • 経営危機と、死と・・・
  • 中小企業の経営者で、『死んだ方がまし・・・』だと考えた経験のある方は少なくないと思います。私も、経営危機の打開でもがいていた頃、恥ずかしながら死について考えたことがあります。それ程、経営危機の環境は、不安を抱いた経営者にとって、苦しく厳しいものなのかもしれませんが、今振り返ると、まだまだ人間として甘くて現状から逃げ出すことばかり考えていたから、そんな馬鹿なことに向かい合おうとしたのだと思います。た [続きを読む]