どくとるくま さん プロフィール

  •  
どくとるくまさん: 黒い森の白いくまさん
ハンドル名どくとるくま さん
ブログタイトル黒い森の白いくまさん
ブログURLhttps://germanmed.exblog.jp/
サイト紹介文ドイツ人夫&二人の子と南西ドイツで暮らしている医師のブログ。
自由文文学畠出身の大和撫子が、ドイツに医学留学し、7年後に医師になりました。日独の文化の違い、ドイツの病院・医療事情などを、日常の風景と共に発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供100回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/02/03 02:14

どくとるくま さんのブログ記事

  • レンブラントとの再会
  • 今週末も出掛けていたのですが、連れられて入った美術館で、突然、目の前にこの絵があった。このナイフの、冷たい光も、カーブして先が丸い姿も、生白いイサクのお腹の皮膚も、アブラハムの手に押さえられて苦しそうな頭部も、昨日見たかのように、はっきりと目に焼きついていて、思わずこの絵の前で立ちすくんでしまった。私がこの絵を見たのは、35年以上前の事。レンブラント展があって、家族全... [続きを読む]
  • Muerrenで見たもの・食べたもの
  • 谷を挟んだ正面がユングフラウ。生きた本物には会えなかったけれど、「かわいいの」ドイツではぐっすり眠る事を、「マーモットみたいに眠る」と言うのだけれど、マーモットってそんなに熟睡するのでしょうか。「おおつののだんな」マークのビール。早朝、その辺を歩いていたんだって!私が見たのは足跡だけ。スイスの物価は高くて、ドイツから行くと何でも倍くらいの感覚でひ... [続きを読む]
  • Muerren
  • スイスのミュレンというところに行って来ました。10年前(!)に行ったグリンデルヴァルトとは別の谷。グリンデルヴァルトはアイガー側で、標高1034m。ミュレンはユングフラウ側で、標高1634m。車は入れず、ロープーウェイと電車を乗り継いで行きます。どうして電車?と思ったら、崖っぷちの単線で、とことこ進むのです。こりゃ、道路なんて作れんわ。運転手さんの隣りに座らせて... [続きを読む]
  • 山の虹
  • ただいま! 週末は小旅行に出掛けていました。ホテルのベランダから見えた、大きな大きな虹。180度の半円を通り越して、下の方が丸くなっていて、端から端まで撮ろうと思うと、写真3枚になってしまう位大きい。虹を見下ろすというのは初めてかも。旅の話しは、またゆっくり。コメントやメールの返事も、もう少しお待ちください。 [続きを読む]
  • 虹とケーキ
  • 狐の嫁入りで、台所の窓から外を見たら、大きな虹がかかっていた。およばれ。おばあさんの林檎ケーキは最高♪私は木に残っていた最後のプルーンで、イースト生地のクランブルケーキを焼いて、持って行った。一週間かけて書いた、長い長いメールをようやく送信。ここはドイツ、黙っていたら私が馬鹿者として片づけられてしまうもの。(簡単に言っちゃうと、不都合を私のせいに押し付けられた、... [続きを読む]
  • 食欲の秋
  • りんごが収穫期を迎えました。今年は豊作!炭火焼きもおいしいけれど、直火焼きもおいしい♪火起こし器で、果樹を剪定した枝をどんどん燃やしています。生乾きの枝でも完全燃焼するので余り煙も出ないし、小枝でも充分火力があって、凄い。ちょっとバタバタしており、メールやコメントの返事が遅れますが、元気にしていますので、どうぞご心配なく。 [続きを読む]
  • 自然療法の講習、第2週
  • 春に受けた自然療法の講習会の続きが、今週ありました。今回の参加者も、いい感じの混ざり方。内科医、産婦人科医、小児科医、耳鼻咽喉科医、整形外科医、などで、開業医から、病院の医長クラスまで。休憩や食事の時には、皆で色々議論したり、アドバイスし合ったり。熱く話し込んで、はっと気付くと休憩時間が過ぎていて、皆で慌てる始末。朝から晩までその調子なので、帰宅するともうぐったり。... [続きを読む]
  • 1年が経ちました・入学おめでとう
  • 今の町に引っ越してきて、1年が経ちました。色々あったなあ・・・。兄こぐまも2年生になって、新1年生を迎えました。入学式には2年生の親がケーキビュッフェを用意するのが、うちの小学校の慣例。お祝いなので、頑張ってくまマフィン。前回は、ミントチョコを耳にしたら、それがちょっと苦手だった子がいたそうで、今回は普通のスプレーチョコを耳にして、本体はバナナマフィン。1・... [続きを読む]
  • プルーンの季節
  • 庭のプルーンがどんどん熟れるのに追われています。梅仕事ならぬ、プルーン仕事。完熟で傷むのも早いので、翌日までに使い切れる分だけを収穫します。イースト生地のクランブルケーキ。天板1枚分にプルーン1kg以上使います。左から、すぐり、ミラベル、プルーン。プルーンジャムも2回作って、これで1年もつかなあ。ジャムを「塗る」と言うより、「盛る」!(溢れてます・・・にやり)... [続きを読む]
  • 晩夏の週末
  • 日差しが秋めいてきました。石垣を積んで大満足していたのですが、子ども達が木登りするようになったら、こ、これはいかん・・・!ジュートの袋を買って来て、干し草とウッドチップを詰めて、石垣の上に並べ、石垣の前には崩れかけの柔らかい材木を並べました。この木陰は、熱風が吹く猛暑の時には、涼風がびっくりする程心地よかったのですが、日差しが和らいだら、今度は冷えずにあたたかい。暑さ... [続きを読む]
  • 当直の風景
  • 当直バイト、続けています。私は「アタリ」が多く、ほぼ毎回、救急車を呼んで救急病院に搬送する事態があって、なかなか緊張感に溢れています。家庭医として普段余り出会わない状況が色々あって、いい錆落とし。「くまさんが当直の日でよかった!」と言ってもらえるのが、何よりの遣り甲斐。合い間の細切れ時間には、昔書き溜めた医療メモを読み返して整理したり、調べて勉強し直したり。そうい... [続きを読む]
  • 我が家の筋肉体操 2015
  • 「みんなで筋肉体操」を見て、思い出したのは・・・(見たい方は、画面中央の再生ボタンを した後で、画面右下の「YouTube」のロゴを すると見られます。)妹こぐま、1歳6か月。夫の腹筋体操に付き合っています。(と言っても、このポーズで寝転がっているだけ。)   夫:最後の追い込み中。妹こぐま:うーん、これのどこが面白いのか、苦しいのか・... [続きを読む]
  • 大きなくるみの木の下で
  • テーブルセットが届いて、夫に組み立ててもらいました♪どっしりとしたトウヒ材で、総重量何と78kg。窓枠と同じ塗装、亜鉛びきのネジで、かなり風雨に強いらしい。子ども達が登れるように、あちこちにロープをつけました。(そのためには、私がまず木に攀じ登るしかなく・・・頑張った!)大喜びしてくれたけれど、見ていると冷や汗が・・・。ブランコも高い枝に吊り直して、ハイジのブラン... [続きを読む]
  • 本は心の要
  • 専門医試験が済んで、医学以外の本をじっくり読む余裕が出てきました。小説や新書などは、ちょこちょこ読んでいたのですが、しっかりと腰を落ち着けて読む本は、十年ぶりくらいか。最近は、この2冊。どちらも大分前に買ってあったもの。(左)山川出版社「詳説世界史研究」ヨーロッパで暮らすようになって、世界史をもう一度ちゃんと勉強し直したいと思っていた。受験のためじゃないから、年... [続きを読む]
  • あいうえお
  • 文字の存在が気になって気になって、まだ喋れないうちからABCを覚え始め(喋れないから指さしていた)、3歳の誕生日までには平仮名・片仮名を読めるようになっていた兄こぐま。ところが妹こぐまにとっては、文字なんてどうでもいい存在で、覚える気、全くなし。だったのですが、時々、やっぱりちょっと気になる。「あいうえおのほん」を一人で見ていても、アヒルの絵を見て「あ!・・・あひる!」... [続きを読む]
  • おいしい庭
  • 夏のおやつは現地調達♪ミニトマト。脇芽を摘んでも摘んでも追い付かず、ジャングルみたいになってしまった。リンゴにはまだ早いのですが、この木だけもう熟れました。息も絶え絶えの木で、葉も少なくて、今年もうダメかと思ったのに、小さな実が結構沢山ついた。これがおいしくて、来年も頑張って欲しい!「木に手を置いて、よーく話してごらん。頑張ってくれるかもよ」とは、お隣さんの... [続きを読む]
  • 夏休みの庭仕事、その2
  • ここの木陰が余りにも気持ちがよかったので、閃いた!夫に頼んで、例の耕耘機を使って斜面を削って平らにしてもらい・・・(こぐま達はレゴのスマホで撮った写真を見ているらしい)もうすぐ取り壊される予定の、木組みの納屋の壁石を使って、私が石垣を積みました♪壁に使われていた石なので、四角く割ってあって積みやすく、パズルみたいで面白かったー!低い石垣だから、どこか崩れてもまた積め... [続きを読む]
  • 夏休みに食べたもの
  • 庭のトマトが熟れてきました♪おいしくて、これだけあっても奪い合いでなくなります。毎日のように、庭仕事をする傍らでグリルしているので、この夏休みは殆どお料理していないのですが、久しぶりの煮込みハンバーグ。うずら卵が半額になっていたので、中に3個ずつ忍ばせました。うずら卵、出てきた!↑煮込みハンバーグのレシピはこちら。おいしいよ!日本の洋食って、... [続きを読む]
  • 日本の医大の女子一律減点問題について
  • この件に関して、私の意見を訊かれましたので、今更ですが書いてみます。↑「関係者によると、同大医学部医学科の一般入試の合格者数は10年に女子が全体の4割弱に達したため、「女子は3割以内におさえるべきだ」として、翌年以降、男子優遇の措置が取られてきたという。」「入試の得点は女子の方が高い傾向があり、点数順に合格させたら女子大になってしまう」「女性は大学卒業後に医師になっても、妊娠... [続きを読む]
  • 夏休みの庭仕事
  • 恵みの雨の後、やっと爽やかな風が吹くようになったので、日陰の庭仕事。こぐま達の背後にあるのが泉です。夫に手ぬぐいの巻き方を教えてあげたら、「快適!」と大喜び。日本人の私からしたら、手ぬぐいなしで汗ダラダラなんて、気持ち悪くてやってられんわ!大きな(きり)かぶ。畑のトマトとオクラ♪念願のオクラ、今度はもっと小さいうちに収穫したら、おいしいー!!(でも、... [続きを読む]
  • 暑い夏休み
  • 毎日毎日カラカラの上天気なので、裏の泉から水をひいてきました。泉の恵みをしみじみと実感。去年は植えた場所も悪くて育たなかったオクラが、今年は凄い!春に発芽しては腐って枯れ、一株だけ何とか育ったのが、この猛暑で元気いっぱい。でも欲張って大きく育て過ぎて、初収穫のは筋が硬かった・・・。もう少し小さいうちに収穫しなくちゃ。「おおきなきがほしい」の本をコピーして、切り... [続きを読む]
  • 今日から夏休み!
  • 子ども達はとっくに夏休みに入っていたのですが、私もやっと、2週間の医院の夏休みに突入しました!(当直バイトはあるけどね。)休暇直前に、この時の患者さんの紹介で、同じ位ひどい状態の傷の人がやって来た・・・。1月からこの状態だと聞き、今8月だよ!と、ただただ絶句。そんなこんなで、最後までバタバタしていました。今年の夏休みは旅行の予定はなく、去年から放ったらかしの引っ越し... [続きを読む]
  • 惜別
  • 私よりも恐らくずっと年下で、まだ未成年の子ども達がいて、施設で育ったのに、お母さんを引き取って同居していて、アル中だったのに或る日突然断酒して、それ以降一滴も飲んでいなくて、お料理が上手で、いい匂いがよく階下に漂ってきて、女運は悪くて、皆別れてしまって、子ども達を引き取りたいのに許されず、施設から泊まりにきてもらうのが精一杯で、刺青だらけの巨体で強面なのに、抜け抜けの歯で笑う... [続きを読む]
  • ロックバルーンは99
  • 今週は、ドイツも猛暑でなかなか大変でした。子ども達は夏風邪で熱を出していたし、私は一晩当番医をやって、死体案件もあったし。金曜日の朝、雲ひとつない空いっぱいに浮かんでいたのは・・・大量の熱気球!!風船じゃなくて気球だけれど、思わずネーナの「ロックバルーンは99」を口ずさみながら出勤しました。(でもさ、「ロックバルーン」って何よ?「は」って、更に意味わ... [続きを読む]