perlodesample さん プロフィール

  •  
perlodesampleさん: サンプルコードによるPerl入門
ハンドル名perlodesample さん
ブログタイトルサンプルコードによるPerl入門
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/perlcodesample/
サイト紹介文サンプルコード中心のPerl入門です。 サンプルコードをコピーすれば、実行して、試すことができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/02/03 21:20

perlodesample さんのブログ記事

  • 【YAPC::Okinawa】本サイト公開しました! - 記事紹介
  • Perlだけではなく、さまざまな技術の話題が聞ける技術カンファレンス「YAPC::Okinawa」の準備が整ってきたようですね。今年は沖縄です。YAPC::Okinawaのサイトが公開されたようです。 サイトデザインは、オーシャンブルー、海ーって感じできれいですね! アナグラ君、いいね! 【YAPC::Okinawa】本サイト公開しました! ついにYAPC::Okinawaの本サイトが公開となりました!!!👏👏めでたい!!!! YAPC::Okinawaのロゴ [続きを読む]
  • Perlは30歳になり、コミュニティは繁栄し続ける
  • 「Perlは30歳になり、コミュニティは繁栄し続ける」という記事が、Perlの30年の歴史、Perlのコミュニティ、Perlの発展についてわかりやすく書かれていたので、紹介します。 Perlは30歳になり、コミュニティは繁栄し続ける Larry Wallは1987年12月18日にcomp.sources.misc UsenetニュースグループにPerl 1.0をリリースしました。その後30年近く、言語とコミュニティの両方が成長し、繁栄しました。それに反して、提案にもかかわ [続きを読む]
  • SPMVの言語仕様策定までの道程表
  • SPVMの実装と言語仕様を作成している。SPVMはPerlに静的言語の機能を組み込むプロジェクトだ。Perlで数値計算を行うことができるようになることが目標だ。 SPVM言語仕様 実装できていない部分 実装状況は80%くらい。残りの部分は次の部分。 パッケージ変数 パッケージ変数を今まで実装していなかったのだが、最初から最後まで存在する変数がないと、キャッシュの実装ができないという結論になったので、実装する。 イミュータ [続きを読む]
  • continueブロック - 条件が再評価される直前に実行
  • Perl ? 構文 ? here continueブロックを使うと、条件分が再評価される直前に実行されるブロックを定義することができます。以下のように記述すると、次の条件に移行する前の処理を書くことができます。 while (条件) { ... } continue { ... } この構文を使わなくても、あらゆるループ処理を書けるので、使わないのが賢明です。 詳細な解説はcontine構文の公式ドキュメントをご覧ください。 C言語やJavaのcon .. [続きを読む]
  • readdir関数 - ディレクトリの内容を読み込む
  • Perl ? 関数 ? here ディレクトリの内容を読み込むにはreaddir関数を使用します。 readdir ディレクトリハンドル ディレクトリハンドルはopendir関数によって取得されたものを指定します。戻り値として、ディレクトリの中にあるファイル名が返されます。繰り返し呼び出すことで、ディレクトリの中のすべてのファイルを読みこむことができます。 opendir関数でディレクトリハンドルを取得して、readdir関数で、す [続きを読む]
  • opendir関数 - ディレクトリをオープンする
  • Perl ? 関数 ? here opdndir関数を使うと、ディレクトリをオープンしてディレクトリハンドルを取得することができます。 opendir ディレクトリハンドル ディレクトリ名 ディレクトリハンドルには、未定義の変数を指定します。opendir関数は、以下のように使用します。 # ディレクトリ名 my $dir = ’study’; # ディレクトリオープン opendir my $dh, $dir or die "Can’t ... [続きを読む]
  • 無名ハッシュ生成子 {} - ハッシュのリファレンスを簡単に作成
  • Perl ? 演算子 ? here Perlには無名ハッシュ生成子「{}」という演算子があります。名前はちょっと難しいですが、実用的には、簡単にハッシュのリファレンスを作成するためのものです。 無名ハッシュ生成子を使うと、以下のように簡単にハッシュのリファレンスが作成できます。 # 無名ハッシュ生成子 my $point = {x => 1, y => 2}; もし無名ハッシュ生成子を使わない場合は、次のように書きます。まずハッシュを [続きを読む]
  • 無名配列生成子 [] - 配列のリファレンスを簡単に作成
  • Perl ? 演算子 ? here Perlには無名配列生成子「[]」という演算子があります。名前はちょっと難しいですが、実用的には、簡単に配列のリファレンスを作成するためのものです。 無名配列生成子を使うと、以下のように簡単に配列のリファレンスが作成できます。 # 無名配列生成子 my $nums = [1, 2, 3]; もし無名配列生成子を使わない場合は、次のように書きます。まず配列を作成してから、リファレンス生成子を使 [続きを読む]
  • Perlモジュール紹介 - CPANの豊富なジュールの紹介
  • Perlモジュール徹底解説では、Perlのモジュールについて詳しく解説していますが、最近は時間が取れずに、解説を書きたいモジュールがあっても、詳しい解説が書けないことが多くなっています。 そこで、モジュール紹介という形で、簡単に紹介して、リンクを張りたいと思います。「リンクに掲載してほしい」というモジュールがあれば、コメント欄にモジュール名と一行解説をどうぞ。自推、他推問いません。すべて紹介します。 FFI [続きを読む]
  • SPVM言語仕様(ベータ 1.0以前)
  • SPVM言語仕様(ベータ 1.0以前) パッケージ宣言 パッケージ宣言は以下のように行います。 package PackageName { } 「PackageName」はパッケージ名です。 パッケージ名は、大文字、小文字、数値と「::」で構成されます。パッケージ名は、大文字で始まならなければなりません。先頭が小文字のパッケージ名は禁止されています。先頭が小文字のパッケージ名は、コアのために予約されています。 パッケージ名は、アンダースコア「_ [続きを読む]
  • SPVMの開発の今後の道のり - 仕様作成からJITによる最適化まで
  • Perlの処理を30倍速くすることを目標に開発しているSPVMですが、今後の道のりをここに記しておきます。 デバッグモード追加 現状は例外が起こったときに、コールスタックは表示されるけど、行番号とファイルは表示されない。これは、開発のときはちょっと不便なので、デバッグモードを追加する予定。 ウィークリファレンスの実装 Perlと同じように、SPVMのGCはリファレンスカウントで実装されている。現在制限として、オブジェク [続きを読む]
  • Perlで人工知能プログラミングを行うAI::MXNetの出来が凄そうだ
  • 最近知った。Perlで人工知能プログラミングを行うAI::MXNetの出来が凄そうだ。これは公式のAmazonクラウドのMZNetでも、Perlの公式ライブラリとして受け入れられたそうだ。 インターフェースはPythonのMXNetライブラリとほぼ一緒に仕上がっているみたい。C++で書かれたMXNetのPerlバインディングになっている。 Perlで人工知能プログラミングを行うAI::MXNet(CPAN) MXNetのかなり多くの機能をPerlから利用できるようだ。Perlで [続きを読む]
  • YAPC::Fukuoka 2017 ライトニングレポート
  • 博多で行われたYAPC::Fukuoka 2017に参加してきました。 前夜祭はヌーラボさんで 前夜祭はヌーラボさんで、uzuraさん司会で、90分間くらいずっと、順番にライトニングトークをやるLTソンというイベントがされました。勢いがあってみな面白かった。アナグラ君、codehex君の沖縄勢が熱い。 本会場はLINE福岡 本会場は株式会社LINEさんのLINE福岡でした。カフェのサービスがあって、ロイヤルミルクティーを頼んだ。 「未来指向のCP [続きを読む]
  • Perlが30倍速くなるかもしれないSPVMの開発版をリリースしました。
  • Perlが30倍速くなるかもしれないSPVMの開発版をリリースしました。 SPVM(CPAN) かもしれないと書いたのはベンチマークをまだとってないからで、理論的にはJava VMの速度まで、近づけることができるんじゃないかなと思うから。 開発版なので、まだ機能が足りないのだけれど、CPANにリリースして、CentOS, FreeBSD, Windowsで動かすところまでやったので、ここで公開します。Macを持っていないので、Macの方は、CPANからインスト [続きを読む]