sukataku さん プロフィール

  •  
sukatakuさん: 34歳税理士の経営手帳
ハンドル名sukataku さん
ブログタイトル34歳税理士の経営手帳
ブログURLhttps://ameblo.jp/sukataku/
サイト紹介文入社2週間で父が他界。28才でスタッフ75名のトップとなった税理士の日常を書いた経営日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/02/03 16:42

sukataku さんのブログ記事

  • 無借金経営に意味はない
  • 昨日参加したセミナー。講師ではなく、主催者が書いたという本をちらっ読むと、「会社の財務はスリムな方が良い。不動産は持つな。借金は決算前に返せ」とありました。 税理士が書く本にも、不動産と借入を敵視している本は多いです。が、10年前ならともかく、今は中小企業でも0.5%以下の金利で長期融資が受けられる時代です。しかも5年固定とか。1億借りても、年間の金利は50万円。私なら借りておきますね。だって、経営には何が [続きを読む]
  • 経営計画を公開してますか?
  • 弊社は12月が決算です。で、出た利益の30%を決算賞与としてスタッフに還元しています。配当みたいなものですね。これがあるから頑張っている人も少なからずいます。利益を配分するので、公正さを期すために試算表を公開しています。四半期で全社員向けに、部門長からの報告会も行います。その際、どうしても必要なのが、全社の経営計画部門別の経営計画部門別の予算対比の資料部門別の対前年比の資料です。これを全て作っている企 [続きを読む]
  • 人がやるべき仕事とは?
  • 大手銀行が本格的な経営方針の変換を行っていますhttps://news.yahoo.co.jp/pickup/6260476・国内の店舗業務を減らし、人員を大幅に削減・利益は海外の金融機関等に投資・保険や投信などの手数料獲得のチャネル増加に注力といった具合です。銀行の本業は言うまでもなく融資ですが、銀行の売上である金利は優良企業に関しては「ほぼ0」みたいになっています。当然、銀行は収益があがりません。本業がダメになるなら、周辺業務を本業 [続きを読む]
  • カリスマは引き継げない
  • カリスマは引き継げない これは事業承継の分野では第一人者の、笹島修平先生の言葉です。カリスマ経営者(初代に多い)がいる間は、幹部も同じ方向を向き、バランスよく経営出来ていたとしても、息子がトップに立った時、彼らに同じ忠誠心を期待できるものでしょうか?答えは NO むしろ、上手くいかないことの方が多いと感じます。それどころか、幹部が顧客やスタッフを引き抜いて独立するなんてのも、よくある話です。理想的に [続きを読む]
  • アディーレ 業務停止
  • 弁護士法人のアディーレが景品表示法違反で業務停止2ヶ月ですか。弁護士は税理士とは違い、自治が認められているため、弁護士会で会員を処分できます。今回は他の弁護士グループからの訴えで、業務停止になったようですね。まあ、以前から商売上手だなぁとはおもってましたが、やっかみなども多少はあるのでしょうか?弁護士会として、法違反には厳しく対処するという意思表示とも思えます。 それにしても、業務停止2ヶ月は相当痛 [続きを読む]
  • 色々あるから強くなる
  • 経営していると、本当に色々な事があります。大半は辛く、嫌な事だったりしますが、たまーに嬉しい事があるから頑張れるものです。色々な事があり、それを乗り越えると、ワクチンのように耐性がつきます。次に似たような事が起こっても、解決法がすぐに浮かぶので、慌てずにすみます。経験は宝です。同時に、苦しい状況を共に乗り越えた仲間(スタッフや関連の業者さん)への感謝を忘れてはいけませんね。 [続きを読む]
  • お忙しそうですね ! は良くない
  • 自分自身の経験から、組織が拡大するとき、トップはとにかく忙しくなります。この時、お客様や関係業者さんから「お忙しそうですね」と笑顔で言われます。しかし、この笑顔の裏には、「もっと親密にしてほしい…」という不満が隠れていることもしばしばです。自戒も込めて書きますが、私の知り合いに、会社が急成長を遂げて、とても忙しくしている方がいます。しかし、最近はメールしても返事が遅い、連絡が来ない、対応が悪い…な [続きを読む]
  • ワインだって、知らないよりは知ってる方が良い
  • 弊社の中洲地区唯一のクライアントは、ワインバーを運営されてますここに松本さんという、とても有名なワインの先生がおられます。松本先生に教えてもらうと、不思議と頭に入るんですよねえ。ジュベール・シャンベルタンはとても美味しいブルゴーニュのワインですが、特級の葡萄もあれば、そうでない地区のものも使っている。要するに、当たり外れがある… とか。私は正直、ワインはよくわかりません。。。何がどう美味しいのか? [続きを読む]
  • 税理士にはわからない医療法人の持分放棄
  • 医療法人の相続税対策の手段として、持分放棄がよく言われます。持分放棄…言葉は綺麗ですが、誤解を恐れずに言えば、大事な財布を歩道橋から投げ捨てるのと大して変わりません。財産権を放棄する気持ちは、財産を持っている人にしかわかりません。おそらく、大多数の税理士はピンと来ていないでしょう。私には持分放棄を無責任に勧めているようにしか見えません。実際、新しい制度なので、ビジネス的に経験したがっている税理士も [続きを読む]
  • その不動産経営は儲かるのか?
  • 以前、福岡のある税理士から、不動産申告を手伝って欲しいと頼まれたことがあります。 大手メーカーでアパートを建てた方々の申告だったのですが、その税理士いわく、 「ほとんどの人が赤字だから、簡単なものですよ」 との事でした。 赤字でも採算取れるならよいのですが、その会社の一括借上方式はタチが悪く、現在集団訴訟沙汰になってます。要するに、儲からないということです。 ちなみに、その税理士、今は歯科医院専門み [続きを読む]
  • 公私混同
  • 舛添知事が辞任に追い込まれた公用車の私的使用野々村龍太郎の政治費不正受給こう言うの聞くと、本当に腹が立ちますよね。でも、中小企業のトップも同じような視線にさらされています「社長は会社の金で飲んでいる。なんで社長の飲み代のために頑張らなくてはならないのか?」てな具合です。私も公私混同には相当気を使っています・プライベートな会食はもちろん除外・スタッフとの会食はポケットマネー・社用車の付属品オプション [続きを読む]
  • 要らない人は やはり要らないんです
  • どの業界、どの地方でも有効求人倍率が上がり、人手不足に悩む企業で溢れています。 これから全国的に30%くらい生産労働人口は減りますから、本当に深刻な問題です。 解決策としては、 1 ITを駆使して、オートメーション化を進める2 社内業務を外注する3 海外からのスタッフを受け入れるなどなどでしょうか。 どれも難易度が高いですが、やるしかないですね。 弊社は1と2に取り組んでいまして、社内で記帳専用のアプリ [続きを読む]
  • 都銀だけでなく、地銀、信金とお付き合いする
  • 20代、30代前半の経営者の方はあまり知らないかもしれませんが、バブル弾けた後、不良債権の処理がとにかく凄かった時期があります。このとき、特に都銀は国の方針もあって、辛辣な「貸し?がし」を行いました。手口は簡単で、短期の転がし融資を突然打ち切るわけです。すると、打ち切られた企業は途端に資金難に陥り、翌月手形が決済できなくなるなどして破産へまっしぐら…てな訳です。先年も、ある企業が突然都銀から3億円の短 [続きを読む]
  • 短期的視点と長期的な視点と
  • 毎月、10日過ぎに試算表が総務から送られて来ます利益が出て喜んだり、その逆でガッカリしたり、まさに躁鬱状態です 苦笑しかし、株価と同じで、大事なのは短期の上がり下がりでなく、長期的に右肩上がりのチャートか?です。ここでいう長期は5年だと思ってくださいプロジェクトを開始して、3年で成果を出すのはとても難しいからです。5年前と比較して、売上 、経常利益 、1人あたり人件費、 1人当たり限界利益 、債務償還年数 [続きを読む]
  • 医院 開業時の融資
  • 私は、おそらく、福岡近辺で最も開業時の融資をアドバイスしている税理士だと思います。福岡の場合、基本的にどの銀行も積極的なんですが、その時々で融資の姿勢も変わりますから、複数行に打診するのが基本です。物件を抑えるのにもタイムリミットがありますから、一行一行順番に審査してもらう時間がないという事情もあります。私は、先日も書きましたが、「お金がありあまるほど」借りておくことをお勧めしています。開業して、 [続きを読む]
  • 必要なくても借りておく
  • 私は別にカリスマなコンサルタントではありませんが、ひとつだけ自信を持って言えることがあります。それは、お金があれば倒産しないお金がなければ倒産する簡単ですよね。例えばですが、今は比較的借りやすい金融状況です。先は不透明ですから、資金を確保しておくことをお勧めします枠融資、5年の証貸し、国金、中小公庫…複数取引、複数商品を絡めて、少しでも多く資金を貯めておけば、後々安心です。また、業績が良いうちに借 [続きを読む]
  • 合理的だと魅力がない
  • 高校生のころ、教職に就くことを希望していました。 しかし、ある時担任の先生から、 「菅、お前は教師には向いていない。」 と言われました。 理由は、 「お前は合理的すぎる。いらないものは全て捨てようとする。今必要ないと思えば、全くしようとしない。しかも下手にリーダーシップがあるから、周囲を巻き込む。教師は成績にかかわらず、全ての生徒を下から支える職業、救ってやる職業だ。不要なものを切り捨てるお前には絶対 [続きを読む]
  • 新会社設立で節税
  • このキーワード検索数が多いので、久しぶりに書いてみます。節税にも色々ありますが、基本的には「いかにして経費となる項目を捻出するか?」「出た利益に対して、いかに低い税率を適用させるか?」がポイントになります。その両方を兼ね備えたのが、新会社設立による節税というわけです。例えば、一番簡単なのは、所有する自社利用の不動産を新会社に売却して、これに家賃を支払うというものです。これは、・通常の減価償却より多 [続きを読む]
  • 旅は栄養剤
  • 北海道を周りながら、経営者は、あらゆる意味で多感である必要があると思うんです。あ、これいいな! 美しいなぁ!!と思える心、 これは許せない! 今のままではいけない!!と思える心どちらも必要だと思います。その心を鍛えるために、旅は最適なんです。そういう意味で、旅は栄養剤みたいなものですかねえ。。私の周りの優れた経営者は、みなさん揃って旅好きです。決して偶然ではないと思います [続きを読む]
  • 北海道 富良野の唯我独尊カレー
  • 久しぶりに書きますが、小難しい話はやめて…出張の帰りに早朝から富良野へ〜〜!ても、ラベンダーは早すぎました 涙気を取り直して、お昼は唯我独尊カレーをチョイス名前が覇王っぽくて素敵すぎます。食べログ3.5って凄いやん!!るーるるるる と言うとルーのお代わりもらえます迷って 欲張って 牛タンソーセージカレーにしましたソーセージは自家製です??でも、るーるるるる とか恥ずかしくて言えるかよ!タヌキ来るやん! [続きを読む]
  • 縮小均衡でやって行けるか?
  • 会社は生き物とよく言いますけど、誕生→成長期→安定期→衰退期という道を往往にして辿ります。成長期はなにをしても上手くいきます。が、売上の伸びが止まれば、中小企業に安定期などはあるはずもなく、一気に衰退期に入ります。この時、多くの経営者が利益確保のため縮小均衡を図ろうとします。しかし、利益の源泉はあくまで売上なんです。コンサルは今の売上で採算を合わせ、一時的に利益確保すればそれで仕事は終わりですが、 [続きを読む]
  • 目標設定の大切さ
  • 同じ地区にある会社、全く同じ事業をしていても、驚くほど差が出ることがよくありますよね? これって、社長の能力の差なんでしょうか? もちろんそういう部分もあるでしょう。 でも、もっと大切なのは、その社長に目標があるか??だと強く思います。仮に同じ能力の社長が2名いたとして、「その日暮らせればいいや!」 という社長と、「スタッフの生活を良くしたい」 という社長では、自ずとやることが変わります。前者は現状 [続きを読む]
  • スパルタか? 自主性に任せるか?
  • 4月は新しいスタッフが入ってくる季節ですね。 弊社にも嬉しいことに新卒のスタッフが4名今年も入社してくれました。 で、毎年、教育の方針が問題になるわけですが、悩むのが、 ・自主性に任せるか?・徹底的に教えこむか? です。 いろいろ試してきて、私なりの正解は、 「最初は徹底して教えたほうが早く自信がつくし、本人のためになる」 ということです。 ある程度実力がつき、責任ある仕事を任せると、放っておいても自分で [続きを読む]
  • 借金は財産?
  • 子供の頃、学校の先生が、「借金も財産のうち」というのを聞いて、???だったのをよく覚えています。今は、適切な借入がないと、企業の成長は鈍化すると考えてます。大学の頃、・自己資本で勝負するキリンビール・借入でキリンに挑むアサヒビールという雑誌の記事を見ました。弱者が強者に勝とうと思えば、自分を大きく見せる必要があります。つまり、借入によって資産を増やし、人を増やし、利益を上げる必要があるわけです。私 [続きを読む]
  • グレーゾーンの考え方
  • 税理士を上手く活用する社長とそうでない社長がいます。前者は、一言で言えばチャレンジさせてくれる方です。「グレーゾーンギリギリまでやってくれ!責任は俺が取るから!」と言われれば、税理士は頑張ります。逆に、「お金払ってるんだから、間違いは1つも許されない」いわゆるアナライザー気質で接する方もおられます。この場合は、税理士は絶対に冒険しませんから、結果として税金をたくさん払うことなるでしょう。税法にはグ [続きを読む]