中久保浩平 さん プロフィール

  •  
中久保浩平さん: お仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ハンドル名中久保浩平 さん
ブログタイトルお仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ブログURLhttps://ameblo.jp/nertrap/
サイト紹介文一度読んだらやみつきに?数少ない、ビジネスの本質を突きまくる、超実践型ビジネスパーソン応援ブログ。
自由文元気を与えるアドバイザーとして全国各地の個人〜法人まで営業戦略・マーケティング戦略のコンサルティングとして活躍。熱烈なファンも非常に多い。マスコミへの執筆・寄稿、セミナー講師など活動範囲も幅広い。

2007年12月 宝塚CEO塾 セミナー講師
2008年1月 国際宝飾展 IJTセミナー講師

殿堂入り人気メールマガジン
「ビジネス真実践」
公式ホームページ
http://www.ner-trap.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2008/02/04 10:09

中久保浩平 さんのブログ記事

  • 手遅れになる前に
  • ■その時が来てからでは・・・ いろんな業界、業態、職種、役職の方達と数え切れないほどお会いしてきました。その中で、「なにかあったらアドバイスお願いします。」と言ってくる人が結構いたように思います。これが社交辞令だとまだ良いほうで、ほんとに何かあってから・・・相談されてくる場合だと上手くいった試しがありません。手遅れだからです。「なにかあったらなんとかしてくれるのがコンサルタントでしょ。」と、間違っ [続きを読む]
  • ありがとうから学べること
  • ■感謝以外に得られること商売人、ビジネスマンとしてお客様へは常に感謝をしましょう。ということは耳にタコができるくらいに聞いてきたと思いますし、当たり前ですよね。ですが、ありがとうという言葉には、お客様へ感謝を示すことと同じくらいに実は大切なことがあります。それは、そのモノ(コト)に対する価値を見出す、あるいは、モノやコトの価値に対する感性を磨く、ということです。どういうことかというと、たとえば、知 [続きを読む]
  • 根拠を示す
  • ■安売りしないためにも 前号では、仕事に対する価値についてのお話をお届けしました。今回は、商品やサービスに付随するモノなどの価値についてお届けしてみようと思います。とある企業の新商品のマーケティングや営業戦略についてコンサルティングさせていただいたときのことです。経営者からは、新商品を市場に認知浸透、ニーズ喚起したのちいかにしてお客様、リピータ顧客になってもらうか?という流れを構築したいとのご相談 [続きを読む]
  • 自分の仕事の価値
  • ■どんなことができるか? これまでに「何をしてくれるのですか?」「どんなことをしてくれるのですか?」といった問い合わせが幾度とありました。このような問い合わせに対しては「なんでもかんでもやってくれる人のところにどうぞ行ってください。」と対応してきました。コンサルタントというのは何かを「してあげる」というのことが仕事ではないからです。クライアントの課題に一緒になって向き合い表面的ではなくクライアント [続きを読む]
  • 認め×考え=良くなる
  • ■現実を変えるには業績が低迷していたり、あるいは、人が育たなかったり、事業運営がなにかと上手く行かなかったり・・・という相談者の中には、「自分の置かれている環境や現状がいかに悪いか」ということを力説する人がちょくちょくいます。「立地が悪いからなぁ。もう少し駅に近ければ上手くいく。」「近所に大型の店舗が出来るまでは良かったんです。」「もう少し時間があればなんとかなったはず。」「求人募集で良い人材さえ [続きを読む]
  • チームを活性させるには?
  • ■ソフトバンクホークス 工藤監督の言葉にヒントあり「ボクの中で『横一線』はない。力の世界では当然のことです。」先日、日本シーリスを制し2年ぶりに日本一に輝いたソフトバンクホークス工藤公康監督の言葉です。2012年にメジャー挑戦した和田毅投手が2016年、古巣ソフトバンクに復帰。その入団会見に同席した工藤監督が「彼ぐらい実績のある投手が実績のない投手と一緒のラインで戦うことはない」と早くも開幕先発ローテ入 [続きを読む]
  • 当てにならいアンケート
  • ■なぜやってくるのか?を知る飲食店ではテーブルにアンケート用紙が置かれているところがあります。「当店のことをどこでお知りになりましたか?」と書いてあって、・広告・webサイト・SNSやブログ・紹介や口コミの選択肢が並んでいます。そして、アンケート結果を基にどの広告?チラシ?webサイト?ブログ?ネット広告?紹介・口コミ?などと分析し、もっとも回答の多かった媒体に力を注ぐ、というようなことを考えます。ですが [続きを読む]
  • あなたはお客さんを捨てられますか?
  • ■勇気をもって成果の上がらない営業マンは、目の前にいるウンともスンとも言わないお客さんに対していかに当社の商品が素晴らしいかを説明し必死で説得しようとします。成果の上がらない販売員は、お客さんから頼まれてもいないのに、次から次へ店内の商品を並べ(あるいは、メニューを拡げ)、1つ1つ説明し購入を促します。さらには値下げに踏み切ろうとします。一方で、説得をしなくても値段を下げなくても自ら好んで購入・ [続きを読む]
  • 熱い営業マンがやってしまう失敗
  • ■大事なことかも知れないけど・・・営業で結果を出し続ける、成功させるには、熱い想いを相手に伝えること。そう思っている営業マン、少なくありません。また、そのように先輩や上司から教えられそれが正しいことと思って、必死でお客さんの前で熱く語る若手営業マンも少なくありません。ですが、このような営業は長く続きません。そして、続かないのでまったく役立たなくなります。それは、3つのリスクがかさんでくるからです。 [続きを読む]
  • 伸びる選手、伸びない選手の違いとは?
  • ■練習の質が違う。 プロ野球の世界は常に生き残りをかけた戦い。その中で生き残り活躍できるのは、ほんのわずか、一握りの選手達。プロ入りしたほとんどの選手が戦いに敗れ去っていく世界。生き残る選手、戦いに敗れ去る選手、同じプロの世界に入って来て、どうしてこれほどの差が生まれるのか?それは、練習の違いからあるから、といわれています。生き残れる選手、いわゆる伸びる選手と伸びない選手とでは練習が違うようなので [続きを読む]
  • 親バカを活かす
  • ■親バカならぬ部下バカお子さんのいらっしゃる方は、時々SNSやブログなんかで、我が子の成長ぶりや幸せそうな家族写真をアップしているケースがありますよね。そういの見ているだけでほのぼのして幸せオーラが伝わり、癒しになりなったり、パワーをもらったりしています。このお子さんの成長ぶりをせっせと写真に撮ってはSNSにアップしている、いわゆる親バカぶり。これって、経営者や管理者の人にとっては、部下や後輩、スタッフ [続きを読む]
  • 仕事がデキナイ人がやっていること
  • ■時間を奪う行為に!前回はデキル営業マンの共通点のお話をしましたが、今回は、仕事のできない人の共通点をお伝えします。ぜひ反面教師として読んでいってみてください。もし、当てはまっていると感じた場合、今日から即改善しましょう。 では、仕事のできない人の共通点にはどのようなことが挙げられるでしょうか。いくつか思い浮かぶと思います。私がこれまで見てきた中で多かったのが、「対応がスムーズではない」というもの [続きを読む]
  • 売れる営業マンがやらない3つのこと
  • ■3つの「ない」を実践する様々な業界の営業マンの方達へアドバイスやサポートをさせていただいた経験から、いえることがあります。それは、売れる営業マンには3つの共通点がであるということ。では、その共通点とはなんでしょうか?・トーク力・段取り力・説得力・精神力・人望や人脈など、思い浮かぶかも知れませんね。ですが、これらではありません。売れる営業マンの3つの共通点は、・口説かない・売らない・お願いしないで [続きを読む]
  • 情報収集のアンテナ
  • ■感想は価値がない数年前、20代の若手ビジネスマンを中心とした勉強会を1年間定期的に開催していました。その勉強会で、メンバー達に、情報収集のアンテナの感度を高めるために、飲食店でも洋服店でもなんでもいいから、「入ったお店を観察する。」というお題を出しその観察結果レポートを次月に発表してもらうという企画を行いました。Aくんは、都心にあるオシャレなカフェレストランに入ったときのことをこう発表しました。「 [続きを読む]
  • 間違った努力
  • ■あなたは間違っていませんか?努力をすれば報われる。努力は決して無駄ではない。という言葉があります。実に響きが良く、モチベーションの上がる言葉です。確かに努力をすれば報われることや努力が無駄にはならいという事はあります。ですが、努力の仕方そのものが間違っている場合、当然ながら、それが報われることはありません。マーケティング活動や営業活動において、「何をやっても上手く行かない。」というご相談をいただ [続きを読む]
  • 経営理念の必要性
  • ■フィルターの役割会社や店舗を経営していくうえで、最も重要なものは理念である、といつも考えていて、どのようなクライアントにもその重要性、必要性を伝えてきました。なぜなら、理念がなくては・ビジョンも描けないですし、・スタッフは育たないし、・市場や顧客からも支持されないからです。 ちなみに理念とは「理性によって得た最高の概念」という意味です。つまり、その人の価値観や物事についての独自の考えが主体という [続きを読む]
  • ビジネス書、いつも読んだだけで終わりという方へ
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス真実践 〜 実践の中に真実があるおかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。毎週火曜・木曜午前8:00発行 ※但し、祝日の場合は翌朝発行2017/9/26        発行者:中久保 浩平書籍「ビジネス真実践」http://goo.gl/tmmRe ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┌─『目次』─────────────── │【今回のテーマ】ビジネス書を読んだだけで終わり [続きを読む]
  • 対話をする
  • ■グラウンドルールを決めて実践する現在の新社会人、若手社員は、物事に対して合理的でないと納得をしない。割に合わないことはやらない。なんてことが言われたりします。そして「ゆとり世代だから仕方がない。」とか、「自分達と受けてきた教育が違うから自分達が先輩から教わったように指導しても全然思うようにいかない。」という嘆きにも似た愚痴なんかも実際よく聞かれます。さらに「時代が違うし、仕方ないか。」と諦めムー [続きを読む]
  • 顧客ファーストの矛盾
  • ■現場で活かされてナンボ「当社ではお客様を最優先致します。」と、顧客ファーストを唱えている店舗経営者からご相談を受けたときのこと。話を詳しく伺いってくと「お客さんのことを最優先で考えているようで実はそうでない。」ということがありました。「顧客満足度NO.1を目指しています」とか「お客様のためにおもてなしを徹底しています」「当店はホスピタリティーを大切にしています」など、同じように顧客ファーストを掲 [続きを読む]
  • 一生懸命がんばらんくていい。
  • ■一生だと疲れませんか?仕事に限らずですが「一生懸命がんばりましょう」とか言いますが、「実際、一生懸命がんばり続けるのは疲れる。」なんて思うことありませんか?そんな時には、一生ではなく、一瞬懸命がんばるようにしてみてはいかがでしょう?   * * * * *アドバイスを求めてくる方の中で「本当に会社を良くしようと思ってるの?」「本気で成果を上げたいと思っているの?」と感じることがあります。例えば、 [続きを読む]
  • 営業マンはトークではなくインタビューしなさい。
  • ■お客さんに取材する営業マンが商談する上で怖いのが。「○○したつもりになってしまう」という勘違いがあります。たとえば、営業マンがお客さんへ商品を説明して、「もうお客様も十分理解してくれた。」と勝手に判断してしまい確認せずまま説明を止めてしまう。しかし、話を聞いていたお客さんは本当は、理解していないかも知れないし本当は、もっと違うことを聞きたいかも知れません。 また、新規開拓先で営業マンが一生懸命に [続きを読む]
  • 本気でがんばるというけれど・・・
  • ■不要の言葉思うような成果が出なかったり、同じような失敗を繰り返してしまう、という人の多くが、「次は頑張ります。」「本気でやります。」「以後注意します。」といいます。ですが、やっぱりまた同じようなところで同じようなことを繰り返し・・・、「次こそは今まで以上に頑張ります。」「もっと本気でやります。」「死ぬ気でやります。」と同じ言葉をまたまた繰り返します。本気で頑張るということは、もちろん良いことです [続きを読む]
  • 無料サービスを実施する前に
  • ■正当な理由が明確ならばいろんな企業やお店が、市場やお客さんに商品やサービスのことを知ってもらうきっかけ作りとして商品やサービスの無料体験や無料配布に取り組んでいます。「無料だったら・・・」という手軽さからか、お客さんには負担がなく手にしやすいので喜んでもらえます。しかし一方では、「タダほど高くつくものはない。」とお客さんは知っていますから、あくまで無料であることの理由が明確に伝える必要があります [続きを読む]
  • 「少々お待ち下さい」がストレスに。
  • ■お客さんのストレスはどこにあるか?飲食店に入って待たされるときに多く聞かれるのが、「ただいま満席です。しばらくお待ち下さい。」というフレーズ。「しばらくってどれくらい?何分がしばらくなの?」なんて思ったことはありませんか?「しばらくお待ち下さい。」とか「少々お待ち下さい。」普通によく使われる言葉ですが、こうした対応というのは、実は親切な対応ではありません。忙しい状況であるというのはお客さんもわか [続きを読む]
  • お客さんに伝えるべきことは?
  • ■言いたいことだけではダメな理由・商品力はあるのに思っているほど売れない。・実績はあるけど、さほど売上が伸びない。・信頼されていると思っていたけど顧客がなかなかつかない。こうしたことで悩まれている方も少なくないと思います。とある会社もまた、このようなことで悩んでいました。そこで働く営業マンの1人は、「取引先に商品の良さを中々理解してもらえない。」と言うのです。問題はまさにこの一言に集約されていて、 [続きを読む]