中久保浩平 さん プロフィール

  •  
中久保浩平さん: お仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ハンドル名中久保浩平 さん
ブログタイトルお仕事、頑張っている方へ元気を与えるブログ。
ブログURLhttps://ameblo.jp/nertrap/
サイト紹介文一度読んだらやみつきに?数少ない、ビジネスの本質を突きまくる、超実践型ビジネスパーソン応援ブログ。
自由文元気を与えるアドバイザーとして全国各地の個人〜法人まで営業戦略・マーケティング戦略のコンサルティングとして活躍。熱烈なファンも非常に多い。マスコミへの執筆・寄稿、セミナー講師など活動範囲も幅広い。

2007年12月 宝塚CEO塾 セミナー講師
2008年1月 国際宝飾展 IJTセミナー講師

殿堂入り人気メールマガジン
「ビジネス真実践」
公式ホームページ
http://www.ner-trap.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/02/04 10:09

中久保浩平 さんのブログ記事

  • 一人で勝負するタイプは危険
  • ■独りよがりなだけ? 自分のやりたいことを仕事にして独立、起業を目差すという方からご相談いただくことがあります。 彼もそんな一人で、起業の準備にあたり事業計画作成等の相談やアドバイスが欲しいということでした。 自分のしたいことで起業する、というだけあってか、とても熱心に取り組み滞ることなく順調に準備も進みました。 そして、道筋が見えはじめようやくスタートラインに立つぞ、という段階に来たとき、 「ここか [続きを読む]
  • 信用を売る
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス真実践 〜 実践の中に真実があるおかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。おかげさまで、まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門毎週火曜・木曜午前8:00発行 ※但し、祝日の場合は翌朝発行2018/4/12        発行者:中久保 浩平書籍「ビジネス真実践」はこちら⇒  http://goo.gl/tmmRe━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┌─『目次』──────────── [続きを読む]
  • 期限なき返事は悪
  • ■何1ついいことはない。お客様を含めたあらゆる取引先との間で、「近いうちにお返事させてもらいます。」とか、「もうちょっとだけ待ってください。」とか、「今月中にはなんとか・・・」など、時間稼ぎともとれるテキトーな返事をしたことがある、という経験がある人、少なくないんじゃないでしょうか。例えば、・その内容(案件)を自分1人では決められないので、稟議を通し決済をもらうのに時間がかかる、とか、・内容(案件 [続きを読む]
  • 理念はやっぱり必要
  • ■社内外へ発信 経営していくうえで、最も重要なものは、理念であるとつくづく思う今日この頃です。また、これまでにどのようなクライアントにもその重要性や必要性を伝えてきました。 理念がなくては将来的なビジョンも描けないので事業計画も立てれない、人財も育たないし、市場や顧客からも支持されません。と、コンサルティングをすればするほど思うのです。ちなみに理念とは 「理性によって得た最高の概念」 という意味です [続きを読む]
  • 分からないから無利では通用しない
  • ■忘れた、分からない、出来ない、とさようなら。何もかも完璧な人って、いませんよね。 誰でも習ったことを忘れたり、 間違ったりするものです。たとえば、小学校で習った台形の面積や三角錐の体積を求める方程式を即答できる人って、たぶん少ないと思います。習ったこと、必死で覚えたことも時間とともに忘れていきます。ですので、忘れたことや、分からないことがあるというのは、誰にでもあり得ることなので、恥ずかしいもので [続きを読む]
  • 組織やチーム作りに必要なこと
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス真実践 〜 実践の中に真実があるおかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。おかげさまで、まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門毎週火曜・木曜午前8:00発行 ※但し、祝日の場合は翌朝発行2018/3/22        発行者:中久保 浩平書籍「ビジネス真実践」はこちら⇒  http://goo.gl/tmmRe━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┌─『目次』──────────── [続きを読む]
  • ホウレンソウの話
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス真実践 〜 実践の中に真実があるおかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。おかげさまで、まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門毎週火曜・木曜午前8:00発行 ※但し、祝日の場合は翌朝発行2018/3/20        発行者:中久保 浩平書籍「ビジネス真実践」はこちら⇒  http://goo.gl/tmmRe━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┌─『目次』──────────── [続きを読む]
  • 顧客満足とは?
  • ■どこに、なにに満足しているのか?お客さんは、商品を購入したり、あるいはサービスを利用しようとするとき目の前にある商品やサービスに興味があるので、それを求めている。と思っていませんか?確かにお客さんは目の前にある商品やサービスそのものを求めて購入したり利用します。ですが、そこにはその商品やサービスを必要とする理由が必ずあります。その理由を察知することが第一線の現場では重要です。「いわれなくても、当 [続きを読む]
  • ピンチとチャンス
  • ■状況に感謝することで・・・ピンチはチャンス、という言葉があります。説明するまでもありませんが、ピンチを捉え方や見方、あるいは考え方によってはチャンスでもある、という意味です。ですので、残念ながらピンチであるという現実は現実としてあり、明らかにチャンスという現実になるということはありません。では具体的にはピンチはチャンスというのは、どういったことをいうのでしょうか?ちょっと一緒に考えてみましょう。 [続きを読む]
  • やる気を出せとはいってはいけない。
  • ■やらせているうちは「仕事している」とはいわない。経営者や管理職の人の中には、教育するということを、命令や指示と同じこととしている人もいます。命令や指示と教育することとは全くの別物であるということを明確にしておかないと部下やスタッフは育ちません。たとえば、経営者や管理職から見て「やる気がないな〜」と感じるスタッフに対して「やる気を出せ」というのは教育ではなく命令です。そして、その命令に従って、よ [続きを読む]
  • ま、いっか。が会社をダメにする
  • ■問題を問題にしないことが問題ファッション雑貨類を通販やイベント会場から収益を上げている会社のサポートをさせて頂いたときのことです。その会社では、多くの顧客、取引先に恵まれ、通販が主力であることから毎月1回、商品カタログと共にニュースレターの発行を欠かさずに行っていました。ですが、商品カタログやリーフレットなどの制作に対する管理がずさんでした。自社で販促物の制作は全て行っていたのですが、誤字脱字が [続きを読む]
  • 良いお店かどうかは○○にわかる。
  • ■そのお店のサービスの質がわかる時間帯クリームコロッケやデミグラスハンバーグなどの洋食が評判で、ランチ時には近所のご婦人方たちで溢れかえる人気店があります。その人気店に閉店時間の1時間前に入店し、評判どおり、とても美味しいハンバーグシチューに非常に満足していたときのこと。お客様も私以外に、あと1組というとき、ホールスタッフの動きに異変が。なんと、モップを持ち出し食事をしているお客様の真横の床掃除を [続きを読む]
  • 問題の責任転嫁をしない
  • ■責任転嫁しない商売やビジネスが計画通り上手くいかないことを社会、政府が悪い、景気回復が遅れている、市場が飽和している、などと他所のせいにする経営者もいます。また、広告や宣伝で失敗すれば、媒体のクオリティや制作した広告代理店が悪い、という人もいます。さらに、やる気が出ないというサラリーマンの中には「社長が独裁主義だからついていけない。」とか、「バカな上司がいるからやってられない。」などとグチをこぼ [続きを読む]
  • 事例共有する意味
  • ■1人の体験はみんなの財産某企業の営業マン達の愚痴。A「何度言ってもあの会社門前払いでまったく相手にしてもらえないよ。」B「俺も今日は、担当者に会えたけど、全く話すら聴いてくれなかったよ。」C「俺もだよ。電話をかけてアポを取ろうとしても全く聴く耳持たず。あ〜どこに行ったらお客さんに会えるんだ。」彼らはその日活動したことについてかなり悲観的になっています。とまぁこのような会話は、少なからずどこの営業会社 [続きを読む]
  • 指導は可視化
  • ■リスク予防飲食店経営者とディスカッションしているときのお話。そのお店は売上好調、客足好調。いわゆる繁盛店です。ですが、「それがいつまで続くのやら・・・。」と弱気な経営者。というのも、忙しさにかまけてスタッフのお客様への対応が段々と疎かになってきているというのです。たとえば・・・週末になると、毎週、全席予約でスグに満席になるのですが、急なキャンセルも時々あり、キャンセル待ちいただいているお客様への [続きを読む]
  • 3つのコンセプトを持っているか?
  • ■これがないとダメ企画職や開発部門の人にとっては、耳にタコが出来るくらいだと思いますが、ビジネス、商売をしていく上ではコンセプトは非常に重要になります。しかしながら、売上が低迷続きであったり、人が育たないといった会社やお店に限ってこの重要性をきちんと認識してません。コンセプトは、会社、お店を運営していく上での基本概念となるものです。「こうこうこういう思いで会社、お店をやっている。」「こういう考えを [続きを読む]
  • 行動力を定義すると
  • ■起業や独立志望の方へ行動力がある人と行動力がない人とでは、当然ながら結果がまるで違ってきます。ですので「行動力」は仕事、ビジネスをしていくえでとっても重要なことであるということは誰もが分かっています。しかし、「行動したことによって目に見える成果が出はじめた。」というように明らかな行動変容が実感できないという人は、行動したという事実にのみに満足し「自分は行動力がある方だ。」と思っています。ですが [続きを読む]
  • 良いときに起こる錯覚
  • ■右肩上がりがずっと続かないと銘じる「目先のことばかり考えてると後々しんどくなりますよ。」経営に関するご相談を受けたとき、このような言葉をお伝えさせていただくことがあるのですが、「目先がなければその先もないじゃないか。」などと反論をいただくこともあったります。反論したくなる気持ちは分からなくないのですが、目先のことしか見えなくなってくると、結果、取り返しのつかないことになるリスクが高くなります。 [続きを読む]
  • コソヲトル
  • ■毎年、この時期、同じこといっていませんか?新年を迎えるこの時期になると毎年毎年、「今年こそは毎日○○をするぞ!」「今年こそは○○になるぞ!」「今年こそは○○するぞ」とテンションが妙に上がる人が増えます。決意新たにテンションアゲアゲは良いのですが、 「今年こそは毎日○○をするぞ!」 「今年こそは○○を達成する!」といったところで、しばらくすると、「まっ、明日からでいっか。」「とりあえず、正月休みが [続きを読む]
  • ブレナイスタイル
  • ■たった2種類しかないパン屋に学ぶ東京・浅草で74年前から営業を続けるパン屋「ペリカン」昨年秋、ドキュメンタリー映画にもなったのでご存知の方も多いのでは。その映画でのワンシーン。週に数回、食パンを買いに来る男性の常連客に、店先で味について感想を尋ねると、こんな答えが返ってくる。「普通。でも、ないと困るな」ペリカンの商品は、正方形やヤマ型など形は違うが、基本となる生地は、食パンとロールパンの2種類だけ [続きを読む]
  • アピールするということ
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス真実践 〜 実践の中に真実があるおかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門 毎週火曜・木曜午前8:00発行 ※但し、祝日の場合は翌朝発行2017/12/28        発行者:中久保 浩平書籍「ビジネス真実践」はこちら⇒  http://goo.gl/tmmRe━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┌─『目次』─────────────── │ [続きを読む]
  • 期限を守る仕事術
  • ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ビジネス真実践 〜 実践の中に真実があるおかげさまで、まぐまぐ殿堂入り。まぐまぐ大賞2017 ビジネス部門 毎週火曜・木曜午前8:00発行 ※但し、祝日の場合は翌朝発行2017/12/26        発行者:中久保 浩平書籍「ビジネス真実践」はこちら⇒  http://goo.gl/tmmRe━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┌─『目次』─────────────── │ [続きを読む]
  • 儲かる仕組みと売り込む仕組み
  • ■お客さんの意思を基準に考えてみる「市場に認知してもらい消費者の興味を喚起させ購買意欲を高め見込み客を作り、クロージングへ持っていく。」マーケティング本や営業本を読まれたことがある方や勉強熱心な方は、こうした話を1度は耳にしたことがあるかと思います。そして、「そうか、まずは商品(お店や会社、あるいは自分)を認知してもらい興味をひきつけないといけないんだな。」となり、自社にこの方法を当てはめようとし [続きを読む]
  • 意味あるOJTや研修をする
  • ■時間もお金も無駄にしないためにも人材育成の一環で規模や業界関わらず様々な企業が社内のルール、マニュアル、基礎知識などを教えたり、キャリアップのため研修やOJTなどを行っています。そうした研修やOJTの際に、ある一定のところまで教え「ここまでで何かわからないこととかありませんか? 大丈夫ですか?」と聞くと、大抵が「大丈夫です。問題ありません。」と応えます。果たして、この「大丈夫です。」は本当に大丈夫なの [続きを読む]
  • 販促依存にご用心
  • ■なんのための企画なのか?をよく考える売上を伸ばすため、シェアを拡大する手段の1つに販売促進があります。文字通り、商品の販売を促進し、売上やシェアを伸ばすことが目的なので当然商品が多く売れるような企画やより多くのお客さんを獲得するための企画を立て、実施するのが役割です。実際に多くの企業、店舗が計画的に実施されています。説明するまでもありませんね。ところが、計画的ではなく、場当たり的に販売促進を実施 [続きを読む]