giantwatcher さん プロフィール

  •  
giantwatcherさん: プロ野球ウォッチング学
ハンドル名giantwatcher さん
ブログタイトルプロ野球ウォッチング学
ブログURLhttp://giantwatcher.seesaa.net/
サイト紹介文巨人の試合を通じてのプロ野球ウォッチング学。試合での駆け引き通じて、人生にも起きることを解説。
自由文巨人の試合を通じてプロ野球における一球一球の駆け引きを楽しむウォッチング学をお伝えします。試合のどこがポイントだったか、どこで配球を間違えたか、どの選手が鍵だったか。そうした人生にも起きることをプロ野球を通じてご説明して行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供130回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2008/02/04 16:42

giantwatcher さんのブログ記事

  • 完敗=終戦
  •  CS2ndステージは巨人が3連敗で終戦。由伸監督の終焉。   ■なぜ3戦すべて左投手先発なのか?   ■メルセデスは途中まで育成、つまり3軍の選手。荷が重すぎ。   ■第2戦の田口が6回を無失点なのに、なぜ続投させなかったのか?   ■第3戦の今村もシーズン前半は2軍。期待しすぎ。   ■右の野上/大竹を試すべきだったのでは?   ■なぜ由伸巨人はけが人が多かったのか? 特にマシソン。   ■なぜゲレーロを今更 [続きを読む]
  • 菅野が仁王立ち
  •  CS1stステージ2戦目で菅野がノーヒット&ノーランを達成。4-0で巨人が勝ち、1stステージを突破。          ■菅野が完ぺき。あわや完全試合。1四球のみ。   ■前夜の上原の一言「一人で投げてください」に応えた。   ■原樹里から4回で4得点。すべて本塁打。   ■長野、マギー、亀井。お見事。岡本は2ndステージで。   ■ヤクルトは青木と畠山がいないので打線の威力が半減。   ■前年度最下位だったヤ [続きを読む]
  • CSの初戦に先勝
  •  CSの1stステージが開幕。シーズンでは8連敗中の小川が2位ヤクルトの先発。一方の3位チャレンジャーの巨人は敢えて今村。菅野を第2戦に持ってゆく戦術。 今季で去る高橋監督の采配の集中力と、監督に一試合でも長くやってもらいたいという選手たちの恩返しの気持ちが徹底していた試合でした。   ■初回なのに田中の見事な二盗。   ■今季初めての岡本の"狙いに行った"初球の犠牲フライ。   ■1-1同点からの坂本の片手一 [続きを読む]
  • CSの初戦に先勝
  • CSの1stステージが開幕。シーズンでは8連敗中の小川が2位ヤクルトの先発。一方の3位チャレンジャーの巨人は敢えて今村。菅野を第2戦に持ってゆく戦術。 今季で去る高橋監督の采配のキレと、監督に一試合でも長くやってもらいたいという選手たちの恩返しの気持ちが徹底していた試合でした。   ■初回なのに田中の見事な二盗。   ■今季初めての岡本の狙いに行った初球の犠牲フライ   ■1-1同点からの坂本の片手一本で打っ [続きを読む]
  • 休筆
  •  広島との第2戦を見ていて、今季は終わったと確信しました。CSに出ることがほぼ消滅したので休筆します。 今年は岡本や重信の成長が見られ、楽しさを味わいましたが、しかし、あまりにも投手陣が手薄で情けない限りでした。 菅野とメルセデスだけがまずまずで、抑えが壊滅。畠などはどうしているのでしょう。これでは広島に勝てません。 個人的には毎試合観戦しますが、来季に期待するしかありません。では、良いお年を。(苦 [続きを読む]
  • 由伸監督のせい
  •  阪神との第3戦は由伸監督の甘さが出て、8-9で阪神に負けました。    ①なぜ今村を替えた    ②なぜ澤村を可愛がる    ③なぜ小林一辺倒で進む    ④なぜゲレーロをすぐに使う 相手が嫌がっている投手を6回で替えるとは。澤村は頭の悪い投手。ましてドMの信念無き小林を使うとは。 これでCSに残れなければ、KY由伸監督のせいです。 [続きを読む]
  • キャプテンシー
  •  阪神との第2戦は、坂本が40日ぶりの復帰で、メンバー全員が締まり、菅野が完封、岡本も24号、長野が猛打賞で、6-0で巨人が連勝。               坂本は復帰第1打席に安打。さすが坂本。キャプテンシーを感じました。 今日は今村。頑張れジャイアンツ。5割復帰目指せ。 [続きを読む]
  • 一人舞台
  •  阪神との第1試合は、メルセデスが完封と2点目のタイムリーを打ち、一人で主役をこなし、巨人が2-0で勝ちました。          前回の敗戦をベースに、真っ直ぐでカウントを整え、内閣のスライダーで空振りを取っていました。大城の配球も抜群でした。単調な小林よりmuch better。 今日は菅野。しっかりと勝ちたいですね。 [続きを読む]
  • 2試合無得点
  •  DeNAとの第3戦も無得点で巨人が負けました。相手の東が良かったのは事実としても、山口俊が悪すぎ。また小林の配球も筒香の好みにピッタリ。大城の方がマシ。Bクラスへまっしぐらの巨人になりそうです。阪神との3試合で決まりそう。 [続きを読む]
  • 内海見事
  •  DeNAとの第1戦は、内海が7回1失点と頑張り、4-1で巨人が勝ちました。 内海は不思議と筒香とロペスに打たれない。かつてのチェンジアップ依存症から脱皮して、遅くとも内角をえぐる真っ直ぐと、地面に落ちるカーブで抑えます。         打線は、阿部の一発と、岡本の2塁打で2得点ずつ。お見事。                 この調子でまず勝ち越ししましょう。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • 奇跡的大逆転
  •  中日との第3戦は、1-5で迎えた9回裏に、5者連続タイムリーで巨人が逆転サヨナラ勝ちしました。        中日先発の藤嶋の変則フォームにタイミングが合わず、7回1点に抑えられた巨人が、9回無死で阿部が死球で出塁、次の亀井は凡退しましたが、   ■山本が四球ゲット   ■陽岱鋼が2塁打   ■長野が内野安打   ■代打大城が2塁打   ■田中俊が安打       ■マギーが安打     という流れ。大城 [続きを読む]
  • 菅野復活
  •  中日との第2戦は、菅野が2安打完封、そして打線が5本のホームランで、10-0で巨人が大勝。 菅野はストレートに勢いが戻り、完璧とは言えないものの、90点の内容。7月以来の勝利で10勝目。少し涼しい日が続いたのが効いたかも。             マギー/阿部/長野/岡本/陽岱鋼のホームラン攻勢。久しぶり。               山本が守備でまさかの殊勲。よく頑張った。 この調子で今日も頑張りましょう。頑 [続きを読む]
  • メルセデスが研究された
  •  中日との第1戦は、1-6であっけなく巨人がまけました。 メルちゃんが研究されて、内角を狙われたり、左打者を苦手にして、全く通用しなくなりました。もっとカーブでストライクを取らないと、幅が出ません。 あと、急に重信が打てなくなり、3試合無安打。彼も研究されたのかも。 今日の菅野で勝てないと、Bクラスに定着してしまいます。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • またも山口俊
  •  ヤクルトとの第3戦は山口俊が4回で6自責点で自滅。今年は菅野も勝てない。山口も勝てない。田口も二軍。開幕時の三本柱が勝てない。 巨人のヒットは4安打。勝てるわけがありません。 それでも心配していた岡本が2安打。若手の活躍。それが私の唯一の楽しみです。 [続きを読む]
  • ホームランの力
  •  神宮での第2戦は、吉川光が好投、亀井/岡本/マルチネス/マギーのホームランが効いて、巨人が11-5で大勝。                 抑えの野上だけが2失点。彼は使えない感じ。制球力もボールの威力もセの一軍では不十分。 岡本が途中退場したのがちょっと心配ですが、祈るだけ。 今日も頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • サヨナラ負け
  •  神宮でのヤクルトとの第1戦は、逆転につぐ逆転で、巨人が5-6でサヨナラ負け。 先発の内海が4失点ながらも耐え、8回に巨人が連打で逆転。 マギーと陽岱鋼とマルチネスが無安打。マギーの2塁も今後あり得ます。 今日は先取点を取って勝ちましょう。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • 1年ぶり
  •  マツダでの第3戦は、8-4で巨人が勝利。1年ぶりのマツダでの勝ち。 殊勲者は二人。まずは先発の今村。7回を1失点の好投。二人目は重信。3安打。それも長打。1番の座を坂本から奪いました。             山本も守備はイマイチですが、打撃はgood。 とにかく、マツダで一つ勝てたので呪いは解けたと思います。一日休んで東京ドームで頑張りましょう。 [続きを読む]
  • 誰がMLBに行けるのか?
  •  確かに広島は勝っています。 しかし、彼らの中で、誰がMLBに行けるか? 田中は無理。菊池も守備は評価されていますが打撃が無理。丸もたぶんMLBには行けない。鈴木誠也も無理。投手も同様、つまり以下同文。黒田と前田は特別なのです。 つまり、広島野球は日本的。MLBやWBCとは異なり、独特のローカルなのです。 だからWBCで活躍する投手が苦労するのです。  [続きを読む]
  • 来季のための選別中
  •  マツダでの第1戦は、いつも通り、広島打線を抑えられず、3-9で巨人が負けました。 しかし、考えてみてください、今、坂本と吉川尚がいると考えましょう。重信と岡本は2安打なので合格。投手は、ヤングマンとマシソンがいると仮定。ついでに上原も入れる。そこにドミニカ三銃士。:経験が少ないものの素質は抜群。凄い戦力になります。吉川光はOK、野上は落選。内海と今村はギリギリ。 広島の優勝は確実ですが、CSに残れれば [続きを読む]
  • マルチネスもあわや離脱
  •  阪神との第3戦は2−3で巨人の負け。残念。 ヒヤッとしたのは、1回いきなりマルチネスが2塁打。サードへヘッドスライディングした際に左手をベースにぶつけました。吉川尚と似たケース。 その後、病院で検査したところ、骨折ではないとのことで、ホッとしました。 さて、マツダで広島です。できれば初戦を取りたいですね。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • 阿部が最高
  •  阪神との第2戦は、初回に阿部の3ランで点を取り、吉川光が6回無失点の好投で、3-1で巨人が勝利。               岡本レフト、阿部1塁、若林ショートという思い切った起用が当たりました。 7回宮國、8回澤村、9回アダメスで何とか1失点で締めました。 今日も勝って、カード勝ち越しと行きましょう。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • 悪い内海がまた出た
  •  阪神との第1戦は、内海も悪い面が出て、4-7で巨人が敗北。 内海は左投手なのに左打者に分が悪い。データで顕著。福留と糸井に四球。こりゃだめだと思っていたら、ロザリオに満塁弾。情けない。この4点がこの試合を決めました。せめて福留と糸井に打たれていれば、何とかなったのに。悪い内海に逆戻り。 また、阪神に強い岡本が入れ込み過ぎで無安打。 今日は吉川光。左打者を抑えましょう。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]
  • 今村が完封
  •  中日との第3戦は、今村が踏ん張り、2-0で巨人が勝利。このカード勝ち越し。       内海効果です。右打者の内角を攻め、外角のチェンジアップに逃げる発想が消えました。これで内海が完封、その影響が今村にも出ました。 まだまだ今村に安定感は感じませんが、左投手の新しい攻め方が出来つつあります。 一日休んで、ドームで阪神戦。頑張れジャイアンツ。 [続きを読む]