みっちゃん さん プロフィール

  •  
みっちゃんさん: 川柳・ウォーキング・ライフ
ハンドル名みっちゃん さん
ブログタイトル川柳・ウォーキング・ライフ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/m_shilar
サイト紹介文大好きな川柳とウォーキングのブログです。姉妹版ホームページとして「川柳&ウォーキング」があります。
自由文姉妹版HPは http://www.geocities.jp/m_shilar/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供371回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2008/02/05 20:47

みっちゃん さんのブログ記事

  • 宇治市歩こう会・7月例会
  • 7月15日(日)は「宇治市歩こう会」の定例会。午前8時40分に近鉄「新祝園駅」に集合の情報をウォーキング仲間から得る。ネットで見ると、この日は運動に差し障りのある気温で、熱中症で危ないという。でも自分の鍛えた体には自信があるのと、ウォーキング仲間はこのような時こそ、いざという時のために鍛え(異常気象に耐える体づくり)に来るのではないかという、変な信仰心みたいな結論を出して出かけた。案の定参加者は65 [続きを読む]
  • 京都市伏見区・地域清掃ボランティア
  • 毎月第二土曜日は地域清掃ボランティア活動がある。今年度はまだ参加していなかったので、今回が初めて。集合時間が昨年度よりも10分遅れて集まることになっていた。ということで、昨年度の活動の結果設置された看板を見てから出かけた。最もごみの多い歩道の道路側に設置されている。この看板の奥に歩道がある。その歩道のさらに奥は緑地。ということで、ごみが捨てやすいところではある。看板は2枚設置されたのだが、効き目はあ [続きを読む]
  • 宇治市さわやか歩こう会・7月例会
  •  「宇治市さわやか歩こう会」の7月例会が7月10日(火)に実施された。 集合場所はJR山科駅(地下鉄山科駅に同じ)を降りて東北東に500mほど行ったところにある四ノ宮の公園(午前9時45分)。  夏季のウォーキングとあって距離は約6km。 コースは新緑の木陰の中を風の吹き抜ける琵琶湖疎水(山科疎水)に沿って隣りの地下鉄駅・御陵駅までの半日コース。 途中「毘沙門堂」に寄り参拝。http://www.bishamon.or [続きを読む]
  • 彼岸の入口
  • 写真と著書は関係がありません 彼岸の入口 連日1日1万歩を実行して健康体で過ごしている。それでも年に数度は体調が優れないときを経験する。2010年の某月某日、この日も体の不調を訴えて掛かりつけの医師に相談した。その結果、地域医療連携登録施設である総合病院を紹介されて精密検査を受けることになった。先方が指定した日は季節はずれの肌寒い日であった。照会先の病院に着いた [続きを読む]
  • 関歩協・7月例会
  •  NPO法人大阪・関西歩け歩け協会の7月例会「らくらく例会 洛中・洛東 名刹古寺の青もみじを訪ねて(15キロ)」が、7月8日(日)に実施されるということで、午前9時45分に指定されたJR京都駅東改札口に向かった。 しかし、残念なことにコースで気象警戒警報が出ているということで中止を宣告されて、そのまま歩きで帰宅することになった。 コースが災害を受けた地区を通るのでその恐れは感じていて、参加を見合わ [続きを読む]
  • 人魂の正体
  • 写真と著書は関係がありません 人魂の正体   まだ大学生をやっていた頃の話だ。先輩の卒論の助手をして、福島県の会津地方の奥深い部落に数日間逗留して地質調査をすることになった。この部落は、平家の落ち武者の住み着いたところだと言われていた。そう言われてすれ違う村人を見ると、どこか不思議な気品が感じられた。逗留先の部落長さんの裏山には [続きを読む]
  • 川柳つくばね・7月号
  • 川柳つくばねの7月号が届きました。「雑詠つくばね集(江崎紫峰選)」に掲載されている私の8句投句中の4句は下記です。福を呼ぶはずの財布の浮気癖二の腕に振袖つけた妻の腕あの頃の妻が脳裏を駆け巡る手料理の感謝に応え妻が笑む1句目を除いては妻を詠ってみた。2句目3句目を妻に見せたら叱られそう。「研鑽道場つくばね誌上句会・第18回課題『自由』(倉永みちよ選)」は、3句投句中下記の2句が何とか通過。自由欄なぜ [続きを読む]
  • 狸の法要
  • 写真と著書は関係がありません 狸の法要 2010年の夏はこれまでの観測記録を全て上回るような猛暑日が続いた。それだけに亡くなる方も多くいた。近所でも何回となく葬儀が出された。ある葬儀に参列したときのことである。100日法要までを済ますという式の進行後、参列者に食事が振る舞われた。私も故人と親しくしていたこともあって、つい長居をしてお酒までご馳走になった。居残った [続きを読む]
  • Uji健歩会・7月例会
  •  Uji健歩会の7月例会が7月3日(火)に、上の要項通りに実施された。 コースは午前9時ちょうどに塔の島に集合して、5.5kmを歩いて再び塔の島に戻るというもの(上の地図参照)。ただ実施段階になって、ゴールは「源氏物語ミュージアム」に変えられて実施された。 当方は当日、自宅を午前7時49分に出て、近鉄―京阪と乗り継いで宇治に到着、塔の島公園に向かった。 まずは公園でウッティーにごあいさつ。  十三重 [続きを読む]
  • 歴史の小径
  • 写真と著書は関係がありません 歴史の小径 私の散歩道の1つに、町外れの喧噪を離れた江筋(人工で造り上げた河川)に沿った小径がある。ひっそりと建ち並ぶ家々の間を流れる江筋沿いには、ところどころに石板の橋が架かっていた。また、階段状の水洗い場があったりして、昔の住人と江筋とのかかわりを忍ばせる構築物が数多く残っていた。木々から洩れる陽の光を浴びてこの小径を歩くと、周 [続きを読む]
  • 川柳展望・ネット句会’18年6月の入選句
  •   川柳展望・ネット句会’18年6月の入選句が発表になりました。 今回は参加者の互選で結果は下記アドレスからご覧いただけます。 http://www.ne.jp/asahi/temb/ouz/ 小生の句は2句とも1票だけ入っただけでした。 作品は下記の通りです。 不勉強を痛感するのみでした。カーナビのちょっかい進路すぐ曲げる無理無体曲げた盆栽賞を得る [続きを読む]
  • 旅立つ美少女
  • 写真と著書は関係がありません 旅立つ美少女  ある初夏の早い時間帯でのウォーキングでのことである。そこは比較的道幅の広い通りで、道路の両サイドには木々が連続して植え込まれていた。とても気持ちよくウォーキングができる場所なので、好きなウォーキングコースの1つであった。心地よい汗ばんだ体で大きく手を振って歩いていく私に向かって、1台 [続きを読む]
  • 琵琶湖湖畔ウオーク
  •  NPO法人京都府ウオーキング協会主催のH30年7月度ファミリーコース「琵琶湖湖畔ウオーク」が7月1日(日)(距離12キロ)い実施された。 コースは上図の通り。下の図のスタート(JR大津駅公園)から上の図のゴール(JR瀬田駅)に向かっている黒の太線をたどってご覧ください。 この日はとんでもない暑さになるというので、首に水で浸したタオルを巻き、リックには氷を存分に入れた水をがっしり詰め込んで参加。  [続きを読む]
  • 猫に子育てを頼んだカツコー
  • 写真と著書は関係がありません 猫に子育てを頼んだカツコー  私が福島県浪江町のこれまでの家に永く住んできた理由の一つに、家のすぐ前の農地を無償でお借りできるという利点があった。土地の持ち主のSさんのお父さんがまだ元気であったころから懇意にしてお付合いをしていた。おかげで、お父さんが亡くなった [続きを読む]
  • 川柳マガジン・7月号
  • 川柳マガジン7月号が届きました。 今月号の私の投句結果を見てみましたが、誌上句会の「笑いのある川柳(竹内ゆみこ選)」と「前句付(月替わり句会・中山仁美選・秀作)」で2句の入選を見ただけでした。 それぞれの作品は順番に下記の通りです。回遊魚日本で釣られ箔が付き廃棄場所決まらぬままの再稼働(前句は「あなた以外は白けています」でした) 今回も好きで投句を続けている「写真でSENRYU」は採用されません [続きを読む]
  • 時を食う魚
  • 時を食う魚 わが家の居間の壁には振り子が魚の形をした4角の木製の時計がかけてあった。いつもパクパク口をあけては閉じ、閉じてはあけて時を刻んでいた。これがほとんど狂いもなく40年近く時を刻んできたのだ。とは言っても時計だから数年に一度は単3の乾電池を入れ替えてあげないといけない。それ以外は何の文句を言うこともなく、われわれ家族に正確な時を知らせてきた。 [続きを読む]
  • 原発の破綻・這っても黒豆
  •  最近これほど面白く、しかも内容の深い講演を聞いたことがなかった。 原子力発電が今や破綻していますよという内容の講演なのだが、原子力発電がなぜ行われるようになったのかを歴史を追って1時間という長きにわたって飽きさせることなく解説してくれる。 講演の題が何で「這っても黒豆」なのかはこの講演を聞くとよくわかる。 講演者はアーサー・ビナード氏。日本での生活が長く流暢な日本語で講演をしてくれている。祖父母 [続きを読む]
  • 第128回・西郷どんシリーズ・その3
  •  これは以前にアップした下記アドレスンの歴史ウォーキング(下見)の本番の報告になります。下記アドレスを参照しながらご覧ください。 重複するところは外して、新しい発見を中心にアップしていきます。 https://blogs.yahoo.co.jp/m_shilar/66465481.html https://blogs.yahoo.co.jp/m_shilar/66468519.html https://blogs.yahoo.co.jp/m_shilar/66475005.html https://blogs.yahoo.co.jp/m_shilar/66476893.html龍雲寺  [続きを読む]
  • 歩きの四字熟語
  • 写真と著書は関係がありません 歩きの四字熟語    長年ウォーキングをやっていると、歩きに関する諺や熟語などを調べたり自ら考えたりして、楽しみを増やすことになる。そんな中でこれは面白そうだなと思うものをいくつか紹介してみる。 [続きを読む]
  • 「アサヒビール・吹田工場見学」
  •  6月22日(金)は、大和ウォーキング協会主催の「アサヒビール・吹田工場見学」(見学・試飲会、距離11km)に参加した。コース等は上の通り。 JR・桜ノ宮駅午前9時45分集合の案内であったが、『試飲会で予約不要―当朝先着順200名様』となっていたので、これに外れたのでは、はるばる高い交通費をかけて出かけても意味がなくなるとばかりに、9時前には現地に着けるように出かけた。 現地に着いてみると25番の [続きを読む]
  • 室町幕府終焉の地槙島城跡と宇治茶園・その2
  •  室町幕府終焉の地槙島城跡と宇治茶園・その1のつづきです。 万福寺総門前広場からスタートしてまず最初に向かったのが、黄檗公園である。 ここで列詰・トイレ休憩をする。  史跡・隼上り瓦窯(はやあがりかわらがま)跡に到着。 スタッフの案内で上のような歴史があることが分かった。 http://www.uji-taikyou.jp/umarathon30/map-rekishi-hayaagari.html  窯跡の頂上付近に上ると、これから目指す槙島城跡方向がよく見 [続きを読む]