かつこ さん プロフィール

  •  
かつこさん: おもだか
ハンドル名かつこ さん
ブログタイトルおもだか
ブログURLhttp://mizuno-8.at.webry.info/
サイト紹介文エッセイと歌謡曲
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 157日(平均0.4回/週) - 参加 2008/02/05 22:55

かつこ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自主独立
  • 自主独立の信念をもつために身にしみる死ぬつもりで頑張れるか?自身への関わりで不退転の気持ちで頑張ることで自主独立の信念が持てる。のらりくらりの投手では覇気がないのでナインの一声で初心にかえることで、死ぬ気になって投げたら、完投できるようになりうるし、こういう事が反映したといえる。挫折を体験することで、身に染みた事が出来る。くじけるなく、底力が湧いてくるように頑張れば完投も夢ではなくなる。もっと [続きを読む]
  • 勇気ある話
  • 出来る範囲での勇気心との葛藤下の蛇の頭をくわえている上の蛇下の燕の子供を狙っている雀の勇気、二匹の蛇の弱点は上の蛇を狙うとやっつけることができる相手の弱点を探すと勇気が生きてくる強打者を撃ち取る投手相手の弱点を見つけそこにコントロールして投げれば楽に投げれる怖さに打ち勝つ勇気を持つことに繋がる心との葛藤を巧くコントロールせずにただなんとなく相手に向かっていっても巧くいかない下手したら、デッドボール [続きを読む]
  • 我母校回顧
  • 「わが母校懐古」について久保は横浜を解雇され、未だに何処へも行けず🎵自らの希望でアメリカ行きだった。2018年5月18日アメリカ北米、独立リーグレイルキャッツと契約成立5月18日公式戦から出場、合流する過去、現巨人三沢コーチや元阪神ハムの坪井等も所属していたらしい。 [続きを読む]
  • 昔話、自分の思い
  • 後悔の話、自分の思いについて後悔の悔と海[リッシンべんは心で、サンズイべんは水を表す。]海は果てしなく深いが、漂うだけでは心は暗くなるばかりである。そのような暗い状況の中で価値のあることは、明るさを見出だす術を持っていることである。悔やんでいることは、[おろかなこと]をしたということである。凝るとは何かに打ち込み、固まること。疑いの疑に病気を表すヤマイダレをつけると、おろかとは何かに打ち込み、固まり、 [続きを読む]
  • 円仁旅日記についての思い
  • 1、遣唐使としての役割について日本と仲のよかった百済が統一していれば、陸続きで行けたが、当時は唐の時代であり、新羅は唐に対し朝貢を強要している緊迫状況だったので、船で行かざるを得なかった。遣唐使、船の設計図は残っていない、船製作することがあったが、あくまでも想像だった。遣唐使、平安時代、中国の唐に派遣された使節。その遣唐使船に乗って唐に渡った円仁(えんにん)という僧の目を通して、当時の、困難に満ち [続きを読む]
  • 昔話と道徳!自分の思い
  • 1、猪と月の話、例え秀でた芸を持っていても、それを他のものに強要してはならない。ましてや、芸のないものを罵ることもよくない。なんの取り柄がなくても正直誠実な気持ちを相撲を取ることで表現しようとした猪の兄弟!何事も一生懸命に取り組む姿勢が大切かを謳った話であろう。 [続きを読む]
  • 課題1
  • 自分の体験を振り返って前向きに生きることについての考え方を述べる。自分の体験を思いだし、前向きに生きる見方が深まり、これからの事に思いを発展させて行こうとする気持ちを表現。与えられている道、ゆたっりしているとき広い道、様々な道あるが、人には決められた道、先の見えない道でも,虚ろになったときでも、今ここにいるのは過去があるから、過去を知ることによってそこから明日に生きる、先が見えるようである。そのよ [続きを読む]
  • 過去の記事 …