岩淵龍王丸 さん プロフィール

  •  
岩淵龍王丸さん: 棚からぼた餅
ハンドル名岩淵龍王丸 さん
ブログタイトル棚からぼた餅
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/462981/
サイト紹介文山郷の農家をアトリエとし、 季節の移り変わりを、愛犬とたわむれる。
自由文愛犬さくらは、人に絶対服従ですが、獣に対しては闘争本能丸出し。
雑種犬なれど、猟犬としてすぐれ、専門家からも、おほめにあっている。
フリーな生活は、日々問題を起こしてくれる。
そんなことごとを、日記風に書いています。

「棚からぼた餅」は、伝統行事をネタにした、創作絵本ですが、そおあってほしいと言う、私の願望でもあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供41回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2008/02/09 18:28

岩淵龍王丸 さんのブログ記事

  • 秋祭り
  • 昨日の30度を超える夏日と打って変わり、高曇りでアルプス方面から流れる空気は涼しさを感じます。花の谷に広がっていた黄金色もすっかり刈り取られ、あちこちからのろしのように煙が上がっています。ポンポンと打ち上げ花火がまばらに聞こえてきます。この連休... [続きを読む]
  • 3-靖国神社を考える
  •  話を当初のプライムニースに戻ると、番組では遺族会会長を務めた政治家が戦犯を合祀されることに遺族会全体が強く反対をしてきたが、突然合祀の決定が報道されたらしい。まったく寝耳に水の思いであったと・・。その時の松平宮司の隠密裏ともいえる独断決済だっ... [続きを読む]
  • 靖国神社を考える-2
  •  靖国神社の問題にたいし感情論になってしまうのは、私ばかりではないことに、この問題の難しさがありそうだ。一つの要因と思うのは神道には、大宗教のような教典又は神学等がない。つまり教えに対して成否の判断ができないか、あいまいになってしまう。 神社の... [続きを読む]
  • 靖国神社を考える-1
  •  靖国神社を考える-1 先日のプライムニュースで「靖国神社を考える」というような番組がありました。出演者の名前は出てきませんが、遺族会会長の政治家と歴史家そしてジャーナリストでした。 正直 靖国神社と聞いただけでなにか最右翼の本部、又は日本をま... [続きを読む]
  • かんぴょう
  • 雨の気配がある夕方の散歩でお婆ちゃんが「兄さん、干瓢もっていきましょ」とでっかいやつをつきだす。「食べ方を知らないし、いいですよ」とご辞退したが、どうしてもと言うことになってしまった。正直 それを持って帰路に着くには重過ぎる。足元に小さいやつが... [続きを読む]
  • 人類の愚行を観る私
  • 人類が絶対に忘れてはならない日です。冒頭の作品は80年代に描いた「人類の愚行を観る私」F30です。60-70年代にかけるベトナム戦争が終焉しても紛争は収まらず、中東地域へと広まっていった。安保闘争からベトナム戦争反対とじっとしていられなかった時代、絵... [続きを読む]
  • 8月6日 白日夢
  • 18-8-6 広島原爆投下--平和記念今日は広島原爆記念日。1945年と同じ月曜日だとニースでしりました。同じような猛暑のなか、戦時下であえぐ人々を一瞬に地獄の業火に包んでしまった。いまさら私がつたない言葉を綴っても虚しく、平和記念での阿部首相の挨拶と同じ... [続きを読む]
  • 早朝の田園
  • 熱いです。くそ暑いです。先ほど宅急便のおっちゃんが「松本のさわやかな夏は何処へ行ったダイ!!!。」と汗を噴出し品物をとどけてくれた。さわやか信州の夏は刺すような陽射しで、元気なのは油蝉のみ、一層暑く感じる。それでも楽な方なのでしょうが、日中は犬... [続きを読む]
  • 稲作
  • 台風12号の影響なのでしょうか、今朝の散歩は霧雨が流れ、まるで緑色の空気の中を歩んでいるようなまことに心地よいものでした。連日の強い日差しも無く、小雨が降ったりと楽な一日でした。アルプスが隠れています 下記のものは昨日書いたものです。朝一の散... [続きを読む]
  • 稲作
  • 台風12号の影響なのでしょうか、今朝の散歩は霧雨が流れ、まるで緑色の空気の中を歩んでいるようなまことに心地よいものでした。連日の強い日差しも無く、小雨が降ったりと楽な一日でした。アルプスが隠れています 下記のものは昨日書いたものです。朝一の散... [続きを読む]
  • マンディー
  • 連日の猛暑で身の置き所に困っている事でしょう。おかげで我が花の谷は、娑婆の酷暑よりははるかにしのぎやすいのですが、やはり例年と異なりクーラーが欲しいときがあります。例年は寝苦しい熱帯夜はあっても数夜くらいですが、今年はすでに訪れています。 先日... [続きを読む]
  • 壁画制作をする私-2
  • 夏になると時には4時ころから眼パチクリになり、濃いコーヒーを飲みアトリエを覗く。そのまま制作に入ることもあれば、また寝することも。午前中はほとんどアトリエにうろうろしている。同行するのは犬のハナで、この子はアトリエがいたく好きなようで「アトリエ... [続きを読む]
  • 壁画制作をする私
  • 主に西日本方面を襲った大水害はまだ全容が把握できないようですね。私の所を心配して電話をくれた神戸の方がいましたが、その近くの川があふれ出たようです。いやーーこのたびの大雨にはまったくの予想外と私はすみましたが、政府はそうわいかないはず。点数稼ぎ... [続きを読む]
  • 湧き上がる制作欲
  •  記録的な早い梅雨明け宣言でしたが、2−3日前から梅雨の真っ只中に戻ってしまいました。急な裏山を背にした我が家を心配して、お電話をいただきましたが正直「それほどなの??」と。テレビでは長野県に大雨注意報が報じられていましたが、周辺は心配なさそうで... [続きを読む]
  • ありがとうございます
  • ありがとう。心からありがとうと申し上げます。というのは、長らくブログ投稿をしていなかったために、御愛読いただいていた方々からメールやお電話をいただきました。元気でした。まったく問題なく晩酌を楽しんでいました。投稿をお休みしたのはネタが乏しくなっ... [続きを読む]
  • 鍔のはなし ねずみチョロチョロ
  • 久しぶりの投稿になります。その間、初夏のような馬鹿陽気に我が家の桜も例年より2週間近い開花でした。5分咲きのころから寒気が降りてきたのか飛行機雲ができる日が続いています。冷たい風にこれが例年の天気だとは思いますが、馬鹿暖かかっただけに冬用の上着を... [続きを読む]
  • 鍔雑記・・図柄のこと
  • 十二支や縁起のよい動植物や物事をデザイン化したものも少なくありません。ウオッチの範囲ですが龍・虎はダントツで、次にはネズミ・牛・ウサギなどですが見つかっていないのは羊です。なんとなく絵柄にしにくいか、ヤギか羊か判らないのかもしれない。私の名前... [続きを読む]
  • 2-鍔雑記
  • 画人としての感覚で鍔を形や図柄から5種に大別してみましたが、これはあくまでも私の見識の範囲であることを申しておきます。蔵書のなかに「平安紋鑑」という復古本があります。京都の紋章工芸協会が正確さが失われてゆく紋章を、昭和11年に編纂し今日まで再販さ... [続きを読む]
  • 2−鍔は面白い
  • 昨日と一変し朝か重い空で、いまにも降ってきそうです。まだまだ冬の気温です。 鍔の画像を見だしてからまず感じたデザインは、アバウトにいえば5種に大別できそうだ。1 いかにも鍔という感じで、こじんまりとしっかりしたデザインはどことなく「家紋」に似て... [続きを読む]
  • 鍔って面白い
  • 鍔の事などまったく関心がなかったのだが、「文鎮にでもしてください」といただいたのがきっかけでオークションを検索しだした。そのいきさつは先に投稿しました。冬の寒さもあり制作もままならず暇つぶしに研究をするうちに、モーー夢中になってしまった。実戦... [続きを読む]
  • 3-鍔の修正  乞食の喧嘩から
  • つい 乞食の喧嘩 と言ってしまいましたが、金にもならないアホラシキ行為とでもいう意味でしょうか。ちなみに検索をして見ましたらそれなりに馬鹿馬鹿しいことの羅列でした。 お湯に浸ながら気が向けば表面のヌルヌルを落とすことであったが、次第に遊離感は... [続きを読む]
  • 2-鍔の修正
  • 前回の鍋のそこにあるのがこの鍔です。修正という言葉が正しいのか判りませんが、修復でないことは確かなので修正としました。黒く汚らしいナニカがだいぶ取れた状態ですが、最初の姿を記録をしていなかったのは残念です。はじめてから一週間目くらいで、銅地銀... [続きを読む]
  • 鍔の修正 奮闘記
  •  奮闘記などと大仰で、写真となると汚らしい鍋からです。知人が鍔のまとめ買をしたのだがどう見てもひどい状態のものがあり、何とかならないかと持ってきた。私は鍔には素人であり、ましてや修正などできないとお断りしたが、だめもとだから研究のつもりでためし... [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • お久しぶりです。寒さで凍えていた訳ではありませんでしたが、やっぱりお家で冬眠しています。制作意欲も湧き上がらず、変わりに日本刀の鍔の研究を兼ねてオークションを検索。見れば見るほど良くマーーこんなデザインを思いついたものだと感心させられてしまう。... [続きを読む]
  • 日本刀の鍔-3
  • 今朝は霜が降りましたが、さほど寒気は感ぜず、散歩コースにお日様が照らしてくれる9時半ころにトボトボと。ハナが神経質に吠える。見知らぬ老夫婦に出会い、ご挨拶をすれば町のほうから車できたとか。街中の散歩では楽しくないので、暖かな日は遠出をしているの... [続きを読む]