ガバチャ さん プロフィール

  •  
ガバチャさん: 鮎釣り師ガバチャのひとり言
ハンドル名ガバチャ さん
ブログタイトル鮎釣り師ガバチャのひとり言
ブログURLhttp://gabacha123.blog.jp/
サイト紹介文人生は出会いだな。そのすばらしき瞬間をここにしるしておきましょう。皆さんに感謝、鮎釣りに感謝。
自由文高知県出身で、和歌山と神戸を行ったり来たりの生活。
鮎釣りのホームグランドは和歌山の有田川と日高川です。よろしく(^^ゞ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2008/02/11 09:30

ガバチャ さんのブログ記事

  • KODACHI その後・・・  とか
  • 厳しい暑さが連日続いていますが皆さんいかがお過ごしでしょうか('ω')ノガバチャはウナギも食わず冷ヤッコでこの猛暑を乗り切ろうと頑張っています。昨日も、いつもの居酒屋でグビッとガソリン補給。さてシマノの小太刀ブログを見たとのことで何人かから問い合わせがありました。が申し訳なくも売り手の価格設定が高くて合いませんでした。まぁ売り手の気持ちも買い手の気持ちもよくわかりますが。ガバチャの方からは、売り手の方 [続きを読む]
  • シマノリミテッドKODACHI売りたし!
  • ガバチャではありませんが・・・シマノのレインボー竿 小太刀を知り合いの方が売りたいそうです。80〜85のズームで、軽くH2.75なので強い竿かと思います。替え穂先と先っちょから二番目が替えパーツとして付いています。ハードカバーは付きません。去年や一昨年の年式のものではありませんが地面にも置かず使用回数が片手ぐらいで超美品と言うのはガバチャも確認済みです。価格は相談したいとのこと。ご興味のある方はガ [続きを読む]
  • 暑すぎて気絶しそうデス
  • 暑すぎて気絶しそうデス〜((+_+))加齢とともによけい身にこたえるようになったと自覚します。ここ数年、夏場に鮎を釣っている最中に頭痛を何度か覚えまして水分補給をまめに行うようにいたしました。写真はお茶ですが医者に聞くと本当はお茶よりも水だそうです。水は体内に残るがそれ以外のお茶だとかの飲み物は離尿作用でオシッコになって体外に出てしまうからだそうです。コンビニでこんなん売ってました。飲んでみたらほんのり [続きを読む]
  • 貴志川で 22センチ ドカンピュー!
  • 貴志川に行ってみました。サービスエリアで桃とスモモを購入。 貴志川の有名おとり店「ダイモン」でおとりを買って情報収集。 背中に「適当」とプリントされたTシャツを着て 貴志川のスター「天然」さまと釣り場談義 ( *´艸`)ダルマ湯のあたりが良いだろうということになり車を飛ばす。下手には二人釣り人がいたのでガタガタの瀬の上手に。結局、竿を出したのは11時。瀬はまだ白い。ヘチのヨレにポンと入れたらドカンピュ [続きを読む]
  • 高見川 暑さで脳みそがグツグツ沸騰(゚∀゚)
  • 奈良の高見川に行ってきました。釣り人だらけで入るところがありません。二川食堂のおじさんにもらった柿の葉寿司をパクつきながらうろうろうろうろして結局、釣り始めたのが11時。5時まで粘ってたったの10匹でーす(T_T)/今日の暑さは尋常ではなくヒキブネの中で鮎がカブキペイントみたいに曼荼羅に変色していました。型は最長21センチ。最小11センチ。暑すぎて場所かえをする気も起きずずっとこの場所。水浴びの子供たち [続きを読む]
  • 和歌山県の玉川に「男らしく」デビュー
  • 玉川に初めて行きました。10時頃から5時までやって23匹でした。21センチ筆頭です。とにかく暑い一日でした。ドカンピュ〜されてヘロヘロです。水はちょっと高かったように思いますが・・・。どんなもんでしょう。初めてなので一番最初に見たおとり屋に行きました。今度来たらお昼はここで食べたらいいかもしれませんね。ガバチャの釣った場所は終日ここでした。暑すぎて場所移動する気も起りません。上の道からおじさんが声 [続きを読む]
  • 地虫の音(ね)
  •  眠っていた記憶とは、ふと思い起こされるものだ。  有田川の白石の瀬でキャンプをしていたとき、ガチャガチャガチャと突然大きな機械音のような音が聞こえてきた。 相棒のフルッチもいぶかしげに振り返る。 二人してしばし首をかしげた。 どうやら地虫の鳴き声のようだ。 しかし、何度聴いても虫の音と確定しがたいほど大きく騒々しい。 この暗闇の薄明かりのランプのもとで、私はこのような音をずいぶん以前にも聞いた覚 [続きを読む]
  • そういえばこんなこともあったな‥‥‥
  • 先代の久太郎おじいさんが痔の病にかかりお医者さんに行ったら座薬というものを出された。数日たっても症状が改善しない久太郎おじいさんは再びムーミンに似たお医者さんのところに行ってこう訴えたらしい。「先生、あの薬飲みにくいんですけど」話題を変えよう。今日の有田川ダム上はさらに水が引いて空はまるで一滴の雨粒も残っていないかのような快晴とのことです。ただ、鮎が楽しめるほど釣れるかどうかは不明です。残りゴケは [続きを読む]
  • シマノのウェーダー修理完了!
  •  今日は人間ドックでした。 一番嫌いな胃のバリウム検査。 検査台に載せられて、目が回るほどぐるぐる回されて。 最後に、グローブみたいなので胃を押されたとき ゲッ ってゲップをしてしまいました( ゚Д゚) 胃の検査中にゲップはしてはいけませんと何度もしつこく言われてます。 なのに ゲッ ってしてしまいました。 検査が終わってエスコートの男性看護士が近づいてきた時 小さな声で「ゲップしました」  と言うと [続きを読む]
  • あえて鮎釣りの話をさせてください
  • テレビやネットで見る被害状況には驚き鎮痛するばかりです。中でもガバチャ的に驚いたのは毎年、鮎釣りで高知に行くときに通っている高速道路。高知の大豊インターの手前。今回の大雨で、上り車線が土砂崩れでなくなっていました。恐ろしいことです。通行止めにしていたさなかに起こった土砂崩れと言うことですが、そうでないときなら、大惨事になっていました。このような場所は全国どこにでもあると考えておいた方がいいでしょう [続きを読む]
  • 雨がコワイ( ゚Д゚)
  • 木金と広島に出張していました。行きの木曜日にはこんなことになるとは思ってもいなかったのですが本当にスゴイ被害状況です。罹災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。思うことはいくつかあります。 ①最近の雨は極端に降りすぎること。 ②堤防や橋などのインフラも老朽化しており以前とは耐力が違っていること。 ③いつか、地震などとの複合天災が起こってしまうのではないか。などなど。でガバチャは金曜日の晩は、 [続きを読む]
  • 増水期の危険な鮎釣り 高知の仁淀川( ゚Д゚)
  • 増水期になると思い出す。一昨年、高知の仁淀川で見たデンジャラス・シーンだ。恐ろしく増水した川のほとりで、何やら釣り人らしき人影が何人か見える。目を疑いながら近くの道の上から眺めてみるとなにっ!( ゚Д゚)鮎を釣っている。コロガシで鮎をひっかけているのだ。見てるだけでオシッコちびりそうでした。お国は違うけど・・・別の意味で こいつも  デンジャラス   やけどねー( ゚Д゚) Monday gonna hit like...??? [続きを読む]
  • 鮎釣りで木陰に愛車は要注意!
  • ここ数年、釣行記録をつけていませんでしたが今年またひょっこりつけることにしました。毎年1000匹以上を目途にしていましたがここ数年は病気やら歳やらで達成できずちょっと嫌気もさしていました。がひょっとしたらこだわりも出て発奮するかもしれないと自らにムチを入れるつもりで表を作ってみました。アベレージは20匹足らずで昔から変わりません。なぜそんなに低いのか理由はどんな増水でも出かけて行って普通の人なら竿 [続きを読む]
  • うらやましい釣行
  • 昨日、柴崎おとり店に行くと単車で釣行されている方がいました。ガバチャも20年前は、原付や125のスクーターで釣りに来ていたので興味津々です。なんせバイクなら釣り場の駐車スペースに困らんわな。雨と雷はかなわんけど。これはスズキの250らしいのですが非常に大きく感じます。燃費は30キロぐらいとのこと。竿がピンと立ってます(*´ω`*)竿はこんな感じで既製品のパーツが売っているとのことです。たも網はシート下 [続きを読む]
  • 有田川ダム上 ちょっと上向いてきたかな(*´ω`*)
  • イダニの吊り橋の下で23匹でした(*´ω`*)久しぶりに20超えたんでうれしいわー。はは10時に竿出して、瀬を流していたらコツンカリカリやや掛かったのかと竿をあげるとオトリの鼻先が水面を切るでもちょっと違うみたいな・・・と上げてみたらはぃぃいい?次に、ヘチのヨドミを泳がせしていたらギラリキラキラーキラキラー☆これもなんか違うよーなと上げてみたらはぃぃいい?吊り橋のカミの流れのある所にオトリを沈めたらブ [続きを読む]
  • 有田川ダム上 ひょえ〜厳し〜
  • こんなもんでしょうか。11時から昼飯はさんで三か所場所変わって17時までで10匹ですタ(゚∀゚)押手橋 1匹アオジ橋 1匹清水オオブチ橋 8匹です。まだ、ちょっと白川状態。明日からずっと天気が良いらしいので楽しめるかも。はっきり言って鮎の数は少ないですが釣り人の数も少ないので当たれば楽しめます。当たればと言うのは、当たらなかったら全く掛かりません。よほど鮎がたまっている場所でなければ釣り返しもききませ [続きを読む]
  • 「鮎釣り教室」だとか・・はどうだったんだろう?
  • 昨日、ヤツから京都の「鮎釣り教室」とかに行ってくるとメールがあった。上桂川でシマノの小倉名人らが教えてくれるらしい。昨日は近くの山奥の宿に前泊したらしくWi-Fiが全くつながらないと嘆いていた。まぁ、ネット断食にはちょうどいいんじゃないか。ガバチャは親知らずの抜歯を控え、しばらく酒は飲めないだろうと久しぶりにいきつけのバーに行った。いつものジャックダニエル。そしてマスターと二人で時事放談。でも、今の話 [続きを読む]
  • 有田川の撃沈王と呼んでくれ!
  •  そう つまり・・・ 「おいらは釣れなかった」 と言うことです。 昨日、もうそろそろ粟生がイケるのではないかと思ったのですが 到着したら川がエーゲ海みたいな色で オトリ鮎が濁り水で五里霧中。 野鮎と全然ヒットしません。 やっと掛かったと思ったら ピンピロサイズ でも、しっかり背掛かりで追ってるのが憎らしい。3匹釣って四村川にワープ。四村川は澄んではいるがまっしろ白川。 1匹掛かったが後が続かず。  [続きを読む]
  • 一匹でも多く鮎を獲るために 淵の根掛りハズシを自作する
  •  ガバチャは自作してません。 柴崎さんの自作です。 深い淵の底にオトリ鮎が根掛したら、竿を何べんもひったくって 最後にはあきらめて切らざるを得ません。 下手したらひったくりすぎて愛竿をポッキリ折ってしまう悲惨なオチもあります。 写真のこれ ポケットに忍ばせておいて損はないでしょう。 深い淵に根掛したら、回収はまず100パーセント不可能なのですから。 これで回収率50パーセントもあったら儲けもんです [続きを読む]
  • 有田川どうよ?
  •  今日はまだ全川水が高く色も濃かったです。 昼前に柴崎おとり店に寄ってしばし歓談。 竿を出したのが1時頃。 湯川の堰堤の下。 白川で水量も多くボウズ。 30分で撤収〜(T_T)/~~~ 一路下流へ。 迂回線を期待したが、とても竿の出せる状況ではなくダム下に走る。 粟生に到着、も色が濃い。 四村川しか選択肢がないとみて入川場所を探す。 と、そこに 白馬に乗った月光仮面が現れた。 有田川の川漁師 前田一郎さん [続きを読む]
  • KUUにまつわるちょっとコワい話
  • いつだったか数人で揖保川に行ったときの話しだ。釣りはじめてまもなく女鮎釣り師KUUの後ろを通った。「どうや、もう釣れたかい?」と声をかけると首を横に振った後振り向きざま口をとんがらせて「さっきガバチャに入れてもらったオトリもう死んでるで」と意外すぎる言葉を口にした。そんなはずは無い。入れたのはついさっき10分も経っていないし。私はいぶかしくKUUのヒキブネに寄って蓋を開けたみた。ゲッ!確かに死んで [続きを読む]
  • 有田川のウナギ釣りの名人
  • この前、有田川の白石の瀬でアユ釣りをしていると水中眼鏡姿のご老人があちこち水中を除きながら近づいてきた。何をされているのかと尋ねたらウナギ釣りとのことである。見ると、細い竹の先に針がついておりその針には鮎を輪切りにしたものがエサとしてつけられていた。これを大きな石の底のウナギが潜んでいると思われるところに突っ込んでウナギ釣りをしているのだ。私はその老人のウナギ釣りを気にしながらアユの友釣りを続けた [続きを読む]
  • 数えられないほど釣った(6/17)
  • そう頭に血が上って数えるのも嫌になりましてーん( ゚Д゚)有田川ダム上7匹です。時間は11時から17時まで。湯川で3匹釣って、ダメだこりゃと本流の小峠に移動。小峠で1匹釣って、ダメだこりゃでまた湯川に。ただし、いったんは井谷まで上っていたので湯川に着いたのが3時過ぎ。この時点で4匹なので、湯川で二時間もオトリ鮎を泳がせて3匹ということになります(T_T)冷水で死んだ鮎を拾った方がもっと数は上がったのが事実。 [続きを読む]
  • 若きトーナメンターの快挙にビックリ!
  • ガバチャが孫の子守がやっとひと段落した今日海猿君のまたまた快挙なニュースが飛び込んできました( ゚Д゚)シマノジャパンカップの日野川大会 優勝です。ついこの前はダイワマスターズの日野川大会の優勝でした。今度はシマノ。ダ、ダイワもシマノも両方とってしまうなんて・・・。しかも両方とも二位に大差をつけての優勝。今 日本で一番ノッテル男と称してよいでしょう。この勢いで、ブロック大会もがんばれよ〜(*^▽^*) [続きを読む]
  • ドタバタしています
  • 孫が帰国し、目まぐるしい毎日を過ごしている。おかげで体重が減った。孫に気を取られる合間にも、しこしこブログ村とかで鮎釣り状況を確認する。が、私のテリトリーである近畿中国四国では、どこもパッとした河川はなさそうだ。今日解禁の上桂川がどんな感じか気にはなる。なるが、釣れるとかいう情報が出たとたんに釣り人がわんさか押し寄せてしまうのもよくある話だ。SNSの発達と高速道路網の整備が、目先の効く鮎釣り師を増 [続きを読む]