ニコラスV さん プロフィール

  •  
ニコラスVさん: JRA債権回収計画
ハンドル名ニコラスV さん
ブログタイトルJRA債権回収計画
ブログURLhttps://ameblo.jp/jra-saiken/
サイト紹介文中央競馬予想サイト。過去データから重賞レースを予想します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2008/02/13 13:03

ニコラスV さんのブログ記事

  • エタリオウを中心に、菊花賞
  • 牡馬クラシックの最後の一冠、菊花賞。今年は、ダービー馬のワグネリアンは不在ですが、皐月賞馬でダービー惜敗のエポカドーロを筆頭にダービー上位組が揃ってここに駒を進めてきました。夏の上がり馬も虎視眈々で、大熱戦が期待されます。 このレース、過去5年の1着〜3着は、1-5-3、3-4-7、5-2-1、1-9-6、1-10-13番人気の馬で決着しました。この5年の勝ち馬は5番人気までの馬、連対馬10頭のうち8頭までが5番人気以内の馬です。上 [続きを読む]
  • エアスピネルに期待、富士ステークス
  • マイルチャンピオンシップのトライアルレース、東京芝1600mの富士ステークス。1着馬にはマイルチャンピオンシップの優先出走権が与えられます。今年は、昨年のこのレースからマイルチャンピオンシップに向かい、ハナ差の大接戦を演じたペルシアンナイトとエアスピネルが今年もここに出走してきました。昨年はエアスピネルがここを勝っていますが(ペルシアンナイトは5着)、今年はどうでしょう。 このレース、過去5年の1着〜3着は、1 [続きを読む]
  • やはりアーモンドアイが中心、秋華賞
  • 牝馬クラシックの最後の一冠、秋華賞。今年は、桜花賞、オークスを制覇したアーモンドアイが三冠を目指してここに出走してきました。桜花賞、オークスとも完勝で死角はなさそうに見えます。久々に牝馬三冠馬が誕生するか、注目はその一点です。 このレース、過去5年の1着〜3着は、3-2-15、3-1-4、1-5-8、3-4-8、3-4-5番人気の馬で決着しています。ここ5年は1番人気馬か3番人気馬が優勝しています。連対馬10頭は5番人気以内の馬。ま [続きを読む]
  • サトノダイヤモンドが中心、京都大賞典
  • 毎日王冠と並ぶ秋のGIシリーズの前哨戦、京都芝2400mの京都大賞典。今年は、サトノダイヤモンドとシュヴァルグランの2頭のGIホースが登場、秋初戦から直接対決になりました。秋のGIシリーズに向けて大注目の一戦です。 このレース、過去5年の1着〜3着は11-7-2、3-6-1、1-2-5、1-6-2、4-6-1番人気の馬で決着しています。大波乱となった2013年を除くこの4年の3着以上馬12頭はいずれも6番人気以内の馬。また、毎年、1番人気2番人気の [続きを読む]
  • サトノアーサーを中心に、毎日王冠
  • 秋のGIシリーズに向けた前哨戦、東京芝1800mの毎日王冠。今年は、キセキ、ケイアイノーテック、アエロリットの3頭のGIホースが参戦、GIレースで好走実績のあるステファノス、ステルヴィオ、サウンズオブアースなども虎視眈々です。秋のGI戦に向けて見逃せない一戦です。 このレース、過去5年の1着〜3着は、4-6-5、8-11-5、1-4-7、1-3-11、3-5-4番人気の馬で決着しています。GII戦ながら波乱の決着が多いレースです。昨年は3番人気 [続きを読む]
  • やはりグランアレグリアが中心、サウジアラビアロイヤルカップ
  • 東京芝1600m で行われる2歳馬限定の重賞、サウジアラビアロイヤルカップ。従来からこの時期に実施されていたオープン特別のいちょうステークスが2014年から重賞に格上げされ、2015年からはウジアラビアロイヤルカップと名称変更して今年4回目になります。今年は8頭という少頭数のレースになりました。 芝1800mで行われた2013年も含めて、ここ5年の1着〜3着は、3-5-2、4-2-3、4-1-2、3-2-1、2-1-6番人気の馬で決着しています。連対 [続きを読む]
  • グレイトパールが中心、シリウスステークス
  • JBCクラシックに向けたステップレースの1つ、阪神ダート2000mで行われるハンデキャップ重賞のシリウスステークス。今年は、トップハンデ57.5キロから最軽量53キロまで4.5キロ差の中に16頭というメンバー構成になりました。熱戦になりそうです。 このレース、過去5年の1着〜3着は、5-3-6、1-3-7、3-1-2、1-2-4、11-5-3番人気の馬で決着しています。連対馬10頭のうち9頭、また3着以上馬15頭中12頭までが5番人気以内の馬で、上位人気 [続きを読む]
  • エポカドーロが中心、神戸新聞杯
  • 菊花賞トライアル、阪神芝2400mで行われる神戸新聞杯。上位3着までの馬に菊花賞の優先出走権が与えられます。昨年の勝ち馬レイデオロはここからジャパンカップに向かいそこで2着、昨年2着のキセキが菊花賞に進んで制覇しました。今年は、ダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬でダービー2着のエポカドーロがここで対決します。大注目の一戦です。 このレース、過去5年の1着〜3着は、1-7-2、1-8-9、3-1-7、1-6-4、1-2-3番人気の馬で決着 [続きを読む]
  • ダンビュライトを中心に、オールカマー
  • 秋のGI戦を展望する馬たちが激突する名物重賞、中山芝2200mで行われるオールカマー。今年も、アルアイン、レイデオロ、ゴールドアクターのGIホース3頭がここから秋のGIシリーズを目指します。見逃せない一戦です。 このレース、新潟競馬場で開催された2014年も含めて、過去5年の1着〜3着は、9-2-1、2-7-12、3-1-7、1-3-6、5-1-3番人気の馬で決着しています。連対馬10頭のうち8頭までが5番人気以内の馬、3着以上馬15頭のうち13頭ま [続きを読む]
  • ジェネラーレウーノを中心に、セントライト記念
  • 菊花賞トライアル、中山芝2200mで行われるセントライト記念。3着までに菊花賞への優先出走権が与えられます。今年は皐月賞3着のジェネラーレウーノ、ダービー3着のコズミックフォースなど15頭が出走します。本番の菊花賞に向けて見逃せない一戦です。 このレース、新潟競馬場で行われた2014年も含めて、過去5年の1着〜3着は、3-5-6、1-2-10、6-9-10、1-2-3、2-1-3番人気の馬で決着しています。連対馬10頭のうち9頭まで、3着以上馬1 [続きを読む]
  • サラキアに期待、ローズステークス
  • 秋華賞トライアル、阪神芝1800mで行われるローズステークス。3着までに秋華賞への優先出走権が与えられます。昨年は、ここで3番人気3着のリスグラシュー、同じく2番人気7着のモズカッチャンが本番の秋華賞で2着、3着でした。今年は、桜花賞、オークスの上位馬の出走はないものの秋華賞を目指して15頭が出走してきました。うち実に10頭までがディープインパクト産駒。どの馬にもチャンスがありそうな一戦です。 このレース、過去5年 [続きを読む]
  • レッドベルローズを中心に、紫苑ステークス
  • 秋競馬の幕開けは秋華賞トライアル、中山芝2000mの紫苑ステークス。2016年から重賞に格上げされ、重賞としては今年3回目です。上位3頭までに秋華賞の優先出走権が与えられます。一昨年の2着馬ヴィブロスに続いて昨年の勝ち馬ディアドラも秋華賞を制覇。今年も大注目のトライアルレースです。 このレース、新潟コースで実施された2014年も含めて、過去5年の1着〜3着は、6-2-7、5-1-4、8-5-6、1-3-5、1-6-4番人気の馬で決着していま [続きを読む]
  • ルチアーナミノルに期待、小倉2歳ステークス
  • 小倉の2歳王者決定戦、芝1200mで行われる小倉2歳ステークス。今年もスピード自慢の14頭が参戦してきました。2勝馬は今回と同じ舞台のフェニックス賞を快勝したシングルアップ1頭のみ。9頭までが新馬・未勝利勝ちから臨むというメンバー構成です。激戦が予想されます。 このレース、過去5年の1着〜3着は、2-1-3、15-1-2、1-7-6、1-10-4、3-5-7番人気の馬で決着しています。上位人気馬は期待に応える傾向が強く、伏兵馬が勝った2014 [続きを読む]
  • ストーンウェアを中心に、新潟記念
  • サマー2000シリーズの最終戦、伝統のハンデキャップ重賞、新潟記念。今年は、トップハンデ57.5キロのセダブリランテスから50キロのベアインマインドまでハンデ差7.5キロの中に13頭。例年より少ない頭数の一戦になりました。波乱の多いレースですが、今年はどうでしょう。 このレース、過去5年の1着〜3着は、10-8-7、1-5-3、6-9-13、2-1-9、6-1-12番人気の馬で決着しています。一昨年こそ人気上位2頭のワンツーフィニッシュでしたが [続きを読む]
  • ウィクトーリアに期待、札幌2歳ステークス
  • 来春のクラシックを目指す2歳馬の重賞、札幌芝1800mで行われる札幌2歳ステークス。今年も地方所属馬1頭を含む期待の若駒14頭が出走してきました。実に10頭までが新馬・未勝利を勝ち上がったばかりの馬、実力伯仲で白熱した一戦になりそうです。 このレース、函館競馬場で開催された2013年も含めて過去5年の1着〜3着は、2-4-6、5-11-7、2-1-8、5-10-7、1-4-7番人気の馬で決着しています。この5年の連対馬10頭のうち8頭までが5番人気 [続きを読む]
  • ケイデンスコールに期待、新潟2歳ステークス
  • 新潟の2歳王者決定戦、芝1600mで行われる新潟2歳ステークス。今年は11頭と少頭数のレース、1勝馬のみでどの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成です。熱戦が期待されます。 このレース、過去5年の1着〜3着は、1-4-6、3-1-6、1-12-8、3-6-2、3-5-2番人気の馬で決着しています。勝ち馬は上位3番人気までの馬。連対馬10頭のうち8頭までが1〜5番人気の馬、3着以上馬15頭のうち13頭までが6番人気以内の馬です。上位人気馬が確実に好 [続きを読む]
  • ネオリアリズムを中心に、札幌記念
  • サマー2000シリーズの第4戦、GIIの札幌記念。秋のGI戦線を展望する馬たちがここから再始動することも多いレースです。今年もマカヒキ、モズカッチャンと香港のGIを制しているネオリアリズムの3頭のGIホースがここから再始動します。秋のGI戦線を占う意味でも見逃せない一戦です。 このレース、2013年の函館競馬場での開催も含めて、過去5年の1着〜3着は、2-8-14、2-1-7、5-8-4、5-1-4、6-12-1番人気の馬で決着しています。勝ち馬は [続きを読む]
  • ラブカンプーに期待、北九州記念
  • サマースプリントシリーズ第4戦、ハンデキャップ重賞の北九州記念。今年は、昨年の勝ち馬ダイアナヘイローをはじめ17頭のスプリント自慢が出走してきました。函館、中京、新潟のスプリントシリーズ3戦のいずれかから参戦する馬が9頭。ポイントランキングの上位組はダイメイプリンセス、アレスバローズあたりですが、どの馬にもチャンスがありそうなメンバー構成です。激戦になりそうです。 このレース、過去5年の1着〜3着は、6-5-2 [続きを読む]
  • トリオンフが中心、小倉記念
  • サマー2000シリーズの第3戦、夏の小倉の名物ハンデキャップ重賞、小倉記念。今年のサマー2000シリーズは七夕賞、函館記念と波乱続き。3戦目となるここはどうでしょう。トップハンデ57キロから最軽量51キロまでハンデ差6キロの中に12頭というメンバー構成です。どの馬にもチャンスがありそうです。 このレース、過去5年の1着〜3着は、3-5-1、3-6-2、6-2-3、11-4-6、4-2-6番人気の馬で決着しています。連対馬10頭のうち9頭まで、3着 [続きを読む]
  • ドンフォルティスに期待、レパードステークス
  • 3歳馬限定のダート重賞、新潟ダート1800mを舞台とするレパードステークス。今年も後のダートGI制覇を期待される精鋭15頭が出走してきました。すでにダートGIで好走実績のあるドンフォルティス、グレートタイムが人気の中心になりそうですが、伏兵陣も多士済々。熱戦が期待されます。 このレース、過去5年の1着〜3着は、1-4-2、1-7-9、1-3-11、2-1-6、11-12-1番人気の馬で決着しています。この5年、1番人気馬は連続して馬券対象を確 [続きを読む]
  • ディアドラが中心、クイーンステークス
  • 夏の北海道シリーズで唯一の牝馬限定重賞、札幌芝1800mで行われるクイーンステークス。今年は、オークス馬ソウルスターリングと秋華賞馬ディアドラの2頭のGIホースがここに出走してきました。ただ伏兵馬も多士済々。注目の一戦です。 このレース、2013年の函館での開催も含め、過去5年の1着〜3着は、1-8-3、2-6-1、7-1-4、9-1-11、2-6-8番人気の馬で決着しています。毎年、1番人気馬2番人気馬の少なくても1頭は馬券対象を確保して [続きを読む]