高槻市の建築家吉永健一/吉永建築デザインスタジオ さん プロフィール

  •  
高槻市の建築家吉永健一/吉永建築デザインスタジオさん: 高槻市の建築家 吉永健一全仕事
ハンドル名高槻市の建築家吉永健一/吉永建築デザインスタジオ さん
ブログタイトル高槻市の建築家 吉永健一全仕事
ブログURLhttp://yoshinagakenichi.blogspot.com/
サイト紹介文建築家+建築イベンター+大学講師+ダンメン研究家+団地啓蒙家+DJとして活躍する吉永健一って何者?!
自由文吉永健一:『使える・笑える・グッとくる』建築でひとびとの毎日を楽しくする高槻市の建築家。代表作「段違いの家」「CommonCafe」。建築の面白さを人々に伝えるため建築講師、建築イべンターとしても活躍。イベント「けんちくの手帖」やリサーチプロジェクト「キョート*ダンメンロシュツ」、団地啓蒙チーム「プロジェクトD」「team2DK」を主催。趣味は中崎町のカフェCommonCaféでのDJプレイ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2008/02/15 15:28

高槻市の建築家吉永健一/吉永建築デザインスタジオ さんのブログ記事

  • 自邸のカラマツ外壁を補修する
  • 高槻のスキップフロアハウスのカラマツ外壁を補修することにしました。こちらは竣工時の様子↓使用したカラマツは木童の南波から松。塗装はキシラデコール白木やすらぎ塗っています。毎年(といいつつさぼった年もありましたが…)自分たちで塗りなおしていました。そのためにカラマツは脚立で手が届く範囲のみ張っています。使用した塗装はコーナンで売っていた水性木材保護塗料です。これで結構もっていたのですが10年過ぎると痛 [続きを読む]
  • 「大改造!!劇的ビフォーアフター」団地リフォームを見て 2
  • 前回の続きです。番組を見ているとローコストの割に逆効果ではないかと思われることもいくつかありました。ローコストの時、解体費用額は地味に効いてきます。番組内でLDKの解体の時に「これで120万」と言っていたのは冗談としてもこの広さであれば20万〜30万円は必要と思われます。加えて解体時に痛めたところの補修費用もかかるので費用を抑えるためにはなるべく解体箇所を減らすのがセオリーです。その点からみるとちょっと壊し [続きを読む]
  • 住まいを探している人のためのハザードマップ
  • 先週の豪雨の際、万が一を考え高槻の実家に泊まりに行ってきました。例年は特に心配していなかったのですが記録的豪雨と聞いていましたし、その日は母が一人になるということで家族とともに行くことにしました。実家は私が設計しました。建て替える前から合わせると50年近く住んでいますが比較的川に近い場所にありつつもいままで地面が浸水することはありませんでした。家探しをしているときの話を母が聞かせてくれました。父は土 [続きを読む]
  • 無垢の木を使うこと、意外に知られていないそのメリット
  • 息子はmajakkaさんに無垢の木で作ってもらった椅子に座っています。体が大きくなってちょっと座りづらそうだなと思ったら高さを調整してもらっています。これが1歳の時↓そして3歳、背が伸びたおかげでご飯が食べづらそうにしていたので座面をさげることに。椅子の脚を切って調整してもらいました。ご覧の通りばっちりの高さで喜んでいます。最終的には手すりを取って高さをグッと下げて大人が座れる椅子になります。たびたび買い [続きを読む]
  • 新築住宅でどうすれば地震の被害を最小限に抑えられるか
  • 大阪府北部地震の発生を受けて今週、先週と何らかの被害があった戸建て住宅を確認しに行ってきました。高槻のスキップフロアハウスは作り付けの本棚から本が落ちてパソコンとプリンターが壊れたほかは被害は見当たらず。まだ余震が気になる頃だったので屋根は後日確認することに。鉄骨造なのでシロアリや腐朽の心配がなく、壁の中身が見えるようにしているのでもし何かあったとしても発見しやすいようにしています。構造的にはこれ [続きを読む]
  • 戸建て住宅の修繕積立金について
  • 前回「マンションそして戸建て住宅の修繕積立金について」の続きです。今回は戸建ての大規模修繕についてお話ししたいと思います。戸建て住宅であってもいつかは自宅を大規模に修繕する日がやってきます。そのための資金は確保していますか?計画的に積み立てていますか?*さて、どれくらいの資金をいつまでに用意すればいいのでしょう。一戸建てをフルリノベーションしたケースでお話ししましょう。下記の写真は弊社で設計工事監 [続きを読む]
  • 吉永建築デザインスタジオより大阪北部地震を受けてのご報告
  • 大阪北部地震に被災されたみなさまにお見舞い申し上げます。高槻にある弊社は多少本が落ちた程度で人も設備にも被害らしい被害はありませんでした。昨日は朝より自宅マンションにて自主防災会会長としてマンション内の安否確認を行い事務所の被災状況を確認するとともに午後は家族と自宅にて過ごしておりました。自宅マンションは今のところ目立った被害はなくガス、水道、エレベーターとも使える状態です。家族、親類も無事です。 [続きを読む]
  • マンションと戸建て住宅の修繕積立金不足について
  • 昨今、マンションの大規模修繕の積立金不足を懸念する記事をよく目にします。Yahooニュースより「タワマン」住民が悲鳴を上げた「修繕費が足りない!」(上)「タワマン」住民が悲鳴を上げた「修繕費が足りない!」(下)この記事では“タワーマンションが”という書き方になっていますが実はどんな規模の分譲マンションでもありえる話です。国交省の示している目安どおり5年ごとに見直せば防げるのでまだ行っていないマンションは [続きを読む]
  • 団地、スターハウスの記事を「建築ジャーナル」に寄稿
  • 建築雑誌「建築ジャーナル」2018年6月号にスターハウスについての記事を寄稿しました。戦後の住宅について取り上げるコーナーへの寄稿だったのですがスターハウスそして団地を戦後住宅史の1ページとだけとらえていてはもったいない!という思いをぶつけた記事を書きました。団地の設計一般にも話を広げ、拙著「団地図解: 地形・造成・ランドスケープ・住棟・間取りから読み解く設計思考」の要約的な内容になっています購入は大きめ [続きを読む]
  • リノベーション向けの団地(神戸市須磨区)をご紹介
  • 団地不動産にて神戸市須磨区の団地、高倉台7-3団地の分譲団地の取り扱いを始めました。団地の1階、防音室ありのお部屋です。販売価格は300万円(2018年5月17日現在)。住むにあたり仕上げの刷新、給湯器とキッチンの更新は行ったほうがよいと思われますが大きな痛みはないので余計な出費が抑えられるリノベーション向けの物件です。団地の理事会長さんにお話をうかがいましたが「この団地はホンマにいいんよ」と何度も話されていた [続きを読む]
  • 東京画廊にコモンカフェテーブルを納品しました
  • 東京画廊にコモンカフェテーブルを納品しました。オリジナルは大阪は中崎町のカフェCommon Cafeのためにデザインしたものです。そのときどきでレイアウトが変わる施設には便利なテーブルです。今回は製作をpivotoにお願いしました。シンプルなデザインなので画廊では特に役割を発揮することでしょう。遠方のため納品には立ち会えませんでしたが、状況の折にはその活躍ぶりを見に行きたいと思います。参考)コモンカフェテーブル組 [続きを読む]
  • 中古アパートを買ってリノベーション
  • 前回「収益のための木造3階建てアパートの工事費」からの続き収益型アパートを持つための手段として新築する手もありますがもう一つ既存の中古アパートを買ってリノベーションして運営するという手もあります。実例として本を一つ紹介しましょう。人生を切り開く「1億円」投資思考 ―貯金50万円からはじめる、「ワッキー流・不動産投資術」中古アパートを買って水周りや外壁などポイントに絞ってリノベーションし、募集中の部屋を [続きを読む]
  • 収益のための木造3階建てアパートの工事費
  • 前回「収益のための木造3階建てアパートを建設するときに気をつけること」の続きです。工事費坪40万円で木造3階建てアパートを建てられるのか。たしかにその金額でもできます。ただし…その1|施工する工務店の質が保証できません過去極端に工事費が安い工務店に工事を依頼したことがありますが、工事後のアフターケアの対応が悪かった経験があります。投資のためとなれば建物を長期にわたりメンテナンスをしていかなければなりま [続きを読む]
  • 芥川商店街内のセレクトショップWonderful Table
  • 家族でWonderful Tableへ。ワンダフルな食や器を集めた芥川商店街内のセレクトショップです。吉永建築デザインスタジオが設計を手がけました。自宅の近所なのでちょくちょく顔を出しに行きます。店先には有機野菜が並びます。合板で作った箱棚がいい具合に痛んできました。最近ドリンクの販売も始まりました。これからの季節、じゃばらソーダや梅ジュースが楽しみです。[Wonderful Table facebookページ] [続きを読む]
  • 『住む。』に高倉台団地でのリノベーションが掲載
  • 住宅誌『住む。』の春号に「高倉台団地の暮しのハコ301」が掲載されました。物件探しから、設計工事監理そしてDIYワークショップの企画まで関わった団地のリノベーションです。ほかにももう一軒団地のリノベーション事例が掲載されていますが、どちらとも住まい手の生活哲学が反映されいて興味深く思いました。いま、団地を選ぶ人は暮らし方をきちんと考えている人なんだなと。参考)吉永建築デザインスタジオホームページより「高 [続きを読む]
  • DIYでの自宅の窓断熱、一冬すごしてみて
  • 3月に入り関西ではだいぶ寒さもゆるんで参りました。さて、ひと冬終わろうとしているところで12月からはじめたわが家の窓断熱の効果のほどを報告したいと思います。今までの経緯[DIYでの窓断熱][DIYでの窓断熱 その後]発泡スチロールを窓の大きさに切って両面テープで貼り付けるだけでしたが結果は上々でした。例年は掛け布団と毛布、そしてパネルヒーターをつけて寝ていました。それでも寒く、顔が冷たいのはどうしようもありま [続きを読む]
  • 高槻市、築10年の木造一戸建てを明るくする改装
  • 高槻市、築10年の木造一戸建てにお住まいの方から改装の相談がありました。1階にリビングダイニングキッチンがあるのですが、南側の隣家が近いおかげでほぼ終日暗い状態とのこと。今よりもっと明るく出来ないか...というご相談でした。「新たに窓を開ける」「上がバルコニーの部分にトップライトを設ける」「2階を一部なくして吹き抜けをつくる」「キッチンのレイアウトを変える」などなどアイデアを出してみました。“そんな方法 [続きを読む]