KUNI さん プロフィール

  •  
KUNIさん: カープ応援ブログ「鯉に恋思想」
ハンドル名KUNI さん
ブログタイトルカープ応援ブログ「鯉に恋思想」
ブログURLhttp://carpcolumn.blog.fc2.com/
サイト紹介文毎日のカープ情報、連載コラムなど、カープ満載のブログです。毎日何度も更新します!
自由文主サイト「週刊カープ評論(URL:http://www.geocities.jp/weeklycarpcolumn/)」の姉妹サイト、カープ情報&コラムを専門に扱うブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1209回 / 365日(平均23.2回/週) - 参加 2008/02/16 23:12

KUNI さんのブログ記事

  • ホップ・ステップ…(6)〜岩本貴裕選手編〜
  • ◎ホップ・ステップ…(6)〜岩本貴裕選手編〜シーズンオフの連載企画「ホップ、ステップ…」。成長を続ける若手選手の今季までの成績を振り返りながら、果たして来季、1軍で「ジャンプ」を決めることが出来るかどうかを占っていこうという企画です。第6回は若手ではないのですが、この選手をこのコーナーで取り上げてみたくて選びました。今季で10年目のシーズンを迎える岩本貴裕選手です。この連載企画は若手選手の今季まで [続きを読む]
  • <KUNIの雑感267>牛乳って良いんですね
  • <KUNIの雑感267>牛乳って良いんですね毎年、その年に入団したルーキーは、この時期に体力測定と歯科検診を受けるのが恒例行事。先日は体力測定が行われ、ドラ1・中村奨選手が総合力でトップとなりましたが、歯科検診ではドラ3のケムナ投手が噛む力でトップの数字を叩き出したそうです。その数値は入団当初の丸選手に匹敵するそうで、それだけ馬力がすごいということなのでしょう。ところで、あるスポーツ記事には、ケム [続きを読む]
  • 今季の選手の起用法2018(3)〜捕手はどう起用する?〜
  • ◎今季の選手の起用法2018(3)〜捕手はどう起用する?〜毎年恒例の企画「今季の選手の起用法」、2018年バージョンの第3回。今回は捕手に注目してみましょう。今年は中村奨選手が加わり、昨年は坂倉選手が成長を見せました。1軍で起用されていた選手に加えて、若手の台頭も著しい中で、果たして捕手はどのように起用していくのか、その起用法を考えてみたいと思います。そこでまずは昨年、1軍の捕手の成績を振り返って [続きを読む]
  • 巻き返せ!(7)〜土生翔平選手編〜
  • ◎巻き返せ!(7)〜土生翔平選手編〜カープは37年ぶりのセリーグ連覇を決めたものの、その一方でその前年よりも成績の低下が目立った選手もいました。首脳陣からの期待に応えられないままシーズンを終えてしまい、今季は出直しとなる年となる…そんな選手に昨季の成績を振り返りつつ、「巻き返せ」のエールを送る連載企画。第7回は土生翔平選手にスポットを当ててみましょう。地元・広陵高出身で早稲田大を経て、カープに入団 [続きを読む]
  • <KUNIの雑感266>最終的には「打てる捕手に」!
  • <KUNIの雑感266>最終的には「打てる捕手に」!先日、あるスポーツ記事で、今年からプロ入りした選手の中にはサードに転向する選手が多いというものがありました。例えば、東京ヤクルトのドラ1・村上崇隆選手や福岡ソフトバンクのドラ3・増田珠選手、埼玉西武のドラ2・西川愛也選手の名前が挙がっていました。個人的に気になるのが東京ヤクルト・村上選手。高校球界屈指の打撃センスを誇る捕手ということで、高い注目を [続きを読む]
  • キャリア・ハイの成績を残した選手たち(12)〜菊池涼介選手編〜
  • ◎キャリア・ハイの成績を残した選手たち(12)〜菊池涼介選手編〜さて、シーズンオフの連載企画「キャリア・ハイの成績を残した選手たち」。昨シーズン、1軍でキャリア・ハイの成績を残した選手にスポットを当てて、なぜキャリア・ハイの成績を残せたのか、そして今季に向けても考えていきます。第12回は菊池涼介選手に注目してみたいと思います。まずは早速、昨シーズンの菊池選手が主な打撃部門の成績の中で、キャリア・ハ [続きを読む]
  • <KUNIの雑感265>CS敗退の翌年は?
  • <KUNIの雑感265>CS敗退の翌年は?昨年、カープは37年ぶりのセリーグ連覇を成し遂げたものの、CSファイナルステージで横浜DeNAに2勝4敗で敗れ、日本シリーズ進出はなりませんでした。カープにとって、大きな喜びをつかんだものの、一昨年の大きな忘れ物を取りに行くことは出来ませんでした。今年こそは、昨年の悔しさを晴らすべく、1984年を最後に遠ざかっている日本一をつかみ取ってほしいというのが切な [続きを読む]
  • 新人選手が体力測定
  • ◎新人選手が体力測定この時期、毎年恒例となっている今年のルーキーたちの体力測定が14日、広島市内の広島大学で行われました。持久力や瞬発力、筋力などを測定する中で、注目のドラ1ルーキー・中村奨選手がすべての項目で安定した能力を見せ、総合で1位の成績となりました。またドラ2の山口投手は持久力で、ドラ3のケムナ投手は下半身の筋力でそれぞれトップの成績を残しました。過去には競輪選手並みの脚力があるとか、こ [続きを読む]
  • 今季の選手の起用法2018(2)〜先発の布陣は?〜
  • ◎今季の選手の起用法2018(2)〜先発の布陣は?〜毎年恒例の企画「今季の選手の起用法」、2018年バージョンの第2回。今回は投手陣の中でも、先発投手に着目してみたいと思います。昨季はジョンソン投手の長期離脱もあって、かなりやり繰りに苦労した先発投手陣。それでも優勝を手繰り寄せることが出来たのは、若手の成長がありました。では果たして今季はどのような起用になるのかを考えてみたいと思います。そこでまず [続きを読む]
  • <KUNIの雑感265>最大のライバル、どう対策する?
  • <KUNIの雑感265>最大のライバル、どう対策する?先日、あるスポーツ番組を見ていたら、横浜DeNAのラミレス監督のインタビューがありました。昨年、カープは横浜DeNAとCSを戦い、相手の積極的な采配に完全に戸惑わされ、初戦は雨のおかげで勝利を飾ったものの、気がつけばあれよあれよと4連敗。悔しい思いをしました。横浜DeNAには昨年、シーズンでも12勝13敗と、セリーグでは唯一負け越した相手。日本 [続きを読む]
  • ホップ・ステップ…(4)〜塹江敦哉投手編〜
  • ◎ホップ・ステップ…(4)〜塹江敦哉投手編〜シーズンオフの連載企画「ホップ、ステップ…」。成長を続ける若手選手の今季までの成績を振り返りながら、果たして来季、1軍で「ジャンプ」を決めることが出来るかどうかを占っていこうという企画です。第4回は今季で4年目のシーズンを迎える塹江敦哉投手です。2014年のドラフト3位でカープに入団した左腕である塹江投手は入団当初から150キロ台のストレートを投げ込む速 [続きを読む]
  • 今季の選手の起用法2018(1)〜今年もタナキクマルか?〜
  • ◎今季の選手の起用法2018(1)〜今年もタナキクマルか?〜1999年のオフ、私があるサイトの掲示板で連載したのが、毎年恒例になっているこの連載のきっかけでした。というわけで、今季は果たしてどのような選手起用を見せるか、その起用法を考えてみたいと思います。今季の選手の起用法2018年版の第1回はカープの攻撃の根幹となる上位打線について考えてみましょう。今やプロ野球界でもトップクラスの上位打線となっ [続きを読む]
  • 今秋へ向けて最初のスカウト会議
  • ◎今秋へ向けて最初のスカウト会議チーム作りの根幹を担うスカウト。有力選手を獲得するために、その年のドラフト会議が終わっても、さらに先を見据えて動きを止めることはありません。11日、今秋のドラフト会議へ向けての最初のスカウト会議がマツダスタジアム内の球団事務所で行われ、指名候補を268人リストアップし、さらに現時点では上位指名候補とされる6選手については映像でも動きを確認したようです。上位指名候補と [続きを読む]
  • 巻き返せ!(6)〜福井優也投手編〜
  • ◎巻き返せ!(6)〜福井優也投手編〜カープは37年ぶりのセリーグ連覇を決めたものの、その一方でその前年よりも成績の低下が目立った選手もいました。首脳陣からの期待に応えられないままシーズンを終えてしまい、今季は出直しとなる年となる…そんな選手に昨季の成績を振り返りつつ、「巻き返せ」のエールを送る連載企画。第6回は福井優也投手にスポットを当ててみましょう。7年目のシーズンを終えて、今季は8年目。年齢的 [続きを読む]
  • 新井選手、恒例の護摩行に挑む
  • ◎新井選手、恒例の護摩行に挑むこのニュースを聞くと、もうすぐ球春がやってくるんだな…そんな気持ちになります。新井選手をはじめ、石原選手、会沢選手、堂林選手の4選手が和歌山県高野町の高野山別格本山清浄心院で、恒例の護摩行に挑みました。燃え立つ炎に挑むのは、新井選手にとっては14年連続のことで、1時間半にわたる読経の後、顔は真っ赤になっていたそうです。もはや新井選手にとっては、自主トレの風物詩となって [続きを読む]
  • <KUNIの雑感263>広島駅構内も様変わり
  • <KUNIの雑感263>広島駅構内も様変わり新春を迎えたマツダスタジアムに足を運んでみたわけですが、当然ながらマツダスタジアムのコンコースは開放されてなく、とりあえず雰囲気だけを味わって引き返すことに。途中、以前施設内を見学させていただいた屋内練習場を横目に歩き、道中のラーメン屋でラーメンを食べ、広島駅へと戻りました。広島駅の中もかなりリニューアルが進んでいるようで、ちょっとだけ歩き回ってみました [続きを読む]
  • キャリア・ハイの成績を残した選手たち(11)〜大瀬良大地投手編〜
  • ◎キャリア・ハイの成績を残した選手たち(11)〜大瀬良大地投手編〜さて、シーズンオフの連載企画「キャリア・ハイの成績を残した選手たち」。昨シーズン、1軍でキャリア・ハイの成績を残した選手にスポットを当てて、なぜキャリア・ハイの成績を残せたのか、そして今季に向けても考えていきます。第11回は大瀬良大地投手に注目してみたいと思います。まずは早速、昨シーズンの大瀬良投手が投手の主な記録の中でキャリア・ハ [続きを読む]
  • <KUNIの雑感262>1本の線で描かれた…
  • <KUNIの雑感262>1本の線で描かれた…JR広島駅からマツダスタジアムへ向かって歩いていくと、昨日紹介したカープZooZooスタジアムと呼ばれる、動物に扮装したカープの選手の似顔絵が並びます。そしてさらにマツダスタジアムに向かっていくと、カープのこれまでの歴史を1本の線で描いたイラストがあります。去年の開幕前に完成したものなので、そのカープの歴史の最後には2016年の25年ぶりの優勝のイラスト [続きを読む]
  • 新戦力の1年目を占う(最終回)〜高校生野手編〜
  • ◎新戦力の1年目を占う(最終回)〜高校生野手編〜新年最初の連載「新戦力の1年目を占う」。新春にふさわしく、カープに新戦力として入団が決まった選手たちにスポットを当てて、1年目は果たしてどのような起用がされ、どんな結果を残すのかを占ってみる連載も今回が最終回。最終回は今年の高校生野手に注目してみたいと思います。まずは、今年加入することになった高校生野手を振り返ってみましょう。中村奨成捕手(広陵高・ド [続きを読む]
  • <KUNIの雑感261>カープZooZooスタジアム
  • <KUNIの雑感261>カープZooZooスタジアムさて、新年を迎え、ちょいと正月のマツダスタジアムに行ってみようと、散歩がてら足を運んでみましたというシリーズの第2弾。超高層ビルが立ち並び、大きく様変わりした広島駅南口から、マツダスタジアムに向かって歩いていると、良くご存知の方も多いかと思いますが、いわゆるカープロードに「カープZooZooスタジアム」の看板が。カープの選手たちが動物を模した似顔 [続きを読む]
  • 新戦力の1年目を占う(3)〜育成選手編〜
  • ◎新戦力の1年目を占う(3)〜育成選手編〜新年最初の連載「新戦力の1年目を占う」。新春にふさわしく、カープに新戦力として入団が決まった選手たちにスポットを当てて、1年目は果たしてどのような起用がされ、どんな結果を残すのかを占ってみたいと思います。第3回は今年の育成選手に注目してみたいと思います。まずは、今年加入することになった育成選手を振り返ってみましょう。岡林飛翔投手(菰野高・育成ドラフト1位) [続きを読む]
  • 選手入寮!&初練習
  • ◎選手入寮!&初練習今季からカープに加入する若ゴイ9選手が揃って、6日、広島県廿日市市にある大野寮へ入寮しました。注目のドラフト1位ルーキー・中村奨成選手は、過去に数多くのドラ1が暮らした「出世部屋」とされる104号室に入室しました。出世部屋ではありますが、最も期待されるその年のドラ1に割り当てられる部屋。そこから球界を代表する捕手を目指すことになります。また、ドラフト2位の山口投手は地元・熊本の [続きを読む]
  • 新戦力の1年目を占う(2)〜高校生投手編〜
  • ◎新戦力の1年目を占う(2)〜高校生投手編〜新年最初の連載「新戦力の1年目を占う」。新春にふさわしく、カープに新戦力として入団が決まった選手たちにスポットを当てて、1年目は果たしてどのような起用がされ、どんな結果を残すのかを占ってみたいと思います。第2回は今年の育成選手を除く高校生投手に注目してみたいと思います。まずは、今年の育成選手を除く、新加入の高校生投手を振り返ってみましょう。山口翔投手(熊 [続きを読む]
  • <KUNIの雑感261>闘将、逝く…
  • <KUNIの雑感261>闘将、逝く…かつての中日のエースで、引退後は中日、阪神、東北楽天と3チームの監督を務め、中日時代には2度、阪神時代に1度、東北楽天時代に1度の、計4度、チームをリーグ優勝に導くとともに、東北楽天を初の日本一にも導き、現在は東北楽天の球団副会長を務めていた星野仙一さんが4日、すい臓がんのために亡くなったそうです。70歳でした。このニュースを聞いたとき、正直驚きました。昨年10 [続きを読む]