SEI さん プロフィール

  •  
SEIさん: アメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所
ハンドル名SEI さん
ブログタイトルアメリカ・シリコンバレー的ゴルフ研究所
ブログURLhttp://breaking70.blogspot.com/
サイト紹介文アメリカ・シリコンバレーのゴルフ情報を共有。シャンク病の治療を研究しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2008/02/17 04:36

SEI さんのブログ記事

  • ついにパー?プレーを達成 (9 ホールだけだけど)
  • ついに一つのマイルストーンに達しました。普通のPar-72のコースで、(9ホールだけだけど) パープレーの 36 で初めて回れました。これまで Par-3 が 9 ホールの Par-27 のコースで 27 というのはありましたが、Par-4, Par-5 が混じったコースでは初めてです。コースレート 35.3、スロープ 115 なのでかなり簡単なコースではありますが。。。1 ボギー, 1 バーディの 36 (14 パット)GIRs = 5 / 9Scramble = 3 / 4 (75%)ボギーオン率 = [続きを読む]
  • スパイグラス?ヒル (Spyglass Hill) をプレーする
  • 基本データ コース長さ / コースレート / スロープレートblue: 6960 / 75.5 / 147yellow: 6538 / 73.2 / 144white: 6123 / 71.4 / 137red: 5381 / 72.9 / 133通常料金 $395 (2017 年時点), メンバー価格 $225https://www.pebblebeach.com/golfコースの特徴 通常設定では、Pebble Beach リゾート内で最難関。ティーショットが 230 ヤード程度だと、白ティーからプレーした方がベター。スコアカードの表示距離より、長く感じます。5% [続きを読む]
  • 久々のラウンドで気をつける自己チェックポイント
  • (写真: Spyglass Hill 14番ホール、S字型の Par-5)ここ数ヶ月、月一ラウンドがすっかり定着してしまい、ラウンド毎に 4-5 週間のブランクが出ることが多くなりました。久しぶりのラウンドでは、前半 9 ホールが終わったくらいにようやく自分のスィングで大事なポイントを思い出したりして、非常にはがゆい思いをするので、忘れないように書き出してみます。パッティング:ラグパット、特に 40 ~ 60 フィートの距離感を練習する。し [続きを読む]
  • ペブルビーチ (Pebble Beach Golf Links) をプレーする
  • 念願のペルブルビーチをプレーしました。約 10 年前に夕暮れ前のスタートでプレーできたことがあり、15 番ホールくらいで日が落ちて 18 ホールプレーできず仕舞いで、非常に歯がゆい思いをしておりました。 昨年の 1 月からスィングを中心としたレッスンを習っておりますが、その効果が良く現れていたと思います。 スコア: 40 + 41 = 81パット: 14 + 14 = 28 (3パット無し)バーディ: #7, #176 GIRs (#4, #5, #7, #15, #17, #18)4 s [続きを読む]
  • アイアンを芯で打つのは無理
  • 昨年からスィングをコーチに教わりながら変えていく過程でよくわかってきたのは、ショートアイアンですら、まともに芯を捉えて打てるのは稀です。ボールを打った後に、白い弾痕がクラブフェースの表面に残りますが、その位置に相当なバラツキがありますし、ましてや芯のあたりに集まることは決してありません。PW, 9番アイアンなどの短いクラブでも精度など出ていません。ゴルフのスコアに、道具の難しさによる得点や、ハンディキ [続きを読む]
  • 2016 年まとめ: スィングの改造
  • 2016 年はスィングを治す年になりました。途中ひどいスライス、ひどいラウンドに何度か悩みながらも、1 年たってようやく新しいスィングが身につきある気がします。スィングでの一番の誤解は、切り返し時におけるヒップの動作でした。Ben Hogan’s Five Lessons での「Rotate your hips」の解釈を長年間違えており、てっきりヒップは回すものと思っていました。が、これは間違った動作です。まずはヒップを左(ターゲット方向) へ [続きを読む]
  • 久々のスパイグラス?ヒル (Spyglass Hill)
  • 厳しい Spyglass Hill久々に Spyglass Hill で、腕試しをしました。https://www.pebblebeach.com/golf/spyglass-hill-golf-course/最初の 5 ホールはリンクス型、残り 14 ホールは林間型のコースになり、アプローチが基本的に打ち上げになるために、白ティーからでも距離が長く、グリーンは小さくて速く、厳しいホールが続きます。表示距離は 6100 ヤードなのに、体感では 6500 ヤード超はありそうな感じがします。コースレート/ス [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過 9) - 2016年 1~8 月のまとめ
  • 8 月のラウンドはスコアの上ではよくなってきました。スィング改造の取り組みが徐々に結果につながってきたのかもしれません。Santa Clara: 80 (40 + 40, 8 GIRs)Santa Clara: 78 (41 + 37, 10 GIRs)Poppy Hills: 84 (44 + 40, 8 GIRs)Stanford: 80 (42 + 38, 6 GIRs)Stanford の Back-9 で 38 が出たのは正直に嬉しい。ショートゲームがよくなれば、Santa Clara くらいだとイーブンやアンダーが出るのも奇跡ではない気がしてきま [続きを読む]
  • Ben Hogan Apex Plus アイアン (キャビティモデル) に切り替え
  • 「じいさんのパター、引退」に引き続き、道具の話です。長らく完全なブレード型 (マッスルバック型) の Apex (1999年モデル) を使用していましたが、ついにコース用にキャビティバックに変えました。同じ 1999 年モデルの、Apex Plus を簡単にリストアしたものですが、全然違いますね。。。スィング改造に取り組んでから、ボールをクラブの芯で捉えたときの感触がよくわかるようになりました。そうすると、9 番アイアンですら、ろ [続きを読む]
  • じいさんのパター、引退
  • 長らく愛用していたパターがついに引退です。修理すればまだ使えかもなのですが、クラブフェースがネックから曲がり、スクウェアに構えるとクラブフェースが開いてしまっています。すると、正しくストロークしても、プッシュしてしまうわけです。パターヘッドに加えて、シャフトも微妙に湾曲しているみたいで、この状態では練習もプレーも不可能。ここ1ヶ月はパターの成績がものすごく悪く、パターの練習もけっこうしていたのです [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過 8) - ボールから目を離さない
  • 6 月くらいから、比較的スィングがよくなってきました。 3 月の末に、「芯に当たるようになったからもっと飛ばしたい」と欲張ってスィングがおかしくなってから、元の状態にもどるまで 2 ヶ月以上を要しました。 意識して練習したポイントは: バックスィングをゆっくりと行う正しいバックスィングの位置(トップの位置) を体で覚えるダウンスィングの順序(体重移動 > 右肘が落ちる > クラブがリリースされる) を守り、ゆっくりと [続きを読む]
  • 新しくなった Poppy Hills 2.0 (ポピーヒルズ) でプレー
  • NCGA, 北カリフォルニア協会のホームコースの一つである Poppy Hills へ久しぶりに行きました。http://poppyhillsgolf.comPoppy Hills は 2014 年にコースを大改修し、Poppy Hills 2.0 となって再オープンしました。Davis Love III によれば、Augusta National と Pine Hurst No.2 をうまく融合させた美しいコースだ、と言ったとか。 コースのレイアウトや、地面の起伏、バンカーの配置の変更の他に、メンテナンスに必要な水の量を [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過 6) - スィングプレーン
  • 相変わらずバックスィングをインサイドに引きすぎていて、いわゆるオン?プレーンにならない悪いクセがなかなか治りません。いくら正しい swing sequence (スィングの順序) で打てたとしても、バックスィングがおかしいと、もう最悪です。ダウンスィング中に修正するのはほぼ不可能です。 それよりも、バックスィングがおかしいと正しい swing sequence では打てないのかもです。それに加えて、今度はボールを撃ち抜いた後のクラブ [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過 5) - 飛距離を求めない
  • スィングが改善されてきて、芯に当たる割合が増えると、欲が出てきました。 「これでもっと速く振ると、当然飛ぶに違いない」 。。。と欲を出して、3 月末ごろからスィングスピードをあげようと欲張り、せっかく良くなったスィングすらおかしくなりました。 これは大きな間違いでした。4 月の上旬には、また飛ばすことは考えず、ゆっくりスィングをして、クラブの芯で捉えることだけに着力しました。それでも、3 月中旬時点のよう [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過 3) - 久々に80を切る
  • 久々にラウンドで 80 が切れました。スィングを変更している最中にこういったおまけが出るのが嬉しいですね。Par 63 とかの変則的なコース以外で 80 を切ったのはかなり久しぶりのことです。これは素直にスィングが良くなってきていると思いたいです。 コース: Santa Teresa Golf Club レーティング: 70.8 / 121 長さ: 6434 ヤード スコア: 39 + 40 = 79 パット: 16 + 17 = 33 GIRs = 8 / 18 (44 %) Scramble = 4 / 10 (40 %) 良か [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過 2) - 基本からやり直し
  • 久しぶりの更新です。昨年 10 月ごろからヘッドスピードを上げるためにいろいろ試行錯誤をしてきました。が、スピードは速くなっても、いまいちボールによく当たらずでした。たまにドライバーの最大飛距離は伸びたかなぁと感じ取れましたが、それ以外のクラブはボールとのコンタクトが悪く結局「改悪」してた感があります。?? スィングの改造 (途中経過) (2015 年 12 月)あるクラブ工房マスターにスィングの基本をもう [続きを読む]
  • スィングの改造 (途中経過)
  • ロングゲームの改善なしにスコアの改善はありえないと思い、真剣にスィングの改造に取り組むことにしました。今年のスコアは、90 以上は滅多に叩かないものの、80 は切れないラウンドが多く、85 前後をいったりきたりして、パッとしません。過去 5 年くらいのスパンではよくなっては来ていますが、よくよく振り返るとロングゲームの悪さ、つまり飛距離、正確性のなさが原因でした。スィングの改造は、今年の 10 月から開始したので [続きを読む]
  • デジタルパットを学ぶ (3)
  • デジタルパットを学ぶ (2) に関連した内容ではありますが、先日の Spyglass Hill 再挑戦でやらかしたので備忘録。先日 Spyglass Hill にもう一度挑戦しました。前回に多かった大叩きは、ダボ 1 回だけにしたものの、グリーンが格段に難しくなっており結局同じスコアの 86。いまいちパーがとれませんでした。ちょっとドライバーの飛距離が足らなくて、アプローチがグリーンから遠いところから打たないといけないことが多かった [続きを読む]