yasu さん プロフィール

  •  
yasuさん: 軽薄短笑 〜新潟県上越・妙高発〜
ハンドル名yasu さん
ブログタイトル軽薄短笑 〜新潟県上越・妙高発〜
ブログURLhttp://8446.blog79.fc2.com/
サイト紹介文新潟県妙高市在住。雪国発のいろいろなことや、趣味などについて書きます。
自由文新潟県妙高市在住。雪国発のいろいろなことや、映画、マラソン、楽器(ギター、ウクレレ、ピアノ)、音楽鑑賞、本、民俗(方言、伝説)、言葉遊び(回文など)、絵画鑑賞、パソコン、食べ物、旅行などについて書きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/02/17 15:31

yasu さんのブログ記事

  • 道の駅あらいの八重桜ロード
  • ↓タイムラプス動画 国道18号の道の駅あらい付近の八重桜を、iPhoneのタイムラプス動画で撮影してみた。これで八重桜は半分ぐらい。今日あたりは、既に満開を過ぎて散り始めである。 ここの八重桜はピンクに混じって、白い花もある。品種が違うのだろう。今日の足跡(そくせき) 最低気温13.3度、最高気温17.2度。小雨。花粉がようやく治まり、今日からランニング再開。小雨が降っていたけれど、6kmを走ってきた。気持ちがいい [続きを読む]
  • ワンコインから食べられる「笑ちゃん」の定食
  •  上越市子安のナルス鴨島店の向かい側に、居酒屋「笑ちゃん」がある。この店では平日(月〜金)の昼にワンコイン(500円)ランチをはじめ、お得な定食が食べられ、サラリーマンなどで混んでいる。 500円定食は6種類あり、笑ちゃん焼き定食、肉野菜定食、ポークソテー定食、塩唐揚げ定食、三色丼、日替わりフライ定食がある。ずれも、ご飯、サラダ、漬物、みそ汁が付く。さらにはライス大盛りが無料という大サービスである。 笑 [続きを読む]
  • 妙高市の菓子メーカー「平和堂」のパン
  •  妙高市白山町3丁目に「平和堂」という菓子メーカーがあるのをご存じだろうか。 「頭脳パン」で知られるメーカーで、関東方面のスーパーやコンビニで販売されているようだ。だが、地元妙高市ではほとんど知られていない。 ところが、このほどリニューアルしたセブンイレブン学校町店に、平和堂の商品が並んでいるのを見つけた。同じ妙高市の特産、かんずりも置かれていた。 頭脳パンの流れをくむ「みるく頭脳パン」と、「町の [続きを読む]
  • 孫と手打ちパスタ作り
  •  次男と孫が遊びに来て、昼食になにを作ろうか考えたら、ヌードルメーカーでパスタを作るのを思いついた。 昨年2月に買って、ときどき作っている。薄力粉と強力粉、卵さえあればパスタができるので、乾麺の買い置きがなくてもすぐ作れる。なによりも、ヌードルメーカーからパスタがにょろにょろと出てくるのが楽しいので孫も喜ぶと思った。 粉と卵、水、塩を投入してスイッチオン。5分間、機械が自動的に粉をこね、そのうちに [続きを読む]
  • タイヤ溝ゲージと車用エアコンプレッサー
  •  自家用車のラジアルタイヤの溝がだいぶ浅くなり、交換時期が近付いてきた。冬用のスタッドレスタイヤの分を差し引くと、3万キロほどだろうか。使っているブリヂストンのエコピアは、耐磨耗性に優れているらしいが、実際はどうなんだろう。 新品タイヤの溝は約8mmあって、タイヤ交換の目安となる「スリップサイン」は1.6mmの高さ。溝が浅くなって、スリップサインと同じ高さになったらまずい。タイヤの1か所でも、1.6mm以下にな [続きを読む]
  • 妙高の雪形「跳ね馬」の見ごろ
  • ↓はね馬大橋から見た妙高山。跳ね馬は妙高のど真ん中に見える 上越市、妙高市の市街地から妙高山のど真ん中に見える雪形「跳ね馬」の形が整い、見ごろを迎えている。 例年は、跳ね馬の胴体部分の雪が消え、角(耳)がはっきり出るのはゴールデンウイークの少し前。今年は雪消えが早めで、例年よりも跳ね馬の出る時期が早かったような気がする。 跳ね馬は、その名が付いた「はね馬大橋」から見るのが定番。矢代川の流れとのコン [続きを読む]
  • 板倉区にはおいしい店がいっぱい
  •  板倉区にはなぜかおいしい店がたくさん集まっている。B級グルメから本格的な料理、そしてスイーツまでそろう。○……ラーメンは「小政」、「春紀」、「桃の木亭」と人気店がそろっている。先日、小政でチャーシュー麺(750円)を食べた。ラーメンは肉系の旨味たっぷりのスープが特徴。豚骨の白濁したスープではなく、澄んだ醤油系の色。脂も透明だ。チャーシューはモモ肉であっさり食べられる。 半ライスを頼んで、スープに入れ [続きを読む]
  • カフェ・ア・ポアンのランチ
  •  先日、上越市寺町の福祉交流プラザ内にあるカフェレストラン「カフェ・ア・ポアン(Cafe a Point)」に行って久しぶりにランチを食べた。旧高田盲学校の場所だ。公共施設の中にあるレストランとしてはおしゃれだし、味もいい。駐車場が広いのがうれしい。 メニューが変わったみたいだ。ワンプレートランチと500円ランチがメイン。野菜をたっぷり使ったフレンチの店である。 500円ランチとワンプレートランチ(1000円)の違いは [続きを読む]
  • 花見会場で売っていた「あつあつ謙信出陣もち」
  •  金沢総本舗の看板商品「出陣餅」を揚げてしまったという大胆な商品「あつあつ謙信出陣もち」を食べてみた。既に花が散ってしまった高田城百万人観桜会の会場で販売されている。 上越市の料理研究家、井部真理さんとかなざわ総本舗のコラボ商品だという。極楽橋を渡ったところの地元物産店の中にある。 とにかく買って食べることにした。注文してから揚げているので、本当にアツアツだ。 見た感じはアメリカンドッグとほぼ同じ [続きを読む]
  • 松ヶ峯の桜が満開 心が洗われるような美しさ
  •  松ヶ峯の桜がちょうど見ごろ。今日は天気があまりよくなかったが、昨日は朝方は晴れて、妙高山の残雪がきれいだった。 ちょうど、跳ね馬も現れている。中郷区から見た跳ね馬は中央におらず、向かって右側の神奈山の中腹に歪んだ形で現れる。 妙高サンシャインランドのゴンドラが稼働していれば、そこから撮影した妙高山、桜、池の情景がいいのだが、オープンは21日であるのが残念。 カメラマンが大勢三脚を立てていた。撮影ポ [続きを読む]
  • NHKで「高田“がんぎ”のある暮らし」放送
  •  今日、たまたまテレビを見ていたら、NHKで午後7時30分頃、高田の雁木についての番組、「Journeys in Japan『高田“がんぎ”のある暮らし』」を放送していた。 もともとはNHKワールドで放送したものを、今年3月7日にBS-1で放送。そして、それを総合テレビで放送したものだ。とても良く出来ている番組で、雁木の価値、今日的意義が上手に描かれていた。さすがNHKである。 リポーターはカナダ出身のカイル・カード。高田駅を降り [続きを読む]
  • レストラン「kanoa」のオムカレー
  •  会社から近いので行く機会がけっこう多い。気取らない店で、食べ物は手作りでおいしいので気に入っている。値段も手ごろ。このブログにも何回か書いている。 道路側から店内が丸見えなのはちょっと気になるが、それほど人通りが多くないので大丈夫。小学校の授業で使うような椅子を使っていることもあり、気軽に入れる。 オムライスを中心に、パスタ、カレー、ハンバーグ定食などがそろっている。パスタやカレー、定食は大盛り [続きを読む]
  • AIで仕事が奪われるより怖いこと
  •  人工知能(AI)の発展により人類はどうなるのか。働き方はどうなるのか。AIに関していろいろ本を読み漁った。その中でもこの3冊が参考になったし、面白かった。 中でも目からウロコの本が、一番最後に紹介する「AI vs. 教科書が読めない子どもたち」。AIは人間を超えることはないが、半分以上の仕事が奪われる。AI導入で職を失った人は、低賃金の仕事か失業しかない時代が来るという。AIは「意味が理解できない」のが大きな欠点 [続きを読む]
  • 妙高市で一番きれいな桜の名所
  •  妙高市で一番きれいな桜の名所といったら、はね馬大橋東詰めの矢代川堤防の桜ではないだろうか。 ソメイヨシノとシダレザクラが堤防道路の両側に咲き誇っている。長さは500mほどあり、薄いピンクと濃いピンクのトンネルとなっている。いま、ちょうど満開の見ごろを迎えている。 川の対岸にも桜並木があり、さらには妙高連峰の残雪、矢代川の流れも素晴らしく、大パノラマになっている。 こんなに素晴らしい景色なのに、訪れ [続きを読む]
  • かわいいiPhone用ケーブルアクセサリー
  •  仙台土産にもらったiPhone用のケーブルアクセサリ「ケーブルバイト」。なかなかかわいい。iPhoneのライトニングケーブルのコネクタ部分に取り付け、ケーブルの断線を保護するアクセサリーだ。 一時ネットで話題になり入手困難だったという。サメやペンギン、ウーパールーパー、サメ、トラ、ハリネズミ、カメ、カバ、カメレオンなどもある。ドラゴンボールやワンピースキャラのものもある。 もらったのは第2弾のエリマキトカゲ [続きを読む]
  • もっちりうまい「満月」の生パスタ
  •  上越市安江の国道8号沿いにある居酒屋「満月」の生パスタがおいしいと聞いたので、初体験。もちもち食感でとてもおいしかった。 生パスタなのに値段が手ごろでうれしい。600円台からあり、一番高くてもカルボナーラの961円(税込み)である。今回は「青じそ明太子生パスタ」(863円)を注文した。 温玉、明太子、大根おろし、大葉、海苔、ミニトマトが付いた豪華版。チーズもたっぷりかかっている。生パスタは平麺っぽい感じ。 [続きを読む]
  • 美しい妻とつむぐ美しい日常描く映画「パターソン」
  • 【評】 ★5つが最高★★★ 2017年のキネマ旬報ベストテンは日本映画の1位が、最果タヒの詩集を映画化した「映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ」だった。素晴らしい詩が全編に散りばめられている恋愛映画で、セックスシーンはもちろん、キスシーンすらもなく、それが逆におしゃれで新鮮だった。昨年11月にJ-MAXシアターで上映したが、スケジュールが合わず断念。DVDで鑑賞。 そして、外国映画ベストテン2位が「パターソン」 [続きを読む]
  • 「ばかうけ」の方言シリーズ
  •  栗山米菓(本社新潟市)は、「方言ばかうけシリーズ」5品目を発売した。3月12日に全国発売したが、このほど原信にようやく並び始めた。 「ばかうけ」のバカは、頭が悪いバカじゃなくて、「すごく」「すごい」という意味の方言。共通語でも「ばか暑い」「ばかうまい」などと使うが、新潟県内ではもう少し範囲が広く、「ばか頭いい」などとも言う。 発売したのは北海道の「なまらうけ」、仙台の「いぎなりうけ」、名古屋の「でら [続きを読む]
  • 高田公園の夜桜は開幕前でも大賑わい
  •  仕事帰りに高田公園の夜桜を見てきた。露店もほぼそろって、ぼんぼりやライトアップもある。イベントと通行止め、有料駐車場がないぐらいだ。今夜は雨も降らず、多くの人でにぎわっていた。 花は満開。妖艶な匂うばかりの花景色。ぼんぼりに照らされた桜が、水面に映って揺れる。 観桜会の開幕は明日6日なので、まだ観光客はほとんどいない。大型バスも入っていない。まさに、市民のための市民の観桜会になっている。今日がそ [続きを読む]
  • 名前が消えた思い出の「小猿屋小学校」
  •  母校というのは卒業した学校のことを指すので、母校ということにはならないが、心の中では私の母校は小猿屋小学校だ。 私は新井生まれだが、父親の転勤で幼稚園の頃、小猿屋に移った。1960年(昭和35年)に小猿屋小学校に入学し、1965年(昭和40年)4月の6年生のときに新井小学校に転校した。だから母校は新井小学校である。 上越市立小猿屋小学校は4月1日、春日新田小学校の一部と統合され、校舎も新しい有田小学校となった。 [続きを読む]
  • 漫画「坂道のアポロン」全9巻を読んでみた
  •  映画の「坂道のアポロン」が良かったので、原作の漫画をネットで読んだ。全9巻。2晩かけて読破した。 結論から言って、映画の方が数段良かった。もちろん、原作が良いからいい映画に仕上がったわけだが、映画の方はなんといっても、ジャズの素晴らしい演奏がきけるし、ジャズの魅力があふれる。 まあ、それは別にして、映画版は9巻の内容をうまく省き、映像にしたらよい部分を上手に描いていた。監督の手腕だと思う。 ストー [続きを読む]