Yoji さん プロフィール

  •  
Yojiさん: セルフ塾のブログ
ハンドル名Yoji さん
ブログタイトルセルフ塾のブログ
ブログURLhttp://selfyoji.blog28.fc2.com/
サイト紹介文セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。
自由文 行動分析学のスキナーが開発したプログラム学習に興味があり,独学できる教材を作っています。
 さんすう,数学では,理解を重視する「水道方式」に興味があります。
 自分で学べる,それも理解を重視しながらにこだわっています。
 著書「プログラム学習英語中1レベル」
「同中2」「同中3」(東銀座出版社)
「わかるできる解ける中学数学1年」
「同2年」「同3年」(以上民衆社)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2008/02/19 11:42

Yoji さんのブログ記事

  • 漢字の練習ノート 、書き方、書き順よりも漢字の形を優先 
  •  教育漢字の練習ノートを作っています。漢字を構成する部品を学んでから、その漢字を学ぶというもの。前にも書いたと思いますが、僕は漢字の書き方、書き順よりも、漢字の形を優先させています。つまり、どんな 形の漢字になるのかをまず覚えて、それから書き方、書き順を覚えるという方式にしています。例えば、「里」。この字は、田と土でできていますね。実際に「里」の成り立ちを見ると、田と土でできているという説明が出て [続きを読む]
  • 小選挙区は野党統一候補へ、比例代表は共産党へ
  •  このページでは選挙運動をします。ブログで選挙運動をしてもいいことになっているそうです。 それで僕は訴えたい「小選挙区は野党統一候補へ、比例代表は共産党へ」と。 戦争法反対の運動が起こった時、これで安倍内閣を倒せると思ったものです。それでも戦争法は強行採決で成立しました。 でも、すぐに野党統一の動きが起こり、期待したものです。その成果は参議院選挙で示されました。 それでも日本国民は忘れぽいのか、安 [続きを読む]
  • 服の右(卩+又)と皮
  •  服の右がわと、皮はよく似ています。 しかし、皮の2画目は、一を書いてすぐにはねます。(皮の1画目は左のノ) それに対して、服の右の1画目は、一を書いて、下に折れてからはねます。 それで、服を書くとき、皮のように、すぐにはねてしまう子が多い。ぼくもよく間違えていたように思います。 服の右は、卩と又でできたのだそうです。卩は、即、印、却、卸、卯、節、命、などに含まれます。  卩は、ひざまずいて座る人 [続きを読む]
  • 漢字練習ノートには漢字の意味、英訳も載せる
  •  漢字練習ノートを作っています。 漢字にはそれぞれ意味があります。漢字の大きな特徴です。 その意味を今作っている漢字練習ノートには載せようと考えています。 なんだ当然ではないかと思われる方も多いでしょうね。でもそうではない本がほとんどです。 例えば、「小学漢字1006字の書き方辞典」(小学館)そして「小学漢字1006字の正しい書き方」(旺文社)。 これらはとても良い本です。書き順がしっかり書かれているし、 [続きを読む]
  • 漢字の練習ノート作り、単純作業もコツコツと
  •  漢字の練習ノートを作っています。 漢字の部品となる漢字や部首を学んでから、その組み合わせで漢字を学ぶというもの。 例えば、親という字は、立+木+見 ですね。 それで「立ち木のかげから見る親」と言う句にのせて覚えるというもの。 これまでにない漢字練習ノートにしようと思っています。 こういう覚え方を考えるのはなかなか楽しいです。新しいものを創作しているという感じがします。 でも漢字練習ノートを作るに [続きを読む]
  • マーナ Shupatto コンパクトバッグ
  •  マーナ Shupatto コンパクトバッグをアマゾンで買いました。 NHKのまちかど情報室でやっていたのを見て、面白いと思ったからです。 両端をパッと引くと本当にシュパットたたむことができます。その後くるくると巻けば終わり。 なかなかよく考えてあります。 ぼくは、いつもバッグの中にはエコバッグを入れています。 それまでのものは、もらい物なので0円です。それからすると2038円というのは高い買い物ではあります。 K [続きを読む]
  • BS テレビの映りの悪さで雨を知る母
  •  88際の母が言いました。 「雨が降ってるんだね。テレビがうつらないよ」 母の部屋は、アルミサッシの窓を閉めると雨が降ってることに気づかないようです。 でも雨が激しい時には、テレビの BS チャンネルが映りが悪くなりますね。その映りの悪さで雨が降ってるのを気づくようになっています。 僕のところに引っ越してきて約1年半。 最初の頃、雨が激しいと BS が映らないんだよ、と説明しても、何のことをいっているんだと [続きを読む]
  • メモは Google keep で快適に
  •  漢字の学習署を作っています。 そのために、漢字の覚え方を考えます。 今、円満字二郎著「漢字なりたち図鑑」を読んでいますが、それを読みながら漢字の覚え方が思いついた時にはメモをします。 いま、メモしてあるのは次の通り作物がみのり、虫を火であぶる、秋氵(みず)を皿にいれ日にあて、温めるお日様が者どもを照らし、暑い口のなかをぼうでつらぬき、中人がはいる、冂の、内に里が灬(火)でもえて、黒い皿にはいった [続きを読む]
  • 言葉の使い分けは、人の関心にもよる
  •  前に、なぜ漢字の訓読みはいくつもあるのかで、それは中国と日本の文化の差によるものだということを書きました。 生活にどれだけ密接なのかによって言葉の使い方が変わってくるのです。 さて、色々考えてみると、国の違いだけではなく、人によっても言葉の使い方は違いますね。 例えば「これ何?」と差し出されたのを見て、 僕は「これは花です」と答えるでしょう。 大きな花、小さな花、赤い花、白い花など。 花にほとん [続きを読む]
  • 漢字の音読みは発音、読みは日本語訳
  •  漢字には、音読みと訓読みがあります。 音読みは発音で、訓読みは日本語訳だということに気づきました。 そのような説明が分かりやすいと思います。 まず英語の例を。 英語の単語 mountainを 見せられた日本人は、「これはなんと読むのですか」と問います。 すると英語で「ペラペラ」と答えたので、日本人には「マウンテン」と聞こえました。それでmountainの発音は「マウンテン」だとわかったのです。 次に「これは何とい [続きを読む]
  • なぜ漢字の訓読みはいくつもあるのか
  •  漢字の音読みが数種類あることについて書いてきました。 漢字の訓読みもいくつもある場合がありますね。 訓読みというのは、もともと日本にあった話し言葉を漢字に当てはめたものです。 中国から「山」という文字が入ってきます。中国人はそれを「サン」と読みます。これが音読み。 でもその昔から日本人は山のことを「やま」と呼んでいました。「やま」という話し言葉があったのです。 山という漢字が入ってきたとき、これ [続きを読む]
  • 呉音、漢音、唐音を統一する
  •  これまで2回、漢音、呉音、唐音について書いてきました。 その中で、それらを統一することができれば便利だろうなという考えが浮かびました。 僕ら大人はだいぶ慣れてきましたが、これから漢字を学習する人たちにとって楽だろうと思ったのです。 とにかく漢字が出てきた場合、それを何と読むかというのはとても難しい。それぞれで覚えなければいけません。 人の名前の場合、全く同じものでも初めて出会うものは読み方は全く [続きを読む]
  • 呉音、唐音は、変えるべきでは
  •  きのうは呉音、漢音、唐音は、王朝名(呉、漢、唐)とは直接関係ない。 を書きました。 ぼくは、呉音、漢音、唐音の呉、漢、唐は、中国の国名、王朝名だと思っていたが、ちがったという内容です。 ただ、このように思っているのはぼくだけではないのではないか。 呉、漢、唐は、それぞれ中国の国名、王朝名ですね。 呉は、「呉越同舟」という故事成語でよく知られています。 また、漢は、漢書地理誌で、唐は、遣唐使で知ら [続きを読む]
  • 呉音、漢音、唐音は、王朝名(呉、漢、唐)とは直接関係ない。
  •  きのうは、なぜ、漢字の音読みには数種類の読み方があるのか。 を書きました。 大雑把にいえば、そのことをぼくはだいぶ前から知っていました。ただ、だいぶ誤解していたところがあります。 「明」の音読みは、ミョウ、メイ、ミン がありますが、ミョウは呉音、メイは漢音、ミンは唐音といいます。 ぼくはそれぞれの音は、中国の王朝名(呉、漢、唐)からの名であり、王朝 呉のころの読み方が呉音、漢のころが漢音だと思っ [続きを読む]
  • なぜ、漢字の音読みには数種類の読み方があるのか。
  •  漢字の学習書を作っています。 漢字の読み方には、いろいろありますね。 ぼくは、学校で学んだとき、とにかくそのまま覚えなさい、と言われたように思います。そのころはそれを疑問にも思わなかった。 ぼくの作っている学習書の対象者は、小学生だけではなく、外国人、夜間中学に通う大人の人たちも含みます。 大人だと、なぜこんなにいろいろ読み方があるんだ、と不思議に思うでしょうね。それで、その説明も加えたい。 音 [続きを読む]
  • 努・・・奴(どれい)が力をこめて、努める
  • きのうの記事祭は 月(肉)を又(右手)で 示(祭壇)に祭るにFacebookでA城くんからコメントをいただきました。彼は高校の同期生です。努力の「努」を女が股に力を入れるイメージで覚えていたのだけれど、又が右手の事なら女性が右手に力をこめて頑張る姿なんですね。(苦笑) (それへの返事です。)コメントありがとうございます。 努は、女の又には力があると言うのは面白いですね。 僕は努の字を覚えて、定着した頃にこの [続きを読む]
  • 祭は 月(肉)を又(右手)で 示(祭壇)に祭る
  • 祭の字の覚え方です。祭り左上は月です。月は肉を表します。 右上の又は、右手です。 下の示は 祭壇を意味します。これらは応用範囲が広いので覚えたほうがいい。それで、 月(肉)を又(右手)で示(祭壇)に祭る と言うことになります。 とても すっきりしますね。 月、又、示のように、漢字としての読み、意味ではなく、部品としての意味も分かると、漢字が分かるようになります。 [続きを読む]
  • 「未」と「末」の区別、覚え方
  •   「未」と「末」は、どちらが長かったかな、と迷います。 ぼくは以前にそれについて書いていました。「未」と「末」 - セルフ塾のブログ - FC2 そのときは、白川静氏の漢字の成り立ちを読み、特に関連はないのでということで、こじつけで書きました。 その後、藤堂明保氏の成り立ちに出会いました。 藤堂明保氏の説明は次の通り。末の成り立ち:木のこずえの先を一の印で「ここですよ」と指し示した文字で、細く小さな端の [続きを読む]
  • フォークダンス「青い山脈」 発祥の地・名護高
  •  フォークダンス・・・小学生、中学生、高校生の運動会でよくやりました。 母校の首里高校では、キャンプファイヤーがあり、夜、校庭で火を焚きその周りでフォークダンスをやりました。 ただ、高校1年の時の記憶はありますが、2年、3年の記憶はありません。 中学、高校の頃、異性に対して関心は高いのですが、恥ずかしがり屋だった僕は女子生徒とおしゃべりをすることはできませんでした。(今でも恥ずかしがり屋です) だから [続きを読む]
  • 2017年9月のブログ拍手ランキング
  •  2017年9月のブログ拍手ランキングです。でも、実は昨夜データを取り出すのを忘れてしまい、9月1日のデータは取り出せませんでした。 このランキングは9月2日から30日までのデータです。 この間の拍手総数は174です。みなさん、ありがとうございます。 1位は、拍手数8の比嘉の「比」・・・「これが正しくない書き方だってわかってるんだけどよ」 これは、大人の人でも、ええ、間違えていたの、という感じで読んでもらったよ [続きを読む]
  • Google マップの GPS 、オフラインでも大丈夫
  •  ハノイへ行った時のことで思い出したので書きます。 その時にはSimカードを買いませんでした。ホテルの Wi-fi を利用すれば良いだろうと思っていたからです。 ハノイに住んで働いているセルフ子のHさんと会うことになりました。何が食べたいかと尋ねるので、ベトナム料理が良いなと答えたら、ベトナム料理の店で会うことになりました。 弟も一緒です。彼はハノイをよく知っています。でもそのベトナム料理の店は行ったことが [続きを読む]
  • 民進党、自由党は何をしているんだ
  •  国会が解散し、民進党、自由党が小池の希望の党に吸収されそうです。 今回のゴタゴタで、共産党、社民党は一貫しています。 自由民主党もある意味で一貫しています。強いものの味方で、弱いものの敵です。 今回の安倍首相の国会解散はとてもずるいと思います。でもそれは横に置いておいて。 問題は民進党と自由党です。 国会に出された戦争法案にずっと反対をして野党で統一行動をしてきました。でも、それが成立。 その後 [続きを読む]
  • 旗、族、旅の「方ノ一」は、「はた」を意味する
  •  旗、族、旅、施、旋 に共通の部分は、方、ノ、一 ですね。 これらの漢字は、方 の部に含まれます。でも、実際は「方ノ一」で一つのまとまった部分。教育漢字は、旗、族、旅 「はた」を意味するそうです。 其は、「四角」という意味。 だから、 其(四角)の方ノ一(はた)で、旗(はた) 方ノ一(はた)の下に矢をあつめ、族(みうち) 旅の、右下(イと左右払い)は、ひとが二人です。方ノ一(はた)の下に人が集まり [続きを読む]
  • ビアがおかわり自由の店
  •  だいぶ前の話です。 友人のS栄さんはビールが大好きです。毎日飲みます。 一日に最低5缶くらい。ビールのための人生のようです。 ある日、僕が言いました。 「S栄さん、ビアのお代わりが自由の店を見つけたよ」 すると、案の定、S栄さんは、必死な形相で 「どこだ。行こう」と言います。 僕が「A &Wだよ。あそこはルートビアがおかわり自由なんだよ」 と答えました。 笑い話のつもりでしたが、S栄さんはむっとしています [続きを読む]