eichan さん プロフィール

  •  
eichanさん: 投資生活ブログ
ハンドル名eichan さん
ブログタイトル投資生活ブログ
ブログURLhttp://investment-life-blog.blogspot.jp/
サイト紹介文投資日記&その時々に思ってたことの備忘録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2008/02/20 23:53

eichan さんのブログ記事

  • 自分に向いてる投資本は人それぞれ
  • 昨日の話の続きですが、じゃあ危険だけど投資にチャレンジしてみよう、と思ったとします。すると問題になるのは教科書選びです。クルマの運転の教本の内容はまあ正しいですが、巷で売ってる投資本は嘘だらけなのです。いや正確に言うと自分にとって正しい投資本以外は嘘本、という所でしょうか。世間を見ていると成功している投資家というのは不思議とその人に合ったスタイルでないと勝てないようなのです。売りが得意な人は買いで [続きを読む]
  • 投資は危険物
  • 投資はある意味、危険物です。クルマのようなものだと思います。クルマはうまく使えば早く目的地に着きますが、予備知識なしに運転すれば事故ります。そのためクルマの運転には免許が必要ですが、自己資金の運用には必要ありません。それで予備知識なしで投資して致命的なダメージを被るチャレンジャーが続出するので、身近でそういうのを見た人は「投資=危険」という固い信念が出来上がります。結果的に世の中はクルマという便利 [続きを読む]
  • 二階建て
  • 株の世界で2階建てと言えば、ある株を担保にしてさらに信用取引で同株を買う事です。これは元の株の値動きの何倍もの損益になるので、一般には危険とされます。同様に世の中には様々な2階建てがあります。例えばある会社に勤めながら自社の持ち株会に入った場合、会社の業績が悪くなればボーナスも下がって資産も減る訳で2倍損します。株式投資をしながら、それをネタにしたブログやHPでネット収入を得るのも2階建てでしょう。 [続きを読む]
  • 54年後の事を考えたが無駄かもしれない
  • 2016年のある日、僕は憂うつな気分になった。キッチンの電球が切れたのだ。キッチンの電球交換には脚立が必要なんだ。こんな面倒なことはない。そこで将来に渡りこの手間をなるべく減らすべく、少々値が張るがLED電球を買う事にした。早速、僕はPCを開いてアマゾンにアクセス。まあ近所の量販店よりは安い。だが僕はすぐにはポチらない。そう、今はヨドバシドットコムの方が安いのだ。送料無料時代にアマゾンに洗脳され、そのワイ [続きを読む]
  • クソ株界の超新星・GEは買いか?見送りか?②
  • ※前回のクソ株界の超新星・GEは買いか?見送りか?①の続きです。 さて、では具体的にどうするか。まずは意思決定する材料を思いつくまま挙げてみよう。そもそもGEに投資したのはリストラで事業がスッキリし、配当利回りが高く、企業規模も大きいので多少の業績悪化くらいでは減配までは無いだろう、と踏んだからであった。とすると、今回本当に減配となったら購入理由がなくなる訳だから素直に観念して損切りするべきだろう。 [続きを読む]
  • クソ株界の超新星・GEは買いか?見送りか?①
  • 米株個人投資家の間でホットな銘柄・GE。自分も保有するこの株が、直近ダダ下がりしてクソ株化してしまった。今では減配とかダウ平均から除外とかいう話まで出ている始末。GEの不調は9月ごろから何となく感じていたが、仕事にうつつを抜かしているうちに損切り機会を逸してしまった。それでどうしたもんかと悩んでいたところに、タイムリーにもZAIオンラインにて米国株投資家の間で有名人?の広瀬氏による詳細記事の寄稿を発見。あ [続きを読む]
  • 2017年10月の投資成績
  • 10/28現在の投資基準価額は前月比+1.81%、バークシャー株は+2.5%でした。インデックスは日経が+8.12%、NYダウが+4.59%、ハンセン指数が+3.21%でした。■投資履歴 【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現金 [続きを読む]
  • 飛行機のチャーター価格
  • 消費にはイメージほど高くないものもあって、私は先日、飛行機ヲタ仲間とヘリコプターをチャーターしたのですが3万円弱で済みました。このプランは本来はカップル向け夜景クルーズなので飛行時間は短いのですが、飛行機で面白いのは離陸と着陸なのでヲタ的には巡航は短くてもいいんです。 ホテルや最寄駅からの送迎付きなど特別感もあるので、カップルの記念日とかにはいいんじゃないですか?プロポーズに使ったりする人もいるそ [続きを読む]
  • 【ちゃぶ台返し】株の利回りは7%【本当?】
  • 企業が価値を創造するにはROIC(投下資本に対してどれだけ利益を出したかという率)がWACC(株主資本コスト率と有利子負債資本コスト率の加重平均)を上回る必要があります。例えば1億円の投下資本で1年間に3000万円の利益を出す良いビジネスをしても、その投下資本の調達コストが3000万だったりしたら投資家は配当などの利回りはあるものの、その企業はそれ以上の価値を創造していないので株価は鳴かず飛ばずという結果になります [続きを読む]
  • 野暮
  • 野暮いう言葉を辞書を引くと「遊里の習わしに通じていないこと。風雅な心に欠けていること。また広く、洗練されていないこと。そういう人。」とあります。良くわからない・・・ので、実例を挙げた方がピンとくるかもしれません。例えば恋愛で「俺のことどう思う!?俺のこと好き!?」などと直接相手に聞くのは野暮というものでしょう。そんなの3回誘ってどーでもいい理由で断られたら脈無しに決まってます。ていうか、そんな事言 [続きを読む]
  • 落ちてるお金を拾うだけ
  • NHK杯国際フィギュアスケート競技大会のチケットが当たりました・・・本田真凜が出場するやつ。これ最近知ったんだけど、オークションですごい高値らしいです。私は売りませんけど、1万円くらいのチケットが10万くらいになってる(;゚Д゚)羽生結弦はもっと高値で1万が20万くらい!yuzuすげぇ。アイドルヲタといえばAKB総選挙の度にCD爆買いのヲタ男子がよく揶揄されるけど、トップヲタになると女子も中々のものです・・・・以前 [続きを読む]
  • 2017年9月の投資成績
  • 9/30現在の投資基準価額は前月比-0.21%、バークシャー株は+1.85%でした。インデックスは日経が+4.65%、NYダウが+2.71%、ハンセン指数がー1.06%でした。■投資履歴 【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現金 [続きを読む]
  • 【番外編】タワマンの中のひとびと
  • このシリーズのおまけで、これまでタワマン内で出会った人々の中で印象的だった面々を紹介したい。(顔見知りだけど一部を除いて話しかけたことは無いので、勝手にあだ名を付けましたw)まずはいつもライブラリ(図書室)にいる「Tシャツ」。推定50歳手前くらいでやせ体型、いつもロンT一枚にデニムという出で立ち。全く働いている気配がなくエンタメ系雑誌を読んでることが多いけど、一体どうやって金稼いでるんだろうか・・・筋 [続きを読む]
  • 【結論】タワマンに住んでみた結果
  • 一年間タワマンに住んでみて、だいたい考えが固まってきました。自分は将来タワマンには住まないことにしました!理由はいろいろありますが、まず心理的なもので中高層階は災害時に怖いし、中低層階は自分の頭上に100mもコンクリートの塊があると思うと気分が悪いからです。1年も住んでそこ?って感じですが、そうです、そこですw次に経済的な理由ですが、タワマン以外でもタワマン同等の便利さを持つマンションがもっと安くであ [続きを読む]
  • 【タワマン】パーティールーム
  • タワマンに限らず総戸数400戸もあるマンションならパーティールームという共有施設があると思います。スカイラウンジという名前の場合もあります。私は2、3のパーティールームしか見たことがありませんが、まあどこも大体同じで、10数人程は入れそうなスペースにちょっとオシャレなテーブルにソファ、キッチンがあってウェーイ!できるという感じです。が、これ私は利用アイデアが浮かびません。来客なんて多くても2〜3人でし [続きを読む]
  • 株は猿か犬のように買え
  • 株を買ったとき、自分は誰から買ったのか意識することありますか?私はあんまりありません。 普段のお買いものでは売り手買い手は通常は1対1です。しかし株では何かを買う時に、売り手側には複数の思惑が入り乱れているはずです。仮に今日ある銘柄を1000株買ったら、相対したのは500株はプロのファンド、300株は短期トレーダー、200株は現金が急に必要になったインデックス投資家かもしれないのです。こんなので勝とうとしたら、 [続きを読む]
  • 投資家がへそ曲がりになる理由
  • 最近あるマンションのモデルルームに行き、価格表を見せてもらって驚きました。1フロアごとの価格差がでかい!その差なんと100万。過去に見てきたマンションでは1フロアUP=30万UPくらいで、これが普通だと思っていましたので、一体どういう事だ??と大変困惑。よ〜く見ると、1F〜5Fくらいまでは1フロアごとに100万高くなっていき、それ以上は段々と普通の価格差になっています。んん〜・・なんじゃこりゃぁ?しばし呆然とし、そ [続きを読む]
  • ソフトバンクの孫さん
  • 多くの投資家が持つソフトバンクの孫さんのイメージは「クレイジー」でしょう。なんせ起業してからの歴史は、入ってきた金は一瞬で使うわ、使って金がなくなると今度は借りてきて一瞬で使うわの繰り返しです。LBO(レバレッジドバイアウト:買収先の事業を担保にして借入れた資金で買収する。いわば出世払い)も行っています。つまりどこでコケても何ら不思議でなく、これまで潰れずに来ているのが奇跡なくらいなので「次こそは破 [続きを読む]
  • 2017年8月の投資成績
  • 8/27現在の投資基準価額は前月比-0.09%、バークシャー株は+3.35%でした。インデックスは日経が-2.54%、NYダウが-0.08%、ハンセン指数が+3.32%でした。■投資履歴【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現金 [続きを読む]
  • 【タワマン】あんどん部屋
  • タワーマンションに実際に住んでみた感じをレポートするこのシリーズ。 書くのに全く時間がかからない割には結構読まれているので、また投稿します。「あんどん部屋」とは窓が無く一日中あんどん(照明)が必要な部屋のことをいいます。最近のタワマンは内廊下であることが多いため、制約上どうしても あんどん部屋 を含む間取りが出てきてしまいます。一戸建てが永らくメインだった日本人にとっては、窓無し部屋というのは風通し [続きを読む]
  • 偉大な経営者の条件
  • 今日の記事は99%前置きですので結果だけ見たい方は最後の3行だけご覧ください。私はヴェルナー・フォン・ブラウンという人物を最も偉大だと思っています。フォン・ブラウンは1912年ドイツ生まれのロケット工学者で、のちにアメリカへ渡り、アポロ計画の月ロケットを作った人物です。フォン・ブラウンはロケット工学の先駆者ヘルマン・オーベルトの著した論文『惑星間宇宙へのロケット』を読み、月に行きたい、という強い想いを抱き [続きを読む]
  • 建値を忘れる一つの方法
  • 「建値を忘れよ」とは昔の相場格言です。自分が買った値段なんてミスター・マーケットは全く考慮せずに値段を付けてくるのですから、そんな事を気にしている暇があれば、さっさと売るか買うかでも考えた方がよっぽどマシということです。この格言は現代のプロスペクト理論の主要な部分と同じだと思いますが、そんな理論を知る由もない昔の人が、とっくにそのキモをたった6文字でシンプルに表現し終わってるのは面白いと思いました [続きを読む]
  • タワマンでペット戦争勃発
  • 最近、私が住んでいるタワマンの管理組合議事録を見るのが楽しみです。ことの始まりは、とある高層階の住人が2匹目のペットを飼い始めたらしいのです。しかしマンションの管理規約でペットは1匹のみという規則がありますので、これが本当なら住人側の規約違反となります。管理組合によると、この住人は2匹目を飼っていることが明白なため規約を守るよう再三にわたって警告したそうです。一方、住人側はそんなものは居ない、の一点 [続きを読む]
  • 【超ド底辺目線】マイクロソフト定性分析
  • 最近、外出先から投資の注文や情報収集をしたい場面でスマホだけでは出来ない時があって困っています。iPhoneはFlashが動かないし、エクスプローラーも無いので、痒いところに手が届かないというか、ここ一番という場面でやりたいことが出来ないんです。もしかしたら頑張ればiOSでもやる方法はあるのかもしれませんが、そもそもゆるい性格なので頑張りたくない(笑)だって今まで覚えたエクセルの操作、便利にした環境整備、これもう [続きを読む]
  • 2017年7月の投資成績
  • 7/30現在の投資基準価額は前月比+1.46%、バークシャー株は+3.66%でした。インデックスは日経が-0.86%、NYダウが+2.04%、ハンセン指数が+5.11%でした。■投資履歴 【注】上記の「基準価額(USD建)」は配当再投資です。インデックスは配当を再投資しないため単純比較はできません。配当込のインデックスのパフォーマンスを知りたい方は非上場型のインデックスファンド等を参考にしてください。【注】上記の投資高はUSD・HKD現 [続きを読む]