jam さん プロフィール

  •  
jamさん: SOUND MIK
ハンドル名jam さん
ブログタイトルSOUND MIK
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mik_paul/
サイト紹介文ピアニスト:小形美香子さんの情報発信ブログ。ライブ録音も配信中。
自由文活動の拠点がニューヨークにあり、カーネギーホール、ポーランド、各地でクラリネットとのデュオリサイタル、公開レッスンを行い、2006年2月にはニューヨークで3度目のリサイタルを行いました。
今年2008年7月、東京と大阪でリサイタル開催決定!

第一回目の配信曲は、リストのラ・カンパネラです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/02/25 10:55

jam さんのブログ記事

  • 娘の無農薬野菜〜ニュージャージ
  • 収穫した野菜と、娘の手の長さほど大きくなったオクラ。つい1週間ほど前、「こちらは(大阪)まだ暑いのよ」と、ニュージャージに住む娘に話していたのに、ここ数日急に寒くなった。電話で話のついでに、「野菜はまだ収穫できているの?」と聞いてみた。「まだ、採れているけれど、天気予報で寒波が来ると聞いたので、もう今できている物を全部採ってしまうつもり」と話した。寒波が来て霜が降りると、せっかくの野菜が駄目になっ [続きを読む]
  • 田部京子ピアノリサイタル
  • 昨日の火曜日、英会話のあと、茨木市のクリエイトセンターで田部京子さんのピアノリサイタルを聴いた。パンフレットの写真の頃より、もう少し年を重ねられた雰囲気だけど、スラーッとしたスタイルで上品な雰囲気の方だ。1曲目の吉松隆:「プレイアデス歌曲集より」の4曲を演奏された後、簡単に、演奏される曲の解説をされた。休憩の前までの曲でいったん解説は終わるかと思いきや、最後に演奏されるシューベルトのピアノソナタま [続きを読む]
  • 人の事なのにホットしたこと
  • 福山城です。先週末、福山の友達の集まりがあり福山へ帰った。連休の始まりの日だからか、駅のコンコースには大勢いの人。新幹線のホームも長い列ができていて、自由席の私はどうにか座れたけれど、私より列の後ろの方に並んだ人は、席がなくて通路に立ったまま出発。出発して間もなく、文庫本を取り出して読み始めると、横に立っていた女性が(娘の歳くらいかな?)「切符どこに入れたかしら」と切符を探し始めた。すぐ横なので、 [続きを読む]
  • オンブバッタ
  • ここ数日で急に涼しくなり、玄関に置いている鉢植えの夏の花が終わりかけた。無くなってしまう前に、冬に咲く花を準備しておこうとパンジーを買ったついでにレタスの苗も買った。植えたばかりなので、苗が落ち着くまで日の当たらない北側の玄関の前に置いている。昨日、ドアを開けるとレタスの上にバッタの親子が!珍しいので写真に写し、調べてみるとバッタの親子ではなく「オンブバッタ」という、バッタの一種だと分かった。「オ [続きを読む]
  • チェコのアンナさん
  • アンナさんんから送られてきた写真です。9月の初旬の私の誕生日の日、チェコのアンナさんから「おめでとう」メールと、それに添付され、綺麗なお花の写真も送られてきた。お花で縁取られた誕生日カードが届いたような気がして嬉しかった。年に年を重ね、また年齢が1才増えると思うと誕生日は今や嬉しくないけれど、こうして「おめでとう」を言ってもらうのはとてもハッピー🎶早速「ありがとう」メールを返信したけれど、 [続きを読む]
  • かやぶきの里の蕎麦の花
  • 日曜日の朝、夫が毎日新聞を手に、「今日も行くところを見つけたよ」と言う。小関勉さんという方が書かれた(写真も)「かやぶきの里の彩る白」と題された写真と記事が載っていた。京都府南丹市美山町かやぶきの里の、蕎麦の花が見ごろを迎えているというものだった。蕎麦の花と聞けば、あの福井県の見渡す限り真っ白な蕎麦の花畑を思い浮かべ、どうしても行ってみたくなる。「もう何度も行っている所だけどね」と夫は遠慮そうに言 [続きを読む]
  • 娘の無農薬野菜
  • 先日、珍しく娘から写真メールが届いた。{昨日は、「もう野菜も終わり頃」と言いましたが、今朝行ってみたら結構採れました。先週は寒くて、生りかけていたオクラが育たないまま茶色になっていたので、もう終わりだと思ったのです。でも今週は結構暖かかったので、また新しいのが(?)育ったみたいです。ししとうと、スイスの豆(黄色っぽい豆)も、もう少し残っています。}スイスの豆とは、マネス時代の友達、スイスから留学してい [続きを読む]
  • 阪哲朗〜奈良フィルハーモニー管弦楽団
  • 今日は、指揮者の阪哲朗さんの名前にひかれて、奈良フィルハーモニー交響楽団の演奏会を聴きに奈良へ。プログラムの一曲目は、シューマンの交響曲第4番だった。阪さんが指揮をされると、音の強弱の差の幅が広く、楽器の音色のバランスの移り変わりで、音楽がとても立体的に聴こえてくる。阪さんの指揮を観ていると、指揮される通りに、音が大きくなったり小さくなったり、チェロの音が、木管がと、次にはどの楽器の音色が聞こえて [続きを読む]
  • 絹谷幸二 色彩とイメージの旅展
  •  今日の(9月10日)毎日新聞に、「京都国立近代美術館で展覧会を開催中の画家で文化功労者の絹谷幸二さんが9日、同美術館で公開制作をした。(後略)」という記事が載っていた。10日も午前10時から公開制作を行なわれるとも載っていたので、制作されるところを是非見学したいと、直ぐに支度をして出かけた。美術館に着いたのは12時半頃だったので、ご休憩中で、1時からまた制作を再開されるとのこと。その間に、展示さ [続きを読む]
  • いつまでも元気で
  • 今年の夏は暑かった。そんな暑い夏の、休みが続く日、夫の「せっかくの休みなのにどこにも行かないの、もっと年をとると行けなくなるかもしれないので、今のうちに行っておかなくては」という言葉にそそのかされ、行き先を検索。本当は信州の山へ登れたらいいのだけど、この暑さの中、歩く元気も湧かないので、以前にも泊まった愛知県のナイスでリーズナブルのホテルを予約。途中、名古屋で「エルミタージュ美術館展」を鑑賞した [続きを読む]
  • 演奏会のはしご
  • 先週の土曜日、兵庫県立芸術劇場で二つの演奏会を聴いた。午後2時から大ホールで、今人気のある若手演奏家「反田恭平」さんを。午後5時から、同じ芸術劇場内にある神戸女学院ホールで、世界中を飛び回るピアニスト「小川典子」さんを。反田さんは、以前から聴いてみたい演奏家だったので、パンフレットを見つけた時直ぐにチケットを買ったのに、チケットは4階席しか残ってなかった。スクリャービンの「幻想曲」、ドビッシーの [続きを読む]
  • 娘の誕生日
  • 8月18日は娘の誕生日だった。娘が何歳になっても「何かプレゼントを」と思う、親心。「モーツァルトの人生」〜天才の自筆楽譜と手紙ジル カンタグレル著:博多かおる訳夫は、新聞の広告でこの本を見つけ、西武の紀伊国屋へ買いに行ったけれどなかったので、注文して取り寄せてもらった。「ニューヨーク市立大学博士課程の論文を、モーツァルトについて英語で書いた娘に今更の様な気もするけれど、日本語で読むのは読みやすいか [続きを読む]
  • 今年も無農薬野菜を作ってます。
  • 毎日外へ出るのも嫌になるような暑い日が続いている。先日、娘に「毎日暑いのよー!」と電話で話すと、娘が住んでいるニュージャージは、「今年は涼しい日が多い」と話した。「暑い日もあるけれど、ここ数日は涼しくてエアコンもいらないほど」と羨ましいようなことを言う。確かに、以前7月に行った時、汗をかくことがなかったなー、と思い出した。「涼しいからか、野菜の成長がおそいように思う」と言いながら、できた野菜の写真 [続きを読む]
  • クラリネット〜持丸秀一郎
  • 先週兵庫県立芸術劇場で、持丸秀一郎さんのクラリネットの演奏会を聴いた。クラシック人口は5%(だったかな?)と聞いたことがあるけれど、ここの会場はアクセスがいいからか、私が聴きに行く演奏会は、たいていほぼ満席で凄いなと思う。プログラムの1曲目:ガ―シュイン作曲の三つの前奏曲と、2曲目のドビッシー作曲の第一狂詩曲は、ポールさんが日本での演奏会でも演奏された曲なので、よく聴いて知っている。演奏を聴きなが [続きを読む]
  • 今年も睡蓮の季節です
  • 英会話の先生の家から帰る時、小寺池のそばを通る。今週も、先週も、先々週も歩きながら池の方を見ると、睡蓮の花が咲いていた。今週の花が一番大きく見えたので、今がちょうど見頃で、満開なのかもしれない。池の周りには遊歩道もあり、ベンチもあったようなので散歩コースにもよさそうだけど、私はここを歩く時はいつも急いでいる。今年も睡蓮の季節が巡ってきて、去年の睡蓮の季節からもう一年が経つのだわと、驚くほど年月の経 [続きを読む]
  • フィガロの結婚
  • 23日の日曜日、兵庫県立芸術劇場で、モーツァルトのオペラ「フィガロの結婚」を鑑賞。ニューヨークへ行った時、メトロポリタンオペラ劇場でも「フィガロの結婚」を観たことがある。大体のあらすじは分かっているものの、ドイツ語で歌われている歌詞は分からない。ニューヨークでは、自分の席の前に小さなタッチ画面があり、その画面では英訳が流れる。英語を読んでいると(読んでも全てわかるわけではない)、聴くことに集中でき [続きを読む]
  • 甘夏のマーマレード
  • 6月にニューヨークへ行った時、近所の友達に貰った無農薬の甘夏で作ったマーマレードを持って行った。甘夏の皮のほろ苦さが美味しいと、ポールさんも娘も思いの外、喜んで食べていた。二人が、あまりにも美味しそうに食べるので、日本へ帰ったらまた甘夏を買って作ろうと思っていたのに、なかなか作れないでいた。甘夏の時期が終わりそうになり、やっと甘夏を買い、またマーマレードに挑戦。クックパッドで、甘さ控えめという分量 [続きを読む]
  • 無償の愛
  • 先週末は、母の命日なので福山へお墓参りに。母との思い出は数えきれないほどいっぱいある。上の写真も母との思い出の場所。母が元気な頃は、尾道や福山へ食べに出かけていたのに、「きれいに食べられないから」と、レストランに入り、人前で食べるのをだんだん嫌がるようになった。そんな母のためにお弁当を作り、気分転換をしてもらうために外へ連れ出していた。このお堂は、車で30分ほどの所にあり、海を見ながらお弁当を一緒 [続きを読む]
  • ヨーヨーマと旅するシルクロード〜ライオン
  • 先週4日の火曜日、英会話に行った時、先生から「ライオン」という映画を勧められた。インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで本当の母や兄が暮らす故郷を探し、母に会えたという実話の映画だと聞いた。上映している映画館を探すと、近くの映画館ではすでに上映が終わり、関西では唯一宝塚の「シネ・ピピア」で上映されいて、7日2時40分からの1回限りで終了とあり、その時間を目指して宝塚へ。その映画館 [続きを読む]
  • 国立西洋美術館
  • 甥の結婚式は、カーテンを開ければ海の向こうにレインボーブリッジが見える、素晴らい景色の中で行われた。翌日、帰りのフライトは4時だったので、荷物をホテルのロッカーに預け、上野の森へ。文化会館は当時のままで、懐かしい。もう何十年も前の事だけど、学生の頃、上野の東京文化会館へは、小遣いをはたいて、演奏会を聴きに度々行っていた。あの頃、N響の演奏会のチケットは500円で買えた時もあったように覚えている。そ [続きを読む]
  • 懐かしいところ
  • 先週末、夫の甥の結婚式があり東京へ行った。せっかく東京へ行くのだからと、結婚式の前日に行き、結婚式の翌日帰ることにしてホテルへ二泊。式場が浜松町だったので、羽田にも近い品川の駅の近くのホテルを予約。東京へはお昼前に着き、その日は娘が学生の頃住んでいた街に行ってみることにしていた。娘が学生のあいだ住んでいた六年間は、あんなに度々行っていたのに、卒業以来行くこともなく年月が過ぎ、駅に着くとすっかり駅の [続きを読む]
  • サワーチェリーとは?
  • ニューヨークから帰って、もうすぐ一カ月になる。帰った翌々日、福山の友達の集まりに参加するために福山へ行き、西の宮へ演奏会を聴きに行ったり(2度)、スポーツクラブへ通ったりしているうちに、あっという間に一か月が過ぎようとしている。一昨日、珍しく娘から写真とメールが届いた。「昨日サワーチェリーを採りに行きました。サワーチェリーは何かよく知らずに行ったら名の通り酸っぱいチェリーだったので、半分はジャムに [続きを読む]
  • 人生いろいろ(2)
  • この17年間の間、何度もニューヨークへ行ったけど、6月に行ったのは初めてだった。毎日涼しくて、夏の洋服しか準備していなかった私には、寒いくらいだった。いちご狩りに行ったり、ニュージャージのホールで演奏会を聴いたり、メトロポリタン美術館へ行き、娘達のリクエストに答えて天ぷらを作ったりしている間に、いつの間にかあっという間に一週間は過ぎてしまった。帰りの航程は、ニューヨーク→成田→伊丹で、成田で乗り継 [続きを読む]
  • 娘と一緒にマンハッタンへ
  • メトロポリタン美術館は五番街に面していて、左側が美術館、右側は向かい側美術館の前の写真です。娘が休みの日、一緒にマンハッタンへ出てメトロポリタン美術館へ行った。ニューヨークへ行く度に、少しづつ何かが変わっている。以前はバスに乗る時、メトロカードはバスの中で機械に通していたのに、今はバスに乗る前に、停留所で機械に通さなくてはならない。娘が一緒で助かった。日本の展覧会でも何度か観たこのルノアールの絵は [続きを読む]
  • 花とウサギ
  • 娘達の家の庭には、毎日ウサギが遊びに来て、庭の草を食べている。いえいえ、娘達の家だけではなく、近所の庭にも、道路でも時々ウサギを見かける。昨年は、芽が出て大きくなりかけた野菜や花を、ウサギにいっぱい食べられたと、残念がり、とうとう畑のまわりに柵をした。春、花が咲き始め、野菜が育ってくると食べられるので、可愛いとは思わないけれど、野菜を作らない冬は可愛いのだそうだ。表の庭には、昨年帰国した時、ポー [続きを読む]