jam さん プロフィール

  •  
jamさん: SOUND MIK
ハンドル名jam さん
ブログタイトルSOUND MIK
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mik_paul/
サイト紹介文ピアニスト:小形美香子さんの情報発信ブログ。ライブ録音も配信中。
自由文活動の拠点がニューヨークにあり、カーネギーホール、ポーランド、各地でクラリネットとのデュオリサイタル、公開レッスンを行い、2006年2月にはニューヨークで3度目のリサイタルを行いました。
今年2008年7月、東京と大阪でリサイタル開催決定!

第一回目の配信曲は、リストのラ・カンパネラです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2008/02/25 10:55

jam さんのブログ記事

  • ねぶとの唐揚げ
  • 何かの雑誌か新聞で見て、泉佐野市の青空市場でお魚を売っているのを知り、最近時々お魚を買いに行く。その青空市場では、私が子供の頃食べて育った、瀬戸内海のお魚も見るので、その市場へ行く時は楽しい。1か月ほど前に行った時は、「ネブト」があった(関西で見るのは初めて)。最近は、福山に帰り、スーパーや、道の駅へ行っても、なかなか見ることができなかった「ネブト」なので、これを見た時は嬉しくてすぐ買った。しかも [続きを読む]
  • 久しぶりに聴く曲 
  •   一週間ほど前、娘から「まだできてます」と野菜の写真が送られてきた。そのブログを書こうとパソコンへ向かう時、ビデオに取っていたたN響の演奏を聴きながらと思い、それをバックミュージックに。パソコンをしながらなので、音楽は自然に通り過ぎていく。そんな中で、聴いたことがあるメローディーに、曲のタイトルを確かめると「チャイコフスキーの交響曲第5番」だった。次はラフマニノフのピアノ曲で前奏曲。これは、娘が [続きを読む]
  • 萬年会〜高知県
  • 写真は高知城です。 9月の半ば、久しぶりの萬年会で高知県へ行った。久しぶりになったのは、3月の初めには夫の弟の家族と一緒にニューヨークへ行き、5月半ばに夫の兄の家で法事があり、6月の初めには夫の母の法事があり、兄弟度々会う機会があったからだ。高知県へ行ったのは、「四国の高速道路乗り放題」というのを見つけ、乗り放題なら安く行けると、高知県へ。ナイスでリーズナブルのホテルを見つけるのは私の役目で、3部 [続きを読む]
  • 台風のつめ痕
  •  8月の終わりの、今まで経験したことがないような強い台風21号が去って約1カ月後の先週、野菜を買いに亀岡の道の駅へ行った。亀岡へ行く時は、高速を通らないで、たいてい高槻の山を越えて行く。先週もそうした。高槻から亀岡へ超える道路は、山と山に挟まれた道路で、川のせせらぎを聞きながら、春には桜が咲いて山はピンク色に、秋には紅葉で赤くなり、四季折々楽しい。その山のあちらこちらで大きな木(たぶん杉の木)がいっぱ [続きを読む]
  • 懐かしい思い出〜伊能忠敬
  • しばらく前の事だけど、毎日新聞7月19日の夕刊に「没後200年 伊能忠敬を歩く」という記事が載っていた。「伊能忠敬」については、自分の足で歩いて測量をし、初めて日本地図を作った偉人だということくらいしか知らないので、この記事を読むと、いろんなことがわかる。「伊能忠敬」と言えば、娘がまだ東京音楽大学の学生だった頃、何かの用事で夫と二人で娘の所へ行った時、娘が「伊能忠敬ゆかりの地、千葉県・佐原(現・千葉県香 [続きを読む]
  • 手作りケーキ
  •  最近、娘は自分で焼いたケーキの写真を時々送ってくる。先日は、「strawberry rhubarb crisp」と言うケーキを焼きました」と送って来たのが左の写真。ルバームは野菜の一種だそうで、いちごとルバームのサクサクしたケーキで、「美味しくできた」と話していた。その一週間ほど前には、右側の「チヨコレートクリームの胡桃のケーキ」の写真が送られてきた。チヨコレートのケーキはドイツ人のアンナさんに教えてもらったレシピで、 [続きを読む]
  • 怠けて思うこと。
  • ニューヨークリンカーンセンターの噴水 右はエイブリ―・フィシャー・ホールのロビー。(数年前に写した写真です)英会話の先生が、7月の半ばから約1カ月オーストラリアへ帰られて英会話は休みだった。8月になり、先生が日本に戻られても、35度以上の暑い日が続き、先生の家から駅までとても歩けそうになくて、とうとう8月も休んだ。9月になり、もうこれ以上は休めなくて、昨日久しぶりにノートを開き、「マイジャーナル」を書き [続きを読む]
  • 台風21号と停電
  • この夏は毎週のように台風が発生し、各地に大きな被害をもたらしている。山が崩れて家が流されたり、川が氾濫し家や田んぼが浸水して、何日も断水し、電気もつかなかったりと、胸を痛める光景は胸に焼き付いている。そんな被災地に、水が出始めてやっと泥水を流せて洗えるニュースを見た時はホッとしたり。今回の台風21号は、今までに経験したこともないような強い風で、お向かいの家の2階の雨戸が2枚はずれて、家の前に飛んできた [続きを読む]
  • 彫刻ロード〜米子市
  • 鳥取県で泊まったホテルの観光案内に{JR米子駅前の米子市文化ホールから加茂川沿いに沿って湊山公園まで続く通りを彫刻ロードといいます。国内外で活躍する彫刻家が「彫刻シンポジューム」で制作した作品を約40体展示しています}と載っているのを見た。朝の涼しいうちに観に行こうと、朝食の前に散歩がてら見て歩いた。朝早いので、歩いている人もほとんどいなくて、綺麗に整備された「彫刻ロード」は、木立もあり、気持ちのよい [続きを読む]
  • 植田正治写真美術館
  • パンフレットを すると拡大し、美術館の全景が見えます。暑い夏の真っ只中、鳥取県へ行った時、植田正治写真美術館へ行った。田んぼのある田舎道を車で走っていると、突然左手に洒落た近代的な建物が現れ、直ぐに、あの建物が美術館だとわかる。「植田正治は世界で最も注目された日本人写真家の一人です。当館は自然豊かな大山山麓に位置し、建築家・高松伸設計による館内からは水面に映る”逆さ大山”が楽しめます。」と、 [続きを読む]
  • 大山の思いで
  • 夏の暑いある日、鳥取県へ行った。鳥取県に行くと、懐かしく思い出すのが大山へ登った時の事。娘がまだ幼稚園へ通っていた頃の小さい時で、大人の私でも暑くてしんどくてたまらなかった。あの時は初めての登山で、登山の知識も何もない。あの頃、夫の会社の保養所が蒜山にあり、一緒に泊まった私の両親も一緒だったけれど、両親は大山には登らないで麓で待っていた。私は登って下山するまで、どのくらいの時間がかかるのか、考え [続きを読む]
  • 大山の想い出
  • 夏の暑いある日、鳥取県へ行った。鳥取県に行くと、懐かしく思い出すのが大山へ登った時の事。娘がまだ幼稚園へ通っていた頃の小さい時で、大人の私でも暑くてしんどくてたまらなかった。あの時は初めての登山で、登山の知識も何もない。あの頃、夫の会社の保養所が蒜山にあり、一緒に泊まった私の両親も一緒だったけれど、両親は大山には登らないで麓で待っていた。私は登って下山するまで、どのくらいの時間がかかるのか、考え [続きを読む]
  • 娘の野菜と夫のトマト
  •   左は娘の野菜、右は夫のトマト今年も春になり、暖かくなった頃から、娘は種を蒔いて無農薬の野菜を作り始めた。夏になり、最近では少しづつ(?)収穫できるようになり、その写真を送ってくれる。この前は、きゅうりとピーマンとインゲン豆の写真だった。トレトレのきゅうりやピーマンを朝のサラダにして食べるのは、美味しいだろうと思う。我が家でも、夫が大きな鉢にトマトの苗を二株植え、二階のベランダに置いている。ト [続きを読む]
  • 小鳥の巣
  • 7月の半ば頃、「今年も鳥の巣が現れました」と、娘から写真メールが届いた。娘の家の庭に、毎年のように小鳥が巣を作っている。昨年は、軒下の吊り鉢の中に作られていたそうだ。さすがその吊り鉢の中だと花に水もやれないので、巣ごと桜の木の上の平らな所に移したけれど、いつの間にか桜の木から下に落ち、卵は孵ることができなかったと聞いた。今年は「巣の中が見えないので、卵があるかどうかわからない」と話していたけれど、 [続きを読む]
  • 国際郵便 EMS
  • 私の朝食はパン食なので、毎朝コーヒーを飲む。酸味が少なくて、深入りのコーヒーが好きなので、その味のコーヒーを探して買う。娘達が帰って来た時、コーヒーが美味しいと言っていたので、3月に行った時、お土産にコーヒーをたくさん持って行った。そのコーヒーも、もう無くなったと聞いたので、コーヒーを買ったついでに、娘達にも先週金曜日・EMSでに送った。今日、荷物が届いたと、写真メールが届いた。無事届いたのはいいけれ [続きを読む]
  • チェコのアンナさんのメール。
  • カルル橋昨日、久しぶりにチェコのアンナさんからメールが届いた。アンナさんとは、5月に電話で話をしたのでその時以来だ。アンナさんは今日から10日間ほどパリに行き、パリの友達ネリさんと車でプラハへ戻り、その後アンナさんの田舎の家・モラビアで夏の終わりまでネリさんと過ごすと、メールに書かれていた。それから、以前から膝の調子が良くないと言われていたけれど、やはりまだよくないそうで、日本には来られそうもない。 [続きを読む]
  • 子供の頃の味
  • 最近、英会話に行く時は先生の家の近くまで車で送ってもらい、帰りは、小寺ガ池の図書館の池の側を歩いて帰る。その帰り道、赤い実がいくつも道端に落ちていた。よく見ると、なんとヤマモモだ!木を見上げると、ヤマモモが生っている!あの木も、この木も、その木もヤマモモの木だ!懐かしくて、実を一つ口に入れてみた。懐かしい味がするけれど、美味しいものではない。子供の頃、一緒に遊んでいた友達の家にヤマモモの木があり [続きを読む]
  • 西日本豪雨災害救援金〜毎日新聞
  • 写真は、メトロポリタン美術館の展示作品です。大自然は、計り知れないほど雄大で美しく、時には大きな感動を与えてくれるかと思えば、想像を絶する大きな災害をもたらす。7月6日の毎日新聞朝刊の、「近畿大雨10万人避難指示」という見出しの記事には、「日本列島は5日、前線の影響で近畿地方など激しい雨に見舞われた(後略)」と載っている。その後テレビで何度も、「数十年に一度の、これまでに経験したことのない異常な大雨に [続きを読む]
  • 横山大観展
  • 上の写真は、毎日新聞7月3日の記事です。6月の終り、京都国立美術館へ「生誕150年 横山大観展」を観に行った。昨年、娘達が帰った時一緒に行った足立美術館にも、横山大観の絵は多く展示されている。そこで観た一枚、「紅葉」も展示されていて、足立美術館や、その展示場などの光景が浮かんできた。もう何年も前、YMCA(その頃高槻にあった)で英会話を習っていた頃、美術を専門に勉強されたというイギリス人の先生は、「日本画は [続きを読む]
  • 今週聴いた演奏会
  • プログラムを すると読めます。今週は、26日に岩見玲奈さんのマリンバ、30日に菊池洋子さんのピアノと、二つの演奏会を、兵庫県立西宮芸術劇場で聴いた。岩見さんのマリンバはワンコインコンサートで、いろんな楽器の演奏で何度も聴き、よく知っているモンティ作曲のチャールダッシュで始まった。マリンバは、木琴をたたくバチや、場所にによって、いろいろ音色が変わる。プログラムの途中でパーカッションも加わり、音の [続きを読む]
  • 6月18日の地震
  • 上の写真は京都国立近代美術館の常設展に展示されている神坂祐吉(1886〜1938)の作品です。18日の朝、朝食の支度をし、さあこれから朝ごはんをと、サラダを一口、口に入れ、コーヒーを飲もうとした途端、突然ガタガタとテーブルが揺れ、家じゅうが大きく揺れ、地震だった。突然のことで、テーブルの下に入った方がいいのかしらと、思いながらも、ガタガタ揺れているテーブルを抑えて座っているのがやっとだった。揺 [続きを読む]
  • 懐かしい味
  • 左の写真を すると向こうに見えるのは瀬戸大橋です。しばらく前のことだけれど、NHKの「こころ旅」という番組で、火野正平さんが、九州を自転車で走っておられた時、野イチゴを見つけて手に取り、口に入れられたことがあった。「甘い!」と、他のスタッフの方にも野イチゴを手渡されていた。私もあの味は知っていると思いながら、子供の頃を懐かしんだ。私が育った所はおだやかな海のそばだけど、学校へ行くまでの道のそば [続きを読む]
  • 河村尚子ピアノリサイタル
  • 6月の初めの日曜日、兵庫県立芸術文化センターで河村尚子さんのピアノを聴いた。パンフレットに載っている全曲が、ベートーヴェンの曲で「月光」と「悲愴」それに、ピアノソナタ4番、7番、とよく知っている曲ばかりだったので、思わずチケットを買っていた。「月光」と「悲愴」は、娘も日本での演奏会で演奏しているので、その時のライブ録音のCDをよく聴いている。河村尚子さんの演奏も素晴らしかった♪今回の演奏会は、2020年に [続きを読む]
  • マンハッタンのアイスクリーム
  • 先日、娘が美味しそうな写真を送って来た。数日前、カーネギーホールで伴奏の仕事を終え、カーネギーホールからニュージャージへ行くバスのターミナルへ歩いて向かっている途中、買って食べたアイスクリームの写真。カーネギーホール(7thAve 57th St.)からバスが出るポート・オーソリティ(ウエストサイド・42St)まで歩いて20分くらいかかるかな?とても暑い日だったそうで、アイスクリーム屋さんの前を通ったので、思わずア [続きを読む]
  • ニュージャージのバラが咲きました
  • 10日ほど前、ニュージャージに住んでいる娘から、「バラが咲き始めています」と、写真メールが届いた。それから1週間ほどたった先日、「咲き誇っています。まさに満開、綺麗!」と、またまたメールが届いた。咲き始めた写真も綺麗だったけれど、満開は、もっと綺麗!それにアップで送ってきた写真があり、本当に綺麗だと思った。おまけにもう一枚、「畑の準備ができました」と、畑の写真も送られてきた。真ん中のレンガは、種を蒔 [続きを読む]